「留学」という言葉を聞いて、あなたはどのようなイメージを持ちますか?

多くの人が、1年くらいのスパンでの外国滞在をイメージするのではないでしょうか。
しかし実際には、留学のスパンはピンからキリまで。もちろん1年間かけてじっくり留学勉強する人もいますが、3カ月、1カ月、2週間、中には1週間といった超短期留学も、存在してはいます。

Airbnb(エアビーアンドビー)などの民泊受け入れをしていると、3日間程度の短期滞在者が多いですが、2週間~1カ月程度の短期留学者を上手く捕まえることができると、民泊雑務の手間がものすごく省けるだけでなく、メリットがいっぱい!

1 留学生って、どうやって部屋を見つけているの?

観光感覚の短期留学でも受け入れられるのが民泊の魅力!

まずは留学生たちの滞在事情について、少しお勉強しましょう。

「留学」という言葉はよく耳にしますが、留学生の素性というのはあまり目にすることがありませんよね。

実は短期留学生は、私たちが思うよりもずっと大勢、日本のあちこちに飛び交っています。

1-1.日本人の場合、学校が手配する寮に滞在するのがもっぱら。

留学生の多くは、高校や大学、語学学校の仲介で留学を行います。そのため、滞在先についてもその学校が用意するモデルプランをそのまま採用する留学生が多いです。

・・・という形は実は、「日本における一般論」に過ぎません。

1-2.外国の留学生は、学校の指定した寮だけでなく独自に手配する人も多い。

海外の留学生でも、学校の手配した寮を利用する人は多いのですが、その割合は日本よりずっと低くなります。

他の民間の宿泊施設を、独自で手配するのです。

そこには理由が2つあり、1つは、指定寮より安価なところで費用を節約したいから。
そしてもう1つは、観光気分で様々な場所を目にしたいからです。

短期留学者は特に、後者の傾向があります。

1-3.日本人留学生が独自手配しない(できない)のは、2つの理由がある。

対して、日本人がもっぱら学校指定の寮に偏ってしまうことには、2つの理由が挙げられます。

(1)独自手配するだけの英語力や交渉力、積極性が乏しいため。

そのためどうしても、「高くてもいいから無難なもの」に収まってしまうのです。これは、日本人が旅行をする際、パッケージツアーや高級ホテルを選びたがるのと同じ構図ですね。

(2)「快適さ」と「プライベート空間」に強いこだわりを持つため。

日本人の場合、プライベートのしっかり確保された個室でないと苦しいと感じてしまう人が多く、また、歩く距離が短くて済む立地、オートロック機能、バストイレ別の快適な住居性など、様々な要素を求める人が多いのです。

1-4.外国人留学生はこだわりが少ない。すると民泊に無限の選択肢が広がっていく!

対して外国人留学生の多くは、日本人ほど滞在先にこだわり要素を持っていません。

すると彼らは、学校の指定する寮やホテルに限定されず、民泊の中から面白そうな場所・安くてコストパフォーマンスの良い場所を見つけ出し、そうした場所に滞在するのです。

1-5.つまり、日本のAirbnbユーザーの中にも短期留学生が多数混じっているということ!

つまり、日本に訪れ日本で民泊物件を物色しているAirbnb(エアビーアンドビー)ユーザーの中にも、短期留学目的で来日している人がとても多いということです。

彼ら短期留学生を上手く取りこめるようになると、あなたの民泊受け入れ風景も少し、様変わりしてくるかもしれません。

2 こんなに魅力的!短期留学生を受け入れる7つのメリット!

観光感覚の短期留学でも受け入れられるのが民泊の魅力!

では、短期留学生を民泊で受け入れると、どんなメリットがあるのでしょうか?

  1. 問い合わせ対応、ベッドメイク、お迎えなどの手間がぐっと減らせる。
  2. 少なからず日本語を話せる人が多く、コミュニケーションがとりやすい。
  3. 交流好きな人が多く、異文化交流の充実度が圧倒的に増す。
  4. 親日家が多く日本人のようなマナーを持った人が多いので、共同生活が快適。
  5. 滞在後も親交が続きやすく、その人の国に行ったときに助けてもらいやすい。
  6. 学校の看板を背負っているので、犯罪やトラブルを起こすような人はまずいない。
  7. 稼働率が上がりやすく、収益面でもありがたい。

それでは、7つの項目それぞれをさらに詳しく解説します。

2-1.問い合わせ対応、ベッドメイク、お迎えなどの手間がぐっと減らせる。

「短期」という言葉が付いていようとも、短期留学生は一般的な旅行者よりも滞在期間が長めです。2週間から1カ月程度が多いでしょうか。

すると、3日前後がもっぱらの一般旅行者を受け入れるよりも、問い合わせへの対応やベッドメイク、駅までのお迎えなどの手間を、圧倒的に減らすことができるのです!

