まさしく「賛否両論」で日本のお茶の間をにぎわせているAirbnb(エアビーアンドビー)。

あなたも、TVニュースやインターネットサイトなどを通じて、エアビーアンドビーへの批判や賛辞をいくつも目にしていることでしょう。しかしそれらの多くは、見解があらかじめ決まっていますね。民泊代行業者のサイトであれば、それは当然、「エアビーアンドビーは楽に儲かる!」という印象操作をしますし、エアビーアンドビーに嫌な思いをした人やホテルなどのライバル業者は、エアビーアンドビーに嫌悪を持つような印象操作をします。つまり、ほとんどの報道は、「中立性を欠いている」んですね。そのような記事を幾つ読みあさったところで、エアビーアンドビーや民泊の本当の姿は、見えてこないでしょう。

この記事は、「中立」の立場で、「どこよりも詳しく」、エアビーアンドビーの実情を論じます。

1 【真実を知ろう!】ねじ曲がった、日本のAirbnb(エアビーアンドビー)観。

まず最初に知っておいていただきたいことは、「海外と日本とでは、エアビーアンドビーに対する評判がずいぶん違っている」ということ。これを理解している日本人は、非常に少ないです。エアビーアンドビーを自ら運営している人でさえ、知らない人ばかりです。

まず最初にこのことを理解しないと、エアビーアンドビーの真実の姿は見えてきません。

1−1.海外のAirbnb(エアビーアンドビー)観。民泊は「楽しい」。

海外の、特に欧米先進国の人々は、高級ホテルに泊まるだけの資金力を持った層でさえも、エアビーアンドビー泊を活用し、楽しんでいます。

なぜなのでしょう?

それは、彼らがエアビーアンドビーを「楽しい!」と感じているからです。ホテルやヴィラに泊まるよりも、エアビーアンドビー民泊のほうが「楽しい」のです。

どういうことなのでしょう?

1−2.その土地の文化が最も体験できるのは、「普通の民家」だから。

エアビーアンドビーに登録されている物件のほとんどは、「普通の民家」です。日本人は、「普通の民家ゆえ毛嫌いする」傾向にあるのですが、欧米先進国の人々は、「普通の民家ゆえに愛好している」のです。民家に対する評判が、180度違うということですね。

欧米先進国の人々の旅行観は、「異文化を楽しむ」ということに大きな比重を置いています。

「その国の文化を最もリアルに垣間見れるのはどこだろう?」とそのような観点で見たとき、出てくる答えは、「普通の民家」なのですね。博物館のリアルな室内展示よりも、有名な都会の街よりも、「普通の民家」のほうが、その国の本当の姿が見えるのです。そのため、欧米先進諸国民にとって、エアビーアンドビーや民家民泊の評判は良好なのです。

日本人旅行者の多くは、旅行というものに、「ヨーロピアンなホテル」や「ゴージャスなもの」を求める傾向が強く、そのあたりの目的の違いが、エアビーアンドビーへの評判に大きな隔たりを生んでいます。
そのため、旅行にゴージャスさを求めていないバックパッカータイプの人々は、日本人であってもエアビーアンドビーへの評判が良い傾向にありますね。

1−3.欧米先進国のAirbnb(エアビーアンドビー)オーナーは、儲けはあまり気にしていない。

また、エアビーアンドビー民泊を営む側の人々についても、日本人と外国人とでは観念の差が見受けられます。

外国の場合、「外国人ゲストと交流することが楽しいから」といった理由で営んでいる人が多いのです。彼らにとって民泊運営は、「ビジネス」というよりも「趣味」に近い感覚です。お金も儲かりますが、それは二の次なのです。ですから、1泊1,500円で「個室」を貸し出しますし、1,500円の宿とは思えないほど充実したホスピタリティを、見せてくれたりします。

1−4.欧米先進国のAirbnb(エアビーアンドビー)オーナーは、「空いてる部屋を貸す」感覚。

または、「部屋が空いてるから、貸し出してみるか」といった気楽な感じで営んでいます。
わざわざイチから不動産を借りてきたり、家具家電を買いそろえたりする「ビジネス派オーナー」は少ないのです。

「有りもの」を貸しているだけですから、高い宿泊料を設定する必要もなく、それによって、「安くて良質」という素晴らしい循環が成立するのです!

