核家族化が進み、静かでクールな都市的な生活がもてはやされる一方、みんなでわいわいしながら温かい暮らしを送りたいと願う人も少なくないことでしょう。そこでホームステイに興味を持ってはみたものの、世間の声に耳を傾けると、どうもホームステイとは厄介で難しいらしい・・・。そんな噂から二の足を踏んでしまってはいませんか?

数あるホームステイの中でも、「自宅」で受け入れる「交流」を目的とした、Airbnb(エアビーアンドビー)などの現代民泊であれば、驚くほどカンタンに受け入れることができます!

1 自宅民泊なら違法じゃない!

民泊は誰でも自宅でホームステイを受け入れられる!

ホームステイを営もうとするときにまず最初に障壁となるのは、近年の場合、法的問題ではないでしょうか。Airbnb(エアビーアンドビー)騒動のあおりから、「民泊はグレーだ!」という懸念を通りこして「民泊は違法だ!」と叫ぶ人まで増えてきています。実情は、どうなのでしょうか?

1-1.自宅で営む小規模の民泊なら、違法ではないのでご安心を。

「民泊は違法だ!」「グレーだ!」と書いている記事をよく見かけますが、書いている人のほとんどは民泊の法律をよく理解していません。民泊をひとくくりに語ることは不可能で、形態によって法的規制も様々です。

簡潔に言えば、「自宅」で営む「小規模」の民泊であれば、違法ではありません。

目安としては、昔から行われてきた留学生を受け入れるホームステイをイメージしてください。これと同じような雰囲気で受け入れをするぶんには、日本政府や警察は違法とは考えていないので、無暗に裁かれることはありません。

1-2.自宅民泊でも、何部屋も貸し出すやり方の場合、横槍を受けやすくなるかも・・・。

ただし、同じ自宅民泊であっても、3部屋も4部屋もを民泊ゲストに貸し出し、ビジネスとしての側面が高いものとなっているなら、話は別です。「ビジネス民泊」と解釈され、旅館業法の認可など、法的手続きの有無について問いただされたりする確率は高まります。

また、ゲストの数が多いとそのぶん騒がしくなりやすいため、近隣からクレームが入り、民泊経営を規制されてしまう可能性が高くなってしまいます。

1-3.自宅でない家屋で無人営業するなら、それは違法民泊として訴えられる!

あなたの自宅ではない家屋で民泊を経営するなら、それは「投機型民泊」とみなされ、旅館業法の認可などの証明が求められます。そしてこの認可は、一般的な一軒家や集合住宅ではほとんど取得が困難であるため、つまり違法民泊となってしまい、訴えらえる不安と常に隣り合わせに・・・。

現状、日本はこの手の民泊ホストが多いのですが、決して勧められるものではありません。

1-4.借家や集合住宅の場合は、関係者からの許可をしっかり取ろう。

自宅での小規模民泊なら問題はないのですが、ただし、住居の形態によっては問題が!

お住まいが借家であるなら、大家さんからの転貸許可が必要です。大家さんに問い合わせ、お願いをしてみましょう。

また、マンションの場合は管理規約が立ちはだかります。小規模民泊なら認めてもらえる可能性はあるので、無断でやらずに管理人さんに問い合わせてみましょう。

2 自宅民泊ならお金はほとんどかからない!

民泊は誰でも自宅でホームステイを受け入れられる!

自宅民泊も収入が得られるビジネスの1つと言えますが、実は自宅民泊ほど経費のかからないビジネスは無いかもしれません!

2-1.Airbnbをプラットホームにした自宅民泊なら、先行投資はほとんど不要。せいぜい2~3万円。

最も自宅民泊を始めやすいプラットホームは、やはりAirbnb(エアビーアンドビー)でしょう。エアビーアンドビーは、登録物件に審査を設けておらず、そして特に特殊な設備を強いてもいないのです。一般的な家庭で、誰でも登録をすることができますし、ゲストを受け入れられます。

空き部屋があまりに古いなら、黄ばんだシーツやカーペットなどを新調したほうが良いですが、そうしたちょっとしたリフォームを行っても、費用はせいぜい2~3万円で済むでしょう。

また、エアビーアンドビーに登録料などを支払う必要はありません。

2-2.Airbnbをプラットホームにした自宅民泊なら、維持費もほとんど不要。せいぜい月5,000円。

Airbnb(エアビーアンドビー)で集客する民泊なら、維持費もほとんど掛かりません。エアビーアンドビーに会費や広告掲載費を払う必要はなく、予約が入ったとき(厳密に言えば、予約の日付になり入金があったとき)に、宿泊料金の3%が自動的に徴収されるだけです。

また、業務内容はあくまで素泊まりですから、ゲストを受け入れることにもほとんど経費が掛かりません。ゲストが滞在することで光熱費が増えますが、それはせいぜい月額5,000円程度のもので、宿泊費用であっさりと相殺が可能ですね。

2-3.Airbnbをプラットホームにした自宅民泊なら、赤字になることはまず無い。

つまり、Airbnb(エアビーアンドビー)を用いた自宅民泊の場合、赤字に陥ることはまずないのです!ほとんど100%ありません。これは非常に強力な魅力です。

そのため、「とりあえずやってみようかな」という程度のスタンスの人でも、安心してチャレンジすることが出来ます。

2-4.昔ながらのホームステイ「留学生受け入れ」は、思いのほか出費がかさむので要注意!

