2000年初頭、日本政府の景気刺激政策により、起業のハードルがとても下がりました。それまでは最低でも300万円は必要だった起業の条件が、資本金1円でも認められるようになり、「1円起業」なる言葉が流行ったことを記憶している人も少なくないことでしょう。

そうして様々な業種で様々な人々がビジネスを興し、泣く人笑う人さまざまにあれど、「起業」ということ自体は、さして特別なことではなくなってきています。脱サラして起業するまではしないにしても、ひっそりと副業を営んでいる人々は少なくありませんね。

「何か新たな収入源を」と模索しているのは、満員の通勤列車で週刊誌を読むサラリーマンだけではありません。デフレによって収入の落ち込みが続く各地の農家の人々も、同じことでしょう。農家の人々は一般的に書類に弱く、起業などハードルが高いように思うかもしれませんが、いえいえ!ひょっとすると、もっとも副業起業にチャレンジしやすいのは、農家の人々かも!?

当ページでは、農家民泊とは何か、開業の手引き、そして心配事への対処法まで、どこよりも詳しく解説していきます。

1 農家民泊とは?まずは基礎知識を蓄えよう。

まずはそもそも、「農家民泊」とは何なのでしょうか?字面から大体予測することはできそうですが、これを機にしっかりと理解をしておきましょう。

1−1.農家民泊とは?体験をウリにする、田舎地域での簡素な宿泊業。

農家民泊とは、農村地域などの一般民家に宿泊滞在しながら、農業をはじめとしたさまざまな職業プログラムを体験するレジャーを言います。

「レジャー」と定義しましたが、メインとなるのはあくまで農作業などの「体験」のほうであり、民家での宿泊はオマケのような扱いです。そのため、旅館や民宿とは異なり旅館業法の規制を受けることがなく、非常に手軽に人を泊めることができます。

1−2.厳密に言えば体験民泊。プログラムは農業だけに限らない。

「農家民泊」という言葉が圧倒的に一般的ですが、その名前を冠していても違う職業体験が提供されている場合も。多いのは漁業、林業、畜産で、そのため「農林業体験民泊」が正式な名称であり、または「体験民泊」と呼称されていることもあります。

プログラムはさらに、漁業、林業、畜産にも留まりません。想像以上に多岐に渡っていますが、これについては後述することにしましょう。

1−3.脚光を浴び始めたのは2007年頃。グリーンツーリズムの高まりに合わせて。

農家民泊に類するものは、1992年頃に日本でスタートしはじめています。しかし、当時はあまり脚光を浴びることなく、ひっそりと展開されるのみでした。

時は過ぎて2007年頃。旅行レジャーの多様化の波が起き、団体旅行や有名観光地を巡るものに飽きた人々が、グリーンツーリズムに目を向けはじめます。農家民泊はグリーンツーリズムの一環で、「帰省する田舎」を持たないミドルエイジの家族が、「農業」や「田舎」、「自然」「おじいちゃんおばあちゃん」などを求めて、これに飛びつくようになったのです。この頃から、農家民泊を取りまとめる協会やサイトが日本各地にたくさん生まれました。

1−4.グリーンツーリズムとは?ヨーロッパで生まれた農村振興方策。

グリーンツーリズムのことを、「自然体験的なレジャー」だと思っている人が多いようですが、それは誤りですよ!レジャー形態の一種ではなく、元々はヨーロッパで生まれた農村振興方策の1つです。

本来の意味でのグリーンツーリズムとは、「都市型生活で疲弊した都市住民に、自然豊かな田舎でのリフレッシュを提供することで、農家所得をアップさせることを目的としたもの」と定義できます。1980年以降、特にイギリス、フランス、イタリア、ドイツなどで盛んに行われており、最近は韓国でも盛んになってきました。バブル志向の減退に合わせて、自然や田舎への求心力が強まるのでしょう。

日本では、日帰りから長くとも3日間程度の田舎体験が多いのですが、元祖ヨーロッパの場合、1週間以上のロングスパンで楽しむ人が多く、滞在者を飽きさせないようにその土地ならではの自然散策や乗馬体験などのスポーツも、提供されています。

1−5.農家民泊と農家民宿、どう違うの?農家民宿のほうは宿泊がメイン。

農家民泊について調べていると、「農家民宿」という言葉にも出くわすでしょう。農家民泊と農家民宿、どう違うのでしょうか?

