長期休暇の季節になると、私たちの生活スタイルは大きく一変します。これは、Airbnb(エアビーアンドビー)などの民泊ホストをしている人々にもあてはまること。いつもと同じ調子でいると思いがけず足元をすくわれることがありますから、長期休暇の前後は少し気を引き締めておもてなしをしましょう。

このシリーズは春休み、夏休み、冬休みの3大長期休暇の特集を予定しており、当記事は冬休みにスポットライトを当てています。

冬休みのシーズンにはどのようなゲストが増えるのでしょうか?冬休みの民泊受け入れはどのようなことに注意したらよいのでしょうか?

1 冬休みは民泊トラブルが多発する時期!一体なぜ!?

冬休みの民泊受け入れのポイント。

意外なことに、冬休みの前後は民泊に関するトラブルが最も多くなるという報告があります。どのような理由でトラブルが多発し、どうすればそれを防ぐことができるのでしょうか?

1-1.冬場は中国人やアジア人の来日が増える!発展途上国の人々は振る舞いが粗雑な傾向が・・・。

あまり知られていませんが、冬場の訪日観光客は中国人やアジア人の割り合いが増えるようになります。これは、中国の旧正月の影響や、マレーシアの学校が12月にまるまる冬休みになることなどが主な要因。

爆買い中国人の身勝手な振る舞いが少し前にニュースを騒がせましたが、やはり発展途上国の人々は、その言動が日本人・先進諸国民に比べて粗雑な傾向にあります。

それにより民泊ホストの私たちは、気分を害したりトラブルをこうむることが増えてしまいがち・・・。

対応策:ルールや「やってほしくないこと」を、きちんとゲストに説明しよう。

発展途上国の人々の振る舞いが私たちにとって不快を感じるとしても、悪意があるとは限らず、また、無神経であるとも限りません。

あくまで「生活習慣の違い」によるものであることが多く、すると、「もう少し静かな声で話してね」「ゴミは分別をしてね」などとわかりやすくお願いしさえすれば、すんなりと応じてくれるゲストは少なくありません。

1-2.興味本位の「初もうで」のトラブルに、巻き込まれてしまうホストが急増!

日本の文化に興味を持つ外国人にとって、お正月シーズンはとても意義深いもの。中には、私たち日本人と同じように、大晦日の真夜中に家を出発して初もうでに繰り出す人もいます。しかし、これがトラブルの宝庫に!

元旦の初もうでに合わせて24時間運転をするバスや電車は増えてきましたが、そうはいってもやはり、真夜中は交通機関がストップし、または本数が減るもの。しかも、それに反するように人出は増え、駅や電車は大変な混雑となりますが、ここに不慣れな外国人が混じるとどうなるでしょうか?てんてこまいになってしまう人が続出するのです!

しかし、帰ろうにも電車が無かったり、真っ暗すぎて道に迷ってしまったりと、八方ふさがりに。すると、泊まっている民泊のホストに「迎えに来て!」とヘルプを求めるゲストが現れ、対応に追われるホストが急増しています。

対応策:初もうでの大変さやリスクを、事前にゲストに説明してあげよう。

あなたの民泊ゲストが初もうでに興味を持った場合、以下の4点を必ず注意喚起してあげましょう。

  1. 元旦は想像を絶するほどの混雑になること。
  2. 夜中は電車やバスなどの交通機関が少なく、あっても混雑して大変なこと。
  3. ホストは迎えに行けないということ。
  4. 元旦の寺社仏閣は混みすぎていて、寺社仏閣の伝統文化がわかりづらいこと。

1-3.お金が下せない!お店が開いてない!で助けを求められるホストも急増!

年末年始である12月28日頃~1月3日頃までは、多くのお店が閉まったりATMがストップしたりすることは、私たち日本人にとってはもはや常識ですね。そのため、事前に対策を取っている人がほとんどですが、外国人ゲストはその実情を知りません。

そのため、お正月前後に日本に来てはみたものの、お金が下せなかったり食べるものが買えなかったりといったトラブルに見舞われがち。そうして不足したものは、必然的に泊まっている民泊のホストに助けを請うことが多くなります。

対応策:予約が決定した段階で、ATMや商店の休業についてアドバイスしておこう。

ATMや商店の休業については、来客時にではなく、Airbnb(エアビーアンドビー)で予約のやりとりを交わすときにもう教えてあげましょう。「現金を多めに持っておいて」「日持ちする食品を買いだめしておいて」といった具体的なアドバイスをしてあげてください。

1-4.日本の伝統文化を体験するために、ホストへのおねだりが増える。

前述したように、お正月前後の時期は日本の伝統色がとても強くなります。民泊のゲストはこうした文化や習慣に興味を持つ人が多いため、ホストへのおねだりが増えるでしょう。
たとえばこのようなものが挙げられます。