昔ながらの留学生ホームステイも同じようなものだと思われるかもしれませんが、そうでもありません!

留学生ホームステイの場合、食事の提供が必須となるため食費がかさみ、これだけでも月額1.5万円くらいの出費にはなるでしょう。また、留学生をレジャーに連れ出したりすることでも出費がかさみます。そのうえ、報酬を頂けないケースが少なくないため、収入を重視する人には不向きです。

2-5.農家民泊は、地域によっては費用がかさむ。

農家民泊も、自宅の空き部屋を貸すだけで安く済みそうに見えますね。

農家民泊の場合、地域の統括団体の規約に則って営む必要があるのですが、その規約の中で民宿並みの設備や調理資格などを求められることがあります。そのため、先行投資に数十万~数百万の費用が掛かることも。

3 自宅民泊ならトラブルはほとんどない!

民泊は誰でも自宅でホームステイを受け入れられる!

ホームステイをためらっている人は、トラブルの発生を懸念している人も少なくないことでしょう。しかし、自宅民泊ならその心配もほとんど要りません。

3-1.巷の民泊トラブル報道のほとんどは、家主不在型民泊で起きているもの。

テレビを点けていると、民泊トラブルに関するニュースが頻繁に報道されています。しかし、こうしたトラブルのほとんどは、家主が同居していない民泊施設で起きているものなのです。

たとえば、予約の段階で「1人」と言っていたのに実際には5人も泊まっていた。などといった詐欺事件は、ホームステイ型の民泊では一度も起きたことは無いでしょう。

3-2.自宅民泊なら、あなたが見ているからゲストのマナーは酷くならない。

トラブルを防ぐためのアイデアはたくさんありますが、何も対策しなくてもあまりトラブルは起きないはずです。というのも、これといって注意や忠告をしなくても、「ホストが滞在している」という事実だけで、ゲストはマナーに気を付けるようになるため。

文化の違いによるトラブルは、マナーの良いゲストでも起こしますが、それは受け入れを経験しながらルールを作り、掲示していっても遅くはありません。

3-3.Airbnb民泊なら、何か損害があっても補償制度がカバーしてくれるので安心。

「盗難が危ない!」などと書いているノウハウサイトを見かけますが、ホストの見ている自宅民泊で盗難を働くゲストなどまずいません。

万が一盗難に遭ったり、またはゲストの不注意で高価な花瓶が割れてしまったとしても、Airbnb(エアビーアンドビー)が提供している補償制度が最高1億円までの損害をカバーしてくれるので、安心です。

3-4.欲張れば欲張るほど、トラブルは起きやすくなる!

自宅民泊でトラブルを避けたいならば、「ゲストの選り分け」がとても重要です。一人でも多くのゲストを呼び込みたいからと、「パーティ受け入れOK」の設定にしたり「今すぐ予約」の設定をONにしたりすれば、その分トラブル気質なゲストを呼び込みやすくなってしまいます。

また、高級な内装にすれば宿泊価格も上げられますが、高級な施設を好む層はマナーがよくない傾向にあるので、あまり良い作戦とは言えません。

4 自宅民泊なら特殊な家庭でもホームステイが営める!

民泊は誰でも自宅でホームステイを受け入れられる!

自宅民泊経営のやりやすいところは、それぞれの家庭の特色が、そのまま「個性」(ウリ)となるところでしょう。

4-1.ペットがたくさんいて騒がしい?それもまたアリ。

ペットやその騒音は、近隣住民からクレームが入り、肩身の狭い思いをしている人もいるかもしれません。「こんな家では人は呼べないわ」と思ってしまうかもしれませが、そんなことはありませんよ!

民泊愛好者の中には、ペットが大好きな人も大勢いるのです。ですから、「ウチはペットが盛りだくさんのにぎやかな家庭です!」とむしろ派手にアピールしましょう。それにより、ペットを嫌う人は他を選んでくれるので、訪れたゲストから迷惑がられることにはなりません。

4-2.小さな子供がいる?それもまたアリ。

小さなお子さんがいる家庭も、公共の場などで肩身の狭いを思いをすることが多いでしょうか。しかし、自宅民泊については、それを理由に断念する必要はありませんよ。

「小さな子供がいる」ということを、家族全員の笑顔の写真などとともに、ハッキリ大きく明記しましょう。それによって、にぎやかな家庭を求めているゲストが集まってきます。子供の存在を癒しに感じる人も、大家族の雰囲気を楽しく感じるゲストも、大勢いるのです。

4-3.高齢すぎて流行がわからない?それでも全然問題ナシ。

「高齢すぎて接客はムリだな」と思っている人も、少なくないことでしょう。しかし、そう考えるのはとてももったいないです!