1−5.海外では、「まるまる貸切」物件でさえも、投機型ではない。

「まるまる貸切」物件についても、日本とはやや異なる傾向がありますね。

欧米では、1か月もの長い夏休みをもらえる人が多いのです。そのため彼らは、そのロングバケーションを、自宅とは違う土地で満喫することが多いのですね。すると、1か月もの間、立派な家がもぬけの殻になります。その期間、彼らはエアビーアンドビーなどで部屋を貸し出すのです。

1−6.助け合うことで値段を下げる、「シェアリングエコノミー」のカタチ。

これらが、「大流行した本来のエアビーアンドビーの姿」であり、近年は日本政府も掲げ始めた、「シェアリングエコノミー」という共有経済の本来の姿です。貧富の差が拡大しすぎる資本主義経済の次の生活文化に、欧米先進国の人々は肌感覚で適応をしはじめています。

もちろん、海外にも悪質なエアビーアンドビー物件がありますし、人情など度外視したエアビーアンドビーホストもいます。しかし、大局的なスタンスとしては、上記のとおりです。

2 日本のAirbnb(エアビーアンドビー)旋風は、ビジネス側が起こした。

日本のエアビーアンドビーの評判がやたらと悪いのは、日本における流行の火付け役が、「ビジネス側の人々であった」という点が大きいです。

2−1.日本にとってのAirbnb(エアビーアンドビー)は、「新しい儲け話」…。

2008年にスタートしたエアビーアンドビーは、2012年ごろにはもう、欧米諸国では大流行になっており、大衆権を獲得しました。日本でエアビーアンドビーの名が頻繁に飛び交うようになったのは、それからさらに2〜3年遅れ、2014〜15年頃のことですね。しかも、その話題性の主旨というのは、「エアビーアンドビー民泊って楽しい!」というものではなく、「エアビーアンドビー経営は儲かる!」という、なんともビジネスチックなものであったのです。

残念ながら日本の場合、エアビーアンドビーは、「旅行の楽しみ方の新スタイル」ではなく、「新しい儲け話」という観点で、知名度を増していったのです。欧米先進国のそれとは決定的に違いますね。

2−2.儲けが目的で宿泊客への思いやりが乏しいから、トラブルが多発する。

そのため、この時期に急増した日本のAirbnb(エアビーアンドビー)経営者は、人情や交流などといったものにはまるで関心のない、「利益主義の投機家」ばかりだったのです。
さらに、彼らにエアビーアンドビービジネスをけしかけた者たちの触れ込みは「楽して儲かる!」「オーナーは何もしなくていい!」といったものだったので、これら投機型のエアビーアンドビー物件は、散々な(トラブルの多い)内容になったのです。

2−3.投機型民泊の「オーナー(監視者)不在」という環境が、悪循環を生む…。

そしてさらに、「オーナー(監視者)が不在」ということに目をつけた一部の旅行者が、こうした投機型民泊物件で好き勝手に振る舞ってしまったため、日本のAirbnb(エアビーアンドビー)はトラブルが頻発してしまいました。そしてご存じのとおり、「エアビーアンドビー=トラブルメーカー」「エアビーアンドビー=迷惑」といった風潮で、日本人大衆からの評判を落としていったのです。

くりかえしますが、それは本来のエアビーアンドビーの姿ではなく、本来の民泊の姿ではないのです。

3 日本にも、人情型のAirbnb(エアビーアンドビー)物件はある!

投機型エアビーアンドビー=トラブルが多い
人情型エアビーアンドビー=安くて楽しい

という構図については、ご理解いただけましたか?