農家民宿は「民宿」の名のとおり、旅館業法に則った簡易宿泊施設の1つです。自治体に事業申請する必要性があり、水回りや防災環境などもきちんと整えて運営されます。審査に通らなければ営業はできませんし、申請にお金も掛かりますから、とにかく農家民泊よりも起業ハードルが高いですね。

しかし実情として、農家民泊と農家民宿はほぼ同じような意味で扱われており、農家民泊なのに農家民宿を名乗っていたり、農家民宿なのに農家民泊のサイトに登録していたりといった混同も珍しくありません。

2 農家民泊はなぜ人気なの?

当事者からすると、「なぜわざわざ田舎に?」「なぜわざわざ農業をしに?」と不思議に思うかもしれませんが、農家民泊を中心に体験民泊は、なかなか人気を博しています。どのような点が喜ばれているのでしょうか?以下のような声が多く聞かれていますよ。

  1. 農業などの職業体験に興味がある。
  2. 田舎ののんびりとした空気に癒されたい。
  3. Iターンのリハーサルとして。
  4. 「田舎のおじいちゃん・おばあちゃん家」への憧れ。
  5. 古民家や日本の伝統家屋に泊まってみたい。

2−1.農業などの職業体験に興味がある。

農家の人々からすれば農業とは、幼い頃から家業の野良仕事を無理やり手伝わされて、「生きていくために仕方なく…」といった苦行のような観念を抱いている人も少なくないかもしれません。しかし、現代っ子の特に都会っ子たちにとって、ハダシで田んぼに足を突っ込み、泥だらけになりながら田植えと格闘するようなことは、とても新鮮で刺激的な体験なのです。または上京して何十年も経つ大人たちの場合、懐かしさからくる野良作業への慈しみがあります。

また、2000年代初頭から「自給自足」に憧れる人が増え続けているのはご存じですね?彼らにとって、普段スーパーから買ってくる野菜が作られていていく行程を垣間見ること、そこに手を掛けることが、大きな喜びに感じられるのです。そのため、「お金を貰って農作業」ではなく、「お金を払ってでも農作業を」という積極的な人々が、一定数存在しています。

これは、漁業や畜産など他の第一次産業や伝統工芸にも、同じことが言えましょう。

2−2.田舎ののんびりとした空気に癒されたい。

法律的にセーフなのか怪しいところですが、農家民泊の中には「素泊まり」プランを用意しているところも少なくありません。職業体験は選択制となっており、「体験プログラムを行わない」という選択も尊重させています。

これは、その土地の自然や風土、のんびりした空気にただただ浸って癒されたいと願う利用者がいるためです。縁側に腰かけて微笑みながらスイカをほおばる…ただそれだけのために農家民泊を申しむ人も、いるのだとか!

2−3.Iターンのリハーサルとして。

都市滞在者の中には、田舎に宿泊したいだけでなく、終の棲家として移住を希望している人も少なくありません。いわゆる「Iターン志望者」は、2000年代初頭からどんどん増えています。彼らにとって農家民泊は、移住生活のリハーサルを効率よく行えるものとして、とても大きな価値があるのです。

Iターン志望者にとって、日帰りの農業体験では意味がありませんし、農作業に精を出しても近くのホテルや旅館に泊まったのでは、意味がありません。その地域の民家の雰囲気を、気候や住居の快適性、ご近所付き合いのしやすさなど含めて、リアルに体験することを望んでいます。

2−4.「田舎のおじいちゃん・おばあちゃん家」への憧れ。

バブル世代くらいまでの人々は誰しも、「田舎」というものを持っていました。故郷・ふるさとのことですね。しかし都市志向が進んだ近現代以降、生まれた場所が都市であるため、「田舎」を持たない人々が増えてきているのです。

彼らにとって農家民泊は、「田舎のおじいちゃん・おばあちゃん」と触れ合うような体験のできる場所として、かけがえのない価値があります。あなたがリンゴ作りの名人である必要も伝統的な古民家に住んでいる必要もなく、「普通のおじいちゃん・おばあちゃん」であることがそのまま、何よりの魅力となり、商品価値があるのです!

