あまり知られていませんが、春休みの前後は民泊が忙しくなるシーズン。大手の旅行会社までもが民泊の手配を扱うようになってきて、ますます拍車が掛かっています。

過ごしやすく快適なシーズンである春ですが、民泊のホストをするならこの時期特有の傾向と対策をつかんでおくことが大切です。さて、春休みの民泊受け入れは、どんなポイントに気をつければよいのでしょうか?

なお、このページは基本的にAirbnb(エアビーアンドビー)の民泊を想定しています。

1 春休みシーズンは日本人の民泊利用が増える。あなたの日本人対応は万全?

春休みの民泊受け入れのポイント。

長期休暇の季節は民泊や宿泊施設の稼働状況に大きな変化がみられますが、それは春休みシーズンについても同様。混雑するのは当然として、どのような変化があるのでしょうか?

1-1.大学生や専門学生は2月頃から春休みに突入!

春休みというと、3月末から4月初頭の2週間程度をイメージしている人が多いかもしれませんが、大学や専門学校の春休みは2月頃から始まります。つまり、2月に入ったくらいから民泊稼働の状況にも少々変化がみられるということ。あらかじめ理解しておきましょう。

1-2.2~3月は若い、しかも女性の日本人客が増える。

大学生や専門学生は、お金を持っていますし自由に旅行に出かけるだけの自立心を持っています。そのため、2~3月には二十歳前後の若者の旅行が増えるのです。

中でも女性は旅行が好きで、男性よりも多くの人が旅行をします。

また、高校三年生も卒業旅行などで遠出が増えますね。卒業旅行を企てるのも男性より女性が多いです。

1-3.外国人より日本人のほうが、男性より女性のほうが、宿泊施設への目が厳しい!

外国人よりも日本人のほうが、そして男性よりも女性のほうが、宿泊施設に対する期待度や評価が厳しい傾向にあります。そしてその一番厳しい層の利用が増えるのが、他でもなくこの、2~4月初頭の春休みシーズンなのです!

民泊のホストも、日本人女性が泊まっても満足してもらえるような設備やサービスの対策を練っておいたほうが良いでしょう。たとえばこのようなアイデアが考えられます。

  1. ゲストルームには鏡を置く。
  2. ドライヤーは必携!
  3. トイレにはサニタリーボックスを。
  4. 公共スペースの清掃も念入りに。
  5. アメニティグッズはビジネスマン向けではなく女性向けに。
  6. インテリアは「クール」よりも「キュート」が好まれる。
  7. 女性は簡素な地図だけではたどり着けない人が多いので対策を。

1-3-1.ゲストルームには鏡を置く。

女性にとって鏡は、ベッドの次くらいに大切なアイテム。鏡を置いてない民泊やゲストハウスは多いですが、女性をターゲットにするならそれは致命的です!

「洗面所にあるからいいか」というのは、まったく女性心理を理解できていません。

1-3-2.ドライヤーは必携!

鏡と同じく、ドライヤーも女性にとっての必需品ですが、男性ホストにはそのことに気付いていない人が少なくありません。ホストファミリーのもののシェアでかまわないので、民泊ゲストがいつでもドライヤーを使えるようにしてあげましょう。

1-3-3.トイレにはサニタリーボックスを。

サニタリーボックスとは、生理用品用のゴミ箱のこと。これも、男性ホストには気が向いていない人が多いようです。

ホストが男性しかいない場合、逆にサニタリーボックスには捨て捨てづらい女性が多いですが、それでもなお、設置しておいてあげるのがデリカシーというもの。

1-3-4.公共スペースの清掃も念入りに。

ゲストルームを綺麗に整えているホストは多いですが、リビングなど公共スペースは乱雑になってしまっていることが少なくありません。男性ゲストはあまり粗雑さを気にしない傾向にありますが、日本人の女性ゲストはあらゆる空間の清潔観念に敏感。特にトイレ、洗面所、浴室、キッチンなどは念入りに清掃しておきましょう。

1-3-5.アメニティグッズはビジネスマン向けではなく女性向けに。

特に家主不在型民泊では、使い切りのアメニティグッズを置いているところが少なくありませんが、品ぞろえがビジネスマンを想定しているようなものになっていることが多いようです。

女性ゲストを想定するなら、簡単なコスメや化粧落としコットン、綿棒など、女性に喜ばれるアイテムを追加しておきましょう。

1-3-6.インテリアは「クール」よりも「キュート」が好まれる。

ベッドシーツやカーテンなどの内装についても、日本の民泊施設はクールなコンセプトでまとめられた部屋が多い傾向にあります。これは、ビジネスマンなど男性ゲストには好感を持たれますが、女性ゲストはあまり好いていません。

女性ゲストを意識するなら、クールよりも「キュート」なコンセプトに彩りましょう。

1-3-7.女性は簡素な地図だけではたどり着けない人が多いので対策を。

女性の傾向の一つに、「地図や機械に強くないこと」が挙げられます。男性ゲストに送って問題のなかった地図でも、女性ゲストでは家にたどり着けないことが少なくないようです。

また、パソコンからの閲覧ができなかったりプリントアウトの環境を持っていなかったりすることも少なくないので、女性でも対応しやすいような道案内の準備をしておきましょう。

1-4.女性を制する者は宿泊施設を制する!