人情型のAirbnb物件は、海外で主流であり評判が良いと書きましたが、日本にもそうした良心的な物件が、存在してはいます。日本の場合、割合としては全体の2割程度にすぎないようですが。

つまり、あなたが日本のエアビーアンドビー宿泊において(もちろん海外での宿泊においても)、この「人情型物件」を上手く選び分けることができるなら、エアビーアンドビーは「安くて楽しい」という魅力的な宿泊スタイルとなるのです。

このトピックでは、「人情型物件」を選ぶコツについて、解説していきましょう。

3−1.「個室」タイプに着目しよう。かなり高い確率で人情型物件です。

Airbnb(エアビーアンドビー)で物件検索をするときに、「まるまる貸切」「個室」「シェアルーム」の3つのタイプ分類がされていますね?その中の「個室」タイプに着目しましょう。それはかなり高い確率で、人情型物件です。カスタマーレビューも読んでみてください。かなり評判が良いはずです、

3−2.リスティング(施設の詳細ページ)やプロフィールもしっかりチェック!面倒くさがらないで。

「個室」タイプの中にも、まれにオーナー不在のものがありますし、オーナーが同居していても、あまり人情味のない(親切でない)ものもあります。それを見極めるためには、やはりエアビーアンドビー上のリスティングやオーナーのプロフィールをしっかりチェックすることが重要です!それらに、オーナーの人柄が現れますからね。

「私たちはあたなとの交流を楽しみにしています!」などと人情的なことを書いているオーナーは、親切な傾向にあります。対して、内装のオシャレさやアメニティグッズの豊富さばかりアピールしているなら、それはオーナーが不在であるかおもてなしを面倒くさがっているタイプの人です。ご注意を!

3−3.「まるまる貸切」タイプは、まず間違いなくオーナー不在!人情のない物件です。

「まるまる貸切」タイプは、ほとんど99パーセント、オーナーも管理スタッフも常駐していない、人情のない物件です。

誰も声をかけてきませんからリラックスしやすいという触れ込みにはなっていますが、同時に、困ったときに助けてくれる人も誰もいないのです。ブレーカーが落ちて家中真っ暗になっても、誰も対応してくれません。

「干渉されずにノンビリしたい」という目的ならば、それは「個室」タイプでも叶います。オーナーが同居している物件でも、客室はゲストだけの空間ですから、会話せずに静かにしていたいなら、客室に入れば良いだけのことなのです。

日本で悪い評判を立ててしまったのは、もっぱらこの「まるまる貸切」タイプの物件であり、トラブル沙汰になっているのももっぱら「まるまる貸切」ばかりであることを、知っておきましょう。

3−4.「シェアルーム」タイプはクセが強いので、利用者を選ぶ。

「シェアルーム」タイプは、ドミトリー宿のような施設が多いです。オーナーが常駐していることもあり、いないこともあります。

いずれにせよ、自分のことは自己解決できる人、少々の不便さを気にしないでいられる人でないとストレスが多いでしょう。バックパッカー向きという感じですね。

3−5.トラブルを避ける民泊施設選びのコツ。

オーナーが同居している「個室」でも、トラブルの起きやすい物件があります。そうした傾向を知っておくことも大切ですね。

㈰ペットを飼っている物件は、騒音や汚れの迷惑をこうむりやすい。特に室内犬。
㈪乳幼児のいる物件、子供の多い物件も、騒音や汚れの迷惑をこうむりやすい。
㈫男性が一人で経営している物件は、女性が一人で泊まらないように!性的トラブルは未然に防ぎましょう。
㈬若い、チャラっとした男性が経営している物件は、掃除が行き届いていない傾向にあり。

4 人情型物件にはどんなメリットがある?

