民泊で、ゲストが中長期滞在する場合、「ゴミ出し」はどのように行っているのでしょうか?

Airbnb(エアビーアンドビー)などの民泊で、問題となっていることのひとつに、この「ゴミ出し」問題があります。「ゴミの仕分けがされていない!」「違う日に出されている!」など、近隣住民からの苦情が多く出ていると、ニュースで騒がれているのを耳にしたことがあるのではないでしょうか?

これらの多くは、「ゴミ処理方法を知らないゲスト」によるものです。特にホスト不在タイプのお部屋での中長期滞在の場合は、ゲストが自分でゴミ出しをする必要がでてきます。その際に、「ゴミの分別方法」や「出し方」を知らなければ、トラブルは多発してしまいますよね。

まずは、ゲストへ「ゴミ出し方法」をどう伝えるかについて、考えていきましょう。そして、今後大きな課題となるであろう「民泊におけるゴミ処理」の問題についてもお話ししておきたいと思います。

1.ゲストに伝えるべき、ゴミ分別の必要性。

724a9bf914eb2ad5a731962a83d609cd_s
ホームステイタイプのお部屋では、ホストがゴミ出しを行うことが可能です。しかし、ホスト不在タイプのお部屋では、短期であればホストが掃除の際にゴミ出しをすればよいですが、中長期滞在となるとゲスト自身にゴミ出しをしてもらう必要もでてくるでしょう。そのためには、ゲストに対して、ゴミの「仕分け方」や「出し方」についての詳しい説明が必須になります。

ゴミの捨て方は、国によって様々です。ほとんどの物を可燃ゴミとしてしまう国もあれば、すべてを埋め立ててしまうような国もあります。日本のように、事細かに分類されている国は少数にすぎません。

「日本ではゴミ処理の際に、いくつかの分別を行う必要がある。」ということをゲストに伝えて、分別に協力してもらいましょう。

1−1.仕分け方法は地域で違う。

あなたは、お部屋から出るゴミにどのような仕分けが必要か知っていますか?

  • 可燃ゴミ
  • 資源ゴミ(ビン、缶、ペットボトル、プラスチックなど。)

どの地域でも大抵は、最低でも上記の2つには分類が必要です。しかし、「何が可燃ゴミになるのか」「資源ゴミはどう分かれているのか」は地域によって、本当に細かく違ってきます。(地域のゴミ焼却施設の能力によって、可燃かどうかが変わってきたりします。)

お部屋がある地域の「ゴミの仕分け方法」を、まずはホストのあなたがきちんと把握することが大切です。ゴミの仕分け方法は、地域の役所やゴミ処理場のホームページからも確認できますので、必ず確認しておきましょう。

1−2.ご近所とのトラブル問題になることも伝えたほうがよい。

  • 一軒家でも集合住宅でも、地域によって出し方は様々で、
  • 時間帯(前日夜〜OKなのか、当日朝〜なのか、24時間OKなのか、など。)
  • 曜日(月曜日が可燃ゴミ、火曜日が資源ゴミ、など。)
  • 場所(収集所内のどこに何を置いておくかが決められていることがあります。)
    など、細かいルールが決まっていることが多いでしょう。

それらをきちんと守らないと、そのお部屋を管理しているホストのあなたが責任を問われます。地域のルールを守れないならば、民泊など許可できない!と運営の停止を求められるでしょう。

ゴミ出しの仕分け方法だけでなく、「ゴミ捨てのルールが守られないと、近隣住民との間で問題が発生し、ここに滞在できなくなるだろう」ということも、ゲストに伝えておきましょう。中長期滞在するゲストにとっても、滞在場所にいられなくなってしまっては、困りますよね。

