Airbnb(エアビーアンドビー)がお茶の間をにぎわせるようになってからしばらくが経ち、今や同じような民泊仲介サイトは世界中に幾つも乱立するようになりました。

日本人の、特に宿泊利用者にとってはまだ、民泊サイトといえばAirbnbしか知らない人ばかりかもしれませんが、それぞれに特徴があるので、使い分けられるようになると旅行はいっそう楽しいものになることでしょう。

そこで今回は、数ある民泊サイトの中でも注目度の高いモノをピックアップして、比較検証をしていきます。

1 あなたに合うのはどれ?オススメ民泊サイトの一覧。

民泊サイト一覧【解説&比較検証】

まずは一覧形式で、オススメの民泊サイトを並べます。それぞれの詳しい解説は、以下のトピックで解説していきますから、気になるサイトのトピックに飛んでください。もちろん、比較しながら順番に読み進めていき、あなたにとって条件の良さそうなものを探すのも良いでしょう。

有償の民泊サイト
Airbnb(エアビーアンドビー)
Homestay.com(ホームステイドットコム)
Agoda(アゴダ)
HomeAway(ホームアウェイ)
Wimdu(ウィムドゥ)
自在客(じざいけ)

無償で泊まれる民泊サイト
CouchSurfin(カウチサーフィン)
Workaway(ワークアウェイ)

2 Airbnb(エアビーアンドビー)を徹底解説!

民泊サイト一覧【解説&比較検証】

まずは、民泊サイトの王者Airbnb(エアビーアンドビー)から解説していきましょう。

基本データ
登録物件数  :★★★★★
ホームステイ度:★★★★
安さ     :★★★★★
使いやすさ  :★★★★★

2-1.特色:総合力はダントツ!とりあえずAirbnbから始めてみよう。

Airbnb(エアビーアンドビー)はやはり、最大手であるだけの総合力を誇っています。

登録物件数がダントツに多いことをはじめとして、日本語で使用が可能、さらにサポートまでもが日本語で対応してもらえます。物件数の多さから価格競争も進んでおり、こちらも魅力的。また、お城やツリーハウスのようなユニークな物件に泊まりたいなら、それはもうAirbnb一択です!

2-2.長所:長所はたくさん!

  1. 圧倒的な物件数により、誰も知らない村でも泊まれる。様々な人にフィットする。
  2. まず何よりも、登録物件数の豊富さが魅力的。ロサンゼルスやローマといった有名な都市だけでなく、誰も知らないような町や村でさえも、数軒ずつくらいは泊まる場所を見つけられます。選択肢が多ければ、そのぶん様々な人々にフィットする可能性も高いですね。

  3. 日本語で利用ができる。日本支社もあるため困ったときも安心。
  4. Airbnb(エアビーアンドビー)はアメリカのサイトですが、日本語表記に完全対応しています。また、日本支社も設立されているため日本人スタッフがおり、困ったことが起きてサポートセンターに連絡しても、日本語で答えてもらえるのも嬉しいですね。英語が苦手でも、世界中でホームステイができますよ!(外国人ホストとのやりとりは英語です。)

  5. ユニークな施設に泊まって、一生の思い出が作れる!
  6. Airbnb(エアビーアンドビー)ならではの魅力と言えるがコレ。お城をはじめとして、ツリーハウスや船、灯台やキャンピングカーなど、ユニークで面白い施設が多数登録されています。せっかくの旅行ですから、とびきりユニークなところに泊まってみたいですね。

2-3.短所:利益主義のホストが増加気味。日本は特に、ホームステイ型物件が少ない・・・。

「お家に泊まる」ということがウリのAirbnb(エアビーアンドビー)でしたが、近年は投機目的のビジネス物件が増えてきています。内装はホテルのようにクールですが、スタッフが常駐しておらずトラブルとは常に背中合わせ・・・。また、値段も高い傾向にあります。

「ホームステイ」がしたいのであれば、家主が常駐しているかどうか、問い合わせメールでシッカリ確認を。日本は特に、ホームステイ型物件が少ないです。

3 Homestay.com(ホームステイドットコム)を徹底解説!

民泊サイト一覧【解説&比較検証】

Homestay.comという名前から、ある程度特色が予想できますね。

基本データ
登録物件数  :★★★
ホームステイ度:★★★★★
安さ     :★★★★
使いやすさ  :★★★

3-1.特色:ホームステイ(ホストとの交流)を求めるなら、Homestay.comがイチバン!