欧米先進国の人々がトリコになっている、人情型Airbnbn(エアビーアンドビー)での民泊体験。これらにはどのようなメリットがあるのでしょう?それをわかりやすくまとめてみます。

  1. 外国や地方の文化を、リアルに体験することができる。
  2. 旅先での大小の困りごとを、助けてもらうことができる。
  3. 宿泊費を安く済ませることができる。
  4. 地元の人しか知らない飲食店や観光地を知ることができる。
  5. 語学学習に付き合ってもらうことができる。
  6. 外国人の友人を作ることができる。
  7. プライスレスなラッキーハプニングを味わうことができる。
  8. 移住や長期滞在の足掛かりとなることも。

4−1.外国や地方の文化を、リアルに体験することができる。

度々書いてきましたが、やはり民泊の最大の魅力の1つは、「その土地の文化をリアルに体験できる」ということにあります。これは間違いなく、ホテルよりも旅館よりもペンションよりも上で、これほど異文化体験に満ちあふれた場所は、他には無いと言えるでしょう!

つまり、民泊を愛するある種の人々にとって、民泊というのは、「寝床」の枠を超え、「観光レジャーの1つ」となっているのです。

彼らは、壁に飾られている風変りな飾りや、軒下にぶら下がった干し草の束など、なんでもかんでもまじまじと見つめては、そこに異文化風味を楽しんでいます。

「テレビやガイドブックに書いてあるのとは違って、民族衣装なんてほとんど着ていないじゃないか!」などといった発見も、「リアルな文化」です。現代日本人が誰も着物など着ず、扇子で仰ぎなどしないように、教科書的に語られる各地の文化は、リアルではないことに気づけますね。「伝統」と「現代文化」は違うのだと知ることも、文化体験の1つと言えます。

  • 旅先での大小の困りごとを、助けてもらうことができる。

これもまた、民泊の評判を上げている魅力の1つと言えます。

たとえばあなたが外国に長期滞在することになり、携帯電話のSIMカードが欲しくなったとします。ホテルのコンシェルジュに頼んだら、ビックカメラまで購入手続きを付き添ってくれるでしょうか?サービス料を何千円、何万円と取っている5ツ星ホテルでさえ、そんなことはしてくれないでしょう。しかし、人情型民泊のオーナーは、たった2,000円の宿泊料金しか取っていないのに、あなたのSIMカード購入に付き添ってくれるかもしれません!

もちろん、人情型民泊のオーナーの全てが、SIMカード購入に付き合ってくれるわけではありませんが、似たようなサポートを経験して涙が出るほど感動した!助かった!という人は、数えきれないほどいるのです。

4−2.宿泊費を安く済ませることができる。

これもまた、非常にうれしい魅力の1つですね。

人情型民泊のオーナーは、「おもてなしを手厚くする代わりに高い料金を取る」というホテルの思考はしないことが多いのです。彼らの多くは、「おもてなしが手厚いうえに、宿泊料金も安い」のです!

1泊2,000円程度の格安値段の「個室」でも、驚くほど良心的なオーナーは多いです。民泊の物件選びに関しては、「安いところは質が悪いだろう」と決めつけるのはNGですよ!

日本の場合、「個室」の平均相場は3,000円ほど、欧米先進国だと4,000円ほどという感じですが、2,000円程度でも良心的な「個室」民泊は見つかります。ホテルの半分以下の安さですね!カスタマーレビューを見て、安くても評判の良い物件を、上手く見つけましょう。

4−3.地元の人しか知らない飲食店や観光地を知ることができる。

日本でも近年「ステマ」などという言葉が流行りましたが、今や一般大衆も、テレビやガイドブックに書かれている情報が企業広告に過ぎないことを、見抜きはじめていますね。
それでもなお、ガイドブックも旅行サイトも広告情報ばかりが氾濫しています。

しかし民泊のオーナーに尋ねるなら、「本当のオススメ情報」を知ることが出来るでしょう。あなたも近所に、無名でも居心地の良いお店や公園などを1つ2つ隠し持っていることでしょう。どこの人も同じなのです。テレビで有名なお店よりもステキな場所を、地元民たちは知っています。

4−4.語学学習に付き合ってもらうことができる。

Airbnb(エアビーアンドビー)宿泊者の中には、民泊を語学学習に活用している人も結構多く見受けられます。

通常の語学留学の場合、授業料に1日5,000円かかり、さらに宿泊費に3,000円かかったりするのですが、エアビーアンドビー民泊の場合、宿泊費が2,000〜3,000円で済んだうえに、さらに無償で語学学習に付き合ってもらえます!