少し余談になりますが、上記のような女性ゲスト対策を施すことは、春休みシーズンに限らず年中を通して、あなたの民泊の稼働率アップに役立つでしょう。

というのも、旅行をする人の割合は女性のほうが多く、また、カップルで旅行する場合も宿泊施設の決定権は女性のほうにあることが多いのです。

男性向けの部屋に女性は泊まりませんが、女性向けの部屋に男性は泊まるので、女性が、特に日本人女性が喜ぶ部屋づくり(もちろん接客も)を心掛けると、あなたの民泊施設のクオリティは上がり、人気を博するようになるでしょう。

2 3月下旬~の春休み期は桜目当ての外国人ゲストでにぎわう。

春休みの民泊受け入れのポイント。

あまり知られていませんが、3月下旬~4月上旬にかけての「小中高生の春休み」のシーズンは、日本は外国人観光客でにぎわいます。これは、桜を見たいと願っている外国人観光客がとても多いため。

この時期に訪れる外国人ゲストはまず間違いなく桜を鑑賞したがっているので、桜に関する情報を提供できるように準備しておきましょう。

2-1.事前に準備しておこう!有効な桜対策はこの5つ。

外国人ゲストへの桜鑑賞の対策は、具体的にはこのようなものです。

  1. 桜の名所までの交通情報を教えてあげられるようにしておこう。
  2. 近所のちょっとした桜の名所をリサーチしておこう。
  3. お住まいの地域の桜の開花時期をリサーチしておこう。
  4. しだれ桜の名所を案内して、他の民泊ホストに差を付けよう。
  5. リスティングに近隣で見られる桜の写真を載せておこう。

2-1-1.桜の名所までの交通情報を教えてあげられるようにしておこう。

日本の電車駅やバスには、まだまだ英語表記の整備が充分ではありません。特に地方ではまったくと言ってよいほど進んでいないところも少なくないでしょう。そのような中で公共交通機関で移動することは、外国人にとってとても困難。

民泊ホストのあなたは、近郊の桜の名所までの電車やバスの乗り方を把握し、民泊ゲストにわかりやすく教えてあげられるようにしておきたいところ。また、情報を教えるだけでなく、メモ紙を作って渡してあげると道ゆく人に尋ねやすくなるので、さらに親切です。

2-1-2.近所のちょっとした桜の名所をリサーチしておこう。

桜目当ての外国人観光客の中には、有名な名所に行かなくても満足できる人がいますし、むしろ混雑した名所よりも無名なのんびりとした桜のほうが好ましく感じる人も少なくありません。

どこの町にもちょっとした桜並木などがあるはずですから、あなたの民泊家屋からの行き方を示した地図などを用意しておいてあげましょう。一緒に花見に出かけ、おにぎりや焼き鳥など日本らしい食べ物で小さな宴会でもしてあげると、とても喜ばれるかもしれません。

2-1-3.お住まいの地域の桜の開花時期をリサーチしておこう。

桜が愛される理由にはその「儚さ」があります。他の花に比べ、咲いている時期が短いのです。

しかし外国人はこの事実を知りませんし、いつが満開期であるかはなおさら知らないでしょう。満開のときに桜を鑑賞できるように、来訪してからではなく予約問い合わせをもらったときにはもう、近隣の桜の開花予報についても教えてあげられると理想的です。

2-1-4.しだれ桜の名所を案内して、他の民泊ホストに差を付けよう。

日本人にも人気の高いしだれ桜は、外国人にとっても人気です。いえ、しだれ桜の存在を知らない外国人は多いのですが、それを見たときの感動はとても大きいもの!

ですから、桜の名所を教えてあげる際、もしあなたの家の近隣に見事なしだれ桜があるなら、ぜひその情報を教えてあげましょう。混みにくい時間帯などわかるなら、それも併せて教えてあげたいですね。(平日の午前中など。)

2-1-5.リスティングに近隣で見られる桜の写真を載せておこう。

外国人観光客は、日本のどこで桜の花が見られるか、あまりよく知りません。そのため、Airbnb(エアビーアンドビー)上のあなたのリスティング(お部屋の詳細ページ)の画像一覧に近隣の桜の写真を載せてあげると、「あ、このお部屋に泊まれば手軽に桜が楽しめそう!」とわかってもらえ、予約率が上昇するでしょう。

どこでも桜が見られることは私たち日本人にとって当たり前のことですが、外国人向けの観光情報ではその当たり前を書いてあげることが大切なのです。

3 自然多き地に住んでいるなら、桜以外のお花畑の観光情報も準備して!

春休みの民泊受け入れのポイント。

春の日本を美しく彩るのは、何も桜だけではありませんよね。四季のうちで最も色彩豊かになる春休み前後の日本には、桜以外のお花畑を観光したがっている外国人も数多くいます。

特に、自然の多い地方に繰り出すゲストは自然レジャーを好む傾向にあるので、あなたが自然多き地に住んでいるなら、桜以外のお花畑の観光情報も準備しておきましょう。

3-1.日本各地の有名なお花畑。あなたが思っている以上に人気スポットかも?

