日本人にとって長らく、外国は「怖いところ」でしたが、海外留学をする人は増えているのだそうだそうです。グローバル化の著しい昨今、英語を上達させるためには泣き言も言っていられなくなってきました。

しかし、留学をした人のすべてが順調に英語を習得して帰ってきたわけでもなく・・・。無駄に大金を浪費するだけに終わったり、「安かろう悪かろう」に騙されてしまったり、留学にも様々な懸念が付きまといます。

何か安全で確実、格安で確実に英語を学べる方法はないのでしょうか?

1 まずは海外留学の相場を知ろう。

留学するより10倍安い!民泊でマイホーム留学。

海外留学の渡航先は、慎重に決めなくてはいけません。1年間も勉強するなら、100万円以上は軽く吹き飛ぶ大きな買い物だからです。

そして、同じ「一年間の海外留学」でも、国によって相場が大きく異なることをご存じでしたか?(金額の情報元:学資保険の教科書)

アメリカ     180~300万円
イギリス     180~270万円
オーストラリア  170~280万円
フィリピン    100~120万円
南アフリカ    130~200万円
フィジー     100~120万円

Point1.先進国なら300万円近い出費!サラリーマンの年収並み!?

アメリカやイギリスなど先進国だと、300万円近い費用を覚悟しなければなりません。よもすると近年のサラリーマンの年収に匹敵します!

Point2.フィリピン、フィジー、南アフリカなら半額近いが、それでも100万円は超える!

「格安で留学したい」という人たちに人気なのは、フィリピンやフィジー、そして南アフリカ。現地の物価が安いためアメリカなどの半額近い安さになりますが、それでも100万円は下らないでしょう。

Point3.チェンマイ、マレーシアなども安いが、快適さや治安に難が・・・。

この表にはありませんが、安い国を探すならタイのチェンマイ、マレーシアなども留学先としては有名です。やはりフィリピンと同じくらいの安さで留学が可能ではありますが、フィリピン含め発展途上国の場合、生活の快適さや治安に難があります。

Point4.チェコやハンガリーが穴場!先進国の快適さと安さが両立。

先進国並みの治安や快適さ、キレイさを誇り、さらに安いのが、チェコやハンガリーなどの中央ヨーロッパ!中欧での留学はあまり有名ではありませんが、留学の受け入れは行われています。

Point5.滞在先が「シェアルーム」で平気なら、費用はぐっと安い!

相場価格が、「180~300万」というように、上下幅がかなり広いことが気になります。これは、学校によって授業料が異なることはもちろんですが、それ以上に滞在費、特に家賃で大きな差が出るためです。

やはり都会の個室を求めるなら家賃は高騰し、郊外シェアルームで平気ならここで一気に節約が可能!安い費用で留学をしたいなら、シェアルーム慣れしておくことが大きなカギになります。

2 格安どころじゃない!お金を貰いながら学習できちゃう嘘みたいな「マイホーム留学」!

留学するより10倍安い!民泊でマイホーム留学。

さて、海外留学は、安い国でも1年間100万以上は下らないことがわかりました。それよりも10倍安いという、記事タイトルの「マイホーム留学」という言葉が気になっている方は多いことでしょう。

そうです。マイホーム留学なら、通常の留学よりもずっと格安。記事タイトルの「10倍安い」を、あなたは誇張だと思っているかもしれませんが、驚くなかれ!

実際は、「10倍」よりもっと安いのです!

2-1.マイホーム留学とは?知る人ぞ知る、民泊受け入れを活用した自宅での英語学習。

まず、マイホーム留学が何であるかという話からしましょう。

これは、まだあまり一般認知されていないものですが、家庭で民泊受け入れをし、泊まりにきてくれた外国人ゲストを英語教師に見立てて英語学習をしていこうというもの。

2-2.海外ではおなじみ。日本で聞きなれないのは、日本人が民泊を苦手とするから。

「マイホーム留学」は日本では聞きなれませんが、海外では活用されています。特に、発展途上国の裕福ではない家庭の生まれでも海外に飛び出した、いわゆる「成り上がり」な人は、家庭にホームステイの環境を作り外国人の出入りを活発にして、英語や海外事情、海外マナーを学んだ人が多いのです。

日本でマイホーム留学が盛んでない理由は、日本人が他国民に比べて、民泊という暮らし方を苦手とするためでしょう。英語学習が出来るだけでなく、非常に有意義で楽しいものなのですが、他人との距離感を上手くつかめない日本人は、民泊を上手く活用できていません・・・。

2-3.マイホーム留学なら10倍安いどころか、お金がもらえてしまう嘘みたいな話!

普通の海外留学なら、一年間で100万円以上は掛かります。マイホーム留学は格安なのですが、では10万円くらいでしょうか?いえいえ、もっと安いのです!