  1. 着物を着てみたい。
  2. おせち料理を食べてみたい。
  3. おせち料理の作り方を教えてほしい。
  4. 羽子板やたこ揚げなど、日本の伝統的な遊びがしてみたい。

どれも、私たち現代人の日常生活の中にあるものではないため、いきなりリクエストされると困ってしまいますね。

対応策:ホームステイ型民泊を営むなら、多少の伝統文化をたしなんでおくのがベター。

ホームステイ型民泊というのは、少なからずその国の文化体験を期待されています。このことを肝に銘じ、一通りの伝統文化について、準備をしておくと良いでしょう。たとえば、着物が難しいとしても浴衣を買っておいて着方をマスターしておく、おせち料理はリクエストされる前にもてなす準備をしておく、など。

1-5.風邪をひいては大変!真冬の待ちぼうけはカンベンして!

民泊ホストのお役目の一つに、「お出迎え」がありますね。駅などわかりやすい場所まで毎回のように出迎えに行っているホストさんは少なくないことでしょう。しかしこれも、冬場は死活問題に!

ご存じのとおり、外国人の多い民泊ゲストは、待ち合わせの場所に定時にやってくることは極めて稀で、30分以上待たされることもあります。これが、冬の寒い時期となると、風邪をひいてしまったり、人ゴミからインフルエンザを感染(うつ)されてしまったり・・・大問題になってしまいますね。

対応策:暖かい待ち合わせ場所を探しておこう。

気候が寒くなりはじめてきたら、待ちぼうけしても困らないような暖かい待ち合わせ場所に変更するようにしましょう。多少お金がかかってしまいますが、駅の中のカフェなどが良いかもしれません。または、車で迎えに行って車内で待機するという手も。

1-6.冬休みが過ぎると、ぱったりと予約が入らなくなる!

2015年~16年の大晦日には、100万人ものゲストが日本のAirbnb(エアビーアンドビー)民泊を利用したと話題になりました。一見すると、さぞかし民泊は盛況なのかと感じてしまいますが、そうでもありません。

冬休み前後の盛況とは裏腹に、それを過ぎた1月10日頃~3月中旬くらいまでは、エアビーアンドビー民泊は閑散期に突入します。民泊収入を家計などのやりくりで計算している人は、急激に収入が減ってしまうことで大慌てするかもしれません。特に、投機型民泊のホストにとっては稼働率の低迷が赤字(出費)に直結するので、ご注意を。

対応策:この問題の対策については、トピック2で詳しく取り上げます。

2 冬の民泊閑散期を乗り切る6つのアイデア!

冬休みの民泊受け入れのポイント。

前述したように、冬休みを過ぎたあとは民泊にとってローシーズン、閑散期に突入します。これは、特に投機型民泊を営む人にとっては非常に大きな問題ではないでしょうか。とはいえ、ただ悲しんでいるわけにはいきませんよね。閑散期を乗り切る良いアイデアを、考えていきましょう。

2-1.料金や設備内容を長期滞在者向けにシフトする。

最も有効なアイデアがコレ。

Airbnb(エアビーアンドビー)民泊の宿泊利用者の中には、仕事で来日している人やノマド生活志望の日本人など、長期滞在者が混じっています。彼らに泊まってもらうことができれば、30日、60日といった日数を一気に埋めることができ、金銭的にも接客対応も非常にラクになるのです。

ライバルとなるシェアハウスやゲストハウスは、個室なら1カ月あたり50,000円前後の相場となっているので、長期滞在者を求めるなら同じくらいには引き下げましょう。厳密に言えば、宿泊者は10パーセントほどの手数料をさらにエアビーアンドビーに徴収されるため、宿泊料は45,000円くらいまでは下げてあげないと、シェアハウスなどより割高になってしまいますからご注意を!

2-2.ウインターレジャーに適した民泊であることをアピールする。

企業は季節によってテレビCMや看板の内容を変えますが、同じような工夫が民泊ホストのリスティング(Airbnb上の施設の詳細ページ)にあると有効です。(あまりやっている人は見かけませんが。)

冬場であれば、ウインターレジャーに適した民泊物件であることをアピールすれば、数少ない宿泊利用者に注目してもらうことができます。たとえば、スキー場から1時間以内の立地にあるなら、「〇〇スキー場まで50分!」などとリスティングのタイトルや冒頭部に書いてみるのはどうでしょうか?