ここでは、日本各地にある見事なお花畑の観光地を紹介していきます。お花畑はテーマパークほど派手な観光施設ではないため、近所に住んでいても旅行者に人気があることを知らない人が多いようす・・・。

あなたの近所のお花畑も、案外旅行者に人気かも?

  1. 滝川市の菜の花畑(北海道):ベストシーズン5月下旬~6月
  2. 国営ひたち海浜公園のネモフィラ畑(茨城県):ベストシーズン4月下旬~5月中旬
  3. 佐倉チューリップフェスタ(千葉県):ベストシーズン4月
  4. 白間津のお花畑(千葉県):ベストシーズン2月
  5. 富士芝桜まつり(山梨県):ベストシーズン4月~6月
  6. 御船山楽園のつつじ谷(佐賀県):ベストシーズン3月下旬~4月中旬
  7. 河内藤園(福岡県):ベストシーズン4月下旬~5月上旬
  8. 仙酔峡のミヤマキリシマ(熊本県):ベストシーズン5月上旬~5月中旬

上記はあくまでも一例です。あなたの近所にも見事なお花畑や庭園があるのでは?

4 春休みシーズンの気候は不安定!外国人の健康は民泊ホストが守ってあげて。

春休みの民泊受け入れのポイント。

「過ごしやすい季節」と誰もが思っている日本の春。だからこそ、そこには落とし穴が!

4-1.知ってた!?日本ほど花粉症が深刻な国はない!

春休みシーズンの日本のちょっとした風物詩が、「マスクの人だらけの街並み」です。私たち日本人にとってはすでに当たり前の光景になっていますが、外国人が見るととてもコッケイに感じるようす。それもそのはず、日本ほど花粉症の深刻な国は他にないのです!

一般的に、ほとんどの外国人は日本のスギ花粉では花粉症を発症しません。しかし中には体質の特殊な人もいるでしょう。無防備に春の日本を歩き回っていて急に体調を崩しても、何の病気であるか察しもつかずに苦しい思いをするのはかわいそう・・・。

民泊のホストは、自身の民泊ゲストにいつでも花粉症の説明と対策を施してあげられるようにしておいてください。

4-2.春休みでも雪が降る!暖かいと思っている外国人ゲストに注意とケアを。

春休みシーズンの日本といえば、多くの人々は「暖かく過ごしやすい気候」と思っています。しかし、実際問題として日本の本州では、4月の上旬ですとまだ雪が降ることもあり、10度以下に下がることも少なくありません。

あなたの民泊ゲストには、来日前に、「冬用のコートがあったほうが良い」という警告をしておいてあげましょう。また、防寒具を持たないゲストが寒さに凍えてしまったなら、何かあなたの防寒具のお古でも貸してあげられる準備をしておくと親切ですね。

民泊スタートアップnaviは、より良い民泊ホストになるためのマメ知識が満載です。カテゴリーや画面右の検索窓から気になる記事を探し、あなたの民泊スキル向上とゲストの満足度アップにお役立てください。

まとめ。

春休みの民泊受け入れのポイント。


【春休みは日本人の民泊利用が増える。あなたの日本人対応は万全?】

  • 大学生や専門学生は2月ごろから春休みに突入!
  • 2~3月は若い女性の日本人客が増える。
  • 外国人よりも日本人のほうが、男性よりも女性のほうが、宿泊施設への目が厳しい!
  • 日本人女性に好まれる部屋づくりのポイント7つ。
  1. ゲストルームには鏡を置こう。
  2. ドライヤーは必ず置こう。
  3. トイレにはサニタリーボックスを置こう。
  4. 公共スペースの清掃も念入りに行おう。
  5. アメニティグッズは女性向けのものを意識して。
  6. 内装は「クール」よりも「キュート」が好ましい。
  7. 簡素な地図だけではたどり着けない女性が多いので、対策を。



【3月下旬~の春休み期は桜目当ての外国人ゲストでにぎわう。】
・事前に準備しておこう!有効な桜対策はこの5つ。

  1. 桜の名所までの交通情報を教えてあげられるようにしておいて。
  2. 近所のちょっとした桜の名所をリサーチしておいて。
  3. お住まいの地域の桜の開花時期をリサーチしておいて。
  4. しだれ桜の名所を教えてあげるととても喜ばれる。
  5. リスティングに近隣で見られる桜の写真を載せておいて。



【桜以外のお花畑の観光情報も準備して!】
日本各地の有名なお花畑。あなたが思っている以上に人気スポットかも?

  1. 千葉県佐倉チューリップフェスタ:ベストシーズン4月
  2. 山梨県富士芝桜まつり:ベストシーズン4月~6月
  3. 佐賀県御船山楽園のつつじ谷:ベストシーズン3月下旬~4月中旬



【春休みシーズンの気候は不安定!外国人の健康は民泊ホストが守ってあげて。】

  • 知ってた!?日本ほど花粉症が深刻な国はない!
  • 春休みでも雪が降る!「冬用コートがあったほうが良い」と教えてあげて。

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)