2−5.古民家や日本の伝統家屋に泊まってみたい。

日本人の多くは、ホテルに代表される西洋風な、近代的な宿泊施設を好む傾向にあります。しかしそれはなぜかと言えば、畳の部屋とコタツに囲まれて育ってきたために、西洋風の家屋に物珍しさや憧れを抱いてしまうだけかもしれません。

すると、生まれたときから近代的なマンションやモダンな一軒家で生まれ育った若い世代の人々にとっては、逆に古民家や伝統家屋のほうが珍しいものであり、憧れを感じることも。こうした人々は、何の変哲もない古民家や、未だ五右衛門風呂のままリフォームされていない古い伝統家屋にも、高いお金を払って泊まりたいと感じるのです。

そのため、体験民泊とはいえども家屋の古民家具合や伝統性をアピールするところも少なくありません。

3 これなら失敗しない!農家民泊受け入れの手引き。

では、農家民泊の基礎を理解したところで、このトピックでは受け入れのための手引きを、具体的にご紹介していきましょう。

3−1.集客の窓口は?地域の協会か民泊仲介サイトを活用しよう。

農家民泊をやるとしても、どうやってお客さんを集めたらよいのでしょう?事業にとって宣伝・集客は、最も頭を悩ませる難しい作業と言えるかもしれません。20年前なら個人事業主にはとても難しいことでしたが、今はそう難しくはありませんよ。農家民泊の場合、代表的な方法は2つです。

  1. 地域の農家民泊協会のようなものに加盟し、そこで宣伝してもらう。
  2. 「とまりーな」などの民泊仲介サイトに登録して、自力で経営する。

3−1−1.地域の農家民泊協会のようなものに加盟し、そこで宣伝してもらう。

最も一般的な宣伝・集客方法はこれです。今や日本のかなり多くの地域に、農家民泊振興協会のような組織が存在しています。NPOのような非営利団体が運営しているか、または市役所などの行政が行っていることが多いでしょう。

こうした団体に加盟すれば、そこのホームページやパンフレットの中に、あなたの農家民泊の情報も載せてくれるはず。起業のための相談にも乗ってくれるでしょうし、同じ地域の農家民泊の家主と交流をしながら、助け合えます。

もしあなたの地域にそのような団体が存在しないなら、あなたが発起人になってみてはいかがでしょうか?基本的にグリーンツーリズムも農家民泊の振興団体も、そうした一般市民が旗揚げし、手作りで協力し合って進めていることが多いのです。

3−1−2.「とまりーな」などの民泊仲介サイトに登録して、自力で経営する。

近年は、農家民泊の宣伝・集客方法に新たな方法が登場してきています。それは、農家民泊専門の民泊仲介サイトに登録すること。

現状(2016年秋)では「とまりーな」というサイトが最も有名で、最も大きな集客力を持っているでしょう。ちなみに、Airbnb(エアビーアンドビー)は、民泊サイトとしては圧倒的に有名ですが、農家民泊に特化しているわけではないので、この場合は選ばないほうが賢明です。農村地域にあってもただ宿泊業を行いたいだけなら、Airbnbのほうが良いですね。

地域の民泊協会でなく「とまりーな」を選択するメリットとしては、自由度が高くなることが挙げられます。料金から提供する体験プログラムまで、ある程度自由に決められるため、組織に属して「右にならえ」をやらされることが好きでない人にとっては、運営しやすいでしょう。逆にデメリットは、協力や相談に応じてくれる人が居なくなってしまう大変さが否めません。

3−2.農家民泊の適正な料金設定は?