「勉強に付き合わせるのは忍びないな。」と思いますか?臆することありません!もちろん、朝から晩まで付き合わせるのはよくないですね。しかし、1日1〜2時間会話してもらう程度なら、オーナーもその家族も、大して嫌な顔はしないはずですよ。

なぜなら、彼らは「ゲストとの交流」を趣味のように感じているからです。あなたと会話することが楽しいし、それを望んでいるでしょう。言語やその他のことについて、あなたに教えてあげることが楽しいのです。そうした感性の人が、民泊オーナーにはとても多いです。

また、相手としても、あなたが相手の言語で交流してくれることが、助かると感じているでしょう。外国人のゲストが日本語で話してくれたら、あなたも助かるでしょう?

4−5.外国人の友人を作ることができる。

これも、民泊が民家(シロウト)だからこそ享受できるメリットの1つですね。

通常のホテルやペンションの場合、オーナーやスタッフにとって、あなた(宿泊客)はあくまで「客」であり、一線を引いて付き合わなければなりません。ホテルのオーナーが宿泊客のあなたを食事に誘ったりすれば、大問題となり評判を下げます。

しかし民泊の場合、「客とスタッフ」というよりも「友人と友人」に近い感覚で接することができます。

そのため、意気投合するならお友達となってしまうことも少なくないでしょう。FacebookやLINEのIDを交換し合うことはざらですし、あなたの泊まった民泊のオーナーが、やがて日本に来た際、お土産を持ってあなたのもとを訪れてくれたりもします。

他にも、外国人の友人が増えることのメリットは、はかり知れません!

4−6.プライスレスなラッキーハプニングを味わうことができる。

上でSIMカード購入を手伝ってもらうエピソードを書きましたが、このように、期待以上のおもてなしを受けることが、民泊では頻繁にあります!

車に乗せてもらい、どこかレジャーに連れていってもらったり、親族の集まるパーティに参加させてもらったり、それは本当に予想外で奇想天外で、普通のホテルに泊まっていたのでは絶対に経験できないようなことばかりです。

そして、そうしたラッキーハプニングこそが、旅行の一番の思い出になるものです。映画みたいな旅を、小説みたいな旅をしてみたいなと憧れているなら、民泊をとてもオススメしますね。

4−7.移住や長期滞在の足掛かりとなることも。

Airbnb(エアビーアンドビー)の民泊は、旅行だけでなく長期滞在や移住にも活用できます。

良質な「個室」タイプが1日2,000円、つまり月額60,000円くらいで見つけられますから、マンスリーマンションやシェアハウスの代わりになります。オーナー家族がすぐそばにいて色々助けてくれますから、マンスリーマンションやシェアハウスよりもさらに便利ですし、コストパフォーマンスも良いと言えます。

海外でもやはり、良質な「個室」タイプの物件を1日2,000円、月額60,000円程度で見つけることができるのです!もっと安値でも見つかります。海外では、1泊1,500円程度でも良心的な「個室」が、日本よりも多いです。ということは、家具家電付きの部屋が1か月50,000円以内ということ!

民泊では、ホテル以上に生活用品が充実しているため、生活滞在費も何かと節約ができます。キッチンも使えることが多く、民家ならスーパーも近いことが多いですから、食費もあまり掛からないでしょう。すると、10万円もあれば、海外で1か月生活することが出来てしまうのです!東南アジアの話ではありませんよ?パリやローマですら、こうした生活ができるのです!