Homestay.com(ホームテイドットコム)は、名前の示すとおり、ホームステイ型(ホスト在住型)の民泊物件だけを集めた民泊サイトです。こうした特徴を持つのは、数ある有償民泊サイトの中でも未だHomestay.comだけ。

Airbnb(エアビーアンドビー)ユーザーの中でもホームステイ型の民泊を求める人たちは、こちらに流れはじめてきています。

3-2.長所:ホストとの交流と朝食がもれなく付いて、値段はAirbnbと変わらない!

Homestay.comの長所は、必ずホストが人の温もりで出迎えてくれることです。無人の物件にポツンと取り残されることはありません。何かわからないことや困ったことがあればすぐにホストが解決してくれますし、異国のローカル人との楽しい交流が体験できます。

また、Homestay.comの場合、基本的に朝食付きなのが嬉しいですね。しかし値段相場はAirbnb(エアビーアンドビー)とほとんど変わりません!昼食、夕食に関しても、別料金で提供してくれる家庭が多いです。

3-3.短所:マイナーな土地では民泊物件が見つけらないかも・・・。

Homestay.com(ホームステイドットコム)は、Airbnb(エアビーアンドビー)と比べると物件数は少ないです。パリや東京など、主要な都市には豊富にあり、一般的な旅行者が泊まる場所を見つけられないことはないでしょうが、僻地を好むバックパッカーなどの場合、望む場所に物件を見つけらないかも・・・。

3-4.賢い使い方:日本語非対応の弱点はブラウザの翻訳機能でカバーできる!

Homestay.com(ホームステイドットコム)は、英語以外に6か国語に対応していますが、日本語対応は未だしていません。そのため、英語の得意でない人にとっては宿泊利用だけでもちょっと戸惑うでしょうか。

しかし、この弱点はほぼカバーが可能!Google chromeなどのブラウザでは、英語のページを開くと自動的に、「このぺージを翻訳しますか?」と促すウインドウが出ます。これで翻訳してしまえば、ほとんど問題なく使うことができるでしょう。

4 Agoda(アゴダ)を徹底解説!

民泊サイト一覧【解説&比較検証】

民泊サイトにAgoda(アゴダ)なんて名前のものがあったかな!?と首をかしげるでしょうか・・・?

基本データ
登録物件数  :★★★★★
ホームステイ度:★★★
安さ     :★★★★★
使いやすさ  :★★★★★

4-1.特色:「安さ」を求める民泊愛好者は、Agodaもぜひチェックしよう!

Agoda(アゴダ)は元々、民泊サイトではありません。Booking.comなどと同じようなホテル検索サイトの1つです。しかしAgodaは、イチ早く民泊物件の掲載を開始しました。そのため、一般的なホテルと民泊物件を、一挙に検索し、比較することができるスグレモノ!

さらに、Agodaの元々の特色に、「安価なゲストハウスの掲載数が多い」というものがあります。すると、安価なゲストハウスと民泊が両方揃っているので、「とにかく地域で一番安い宿泊施設を見つけたい!」と願う場合には、Agodaを覗けば叶う可能性が高いでしょう。

4-2.長所:安い宿泊施設を見つけやすい。とても使いやすい。

Agoda(アゴダ)の長所は上記のように、「安い宿泊施設を見つけやすい」ということにあります。一般的に、民泊のほうがゲストハウスよりも安いため、Airbnb(エアビーアンドビー)で探すのが最も安くなることが多いのですが、地域によってはAirbnb民泊の無い、または乏しいところもあり、その場合はAgodaで最安が見つかる可能性が高いです。

また、Agodaも日本語表示に完全対応しているため、宿泊予約やサーチがとてもしやすいという特徴があります。Booking.comのクチコミが掲載されているのも嬉しいですね。

4-3.短所:地図検索ができないのが不便・・・。

ホテル検索サイトや民泊サイトの多くは、地名を入力してエリアを指定するだけでなく、地図をぐりぐり動かしながら「エッフェル塔から近いところにしよう」といった選び方をすることができます。しかしAgodaは、「地図から検索する」という機能を持っていないため、こうした選び方ができません。

5 HomeAway(ホームアウェイ)を徹底解説!

エクスペディアに買収されたことでこれから躍進するかもしれないHomeaway(ホームアウェイ)も要チェックです。

基本データ
登録物件数  :★★★★
ホームステイ度:★★★
安さ     :★★★★
使いやすさ  :★★★★★

5-1.特色:一括問い合わせや充実ソート機能でAirbnbとの差別化を図れるか!?