農家民泊の良いところの1つとして、Airbnb(エアビーアンドビー)などの普通の民泊よりも高い相場となっていることが挙げられます。

3−2−1.料金設定は、1人泊5,000〜8,000円。

普通の民泊はシングル1泊2,000円、2人で3,500円、ファミリーで10,000円くらいまで値崩れしてきてしまっていますが、農家民泊の場合は1人1泊5,000〜8,000円くらいの相場をキープし続けています。

特筆すべきは「1人5,000円」という料金換算で、2人なら2倍の10,000円、4人なら4倍の20,000円を得られるのが嬉しいところ。通常、宿泊施設は人数が増えるほど1人あたりの単価が下がりますが、農家民泊の場合は「体験」が主商品であるため、2人で1つの部屋に泊まってもらうとしても、それが4人や5人でも、1人あたりの単価が下がりません。

3−2−2.地域の協会の場合、料金は決められていることも。

地域の民泊協会に加盟する場合、料金は一律で、その民泊振興組織に決められていることがあります。この場合、地域の他の民泊家庭と競争やいさかいが起きない利点がありますが、自由度が低くなってしまうのが難点です。

たとえば1泊7,000円と決められている場合、全国相場に対してやや高額なため、予約が入りずらいかもしれません。あなたが積極的に予約を取りたいと思っても、価格を下げて集客数を増やすような戦略は立てられませんね。

3−3.農家民泊で見込める収入は?平均的には月収15万円くらい。

前述のとおり、農家民泊は1人1泊あたりの収入単価がなかなか高いです。ファミリーなどのグループ客が多いので、仮に1人1泊7,000円で提供したとすると、1ヵ月のうち30日間毎日埋まるなら、月収は100万円近くにもなります。月収100万ともなると、もはや副収入ではありませんね!

しかし、それはもちろん机上の空論に過ぎません。いくら農家民泊が人気を博しているといえども、連日予約で埋まりどおしというのは難しいでしょう。現状、月収15万円程度を得ている家庭が多いようです。100万円と比較すると落胆してしまうかもしれませんが、普通のホームステイ型民泊だと月収50,000円程度のものですから、やはり農家民泊の収入効率は良好と言えます。

3−4.どんなコンテンツが体験民泊に使えるの?

体験民泊で提供されているコンテンツは農業に限らず、また、漁業や林業、畜産にも限りません。以下に代表的なものを挙げてみましょう。

  1. 田植え・稲刈り
  2. 野菜・果物の収穫
  3. 魚釣り・船舶漁
  4. 芋掘り
  5. 林の間伐
  6. 薪割り
  7. 炭焼き
  8. キノコ狩り
  9. 山菜摘み
  10. ハチミツ採集
  11. 酪農
  12. 鶏卵採集
  13. 養豚の世話
  14. 里山の散策
  15. 川遊び
  16. ホタル観賞
  17. 星空観察
  18. 紅葉狩り
  19. クワガタ採集
  20. 雪遊び
  21. 潮干狩り
  22. お茶摘み・お茶煎り
  23. 梅干し・梅ジュース作り
  24. 栗拾い
  25. 干し柿作り
  26. 餅つき
  27. 味噌作り
  28. しょう油作り
  29. 郷土料理教室
  30. お正月やまつりごとのお飾り作り
  31. 各種伝統芸能体験
  32. そば打ち・うどん打ち

いかがでしょうか?非常に多岐に渡っています。ある程度田舎の地域、自然の多い地域なら、何かしらの体験環境を持っているのではないでしょうか。もちろん、ここに書かれていないコンテンツでもかまわないはずです。

1つの家庭で複数のプログラムを提供しており、ゲストに自由に選択してもらったり、季節によって変更したりするケースもよく見受けられます。

3−5.農家民泊の開業に必要な資金は?水回りのリフォームと布製品代。

農家「民宿」では、旅館業法で定められた設備基準を満たすために、トイレやシャワーを増築したりする必要性があり100万円単位の出資が避けられませんが、農家「民泊」であれば、今住んでいる家をそのままでもかまいません。

ただし、水回りに関してはあまり古いと抵抗を感じるゲストが多いため、リフォームしたほうがベターではあります。また、布団やタオルなどの布製品も、あまりに古いなら新調しましょう。特に古い布団はダニやカビを含んでいることが多く、ぜんそくやアレルギー性鼻炎を持つゲストが発症してしまう恐れがあるので注意してください。

4 必読!農家民泊開業の心配を安心に変える5つの知恵!