光熱費はすでに含まれており、住民税なども掛かりませんから、1か月どころか1年、10年といった超長期生活を画策するのも、面白いかもしれませんね。

5 Airbnb(エアビーアンドビー)泊に向いている人・向いていない人。

どのような人がエアビーアンドビーなどの民泊に向いているのでしょうか?また、向いていないのでしょうか?簡潔にまとめてみましょう。

  • エアビーアンドビー泊に向いている人。
  1. 外国や地方の文化・習慣・伝統・料理などに興味がある人。
  2. 英語などの外国語を勉強したいと思っている人。
  3. ホテルのようにカッチリしていなくても気にならない人。
  4. ガイドブックに書いていないような体験をしてみたい人。
  5. ゲストハウスの共有スペースで他の旅人と交流するのが好きな人。
  6. 宿泊費用をなるべく安く済ませたい人。
  7. しっかり比較・検討する意欲のある人。
  8. 「フーテンの寅さん」「裸の大将」などが好きな人。
  9. 「田舎に泊まろう!」などの民泊番組が好きな人。
  • エアビーアンドビー泊に向いていない人。
  1. お酒をたくさん飲んだり、好き放題に過ごしたい人。
  2. 他人との共同生活が得意ではない(うっとおしく感じる)人。
  3. ホテルのように至れり尽くせりでないと気が済まない人。
  4. 「無難」を望んでいる人。
  5. クレーマー気質の人。
  6. 海外旅行でも日本語スタッフのいるホテルでないと安心できない人。
  7. 比較・検討することが面倒くさいと感じる人。

6 「Airbnb(エアビーアンドビー)経営は楽して儲かる!」も幻想。要注意です!

さて、今度はビジネスとしてのエアビーアンドビーについて、考えてみましょう。

「泊まる側としてはトラブルが多いので良くないが、ビジネスとしては旨い商売なんだろう」と思っている人が多いようですが、実情は、そんなことはありません。

6−1.投機オーナーの多くは、大して儲かっていないのが実情。

「Airbnb(エアビーアンドビー)経営で月200万儲けた人がいる!」などといったことがニュースでも話題になりましたね。たしかに、そのようなオーナーがいることも事実ではあるようですが、それは規制やライバルの少なかった時代の話にすぎません。

今でも好況なオーナーも、居ないこともないでしょう。しかし、「誰でも楽して儲かるという話ではない」のです。他の投機やギャンブルと同じように、「儲かる人もいれば、儲からない人も多い」というのが、エアビーアンドビービジネスの実情です。(儲からない人のほうが多いです。)

6−2.「儲かる!」と騒ぎ出したのは、民泊代行業者たち。

「Airbnb(エアビーアンドビー)は儲かる!」という噂を広めたのは、実はエアビーアンドビーオーナーではなく、民泊代行業者たちです。民泊経営で赤字になりはじめたオーナーたちが、そのノウハウを使って「ノーリスクなビジネス」に移行し始めたのです。

投機的な民泊は、不動産を用意し家具家電を揃えるのに、100万円かそれ以上の先行投資が必要になります。それでも当たらないことがあるのです。が、民泊代行業の場合、先行投資は他人に任せて、自分たちは宿泊収益の一部(相場としては3割ほど)を徴収する形を取っています。彼らは、少ないリスクで確実に儲けられるのです。民泊オーナーサイドは、稼働率が5割程度だと総合的に見て赤字に陥りますが、民泊代行業者は赤字にはならないということ。

そのため、大勢のエアビーアンドビーオーナーは民泊代行業に鞍替えし、無知な投資家たちに民泊ビジネス参入を煽り続けているのです。日本のエアビーアンドビーの評判を落としたのは、民泊代行業者が主犯と言えます。

6−3.Airbnb(エアビーアンドビー)ビジネスは風前の灯し火…。

投機的な民泊は、オーナー不在という環境のためにトラブルを多発させました。それにより日本政府は、オーナー不在型の民泊に対しては、厳しい規制を掛ける方針を固めています。

