Airbnb(エアビーアンドビー)などの民泊サイトを利用した部屋貸しが、注目を集めています。気軽に副収入を得られる手段として、部屋貸しを検討する人はこれからも増えていきそうですね。

しかし、ご注意を!日本のエアビーアンドビー・ノウハウサイトのほとんどは、民泊やエアビーアンドビーの正しい姿を伝えてはいません。民泊部屋貸しのノウハウを知りたいなら、サイト選びは慎重に。そして、どのような部屋貸しを行うにしても、なるべくまずは、本当の民泊の姿を把握してください。

1 Airbnb部屋貸しのコツは外国人に学ぼう!

民泊サイト(Airbnb・エアビーアンドビー)を利用した部屋貸しについて。

携帯電話や自動車、TVゲームなどが日本独自の進化を突き進む現象を「ガラパゴス化」と言いますが、実はAirbnb(エアビーアンドビー)市場も、日本はガラパゴス化しているのをご存じですか?しかもそれは結構深刻・・・。

日本の民泊のガラパゴス化の特徴を端的に言えば、「商業主義に偏り過ぎ」というもの。そのため、エアビーアンドビーや民泊の本当の姿を知りたいなら、外国人に学んだほうがずっと正確で真っ当な認識を得られます

海外の人々は、どのように民泊と付き合っているのでしょうか?

1-1.部屋貸しの目的はお金儲け?いやいや、楽しいからやってるんです!

日本のAirbnb(エアビーアンドビー)市場では、7割以上が投機型ホストと言われています。つまり日本の民泊の目的は、もっぱら「お金儲け」。これは世界標準かと思ったらそんなことはありません。世界規模で見ると、投機型ホストはたった1割に過ぎないのです!世界に300万人以上も居ると言われる民泊ホストの9割は、「お金儲け」ではなく、「楽しいから」やっているのです!

1-2.部屋貸しって危なくないの?外国人にとっては友達が「遊びにくる」感覚。

日本で民泊が語られるとき、その話は大抵「危なくないのか?」というテーマになります。「収入が得られるかもしれないが、リスクはもっと大きいだろう」という話です。

しかし外国人にとって、部屋貸しの治安やリスクを大きく気にする人はあまり居ません。なぜなら外国人にとって民泊部屋貸しとは、「友達が家に遊びに来ること」と大差ないからです。

友達があなたの家に遊びにくるとき、そこに危険やリスクはゼロでしょうか?友達があなたの大切なティーカップを割ってしまったり、盛り上がりすぎた雑談の喧噪でお祖母ちゃんの快眠が妨げられてしまったりするかもしれません。

しかし、こうした危険やリスクがあっても、「友達の家に遊びに行くこと」を行政が規制したりマンション住民から苦情が入ったり、当人がおびえためらったりすることはありませんよね。それは、友達をもてなすことにはリスクを帳消しにするだけの喜びがあり、意義があるからです。そしてそれは人の生活の一部ですから、法で規制したりクレームで食い止めるようなものではないと私たちは感じています。

民泊も本来は、それと同じです。

1-3.「週末ホスト」なんていう気軽な貸し方から始めてみる?

民泊を「事業」と捉えてしまうと、たくさんの責任を感じて生真面目になりすぎてしまいがち・・・・。しかし、「趣味の一環」と考えるならどうでしょう?「楽しむこと」が目的ですから、無理のない範囲で受け入れることができます。

たとえば、仕事が忙しくて毎日受け入れることが困難なのであれば、「週末ホスト」なんていう受け入れ方はいかがでしょうか?家に居てタイクツな週末だけ、世界中の旅行者に来てもらって交流を楽しむのです。

こうした気軽なスタイルのホストが、海外には大勢います。

1-4.同棲中のカップルも部屋貸しをしている。

海外でAirbnb(エアビーアンドビー)泊をしてみて驚くのは、同棲中のカップル宅ですら部屋貸しをしていることがあるということ。日本の場合、「自宅で受け入れる」カップルはほとんど居ないでしょう。

日本人のカップルは、二人の時間を邪魔されたくないと感じるでしょうし、若い女性が見知らぬ来客者を怖がることが多いです。しかし外国人の場合、「事業だからガマンする」というニュアンスではなく、「受け入れることが楽しい」という感覚なので、同棲中のカップルでさえも、笑顔で民泊客人を呼べるのです。

いかに「受け入れそのものを楽しんでいる」かということがわかりますね。

1-5.部屋貸しを始めたキッカケは、ビジネスではなくバックパッカー旅行の延長線上。

日本の民泊ホストの7割は「ビジネス目的」の投機型ホストなのですが、海外の民泊ホストの主流はそうではありません。彼らの多くは、バックパックを背負ってゲストハウスを泊まりつぐような旅行の愛好者。ゲストハウスでは様々な国の見知らぬ外国人と交流を楽しめるのですが、「それを家でもやろう」という感覚なのです。

収入にはあまりこだわっていないホストが多く、そのため、Airbnb(エアビーアンドビー)に登録していつつもカウチサーフィン(無償で泊め合う民泊サイト)にも登録し、無償でも見知らぬ外国人を泊めている太っ腹な人が多いです。

