物事というのは、多くの人の採用しているやり方が最も良質とは限りませんし、テレビで繰り返し宣伝されているものが最も良質とは限りません。英語の習得方法についても、有名で高額な英会話スクールに通うより良質で効果的な方法が、あるかもしれません。

このページでは、自宅で留学生を受け入れ、一緒に生活をすることで効率よく楽しく英語を上達させる、いわゆるマイホーム留学について、その魅力から具体的な受け入れ手順まで解説していきます。

1 マイホーム留学なら、英会話スクールより手軽なのに何倍も英会話ができる!

自宅に留学生(外国人)を受け入れれば英会話教室に行かなくても英語が身につく!

英語の上達方法について、最も重要なことが何かご存じですか?それは、「英語に触れる時間をとにかく増やすこと」です。

1-1.1週間に1時間の英会話スクールで、英語が上達すると思う?

英会話スクールは、英語学習で最も有名な方法ですが、しかし英会話スクールで英語が上達した人はほとんど見かけません。英会話スクールが無意味だとは言いませんが、多くの場合それは、英語を学ぶためのキッカケとして、踏み台に使われるだけなのです。

英会話スクールに限界を感じた人の多くは、その後海外留学にチャレンジしたり、海外旅行を通じて実践的に鍛えようと試みます。

1-2.高価なテキストよりも、「たくさんの場数」のほうが英語習得には効果的!

なぜ、英会話スクールで物足りなかった彼らは、海外留学や海外旅行という方法を選ぶのでしょうか?それは、「英語に接する時間が長いから」に他なりません。高価なテキストを読むよりも、とにかくたくさんの場数を踏んだほうが効果的であると、気づくのです。

1-3.洋楽や洋画も良いけれど、留学生受け入れほど情報量の多い英会話学習方法はない!

では、たくさんの英語に触れるためには、海外旅行や海外留学をするしかないのでしょうか?

そんなことはありません。たとえば、洋楽を聞いたり洋画を観たりすることも、たくさんの英語に触れることができます。しかし、それよりもっとたくさんの情報量を持ち、もっと実践的な英語に触れられるのが、マイホーム留学、つまり、外国人留学生を自宅に受け入れることなのです。

留学生受け入れほど安価かつ内容の濃い英語学習法はないのですが、ほとんどの人はこの事実を知りません。留学生受け入れは、どこかの企業が大きく儲かるタイプのものではないため、テレビCMも打たれませんし、ポータルサイトの広告バナーにも出てこないのです。

1-4.留学生受け入れでは、英語に触れる時間が一日平均5時間くらい。

外国人留学生を自宅で受け入れるなら、英語に触れることのできる時間は一日平均で5時間くらいは取れます。英会話スクールは1週間に1時間ですから、留学生受け入れはその35倍ということになります!

しかも、英会話スクールの場合はあなた一人しか学習できませんが、自宅での留学生受け入れなら家族全員が英語に触れられるのです。4人家族であれば、35×4=140、英会話スクールの140倍もの英語量を持つことになります!

1-5.留学生受け入れなら、生活や旅行に密接した、実用的な英語が習得できる。

洋楽を聞いたり洋画を観たりすることでも1日5時間の英語接触時間を作ることが可能ではありますが、しかし洋楽や洋画の内容は、生活においてあまり実用的ではありません。

この点、外国人留学生を受け入れる方法なら、彼らとの会話の内容はほとんどすべてが、生活に密着したものです。そうでなくても旅行や相手の国の文化に関することで、つまり、非常に実用的な英語にばかり触れることができるのです。

2 なぜ留学生受け入れ?Airbnb民泊ではダメなの?

自宅に留学生(外国人)を受け入れれば英会話教室に行かなくても英語が身につく!

ここまでを読んで、「別に最近流行りのAirbnb(エアビーアンドビー)民泊ホストでも良いんじゃないの?」と思われた方もいるかもしれません。

もちろんエアビーアンドビー民泊でも構わないのですが、留学生受け入れのほうが、英語習得という面ではオススメができます。

2-1.留学生受け入れのホームステイなら、英語が全くダメな状態でも始められる!

留学生受け入れのホームステイをAirbnb(エアビーアンドビー)などよりもオススメする一番の理由は、なんといってもこれに尽きます。

留学生受け入れの場合、ホストファミリーに登録する際、英語力を問われないことが多いのです。留学生受け入れは、学校やホームステイ普及団体のようなものに登録して仲介してもらう流れになりますが、こうした仲介団体のおよそすべてが、受け入れ家庭に対して英語力を求めていません。

2-2.外国人留学生は日本語を覚えたがっているから。日本語オンリーでも構わないので、プレッシャーが無い。

なぜ仲介団体が受け入れ家庭に英語力を求めないかといえば、それは外国人留学生の来日目的が「日本語を覚えること」だからです。あなたが英語のシャワーを浴びたがっているように彼らも日本語のシャワーを浴びたがっているので、英語が話せなくても文句は言われません。