民泊に関する規制や法案は日進月歩で変化し続けていますが、2016年6月現在の状況としては、「運営して良いのは年間180日以内」という法案をまとめています。つまり、運営する180日が全て埋まったとしても、稼働率は5割にしかならず、ろくな儲けにはならないということです。

今あなたが、民泊ビジネスに参入しようか迷っているのであれば、よほどの商機やビジネススキルを持ち併せているのでもない限り、オススメはしません。

6−4.Airbnb(エアビーアンドビー)経営に向いているのは、「儲からなくてもいいや」と思える人。

エアビーアンドビー経営をやる価値は、全く無いとは言えません。「大きな利益を生み出すことは期待できない」と言えますが、「趣味半分な目的なら非常に面白い」と言えますし、「有意義である」とも言えますよ。

交流や人情にメリットがあるのは、宿泊客サイドだけでなくオーナーサイドにも言えることなのです。人と交流すること、客人をもてなすこと、外国人と会話することなどに面白みを感じる人なら、民泊運営はとても面白いですし、有意義です。「儲からなくてもいいや」「月に2〜3万円も稼げればラッキー」くらいに思えるなら、ぜひ民泊運営をやってみると良いですね。

7 総評:Airbnb(エアビーアンドビー)泊が感動的なものになるかどうかは、あなた次第。

最後に総評を。

エアビーアンドビー民泊が良いものか否かを語ることは、お金や科学が良いものか否かを語るのと、同じような結論に辿りつきます。

そのものには良いも悪いもなく、「使い次第である」ということです。

宿泊者視点から言えば、「いかに上手に良質物件(オーナー)を見極めるか」が重要になります。また、「いかにオーナー家族の懐に飛び込んでいけるか」その社交性も、エアビーアンドビー民泊での体験の良し悪しを大きく左右しますよ。いくら優しく人情のあるオーナーも、お客さんが無愛想で話しかけてもこないなら、会話も手も差し伸べにくいのです。「物件選び」「社交性」この2つが上手くいくなら、民泊は、ヤミツキになるほど面白いと感じるでしょう。

営業者視点から言えば、「楽しむ意図があるか」「施す意図があるか」が重要になります。お金儲けが目的なら、それはギャンブルのようなもので、儲からないことも多いですし、日々のストレスも多いでしょう。しかし、交流そのものを楽しみたい、助けることを楽しみたいと願っているなら、エアビーアンドビーでのもてなしは、とても楽しく有意義なものになるでしょう。交流を楽しみながら少々のお小遣いも手に入って、良いことづくめです。

民泊スタートアップnaviでは、Airbnb(エアビーアンドビー)をはじめとした民泊に関する情報を、中立的な立場で、どこよりも詳しくご案内しています。トップページからお好みの記事を探し、あなたの民泊ライフにお役立てください。

まとめ

【ねじ曲がった、日本のAirbnb(エアビーアンドビー)観。】

  1. 海外のエアビーアンドビー観。「安い」からというより「楽しい」から民泊を選ぶ。
  2. なぜ楽しいか?その土地の文化が最も体験できるのは、「普通の民家」だから。
  3. 欧米先進国のエアビーアンドビーオーナーは、儲けはあまり気にしていない。
  4. 欧米先進国のエアビーアンドビーオーナーは、「空いてる部屋を貸す」感覚。
  5. 海外では、「まるまる貸切」物件でさえも、投機型ではない。長期休暇の際に貸しに出す感じ。
  6. 欧米先進国のとってのエアビーアンドビーは、助け合うことで値段を下げる、「シェアリングエコノミー」の一端。
  7. 日本のエアビーアンドビー旋風は、宿泊利用者ではなくビジネス側が起こした。
  8. 日本にとってのエアビーアンドビーは、新しい宿泊スタイルではなく「新しい儲け話」。
  9. 儲けが目的で、宿泊客への思いやりが乏しいから、トラブルが多発してしまっている。
  10. 投機型民泊の「オーナー(監視者)不在」という環境が、だらしない客層を引き寄せトラブルを起こし、悪循環を生む…。
  11. 投機型民泊主流の日本のそれは、本来のエアビーアンドビーの姿ではないし、本来の民泊の姿ではないということ。それを日本人大衆は理解したほうが良い。