2.「ゴミ出し」のための準備をしよう。

では、ゲストが「ゴミ出し」をスムーズに問題なく行えるようにするための対策を考えていきましょう。

2−1.ルールブックを用意しよう。

地域ごとのゴミ出しルールに則った分別方法を、ゲストに伝えやすいように、ルールブックに書いておきましょう。

「月曜日 可燃ゴミ 前日夕方5時〜朝8時までに出す。火曜日 資源ゴミ 前日夕方5時〜朝8時までに出す。」など、曜日や時間がわかるようにしておくとよいでしょう。

また、「以下のものは、それぞれ別の袋に入れて、資源ゴミとして出してください。缶・びん・プラスチック・牛乳パック・食品トレー・電池・・・。」など、資源ごみの区分も書いておくとよいでしょう。

2−2.わかりやすいゴミ箱を用意しよう。

ゲストがゴミを捨てる際、「可燃ゴミ」と「資源ゴミ」に分けて捨てやすいように、大きめのゴミ箱に、わかりやすい絵やマークをつけて準備しておきましょう。

「可燃ゴミ」「ビン・缶」「ペットボトル」最低でもこの3つは、分けて用意しておきたいですね。

特に、ゲストは缶やペットボトルのゴミが多くなりがちです。大きめのゴミ箱を用意し、「ゴミ箱に入りきらなくてお部屋に散乱してしまった」ということが起きないようにしておくとよいでしょう。

2−3.ホストのあなたが「ゴミ出し」しよう。

ルールブックとゴミ箱の用意はできましたが、これだけでは、地域のルールに則ったゴミ分別にはならないことが多いでしょう。資源ゴミは、中をきれいに洗う必要がありますし、油汚れのひどいものは不燃ゴミに出す地域もあります。食品トレーやプラスチック類を分類したり、牛乳パックなどの資源ゴミもありますね。

基本的に、その地域のゴミの分別を、一時的にしか滞在しないゲストにすべて理解し分別してもらうことは不可能です。ですから当然ここは、ホストのあなたの出番です!

大まかにでもゲストにゴミの分別に協力してもらったら、あとの細かい分別は、ゴミの分別がよく理解できているホスト自身が行いましょう。

ホスト不在タイプのお部屋の場合は、毎回のゴミ捨ての度にお部屋を訪ねていくのは無理かもしれません。ですが、週に1度でもゴミの日を決めて、ゲストのゴミをまとめに行くことをお勧めします。ホストが忙しい場合は、代行業者を利用する手もあります。

ホームステイタイプのお部屋では、資源ゴミは、ゴミ箱に捨てず、キッチンに持ってきてもらうとよいかもしれません。そうすれば、中をすぐに洗うこともでき、分別するのが楽になりますよ。

3.民泊におけるゴミ処理の現状。

c27a19c98680340d034937632d3210de_s
現状として、Airbnb(エアビーアンドビー)などの民泊において、「ゴミ捨て」は以下のような方法がとられていることがほとんどです。

㈰ホスト自身が自分のゴミと一緒に捨てている。
㈪清掃代行業者が、代わりにゴミを捨てている。

実は、上記の方法はどちらとも、法律的にはアウトなのです。ゴミ処理の法律的な問題について見ていきましょう。

3−1.民泊のゴミは「家庭ゴミ」ではない?

通常のゴミ収集所に出されるゴミは、「家庭ゴミ」と呼ばれ、民家のゴミを無償で回収しています。しかし、これはあくまでも「生活から出るゴミの処理方法」です。

一方、会社や事業所などから出される「事業ゴミ」は、通常のゴミ収集所に出すことはできません。有償で専用の業者が回収したり、自分で廃棄物処理センターに運ぶ必要があります。

民泊は、「事業としてお金をいただいている」状態なので、ホストの皆さんは「事業者」となり、ゲストが出したゴミはすべて「事業ゴミ」として扱われることになります。

「事業ゴミ」は、「どんなに少しの量だとしても」、また、同じ建物内で「家庭と事業が共存している場合でも」、事業によって廃棄されたものは、分けて処理することが義務付けられています。(地区によっては、一部を家庭ゴミと一緒に廃棄することを認めている場所もあります。)

なので、本来であれば、それが一軒家での民泊であろうと、集合住宅での民泊であろうと、すべての民泊において、ゴミは「事業ゴミ」として廃棄されなくてはならないのです。

3−2.廃棄物処理法違反は罰則1千万円!