もちろん、英語でのやり取りができたほうがお互い有意義ではありますが、「英語を義務化されていない」という環境は、あなただけでなく、あまり英語習得に興味を持っていないご家族にとっても、プレッシャーや負担、気苦労が少なく、ラクに感じられることでしょう。

2-3.長期スパンのほうが英語習得には向いている。

Airbnb(エアビーアンドビー)民泊は主に、1日~3週間程度の短期ゲストが多いです。それに対して留学生を受け入れるホームステイは、3カ月~1年程度の長期契約のものが多くなっています。

「ホストファミリーが向いているか試したい」「色んな外国人の話が聞きたい」という目的ならエアビーアンドビー民泊のほうが適性があるのですが、英語習得が目的であれば、長期スパンが中心である留学生受け入れのほうが向いています。

受け入れたばかりの頃は相手の性格を把握したり信頼を深めたりすることに神経や時間を使うので、英語習得に意識が回らなくなるのです。この点、長期スパンの留学生であれば日常的な会話に専念できるので、リラックスした状態でたくさんの英語に触れることができます。

また、最初のうちは、たくさんの人の英語を耳にするよりも、一人の人の英語で耳を鍛えていくほうがなじみやすいでしょう。

3 留学をするつもりでも、まずは留学生受け入れからやってみよう。

自宅に留学生(外国人)を受け入れれば英会話教室に行かなくても英語が身につく!

あなたやあなたのお子さんに留学の予定があるなら、「マイホーム留学なんて不要だな」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。留学をするつもりであっても、まずは先に、自宅で外国人留学生を受け入れることから取り組んでみることをオススメします。

理由その1.英語がまったくしゃべれないと、留学はキツい!

外国での留学体験を「楽しかった!」と笑顔で語る人は多いですが、その反面、途中で投げ出しそうになるほど辛かったとうつむいてしまう人も少なくありません。

その理由で最も大きなものが、「言葉のカベ」です。英語がまったくできない状態で海外留学をしてしまうと、欲していることを伝えられなかったり、誤解からケンカをしてしまったり、おしゃべりでのストレス解消や喜びが経験できず、非常に苦しい思いをしてしまうのです。

しかし、事前に自宅での外国人留学生受け入れを経験しておけば、最低限の日常会話には苦労しなくなり、ストレスや緊張も感じずに済むでしょう。このアドバンテージがあるか無いかは、非常に大きいです!

理由その2.自分の留学生活をシミュレーションできる。

自宅で受け入れた外国人留学生の様子を見ることで、自分が留学したときの悩みやハプニングなどを事前にシミュレーションすることができます。それによりハプニングへの対策も取れますし、向き不向きも確かめられるでしょう。

たとえば、最初は緊張してオドオドしていた留学生が、1カ月も経たないうちに適応を見せ、満面の笑顔で学友と遊んでいる様子を見るかもしれません。それにより、「私(うちの子)も最初は苦しいとしても、1カ月も経てば適応できるんだな」と知ることができます。

たとえば、すっかり適応したと思っていた留学生が、3カ月も経つとしきりに実家に電話をしはじめるかもしれません。ホームシックに掛かるのです。「もう大丈夫」と思っていても、その先に思わぬアクシデントがあることを学習できます。

理由その3.異文化に慣れることができる。

留学などの外国生活で戸惑うのは、言語だけではありません。生活習慣が日本と異なり、日本での常識が通用しないことにより、ストレスを感じたり食べるものがなくなってしまったりします。

これも、事前に外国人留学生を自宅で受け入れることにより、様々な「文化のすれ違い」を体験することができます。

4 外国人留学生の受け入れはどうやるの?6つのステップで失敗ナシ。

自宅に留学生(外国人)を受け入れれば英会話教室に行かなくても英語が身につく!

自宅留学に興味を抱きましたか?

それでは最後に、外国人留学生の受け入れ方法について、簡単に解説していきます。

ステップ1.近所の大学やホームステイ普及団体をあたり、仲介機関を探そう。

外国人留学生の受け入れ経路がどこなのか、知らない人は多いことでしょう。一般的には、大学や専門学校、日本語学校、高校などがホストファミリーを募集するケースと、ホームステイの普及団体が募集しているケースと、その2つに大別できます。

学校の場合は近所の学校をあたり、普及団体の場合はインターネットで「ホストファミリー 募集 〇〇県」などと検索してみると良いです。

ステップ2.条件を見比べて、あなたの家庭に合ったものを選ぼう。

仲介機関を検討する際は、必ず2つ以上の候補を挙げてください。候補が1つしか上がらないとしても、2つ以上の機関の募集要綱を確認することが大切です。

これは、食事提供の回数や受け入れ期間、謝礼額、サポート内容などに差があるためです。食事回数や受け入れ期間については、1つの機関でいくつかのプランが用意されていることが多いですが、謝礼額については機関によってずいぶんと差があります。