Homeaway(ホームアウェイ)はAirbnb(エアビーアンドビー)最大のライバルと言われ、登録物件数はAirbnbに次ぐ充実ぶり。また、エクスペディアが買収するなどブランド力が高いです。

特徴としては、日本語に対応していることと、「一括問い合わせ」という機能で候補物件すべてに手軽に質問が投げかけられること。また、ソート機能が充実している点も長所と言えます。

6 wimdu(ウィムドゥ)を徹底解説!

ヨーロッパに旅行することが多いなら、wimdu(ウィムドゥ)の名前も知っておきたいところ。

基本データ
登録物件数  :★★★
ホームステイ度:★★★★
安さ     :★★★★
使いやすさ  :★★★★★

6-1.特色:ヨーロッパ最大の民泊サイト。ヨーロッパ好きは要チェック!

wimdu(ウィムドゥ)の特色は、ヨーロッパ最大の民泊サイトであることでしょう。日本ではあまり知られていませんが、サイト訪問者数は世界第4位の大手です。

「住むようにココチいい旅を」というキャッチコピーなど、基本的にAirbnb(エアビーアンドビー)とあまり大きな違いはありません。wimduのウリは「ヨーロッパに強いこと」なので、ヨーロッパへの旅行が多い人は、チェックしておくと良さそうですね。日本語表記にも対応しています。

7 自在客(じざいけ)を徹底解説!

中国版Airbnb(エアビーアンドビー)と言われる自在客の実力は・・・?

基本データ
登録物件数  :★★★
ホームステイ度:★★★★★
安さ     :★★★★★
使いやすさ  :★★★

7-1.特色:宿泊者は手数料ナシ!中国語圏はAirbnbより強いかも!

自在客(じざいけ)は、中国の民泊サイトです。一番の特徴は、宿泊者側に手数料が掛からないこと!Airbnb(エアビーアンドビー)などは10%くらい掛かってしまいますから、手数料無料は嬉しいですね。

また、台湾、韓国、中国など中国語圏の物件数が充実しており、こうした国に行くならチェックして損はありません。

8 CouchSurfin(カウチサーフィン)を徹底解説!

民泊サイト一覧【解説&比較検証】

無料で泊まれる民泊サイトがあるのをご存じですか?CouchSurfinはその草分け的存在!

基本データ
登録物件数  :★★★★
ホームステイ度:★★★★★★★
安さ     :★★★★★★★★★★
使いやすさ  :★★★★

8-1.特色:無料で泊まれる夢みたいな民泊サイト!お茶飲みだけの友達も探せる。

CouchSurfin(カウチサーフィン)は、日本ではあまり知られていませんが、民泊サイトとしてはAirbnb(エアビーアンドビー)の父親のような存在です。

このサイトのウリは、なんといっても「無料で宿泊できる」ということ!「タダで泊まっていっていいよ」と太っ腹な考えを持つホストばかりが登録しているのです。

「そんなの怪しくない!?」と思うかもしませんが、海外の旅行者は見知らぬ国の旅行者との交流を好む人が多く、「寝床提供の代わりに旅の話を聞かせてくれれば満足」と考えることは全く不自然ではありません。

無料宿泊に半信半疑なら、まずは「お茶飲み友達」を探す機能で見知らぬ人とお茶飲み交流から始めてみてはいかがでしょうか。

8-2.長所:無料であることはもちろん、人情豊かなホストに出会えるのが魅力!

ゲストハウスやAirbnb(エアビーアンドビー)民泊ですら2,000円はする宿泊費用が、なんと0円に抑えられるすさまじいツールです!上手く活用すれば、旅費が大幅に節約できますね。

しかし、CouchSurfin(カウチサーフィン)の魅力はそればかりではありません。無料で人を泊めるだけの懐の深いホストばかりが集まっていますから、つまりおよそどこの物件に泊まっても、人情豊かな出会いとうれしい交流体験が待っているでしょう。

民泊の神髄は、AirbnbにではなくCouchSurfinにあるのです!