人気が高く、アピールポイントになるウインターレジャー・スポットには、次のようなものがあります。

  1. ニセコや蔵王などのスキー場。
  2. 草津や別府などの温泉地。
  3. 神戸ルミナリエなどのイルミネーション。
  4. さっぽろ雪まつり。
  5. ウインタースポーツの試合会場。

2-3.季節に左右されないレジャーに適した民泊であることをアピールする。

前トピックと矛盾するようですが、真逆の考え方もできます。

たとえば、爆買い中国人に人気の大型家電量販店が近くにあったり、オシャレ女性に人気のショッピングモールやアウトレット店が近くにあるなら、それをリスティング(Airbnb上の施設の詳細ページ)の目立つところでアピールしてみては?ショッピングを目的とした外国人客は観光のしづらい冬でも訪れる傾向にあるため、彼らに宿泊してもらうことで稼働率の低下を防げます。

2-4.宿泊料金を大幅に引き下げる。

これは、シティホテルやリゾートホテルが取っている戦略です。

閑散期と言えども観光客がゼロになるわけではなく、多少の観光客がどの地域にも訪れてはいます。数少ない観光客を確実に取り込めるなら稼働率の低下は防げますから、ライバルよりも安い宿泊料金に下げるのは有効なアイデアとなるでしょう。

シティホテルやリゾートホテルを例にとるなら、ローシーズンはハイシーズンの半額程度まで下げることも珍しくありません。これをそのまま民泊に当てはめるべきと断言はできませんが、それくらいダイタンな値下げを検討しても良さそうです。

2-5.思い切って、閑散期は休業してしまう。

さらにダイタンなアイデアですが、思い切って休業してしまうのも一つの手かも?

民泊ホストをやっていると、海外旅行(長期旅行)に出られなくなったり、趣味の楽器を控えるようになったり、外部労働から早く帰ってくるようにしたりと、生活に変化の生じる人が多いことでしょう。

どうせ予約がまばらなのであれば、来るかどうかわからないゲストのために生活スタイルを歪めるよりも、他のやりたいこと・他の仕事に打ち込めるような環境作りをする考え方も、有意義になりそうです。

2-6.留学生向けホームステイをやってみる。

「民泊の収入を減らしたくない!」「ゲストとの交流を絶やしたくない!」と強く願うなら、オフシーズンの間は留学生向けのホームステイに鞍替えしてみるというアイデアはいかがでしょうか?

留学生向けのホームステイの場合、季節によるニーズの変動はあまりありません。1年間や半年の長期スパンのものは4月や9月のスタートが多いですが、1カ月や3カ月、1週間程度のものは年中ニーズがあります。

ただし、留学生向けホームステイの場合、食事の世話が必須となることがAirbnb(エアビーアンドビー)民泊との大きな違いですから、ご注意を。

民泊スタートアップnaviでは、日々変化していく様々な民泊のシチュエイションにも困らず楽しく対応するための方法を、わかりやすい言葉で解説しています。ホストスキルをアップしたい方は、同じカテゴリーから気になる記事を探し、お役立てください。

まとめ。

冬休みの民泊受け入れのポイント。

【冬休みは民泊トラブルが多発する時期!一体なぜ!?】

  • 冬場は中国人やアジア人の観光客が増える!発展途上国の人々は振る舞いが粗雑な傾向にある。
  • 対応策:ルールや「やってほしくないこと」を、ゲストにハッキリと説明しよう。

  • 興味本位の「初もうで」のトラブルに、ホストも巻き込まれてしまう。
  • 対応策:初もうでの大変さやリスクについて、事前にゲストに説明しよう。

  • 年末年始は「お金が下せない!お店が開いてない!」で助けを求められる。
  • 対応策:来日前に、年末年始のATMや商店の休業についてアドバイスしておこう。

  • 日本の伝統文化を体験したいために、ホストへのおねだりが増える。
  • 対応策:ホームステイ型民泊を営むなら、伝統文化を少しはたしなんでおくのがベター。

  • 真冬の待ちぼうけは体調悪化に直結!
  • 対応策:暖かい待ち合わせ場所を探しておくべし。

  • 冬休みが過ぎると、予約がぜんぜん入らなくなる!
  • 対応策:この問題の対策については、下記で詳しく解説。

【冬の民泊閑散期を乗り切る6つのアイデア!】

  1. 料金や設備内容を長期滞在者向けにシフトする。1カ月50,000円くらいに。
  2. ウインターレジャーに適した民泊物件であることをアピールする。人気の高いスポットは下記のとおり。蔵王やニセコなどのスキー場、別府や草津などの温泉地、神戸ルミナリエなどのイルミネーション、さっぽろ雪まつり、ウインタースポーツの試合会場。
  3. 季節に左右されないレジャーに適した民泊であることをアピールする。「家電量販店に近い」など。
  4. 宿泊料金を大幅に引き下げ、少ない訪問客を確実に拾う。
  5. 思い切って、閑散期は休業して違う趣味・仕事に打ち込む。
  6. オフシーズンだけ、季節に左右されにくい留学生向けホームステイをやってみる。

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)