農家民泊の基礎知識や必要なものについて、一通り解説してきました。しかしそれでもまだ、不安に感じることがたくさんあるかもしれません。誰もが通ってきた不安ですから、先人たちの報告から、心配を安心に変える知恵を学びましょう。

4−1.防犯面やトラブルが心配…。完全紹介制にするのはどう?

見知らぬ人を泊めることに、不安を感じる人は少なくないですよね。この問題の解決策としては、ゲストを知人からの紹介制にしてしまうことです。知人の知人であれば、やはりあなたに対しても礼儀正しくなります。宿泊施設の客には「旅の恥はかき捨て」と考えたり片付けなどをスタッフに押し付けて当然と考える人も少なくありませんが、そうした厄介な客人は激減するでしょう。

4−2.料理が得意じゃなくて…。セルフサービスにするのはどう?

一般的に農家民泊は、夕食か夕・朝食をセットで付けます。そういうところが多いですが、必ずしもそうしなければいけないわけではありません。もし料理が苦手で抵抗があるなら、「食事はセルフサービスです」と銘打つのもありです。この場合、1泊あたりの単価は安くなってしまいますが、「自炊でも良いから安く泊まりたい」と考える層は一定数いるので、それなりに利益を得ることはできるでしょう。

4−3.接客や人付き合いが得意じゃなくて…。1日1組に限定しては?

長い間農業にだけ従事してきた人の中には、接客業めいた接客や人付き合いを苦手にする人もいることでしょう。特に、大勢の人に一度に愛想よくふるまうのは、とても疲れることですよね。そんな場合には、ゲストを1日1組に限定してみるのはいかがでしょうか。

もともと、民宿ではなく民泊ですから、1組程度の受け入れでも全くおかしくはありません。また、「1日1組限定」と銘打つことは、宿泊ゲストにとっても、特別扱いしてもらえるような肯定的な響きがあります。

4−4.忙しくて手が足りなくなりそう…。周囲の人に協力してもらっては?

農業などの本業が忙しくて、民泊ゲストに手が回らなくなるんじゃないかと心配になる人もいることでしょう。これはどの農家でも抱く懸念で、それに対して多くの家庭では、親族や親しいご近所さんに応援を頼むことで、うまく解決しています。1泊1人5,000円程度も取っているなら、謝礼を払うことも難しくはないはずで、謝礼があれば引き受けてくれる人を見つけるのは難しくないはず。

4−5.ビジネスに自信がなくて…。「楽しむこと」を主目的にしては?

ビジネスとして、客足を絶やさず、確実に一定の利益を出し続けようと考えると、なかなか難しいものです。ビジネスが苦手な人の場合、毎月ノルマと戦い続けるよりは、「楽しむことを第一目的にしよう」と割り切ったほうが、ストレスの少ない、楽しいホスト生活が送れるでしょう。

この場合も、「民宿」と銘打つより「民泊」のほうがオススメです。旅館業法に則るために何百万円も費やして家屋改修などすると、どうしても「費用を回収しなければ!」と躍起になる必要性が出てきてしまいます。しかし「民泊」として先行投資やランニングコストを掛けずに行うなら、仮に予約が入らなくても苦しいことはありませんし、辞めたいなと思った時にはすぐに辞めることができるので気軽ですよ。