謝礼の出ない機関が多く、出るところでも月額20,000円程度が一般的でしょうか。まれに月額60,000円くらい支給しているところもありますが、あなたのお住まいの地域にあるとは限らないので、過度な期待は禁物です。

ステップ3.留学生の受け入れをしても大丈夫か、もう一度家族に確認を取ろう。

ここまで進んでいる方は、ご家族にも留学生受け入れの話をされていることでしょうが、ここで念のためもう一度、ご家族全員に留学生受け入れをしても良いか、意思確認を取りましょう。

というのも、留学生受け入れは赤の他人との長期の共同生活を意味します。しかもそれが外国人。こうした環境に抵抗のない人と激しいストレスを感じてしまう人とで、個人差がとても激しいのが日本人の実情です。そのため、ご家族のうち一人でも、大きく抵抗を示すようなら、くれぐれも慎重な判断を下してください。

ステップ4.申請をして、家庭の下見に来てもらう。

ご家族の意思が統一できたなら、仲介機関にホストファミリー申請を出します。すると、機関の担当者があたの自宅まで訪れることになるでしょう。この目的は、あなたの家屋や家族が外国人留学生受け入れに向いているかどうかの適正確認と、受け入れに関するレクチャーです。

最初はわからないことだらけでしょうが、この担当者が様々なことを教えてくれるので、どんどん質問し、頼ってみましょう。なお、担当者があまりにも信頼に欠ける人物なら、いくら謝礼内容が良かろうと、世話内容がラクであろうと、お断りしたほうが賢明です。

ステップ5.気の合う外国人留学生をマッチングしてもらおう。

晴れてホストファミリー登録が決定したなら、次は受け入れる外国人留学生をマッチングしてもらう作業が始まります。

留学生もホストファミリーも、互いに趣味や基本的性格、食べ物の趣向などを報告し合い、その情報をもとに気の合いそうな人同士がマッチングされます。

たとえばあなたのご家庭がお酒を飲まない人ばかりなのであれば、「お酒を飲む留学生はお断り」などと、細かいリクエストをしておきましょう。外国の中には16歳から飲酒を解禁している国もありますから、あどけない顔をした留学生がいきなりあなたの家で大酒を飲みはじめたり、週末にクラブに繰り出し警察沙汰を起こして通報される、などといったことも起こりうるのです!

ステップ6.留学生がやってきた!マイペースに英語を学び、マイペースに共同生活しよう。

マッチングが済めば、いよいよ留学生がやってきます。担当者から説明されたことでしょうが、留学生受け入れのコンセプトは「家族のように受け入れること」なので、あまり気張らず、マイペースに共同生活を送りましょう。洗濯ものは自分で畳ませてもかまいませんし、休日ごとにレジャーに連れていく必要もありません。

また、会話に関しても、最初は日本語ばかりでも構いません。外国人が居れば自然と英語に興味が沸き、少しずつ英語を覚えていくはずです。

民泊スタートアップnaviでは、様々な種類の民泊受け入れについて、詳しく解説しています。収益よりも英語習得や異文化交流に興味をお持ちのあなたは、同一カテゴリーから気になる記事を探し、新たな民泊の魅力を知ってください。

まとめ。

【マイホーム留学なら、英会話スクールより手軽なのに何倍も英会話ができる!】

  • 1週間に1時間の英会話スクールでは、英語はあまり上達しない。
  • 高価なテキストよりも、「たくさんの場数」のほうが英語上達には効果的!
  • 洋楽や洋画も良いが、留学生受け入れほど情報量の多い英語学習方法はない!
  • 留学生受け入れなら、英語に触れる時間が一日平均5時間くらい。
  • 留学生受け入れなら、生活や旅行で役立つ実用的な英語が習得できる。

【なぜ留学生受け入れ?Airbnb民泊ではダメなの?】

  • 留学生受け入れのホームステイなら、英語が全くダメでも始められる!
  • その理由は、外国人留学生は日本語を覚えたがっているから。ホストは日本語で構わないので、プレッシャーが無い。
  • 長期スパンでの受け入れのほうが英語習得には向いている。

【留学をするつもりでも、まずは留学生受け入れをやってみよう。】

  • 理由1:英語がまったくしゃべれない状態での留学はキツい!
  • 理由2:自分の留学生活をシミュレーションすることができる。
  • 理由3:異文化に慣れておくことができる。

【外国人留学生の受け入れはどうやるの?】

  • ステップ1:近所の大学やホームステイ普及機関をあたり、仲介機関を探そう。
  • ステップ2:何機関か条件を見比べて、あなたの家庭に合ったものを選ぼう。
  • ステップ3:留学生の受け入れをしても平気か、もう一度家族全員に確認を取ろう。
  • ステップ4:申請をして、家庭の下見に来てもらう。
  • ステップ5:気の合いそうな外国人留学生をマッチングしてもらおう。
  • ステップ6:留学生がやってきた!マイペースな共同生活を心掛け、マイペースに英語を学ぼう。

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)