実は、「若いホストの家庭よりも高齢者ホストの家庭のほうが満足度が高い」という統計結果が、Airbnb(エアビーアンドビー)社から発表されています。

家が古いとしても、それも問題ありません。外国人ゲストの多くは、むしろ古い日本家屋に興味を持っており、エアビーアンドビーゲストの9割は、外国人なのです。

4-4.観光地から遠い?そういう環境を求めているゲストもいる。

東京や大阪、京都(やその周辺)でないとお客が入らないと思っていませんか?そんなことはありません!

ホームステイの宿泊者は、観光の拠点を求めている人ばかりではないのです。たとえば仕事や留学で滞在先を探している人は、むしろ観光地もショッピングビルもない閑静な住宅街を好みます。また、「田舎の日本の風景が見たい」と願って、自然ばかりの地域に宿を求める外国人ゲストもいるのです。

静かさや自然の多さをデメリットとは捉えずに、積極的にアピールしましょう。

5 自宅民泊なら楽しみながら収入が得られる!

民泊は誰でも自宅でホームステイを受け入れられる!

自宅民泊を営むことの良さは、「人生にとって有意義」であり、「単純に楽しい!」ということです。そんな潤い豊かな生活を送りながら、収入を頂くことができます。

5-1.自宅民泊なら、上司からの指示でストレスになることはない。

ホテルに勤めれば宿泊業務に携われますが、しかし何にせよ上司の命令に従わなくてはなりません。これが自宅民泊の場合、あなたに上司はおらず、あなたにイチイチ小言を言う人も、無理難題を押し付けてくる人も、誰もいないのです。

5-2.自宅民泊なら、あなたの好きなスタンスで運営が可能。

たとえば酒呑みたちのドンチャン騒ぎが嫌いなら、「禁酒」というルールでかまいませんし、「22時に消灯」でもかまいません。平日が忙しいなら土日だけの営業でも構いませんし、旅行や帰省のときは休んでも構いません。

食事の提供が面倒であれば素泊まりで構いませんし、逆に料理でのもてなしが好きなら、料理をウリにして高めの料金設定にし、ペンション気取りの経営も楽しそうですね。

5-3.自宅民泊なら、ゲストとの交流がとても楽しい!

特におしゃべり好きな人にとっては、民泊受け入れは夢のように楽しいライフスタイルになることでしょう。代わる代わる新しいお友達があなたの家まで訪れてくれて、見たこともない料理や聞いたこともない法律について、面白おかしく話してくれます。生活に寂しさを感じることは、なくなってしまうでしょう。



民泊スタートアップnaviでは、ホームステイ受け入れに興味を持つ人が、苦労せず受け入れにチャレンジできるようになるための情報を、わかりやすい文章で解説しています。知りたい情報は何ですか?カテゴリーを参考にお望みの記事を選び、あなたのスタートアップにお役立てください。

まとめ。

【自宅民泊なら違法じゃない!】

  • 「自宅」で営む「小規模」の民泊なら、違法ではないのでご安心を。
  • 自宅民泊でも、何部屋も貸し出すやり方の場合、横槍を受けやすい。
  • 自宅でない家屋で無人営業(=投機型民泊)するなら、それは違法民泊として訴えられやすい!
  • 借家や集合住宅の場合は、関係者からの許可をしっかり取って。

【自宅民泊ならお金はほとんどかからない!】

  • Airbnb(エアビーアンドビー)を活用した自宅民泊なら、先行投資はほとんど不要。せいぜい2~3万円。
  • Airbnbを活用した自宅民泊なら、維持費もほとんど不要。せいぜい月5,000円。
  • Airbnbを活用した自宅民泊なら、赤字になることはほぼ無い。
  • 昔ながらのホームステイ「留学生受け入れ」は、意外と出費がかさむので要注意!
  • 農家民泊は、地域によっては先行費用がかさむ。

【自宅民泊ならトラブルはほとんどない!】

  • 巷の民泊トラブル報道のほとんどは、家主不在型民泊で起きている。
  • 自宅民泊なら、あなたが見ているのでゲストのマナーは酷くならない。
  • Airbnb民泊なら、何か損害に遭っても補償制度がカバーしてくれるので安心。
  • 欲張れば欲張るほど、トラブルは起きやすくなるのでご注意を!

【自宅民泊なら特殊な家庭でもホームステイが営める!】

  • ペットがたくさんいて騒がしい?それもアリ。
  • 小さな子供がいる?それもアリ。
  • 高齢すぎて流行がわからない?むしろ高齢ホストは好かれる。
  • 観光地から遠い?そういう環境を求めているゲストも大勢いる。

【自宅民泊なら、「楽しみながら」収入が得られる!】

  • 自宅民泊なら、上司からの指示でストレスになることは無い。
  • 自宅民泊なら、あなたの好きなスタンスで運営することができる。
  • 自宅民泊なら、ゲストとの交流が毎日楽しい!

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)