マイホーム留学は、やることの基本は「民泊受け入れ」ですから、宿泊収入が得られます。一般的な民家の一部屋を貸す場合、相場は1泊2,000~2,500円程度で、一年間の費用として比較するなら、「プラス60万円程度」というのがマイホーム留学の相場と言えるでしょうか。

おわかりですか?「1年間で60万円掛かる」のではなく、「1年間で60万円、収入が入る」のです!

2-4.なぜお金が掛からない?なぜ収入が得られる?英語のゲストに「対応する」だけだから。

「マイホーム留学」と言っても、英語教師だけを選んで泊まってもらうようなものではありません。一般的な旅行者の宿泊ニーズに応じるだけなので、こちらはゲストにお金を払うようなことが必要ないのです。

費用は、民泊部屋を整えるために清潔なバスタオルやベッドシーツを購入する程度でしょうか。あとはゲストが滞在すれば光熱費が増えますが、1カ月に数千円程度のもの。リネン代は2~3泊も受け入れれば元が取れ、光熱費に関しては赤字になることは絶対にありません。

マイホーム留学の場合、「英語を教えてもらう」というよりも「英語で対応する」ということで英語を覚えていく作戦です。そのため、ゲストに指導料を支払うようなことは必要ありません。お金の移動は、「宿泊料を頂戴するだけ」です。

2-5.上手い話には裏がある?強いて挙げるなら、民泊ニガテな人にはストレスになるが、それは留学をしても同じこと。

儲け話や格安話には「裏がある」のが世の常です。しかしマイホーム留学は、やましいことやズルいことは何もありません。民泊受け入れは数ある事業やライフスタイルの1つで、たまたま「英語の学習に適している」という性質を持っているだけのことです。

「裏」というか欠点を挙げるならば、民泊のような共同生活を苦手とする人にとっては、ストレスがかなりかかってしまうかもしれません。しかしこれについては海外に留学した場合も同様です。個室に泊まったとしても、見知らぬ、かつ日本語の通じない人々の中で長期間生活することになり、そのストレスと大変さは自宅で民泊受け入れをするよりさらに高いものとなるでしょう。

民泊受け入れ生活に抵抗を感じるなら、海外留学も厳しいです。

2-6.お金の掛かる民泊受け入れもある!業者からの勧誘には気をつけて!

民泊受け入れといっても様々な形態のものがあります。ここで簡単に解説しましょう。

2-6-1.最もオススメなのはAirbnbを使った民泊。費用はほとんど掛からない。

安い留学を、格安の留学を、と考えているなら、マイホーム留学の受け入れ手段はAirbnb(エアビーアンドビー)がオススメです。

エアビーアンドビーは非常に手軽で、買い足すべきものはほとんど無く、登録料のようなものもありません。エアビーアンドビーへの支払いも、予約が入った際にその宿泊収入額の3%を支払うだけ。

2-6-2.留学生向けホームステイは、報酬の貰えないケースも!食事提供やレジャー提供の出費も心配。

外国人留学生を受け入れるタイプの昔ながらのホームステイも、お金はあまり掛かりません。設備への投資はほとんど0円で済むはずで、登録料なども掛からないでしょう。

ただし、食事の世話が必須となるため食材費が掛かり、また、留学生をレジャーに連れていくならその費用がかさんでいきます。報酬は一定しておらず、月額5万円くらい貰える機関もあれば1円も貰えない機関もあるため、登録機関のリサーチは慎重に!

とはいえ、「安いなら御の字」「収入は得られなくても構わない」と考えているならば、このタイプの民泊受け入れもオススメ度は高いです。

2-6-3.農家民泊はマイホーム留学には不向き!リフォーム費など掛かることもあり要注意。

農家民泊は、統括している団体の方針によっては、リフォーム代や加盟料のようなものがかさむことがあります。農家民泊は1泊あたりの利益は大きいのですが、高額のリフォーム費用を回収しきれる保証はありません。また、外国人ゲストは少ないため、そもそもマイホーム留学には不向きです。

2-6-4.Airbnbでも「投機型」の民泊は出費が甚大!ゲストとの交流も少なくマイホーム留学には全く不向き。

注意が必要なのは、Airbnb(エアビーアンドビー)の中でも「投機型」と呼ばれているもの。これは自宅の一室ではなく新たに不動産を借りてきて民泊事業をするものですが、この形態の場合、非常にお金が掛かります。先行投資に100万円超、月々のランニングコストが15万円超といったところでしょうか。

日本の場合、エアビーアンドビー民泊というとこの投機型が主流のため、エアビーアンドビー民泊のノウハウなどを調べていると、知らぬ間に投機型民泊に流されてしまう恐れがあり、注意が必要です。投機型は大金が掛ってしまうだけでなく、外国人ゲストとの交流が少ないので、マイホーム留学としては全くオススメできません。

2-7.借家の人、集合住宅の人は、民泊受け入れが制限されてしまうかも?

特にAirbnb(エアビーアンドビー)を用いた場合、民泊受け入れは非常に手軽に行え、およそ誰にでもチャレンジが可能です。しかし、日本の場合、居住環境によっては民泊は難しいのでご注意を!