【日本にも、人情型のエアビーアンドビー物件はある!】

  1. 「個室」タイプに着目しよう。かなり高い確率で人情型物件です。
  2. リスティング(施設の詳細ページ)やプロフィールもしっかりチェック!比較・検討することを面倒くさがらないで。
  3. 「まるまる貸切」タイプは、まず間違いなくオーナー不在!人情のない物件だしトラブルが多い。
  4. トラブルを避ける民泊施設選びのコツ。
  5. ペットを飼っている物件は、どうしても騒音や汚れの迷惑をこうむりやすい。特に室内犬がいる物件は要注意。
  6. 乳幼児のいる物件、子供の多い物件も、やはり騒音や汚れの迷惑をこうむりやすい。
  7. あなたが女性であるなら、男性が一人で経営している物件には一人きりで泊まらないように!性的トラブルは未然に防ぎましょう。
  8. 若くてチャラっとした男性が経営している物件は、掃除が行き届いていない傾向にある。

【人情型物件にはどんなメリットがある?】

  1. 外国や地方の文化を、リアルに体験することができる。
  2. 旅先での大小の困りごとを、助けてもらうことができる。
  3. 宿泊費を安く済ませることができる。
  4. 地元の人しか知らない飲食店や観光地を知ることができる。
  5. 語学学習に付き合ってもらうことができる。
  6. 外国人の友人を作ることができる。
  7. プライスレスなラッキーハプニングを味わうことができる。
  8. 移住や長期滞在の足掛かりとなることも。外国での長期滞在もしやすくなる!

【エアビーアンドビー泊に向いている人・向いていない人。】

  • エアビーアンドビー泊に向いている人。
  1. 外国や地方の文化・習慣・伝統・料理などに興味がある人。
  2. 英語などの外国語を勉強したいと思っている人。
  3. ホテルのようにカッチリしていなくても気にならない人。
  4. ガイドブックに書いていないような体験をしてみたい人。
  5. ゲストハウスの共有スペースで他の旅人と交流するのが好きな人。
  6. 宿泊費用をなるべく安く済ませたい人。
  7. しっかり比較・検討する意欲のある人。
  8. 「フーテンの寅さん」「裸の大将」などが好きな人。
  9. 「田舎に泊まろう!」などの民泊番組が好きな人。

・エアビーアンドビー泊に向いていない人。

  1. お酒をたくさん飲んだり、好き放題に過ごしたい人。
  2. 他人との共同生活が得意ではない(うっとおしく感じる)人。
  3. ホテルのように至れり尽くせりでないと気が済まない人。
  4. 「無難」を望んでいる人。
  5. クレーマー気質の人。
  6. 海外旅行でも日本語スタッフのいるホテルでないと安心できない人。
  7. 比較・検討することが面倒くさいと感じる人。

【投機(ビジネス)としてのエアビーアンドビーの実情。】

  1. 投機オーナーの多くは、大して儲かっていないのが実情。楽に儲けられるわけでもない。
  2. 「儲かる!」と騒ぎ出し、エアビーアンドビー投機ブームをけしかけたは、民泊代行業者たち。
  3. エアビーアンドビービジネスは、すでに風前の灯し火…。
  4. エアビーアンドビー経営に向いているのは、「儲からなくてもいいや」と思える人。
  5. エアビーアンドビーは経営者側にも交流や語学学習のメリットがあるので、それらを趣味として楽しめる人にとっては、非常に楽しいし有意義。

【総評】

  1. エアビーアンドビー泊が感動的なものになるかどうかは、あなた次第。良い施設を上手く選ぶこと。そして社交性を持ってオーナー家族に飛び込んでいくこと。

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)