1-6.だから、「シェアルーム」を活用するホスト/ゲストも多い。

日本人にとって、プライバシーの無い「シェアルーム」タイプの民泊は抵抗を感じる人が多いのですが、しかし外国では、「シェアルーム」形式で部屋貸しをする人もこれに宿泊する人もとても多いですよね。

これは、彼らがバックパッカー経験豊かであるために、人との距離感の掴み方や交流に慣れており、「シェアルーム」空間への抵抗感が少なくなっているから。

1-7.海外では、民泊代行業者を利用しているホストは少ない。

あなたは驚かれるかもしれませんが、海外には民泊代行業者を利用しているホストはほとんどいません。

・・・その理由はもうご納得いただけましたよね?

1-8.民泊代行業者を利用すると、民泊の醍醐味がなくなってしまうから。

海外の民泊ホストにとって、民泊とは「ゲストとの交流」を楽しむものなのです。それなのに民泊代行業者を利用して接客を委ねてしまったなら、民泊受け入れをする醍醐味はまるでなくなってしまいます。

「収入を得る」ということは主目的ではないため、民泊代行業者を利用してまで部屋貸しをするようなホストはほとんど居ないのです。

1-9.Airbnbが爆発的にヒットしたのは、こういう外国人によって。

日本でAirbnb(エアビーアンドビー)がホットワードになったのは、「ラクに儲かる!」といった事業的側面からでしたが、海外でエアビーアンドビーが爆発的にヒットしたのは、儲かる儲からないの問題ではありませんでした。単純に、「民泊が気軽にエンジョイできる!」といったそのライフスタイル的メリットから、世界中を席巻するほどの人気者になったのです。

1-10.「民泊ってどうやるの?」イメージが湧かないなら、海外の民泊家庭に泊まってみよう。

日本のAirbnb(エアビーアンドビー)のノウハウサイトは、ある意味では情報量が多すぎます。そのため、読めば読むほど、民泊受け入れがどのようなものかイメージ出来なくなってしまったり、難しいものだと感じてしまう人も多いことでしょう。

そんな場合、知識を詰め込むのはやめて、海外で実際に、Airbnb(エアビーアンドビー)泊を体験してみることをオススメします。外国のホストのほうが自然体で「民泊らしい」人が多いので、民泊が何たるかを理解しやすいでしょう。

その際、民泊家庭を選ぶコツが2点あります。

  1. ホームステイ型の民泊を選ぶこと。
  2. (個室/1人)2,000円前後の高すぎず安過ぎない民泊を選ぶこと。

「民泊を知る」という目的ならば、なるべくオーソドックスな物件を選ぶのが良いですね。

そして、できればホストに色々と話しかけてみましょう。「なぜホストをやっているの?」「嫌な思いをすることはある?」「どんなことが楽しい?」といった具合です。彼らは本当の気持ちを話してくれるでしょう。

1-11.パリやNYなど大都市は、投機型の心無いホストも多い。

海外のAirbnb(エアビーアンドビー)ホストの全てが、心暖かいホームステイ型ホストというわけではありません。

特にパリやニューヨーク、バンコクなど、大都市であり観光客の多く集まる都市では、日本市場のように儲けだけを目的に部屋貸しをしている投機型ホストも多いです。また、ホームステイ型であってもあまり良心的でないホストも多い傾向にあります。

2 民泊代行業者をあっせんする記事(サイト)は読まないほうがいい。

民泊サイト(Airbnb・エアビーアンドビー)を利用した部屋貸しについて。

さて、民泊が本来どのようなものであるかは、ご理解頂けたでしょうか。

「受け入れを楽しむ」という目的で民泊部屋貸しを始めたいとお考えなら、ノウハウサイトの選別は慎重に行いましょう。

ざっくりと言えば、民泊代行業者への委託をあっせんする内容ばかりのサイトは、あまり参考にすべきではありません。

2-1.色々と情報提供をしてくれるが、結論は「代行業者に任せましょう」に捻じ曲がる・・・。

民泊代行業者によって書かれた記事でも、内容が充実したものはたくさんあります。読んでいて、「参考になるな!」と感じることは多いことでしょう。

たしかに、多くのサイトは内容がとても充実しています。しかし、「代行業者に任せましょう」という結論に持っていくことが彼らの目的であるため、どうしても情報の内容が捻じ曲がってしまうのです。

民泊とは本来、代行業者への委託を必要とするものではありません。また、代行業者に委託しないと行えない投機型民泊は、金銭的リスクも訴訟リスクも高すぎます。ですから、彼らの情報に流されてしまうことは、とても危険です。

2-2.民泊代行業者・あっせん業者の書く記事は、トラブルへの懸念がとても極端。

民泊代行業者やあっせん業者の書く記事は多くの場合、トラブルへの懸念がとても極端です。これはなぜかというと、「シロウトでは難しいから代行業者に任せないとな」と読み手に思わせるためです。