まず、借家の場合は大家さんの許可が必要となります。大家さんに直接問い合わせてみましょう。次に、マンションなどの集合住宅の場合、管理規約で民泊が禁じられてしまうケースが多いです。

3 マイホーム留学以外にもある!格安英語勉強法。

留学するより10倍安い!民泊でマイホーム留学。

では、借家であったり集合住宅の人には、他に格安の英語学習方法はないのでしょうか?
このようなアイデアなら、普通の海外留学よりもずっと格安で英語勉強ができますよ。

3-1.1カ月で良いならセブの「ゼロ円留学」が格安!

格安で留学できることから近年大人気のフィリピン留学。さらに最近は、「ゼロ円留学」なるものが登場して注目を集めています。

これは、学校と提携したコールセンターで一日4時間ほど働くことにより、学費と寮費を免除するというもの。1カ月当たり13.5~22万円ほどの費用が免除されるため、たしかに格安ではあります!

ただし、1日4時間英語勉強をしさらに4時間労働をすると、英語勉強に支障が出る懸念が高いので、相当タフな人でないと使いこなせないかもしれません。

3-2.「カウチサーフィン」を活用すれば、海外に長期間、格安で滞在できる!

マイホーム留学のように、英語教師とのレッスンではなく外国人と会話さえ出来れば良いのであれば、英語学習費用は海外でもグンと格安にできます!

「カウチサーフィン」は「タダで自宅に泊め合う」をコンセプトにした民泊SNSです。一般的に3泊程度の受け入れがメインですが、中には1週間、1カ月と滞在させてくれる太っ腹なホストもおり、上手く活用すればほとんどお金を掛けずに海外で英語漬けの生活が送れます。

3-3.タダ泊が気まずいあなたは、「WWOOF」で働きながらの居候が格安。

カウチサーフィンは宿泊費ナシで滞在ができますが、タダで何日も泊めてもらうのは、やはり気まずいですね。そんなあなたは「WWOOF」はどうでしょうか?

こちらは、「労働力と寝食を交換する」というコンセプトの民泊サイトです。1カ月や3カ月程度の長期スパンを前提としたホストが多いので、安心して長居ができます。労働は農業が多いですが、賃金労働ではないのでそう過酷さを強いられることはないでしょう。

3-4.ワーキングホリデーなら高い報酬をもらいながら海外生活!

「寝食だけで労働をするのは割りに合わない・・・」と感じるなら、ワーキングホリデーという手があります。

ワーキングホリデーは、原則として1年間、海外の家庭に居候をしながらアルバイトをするものです。オーストラリアが人気ですが、最低時給が17豪ドル(約1,500円)と高額なのがその理由で、1年間みっちりやれば、終わった頃には150万円くらいも貯金が貯まっているかも!?


民泊スタートアップnaviでは、日本ではあまり知られていないマイホーム留学についても、充実した記事をお届けしています。もっと詳しく知りたい方は、「民泊の魅力」>「マイホーム留学」カテゴリーから記事を探してお役立てください。

まとめ。

【まずは海外留学の相場を知ろう。】

  • 先進国なら300万円近い出費!サラリーマンの年収並み!
  • フィリピン、フィジーなら半額近いが、それでも100万円は超える!
  • チェンマイ、マレーシアなども安いが、快適さや治安には難が。
  • チェコやハンガリーが穴場!先進国の快適さと安さが両立。
  • 滞在先が「シェアルーム」で平気なら、費用はもっと安い!

【格安どころじゃない!お金を貰いながら学習できちゃうマイホーム留学」!】

  • マイホーム留学とは?知る人ぞ知る、民泊受け入れを活用した家庭での英語学習。
  • 海外ではおなじみ。日本で聞きなれないのは、日本人が民泊を苦手とするゆえ。
  • なぜお金が掛からない?なぜ収入が得られる?英語のゲストに「対応すること」で英語学習するから。
  • 上手い話には裏がある?強いて挙げるなら、民泊ニガテな人にはストレスになる。が、それは留学をしても同じこと。
  • お金の掛かる民泊受け入れもある!業者からの勧誘には気をつけて!
  • 1.最もお勧めなのはAirbnb民泊。費用はほとんど掛からない。
    2.留学生受け入れは報酬の貰えないケースも!食事やレジャー提供の出費も心配。
    3.農家民泊はマイホーム留学には不向き!リフォーム費が掛かることもあり要注意。
    4.Airbnbでも「投機型」の民泊は出費が甚大!ゲストとの交流もなくマイホーム留学には不向き。

  • 借家の人、集合住宅の人は、民泊受け入れが出来ないかも?

【マイホーム留学以外の格安英語勉強法】

  1. 1カ月で良いなら、セブの「ゼロ円留学」が格安!
  2. 「カウチサーフィン」なら、海外に長期間、格安で滞在できる!
  3. タダ泊が気まずいあなたは、「WWOOF」で働きながらの民泊が格安。
  4. ワーキングホリデーなら高い収入を得ながら海外生活!

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)