民泊の魅力はまさにこの「気軽さ」にあるので、ゲストとの出会いや交流を楽しむつもりで、肩の力を抜いて営むことを強くオススメしたいですね。

民泊スタートアップnaviでは、各種民泊に関する情報をどこよりも幅広く網羅してお届けしています。Airbnb民泊や留学生ホームステイに関する情報も農家民泊に役立つものがありますから、トップページから気になるテーマを探し、ご活用ください。

まとめ。

【農家民泊とは?まずは基礎知識を蓄えよう。】

  1. 農家民泊とは?農業などの体験をウリにする、田舎地域での簡素な宿泊業態。
  2. 厳密に言えば、農家民泊ではなく「体験民泊」。プログラムは農業だけに限らず、漁業、林業など非常に幅広い。
  3. 脚光を浴び始めたのは2007年頃。グリーンツーリズムの高まりに合わせて人気を獲得する。
    グリーンツーリズムとは?勘違いしている人が多いが、自然レジャーのことではない。本来は、ヨーロッパで生まれた農村振興方策の一環。
  4. 農家民泊と農家民宿、どう違うの?農家民宿のほうは宿泊がメインで、旅館業法に則って認可を得る必要があり、起業のハードルは高い。ただし、同じ意味合いで使われていることが多い。

【農家民泊はなぜ人気なの?】

  1. このような人たちに支持されている。
    (1)自給自足愛好家を中心に、農業や伝統工芸などの職業体験に興味がある。
    (2)田舎特有ののんびりとした空気に癒されたい。何のもてなしも求めない人も。
    (3)Iターン志望者の田舎体験リハーサルとして、とても効率が良い。
    (4)都市に生まれ田舎を持たない若い世代にとって、「田舎のおじいちゃん・おばあちゃん家」への憧れが満たせる。
    (5)多少古くて不便だとしても、古民家や日本の伝統家屋に泊まってみたい。

【農家民泊受け入れの手引き。】

  1. 集客の窓口は?各地域にある民泊推進協会のようなものに加盟するか、「とまりーな」などの民泊仲介サイトを活用しよう。
  2. 農家民泊の適正な料金設定は?一般的な料金設定は、1人1泊5,000〜8,000円。地域の協会の場合、料金は一律に決められていることも。
  3. 農家民泊で見込める収入は?平均的には月収15万円くらい。Airbnb(エアビーアンドビー)などの普通の民泊よりも収入は高い。
  4. どんなコンテンツが体験民泊に使えるの?田植え・稲刈り、野菜・果物の収穫、魚釣り・船舶漁、芋掘り、林の間伐、薪割り、炭焼き、キノコ狩り、山菜摘み、ハチミツ採集、酪農、鶏卵採集、養豚の世話、里山の散策、川遊び、ホタル観賞、星空観察、紅葉狩り、クワガタ採集、雪遊び、潮干狩り、お茶摘み・お茶煎り、梅干し・梅ジュース作り、栗拾い、干し柿作り、餅つき、味噌作り、しょう油作り、郷土料理教室、お正月やまつりごとのお飾り作り、各種伝統芸能体験、そば打ち・うどん打ち。などなど。
  5. 農家民泊の開業に必要な資金は?古い日本家屋のままで構わないが、水回りが古いならそれはリフォームしたほうがベター。それと布団、タオルなどの布製品代。

【農家民泊開業の心配を安心に変える5つの知恵!】

  1. 防犯面やトラブルが心配…。→ゲストの選び方を完全紹介制にしよう。知人の知人だとマナーは良くなる傾向にある。
  2. 料理が得意じゃない。→食事をセルフサービスにしてしまおう。「自炊でも良いからなるべく安く」のニーズは少なくない。
  3. 接客や人付き合いが得意じゃない。→ゲストを1日1組に限定してしまおう。難易度は下がり気苦労も減る。
  4. 忙しくて手が足りなくなりそう。→親族や近所の知り合いなどに助っ人してもらおう。1人5,000円の料金を取っているなら謝礼も出せるはず。
  5. ビジネスに自信がない。→儲けは気にせず、「楽しむこと」を主目的に営もう。

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)