民泊は、2日目以降はほとんどやるべき雑務がなくなるので、中長期のゲストが頻繁に入ってくれると、非常に助かりますね。

2-2.少なからず日本語を話せる人が多く、コミュニケーションがとりやすい。

短期留学生のほとんどは、日本語を学ぶために日本に来ています。

留学生の中でも短期留学生の場合、観光半分のお気楽な人も少なくないですが、それでも20~30程度の日本語は知っている人が多く、それだけでも英語のニガテな民泊ホストにとっては大助かりに感じるでしょう。

そこそこの日本語を操れてしまう留学生も、決して少なくありません。すると、コミュニケーションは非常に円滑で、日本人を受け入れているのと遜色ないほどに、気分が楽になるでしょう。掛かるストレスも各段に少なくなりますね。

2-3.交流好きな人が多く、異文化交流の充実度が圧倒的に増す。

Airbnb(エアビーアンドビー)のゲストユーザーの中には、ホームステイ体験を望んでいるわけではなく、単に安さや立地都合のよさで物件を選んでいる人もいます。

しかし短期留学生の場合、語学を学びたいと願っているからには交流好き・話したがりの人が多く、ホストのあなたとの異文化交流も積極的に交わしてくれることが多いでしょう。

趣味を兼ねて民泊ホストをやっている人には、とてもうれしいですね。

2-4.親日家が多く日本人のようなマナーを持った人が多いので、共同生活が快適。

一般的に外国人は、日本人に比べると礼儀正しさや気配りに欠けます。そのため、接していてストレスに感じてしまう人も少なくないことでしょう。

しかし、日本語を学びにきている留学生は、日本の文化に興味やリスペクトを抱いていることが多いです。そのため、日本人のように礼儀正しかったり、気配りができたり、あまり大きな音を立てずに過ごしてくれる傾向にあります。

このようなゲストが来てくれると、民泊の共同生活も非常に快適ですね。

2-5.滞在後も親交が続きやすく、その人の国に行ったときに助けてもらいやすい。

短期留学生は比較的滞在期間が長く、すると親睦が深まりやすくなります。FacebookなどSNSのID交換を交わすことになる確率も、とても高いでしょう。

すると、滞在が終わったあとも親交が続きやすくなり、これが様々なメリットを生み出してくれるのです。

たとえば、そのゲストの国に訪れたときに助けてもらえたり、そのゲストの国の言葉に翻訳したい文章があるときに、快く手伝ってくれたりするかもしれません。

2-6.学校の看板を背負っているので、犯罪やトラブルを起こすような人はまずいない。

民泊受け入れは、ゲストによる犯罪やトラブルの懸念が少なからずあります。問い合わせに対応していても、「この人、泊めて大丈夫かな・・・?」と不安に感じてしまうことが時々ありますね。

しかし短期留学生の場合、犯罪や大きなトラブルはまず起こりません。

というのも、彼らは大学や高校などの名前を背負って来ているため、悪事を働くとその学校の留学制度そのものを破壊してしまうことになるのです。そのペナルティはもちろん、当人にも重くのしかかります。

そのため、短期留学者のマナーが粗悪であることは、まずありません。

2-7.稼働率が上がりやすく、収益面でもありがたい。

短期留学生は2週間~1カ月程度の長めの滞在であることが多いため、カレンダーの空き日程を一気に埋めてくれます。

するとその月は、日本市場の平均値である50パーセント程度の稼働率は一気に超え、70パーセント、80パーセントといった高い数値にあっさり達することができそうです。

稼働率が高いということは、すなわち多くの収益が入るということ。民泊を貴重な副収入源と考えている人にとっては、とてもありがたいですね。

3 実践しよう!短期留学生に選んでもらいやすくなる5つのポイント。

観光感覚の短期留学でも受け入れられるのが民泊の魅力!

多くの短期留学生に利用してもらい、民泊ライフの質を向上させるには、どのようなことに気をつけて集客したら良いのでしょうか?

  1. 良心的な価格にする。(1泊1,500~2,000円くらい。)
  2. ホテルに似せたり奇抜にしたりせず、「普通の家庭っぽさ」を大切にする。
  3. 短期留学生に限っては、友達の来訪をOKにする。
  4. Airbnbのカレンダーは、3カ月以上前から開けておくようにする。
  5. ホームステイ型の民泊にする。

これら5つのポイントを、もう少し詳しく解説しましょう。

3-1.良心的な価格にする。(1泊1,500~2,000円くらい。)

短期留学生は、指定の寮よりも安い宿泊場所を探していることが多いです。

そのため、値段でのアピールはとても重要なポイント。1泊1,500~2,000円くらいの価格帯に設定するのが良いでしょう。

もし、それでは安すぎると感じるならば、「1週間以上なら長期割引きあり!」と銘打って、短期留学生など長めの予約を入れてくれる人だけを割り引くと良いですね。

なお、1カ月スパンであれば50,000円くらいが目安となります。これは、シェアハウスが1カ月50,000円程度で募集しているためです。

3-2.ホテルに似せたり奇抜にしたりせず、「普通の家庭っぽさ」を大切にする。

Airbnb(エアビーアンドビー)民泊のホストには、ホテル風のクールな内装がベターだと思っている人が多い様子。しかし、少なくとも短期留学生をターゲットにするなら、そのコンセプトは訴求効果が薄いでしょう。