ゴミ処理方法は、「廃棄物処理法」という法律で決められていて、事業ゴミの不法廃棄が発覚した場合、「5年以下の懲役、または1千万円以内の罰金」という重い罰則が科せられることになります。

旅館業法において、「無許可民泊」の違法性への罰則が「6か月以下の懲役、または3万円以下の罰金」だということを考えても、この廃棄物処理法違反への罰則はとても重いものであることがわかると思います。

しかし、現状として、ほとんどのAirbnb(エアビーアンドビー)などの民泊が「グレーゾーン」で行われている中で、民泊で出たゴミは、ほぼ家庭ゴミとして出されていることは否めません。

民泊条例が施行された大田区や京都では、既にこの「ゴミの取り締まり」が始まっています。民泊のホストに対して、「事業ゴミ」としてゴミを廃棄しているかのチェックが行われているのです。今後、民泊条例が全国化されていくにつれて、この取り締まりも広がっていくかもしれません。

3−3.抜け道としての「ホームステイ」。

このゴミ問題として抜け道となりそうな方法は、「ホームステイタイプのお部屋」を運営することしかないかもしれません。

「ホームステイ」は、「ゲストは家族の一員とみなされる」というのが一般的な解釈です。

Wikipediaによると、「寄宿する間は家族の一員となることが基本であり、その家庭のルールで生活しなければならない。」ということが、ホームステイをする際に一番初めにあげられる基本的ルールであると書かれています。ホームステイにおいては、ゲストは家族なのです。家族が生活の中で廃棄したゴミが「家庭ゴミ」でないというのは、おかしな話だと思いませんか?

旅館業法や民泊条例では、「有償でゲストを滞在させる場合」のすべてが「事業」であるとされています。しかし、留学生をホームステイさせている多くの学校などからも「謝礼金」や「生活費」は支給されていることがあります。「有償であれば事業である」ならば、学生たちを少しの謝礼(月に数千円程度でも)でホームステイさせている「民泊でないホームステイ」も規制されなければならないことになり、ゴミを事業ゴミとして出さなくてはいけないはずなのです。

しかし、留学生のホームステイなどは、長年ずっと多くの面で黙認され続けています。ゴミの問題もそうですし、それ以外の面でも事業者としての義務を免除されていることが多くあります。

つまり、「民泊の問題は、ルールよりもモラルが重要だ」ということでしょう。これは民泊業界に限った話ではなく、どこの業界においても、良心的に利他的に行われている(少なくとも、他者にさほど迷惑をかけていない)活動であれば、金銭を受け取るものであっても、課税や罰則は黙認されていたりします。

また、今、民泊業界がそうなっているように、新しく特別な法律を作ることで、保護されたりします。

民泊ホストはそうして、良心的な活動を行い社会貢献を担うことによって(少なくとも、近隣に迷惑をかけない運営を徹底することによって)、「黙認」や「法改正」を勝ち取ることが重要なのではないかと思われます。現在問題となっている「民泊条例」の中でも、「ホームステイ」タイプのお部屋の規制は緩和されるであろうと言われています。多くのホストが、ぬくもりあるホームステイで「ゲストを家族として扱う」ことで、民泊としてのルール規制の幅を変えていくことができるかもしれませんね。

3−4.ホスト不在型民泊は、行き詰まり?