しかし実際問題としては、民泊はあまりトラブルへの心配は要りません。

外国人ホストの例が身近に感じられないようであれば、日本の民泊を例に出しましょう。留学生を受け入れるタイプの民泊は、昔から細々と日本で行われ続けてきました。しかし、Airbnb(エアビーアンドビー)が話題になるそれまで、民泊のトラブルが騒がれることなどほとんど皆無でしたね。

2-3.ホームステイ型民泊なら、トラブルはほとんど起きていない。

民泊でトラブルが起きることはあるのですが、その大部分はもっぱら、ホストがその施設に住んでいない「家主不在型民泊」(投機型民泊)によるものなのです。家主が家に住んでいるホームステイ型民泊では、トラブルはほとんど起きていません。

家主という監視者が居ることによって、ゲストはやはり、マナーが良くなるのです。ここには驚くほどに大きな差が生じます。

2-4.ライフスタイルとしての民泊の楽しさ・有意義さを理解していない。

民泊代行業者によって書かれた記事(サイト)をオススメしない理由は、もう一つあります。それは、彼らはもっぱら、「ライフスタイルとしての民泊」の楽しさを理解しておらず、それについてほとんど記述しないためです。

儲けるための方法やラクをするための方法ばかり読んでいると、どうしてもそのホストは、思考がビジネス型ホストのそれへと傾いていってしまいます。すると、民泊ライフをどんどん楽しめなくなってしまうでしょう。

また、「ゲストがウザい」といった内容を書くサイトは、民泊受け入れの心得を全く理解できていないと言えます。ハートフルなホームステイ型のホストは、「ゲストがウザい」などと心無いことは書きませんし、ホストが気を付けることで大抵のトラブルが回避できるものだということも、心得ています。

2-5.民泊代行業者に依存する民泊は、経営収支のうえでも無理がある。

そもそも、民泊代行業者に委託しないと運営できないタイプの民泊は、収支の面でも無理があります。

民泊代行業者は、平均して民泊収入の30%ほどを手数料として徴収するのですが、利益の1/3もの額を徴収されると、さらに家賃を払い、光熱費や家具家電の月賦を払ったりすると、採算が取れなくなるのです。

2014年頃までは、民泊用の物件は家賃50,000円程度でも見つかり、稼働率も高く、宿泊相場も高かったため採算が取れたのですが、今は状況が激変しています。

2-6.「副業紹介」系のサイトの記事も参考にしないほうが良い。

もう1つ注意していただきたいのは、「副業紹介」系のサイトです。

サラリーマンや主婦が自宅で気軽にできるような副業をたくさん紹介するサイトがあり、その中でAirbnb(エアビーアンドビー)による部屋貸しが紹介されているのをよく見かけます。

これらの記事は、民泊に対するリサーチが浅すぎで、情報がまったく参考になりません。そもそもエアビーアンドビー民泊は、受け入れのためにやらなければならないことが思いのほか多く、接客などそのプロセスを楽しめる人でないと、「気軽」とは感じられないでしょう。

民泊スタートアップnaviでは、収益以外の民泊受け入れの喜びやメリットについても、丁寧にわかりやすく解説しています。ライフスタイルとしての民泊受け入れに興味をお持ちの方は、「民泊の魅力」カテゴリーから気になる記事を選び、お役立てくさい。

まとめ。

民泊サイト(Airbnb・エアビーアンドビー)を利用した部屋貸しについて。

【Airbnb(エアビーアンドビー)部屋貸しのコツは外国人に学ぼう!】

  • 部屋貸しの目的はお金儲けではなく、「楽しいから」やっている人が多い。
  • 部屋貸しって危なくないの?外国人にとっては友達が「遊びにくる」感覚。
  • 「週末ホスト」なんていう気軽な貸し方をする人も多い。
  • 同棲中のカップルも自宅で部屋貸しをしている。
  • 部屋貸しを始めた理由は、ビジネスではなくバックパッカー旅行の延長線上。
  • だから「シェアルーム」を活用するホスト/ゲストも多い。
  • 海外では民泊代行業者を利用しているホストは少ない。
  • 民泊代行業者を使うと、民泊の醍醐味がなくなってしまうから。
  • Airbnbが世界で爆発的にヒットしたのは、↑こうした外国人によって。
  • 民泊受け入れのイメージが湧かないなら、海外の民泊家庭に泊まってみよう。
  • パリやNYなど大都市は、投機型の不親切なホストも多い。

【民泊代行業者をあっせんする記事(サイト)は参考にしないほうがいい。】

  • 色々と情報提供をしてくれるが、結論は「代行業者に任せましょう」にねじ曲がる。
  • 民泊代行業者・あっせん業者の書く記事は、トラブルへの懸念がとても大げさ。
  • ホームステイ型民泊なら、トラブルはほとんど起きていない。
  • このタイプの記事執筆者はライフスタイルとしての民泊の楽しさ・有意義さを理解していない。
  • 民泊代行業者に依存する民泊は、経営収支の面でも無理がある。
  • 「副業紹介」系のサイトの記事も内容が粗悪。

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)