短期留学生は、語学を学びたいだけでなく、「その国の普通の家庭」を体験したいと願っていることが多いのです。

ですから、ホテル風だけでなく、「ピカチュウグッズだらけ」というような奇抜なコンセプトも、効果的ではありません。

3-3.短期留学生に限っては、友達の来訪をOKにする。

短期留学生は、旅行者に比べてその土地での動きが緩やかになります。基本は学校と滞在場所の往復で、朝から晩まで観光地に赴くことは稀です。

すると、学校で知り合った友人と遊ぶことも多く、彼らを自分の滞在場所に連れてきたいと願うようになります。

多くの民泊は、予約者以外の立ち入りを禁止していますが、短期留学生のような生活滞在者にとってこの規則は非常に不便です。

なので、「1人まではOK」「たまにならOK」「恋人ならOK」といった具合に、特別許可を出してあげると喜ばれるでしょう。

3-4.Airbnbのカレンダーは、3カ月以上前から開けておくようにする。

Airbnb(エアビーアンドビー)では、宿泊営業日程のカレンダーを何カ月前から開示するか、各ホストが自由に決めることができます。

あまり先の日取りを予約で埋めてしまうと旅行や帰省などに支障が出るため、1カ月前からのオープンにしている人も少なくないかもしれません。

しかし、短期留学生を呼び込みたいなら3カ月以上前からオープンするようにしましょう。

これには2つの理由があります。

まず第一に、留学は何カ月も前から予定が決定する傾向にあるからです。

そして予定が決定した留学生は、「2週間や1カ月という長いスパンだと予約が取りにくいから、早めに決めてしまおう」と考えます。その段階であなたのカレンダーが閉じているなら、他のホストに取られてしまうのです。

3-5.ホームステイ型の民泊にする。

念のために書いておきますが、これが最も重要なことです!

短期留学生は「生活」をすることになるため、様々な面で手助けをしてくれるサポーターを求めています。ホームステイ型民泊のホストがこれに当たるわけなのですが、家主不在型民泊ではこのサポーターが常駐していないため、彼らにとって魅力的ではありません

問い合わせへの対応がどんなにマメでも、それでは意味がないのです。

短期留学生を受け入れることは、「ちょっと損するくらいでも世話を焼いてあげたい」と考えているような、ホームステイ型ホストタイプの人が向いています。


民泊スタートアップnaviでは、副収入獲得だけでないAirbnbの楽しい・有意義な活用法について、バラエティ豊かに解説しています。民泊ライフをさらにエンジョイしたいあなたは、カテゴリー「民泊の魅力」から気になる記事を探し、お役立てください。

まとめ。

観光感覚の短期留学でも受け入れられるのが民泊の魅力!

【留学生ってどうやって部屋を見つけているの?】

  • 日本人留学生の場合、学校が手配する寮に滞在するのがもっぱら。
  • 外国の留学生は、独自に手配する人も多い。
  • 日本人留学生が滞在先を独自手配しないのは、2つの理由がある。
  • (1)独自手配するだけの英語力や交渉力などが乏しいため。
    (2)「快適さ」と「プライベート空間」にこだわりが強すぎるため。

  • 外国人留学生はこだわりが少ない。すると民泊に無数の選択肢がある!
  • 日本の宿を探すAirbnb(エアビーアンドビー)ユーザーの中にも、短期留学生が多数混じっているということ!

【短期留学生を受け入れる、7つのメリット!】

  1. 問い合わせ対応、ベッドメイク、お迎えなどの手間が大幅に減らせる。
  2. 日本語を話せる人が多く、コミュニケーションが各段にとりやすい。
  3. 交流好きな人が多く、異文化交流の充実度が圧倒的に増す。
  4. 親日家が多く日本人のようなマナーを持った人が多いため、共同生活が快適。
  5. 留学後も親交が続きやすく、その留学生の国に行ったときに助けてもらいやすい。
  6. 学校の看板を背負っているため、犯罪を起こすような人はまずいない。
  7. 稼働率が上がりやすく、収益面でも恩恵が大きい。

【短期留学生に選んでもらいやすくなる5つのポイント。】

  1. 良心的な価格にする。(1泊1,500~2,000円くらい。月額50,000円くらい。)
  2. ホテルに似せるのでなく、「普通の家庭っぽさ」を大切にする。
  3. 短期留学生に限っては、友達や恋人の来訪をOKにする。
  4. Airbnbのカレンダーは、3カ月以上前からオープンにしておく。
  5. ホームステイ型の民泊を営む。

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)