今までお話ししたようなゴミの出し方や、法律面のことなどを考えると、ホスト不在タイプの民泊は、そのホスト自身が裁かれるのはもちろんのこと、民泊業界全体の足を大きく引っ張ってしまうことになるでしょう。

現在大きくニュースで取り上げられている「民泊事件」も、「ホスト不在タイプ」のお部屋での問題がほとんどです。やはりホストの目がなく、ゲストだけできちんとゴミの分別などを徹底してもらうことは困難で、地域やご近所とのトラブルに発展してしまいます。

ホスト不在タイプの民泊では、ゴミ出し以外にも多くの問題を抱えており、日本政府からも営業停止の処罰を受けるところまで来てしまっています。

これからホスト不在タイプの民泊を経営しようと思っている人は、「ゴミ問題が深刻」と言ってもあまりピンとこないかもしれません。ゴミなんて、家庭とそう大差ないのでは?と感じるかもしれません。

しかし、民泊のゲストというのは、思いのほかたくさんのゴミを出します。特に、ペットボトルやジュースの缶は大量に出やすいゴミです。これらは日本では「資源ゴミ」であり、可燃ゴミとは分別して出さなければならないものです。

ところがゲストがそれを知らなかったり、知っていても面倒くさがってあまりやらない、となると、マンションや近隣の住民から「ゴミの出し方がおかしい!」などの苦情が来てしまいますね。だからと言って、ゲストにすべて事細かに分別ができるのかといったら、それも難しいでしょう。やはり民泊では、ホストがきちんと責任を持ってゴミの管理をしなければ、どうにもなりません。

ゴミの問題だけを取ってみても、きちんと解決する対策を練ってから、民泊参入を検討する必要があるでしょう。

民泊スタートアップNaviでは、この他にも民泊でのトラブルや、どうしたらいいの?という疑問にお答えしています。トップページから答えを探して、あなたの不安を解消させて楽しいホスト生活を送ってくださいね!

まとめ。

ゴミ分別の必要性を伝える。

  1. ホームステイタイプのお部屋は、ホストがゴミ出しをすることが可能なため、あまり悩むことはないでしょう。
  2. ホスト不在タイプのお部屋では、ゲストにゴミ出しの詳しい説明が必須になるでしょう
  3. ゴミの捨て方は国によって様々です。ゲストに「日本では分別して捨てる必要がある」ということをハッキリ伝え、協力してもらいましょう。
  4. ゴミ分別の方法は、地域によってずいぶん違います。あなたのお部屋のある地域のルールを、まずはホストのあなたがしっかりと把握しましょう。
  5. ゴミ出しのルールがきちんと守られないと、ご近所とのトラブルが起こり、お部屋が運営できなくなる=「ゲストが滞在できなくなる」ということをゲストにも説明しておきましょう。

ゴミ出しの準備。

  1. ルールブックを用意して、ゴミ出しの「曜日や時間」、資源ごみの区分などがわかるようにしておきましょう。
  2. ゴミ箱にわかりやすいマークや絵を付けて、ゲストが分別して捨てやすいようにしましょう。
  3. 缶やペットボトルなどのゴミが多く出やすいので、大きめのゴミ箱を用意しておくとよいでしょう。
  4. 一時的にしか滞在しないゲストにすべてのルールを理解してもらうのは困難です。ホストのあなたがしっかりと管理して、ゴミ出しを行いましょう。
  5. ホスト不在タイプのお部屋の場合は、週に1回など、ゴミ出しの日を決めて、お部屋にゴミをまとめに行くとよいかもしれません。

民泊におけるゴミ処理問題。

  1. 本来、民泊で出るゴミは「家庭ゴミ」ではなく、「事業ゴミ」として扱われます。一般のゴミ収集所に出すことはできません。
  2. 事業ゴミの不法廃棄には、「5年以下の懲役、または1千万円以内の罰金」という重い罰則があります。
  3. 民泊条例が施行された大田区や京都ではすでに取り締まりが始まっています。
  4. ホームステイ民泊で「ゲストを家族として扱う」ことで、「家庭ゴミ」としてのゴミの取り扱いが許される道もあるかもしれません。
  5. 「ホスト不在タイプ」のお部屋は、ゴミ出し問題だけでなく、多くのトラブルが勃発し、行き詰まりになってきています。新規参入する場合は、解決策を充分に練る必要があるでしょう。

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)