8-3.短所:無料ゆえ、ドタキャンや粗雑な部屋に遭遇してしまうことも・・・。

CouchSurfin(カウチサーフィン)は料金を取らないので、「何としても約束を果たす」という責任感が乏しいホストもいます。宿泊の約束を取り付けていても、当日に何か予定が入ったら、ドタキャンされてしまうことも・・・。

また、やはり料金を取らないゆえ、リビングでの雑魚寝など、粗雑な寝床しか与えてもらえないこともあります。ある程度きちんとした寝床を求める人は、ホストに必ず、寝床環境を確認しましょう。

9 Workaway(ワークアウェイ)を徹底解説!

民泊サイト一覧【解説&比較検証】

世界一楽しい民泊体験は、ひょっとするとWorkawayかも!?

基本データ
登録物件数  :★★
ホームステイ度:★★★★★
安さ     :★★★★★★★
使いやすさ  :★★★★

9-1.特色:寝食と労働を交換するのがWorkaway(ワークアウェイ)の仕組み。

Workawayも無料で宿泊できる民泊サイトですが、CouchSurfin(カウチサーフィン)とは一味違います。Workawayの場合、3~5時間程度の労働力を提供する代わりに、寝床と食事を提供してもらうのです。

仕事内容は、農業をはじめとして、子守りや稼業の手伝いなど様々。「ただ話し相手になってくれ」といったユニークなものもあります。週単位で区切っているホストも多く、平日5日間働いたら土日は完全フリーで寝食を提供してくれることも!


民泊スタートアップnaviでは、Airbnbに限定されない様々な民泊事情について、詳しくわかりやすく解説しています。他にも気になることがあれば、同一カテゴリーや画面右の検索窓から気になるワードを検索し、お望みの記事をお探しください。

まとめ。

【あなたに合うのはどれ?オススメ民泊サイトの一覧。】
〇有償の民泊サイト

  • Airbnb(エアビーアンドビー)
  • Homestay.com(ホームステイドットコム)
  • Agoda(アゴダ)
  • HomeAway(ホームアウェイ)
  • Wimdu(ウィムドゥ)
  • 自在客(じざいけ)

〇無償で泊まれる民泊サイト

  • CouchSurfin(カウチサーフィン)
  • Workaway(ワークアウェイ)

【Airbnbを徹底解説!】

  • 特色:総合力はダントツ!とりあえずAirbnbから始めてみるべし。
  • 長所:長所はたくさん!
  •  1.圧倒的な物件数で、誰も知らない村でも泊まれる。様々な人のニーズを満たす。
     2.日本語で利用ができる。困ったときのサポートも日本語対応!
     3.ユニークな施設に宿泊して、一生の思い出が作れる!

  • 短所:利益主義のホストが増加気味。日本は特に、ホームステイ型物件が少ない。

【Homestay.comを徹底解説!】

  • 特色:ホームステイ(ホストとの交流)が希望なら、Homestay.comが最高!
  • 長所:ホストとの交流と朝食がもれなく付いても、値段はAirbnbと変わらない!
  • 短所:マイナーな土地ではホストが見つけらないかも。
  • 賢い使い方:日本語非対応の弱点は、ブラウザの翻訳機能でカバーできる!

【Agodaを徹底解説!】

  • 特色:「安さ」を求める民泊愛好者は、Agodaもぜひチェックすべし!
  • 長所:安い宿泊施設を見つけやすい。とても使いやすい。
  • 短所:地図検索ができないのが不便。

【HomeAwayを徹底解説!】
・特色:一括問い合わせや充実ソート機能でAirbnbよりも選り好みしやすい。

【wimduを徹底解説!】
・特色:ヨーロッパ最大の民泊サイト。ヨーロッパ好きなら要チェック!

【自在客を徹底解説!】
・特色:なんと宿泊者は手数料ナシ!中国語圏はAirbnbより強いかも。

【CouchSurfinを徹底解説!】

  • 特色:無料で泊まれる夢のような民泊サイト!お茶飲みだけの友達も探せる。
  • 長所:無料であることはもちろん、人情豊かなホストに出会えるのも魅力!
  • 短所:無料ゆえ、ドタキャンや粗雑な部屋に当たってしまうことも。

【Workawayを徹底解説!】
・特色:寝食と労働を交換することで、中長期の滞在も叶いやすい。

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)