Airbnb(エアビーアンドビー)を中心に、民泊を営む人は増えてきています。一般家庭で、ビジネスに疎い人でも気軽に運営できることが民泊の魅力ですが、敷居が低いぶんトラブルや近隣迷惑も発生しやすい危うさがありますね。

民泊は、ビジネスというよりもライフスタイルの1つであり、ビジネスとしても新時代の概念・助け合いの概念である「シェアリングエコノミー」の代表格。どう儲けるかよりも、いかに自分とゲスト、そして近隣住民などの第三者が心地よく過ごせるかを配慮することが、何よりも大切。

そのためには、法律だけでなく細かなルールにも気を配ることが大切です。

1 最も大切なルールは法律!しかし民泊は、法律についてはあまり気にしなくていい。

民泊受け入れをする上で知っておきたい民泊のルール。

世の中のルールには様々なレベルのものがありますが、最も遵守しなければならないのは、「法律」ですよね。しかし民泊の場合、「法律」はあまり気にする必要がないかもしれません。

1-1.旅館業法の許可を取得しなくても、ホームステイ型民泊は裁かれない。

一般的にビジネスは、営業許可を取得しなければ営業することはできません。無許可で営業すれば違法ということになり、警察や行政に裁かれてしまいます。

民泊も、家主不在型の民泊については旅館業法(簡易宿所規約)の営業許可か特区民泊法の許可が必要なのですが、ホームステイ型民泊はその限りではありません。ホームステイ型民泊については、旅館業ではないと解釈されることが多く、特に営業許可を取得する必要は無いのです。

2017年初頭、日本政府官庁の中でも厚労省だけはホームステイ型民泊の無許可営業を認めていないのですが、民泊新法という新ルールが2018年にも施行されれば、厚労省からも口出しはされなくなる見込みです。

2 法律の次に重いルール「法令」。これは民泊を遮るものがたくさんある!

民泊受け入れをする上で知っておきたい民泊のルール。

法には様々なレベルのものがあるのをご存じですか?六法全書に記載されているものが「法律」です。そして、他の行政機関が制定するルールを「法令」と言います。法令は法律とは異なりますが、やはり違反すると警察沙汰となってしまったり、罰金を科せられてしまうものです。

2-1.賃貸物件は民泊禁止!賃貸借契約を書き換えてもらわないと違法になってしまう。

民泊において、知らぬ間にルール違反になってしまいそうなものの第一位は、賃貸物件の「賃貸借契約」でしょう。これは、賃貸物件を借りるときに同意する書類なのですが、ほとんどの場合、「又貸しは禁止」といった旨が記載されています。また、その記述が無いとしても、原則的に賃貸物件の又貸しはルール違反なのです。

ただし、不動産のオーナーが「又貸ししていいよ」「民泊営んでいいよ」と言ってくれている場合には、ルール違反にはなりません。オーナーがハッキリ許可しているなら口約束でもほぼ問題はありませんが、そうでないなら交渉をし、場合によっては賃貸借契約書を書き換えてもらってください。

このルールに違反すると、物件オーナーから即時の強制退去を迫られることがあります!

2-2.ほとんどのマンションが民泊禁止!管理規約で民泊許可をこぎつけよう。

賃貸借契約の次にルール違反に陥りやすいのが、マンションなど大型集合住宅の管理規約です。一般的に管理規約では、居住以外の利用は禁止されており、つまり民泊で収入を得る住人は「ビジネス利用している」とみなされ、ルール違反となってしまいます。

ただし、ほとんどのマンションにおいて、小規模の個人事業を行っている人が少なからずおり、それらは黙認されています。仮にあなたの民泊が「管理規約違反だ!」と訴えられたとしても、「では他の住民の事業もルール違反ですから、皆営業停止ですね?」と対抗すれば、おとがめを食らわずに済むかもしれません。副業をしている人は意外なほど多いので、総会に掛けられるとしても、「小規模事業OK」のための必要な賛成票を得られる可能性は充分にあります。

ただし、マンション住民に迷惑を掛けるなら、民泊だけが特例として営業禁止にされてしまうことも少なくないので、くれぐれもマナーの良い運営を心掛けてください。

2-3.自治体が民泊を禁止するケースも!新宿や京都市などは気をつけて!

地域によって危険度が全く異なるルールがこれ。

自治体によっては、条例で民泊を制限していることがあります。条例は法律よりも優先されるため、2018年以降、新ルール民泊新法で日本政府が民泊を許可したとしても、自治体ルールで民泊が制限されている地域の場合、民泊営業の自由度は下がります。

民泊に否定的な自治体はまだ多くないのですが、先行する規制自治体には民泊の人気エリアが多いので要注意!新宿区京都市札幌市などが該当します。

2-4.良くも悪くも法令は動く!周辺住民に迷惑をかけないことが大切。

法律は改定に時間と手間がかかりますが、賃貸借契約やマンション管理規約、自治体の条例などの法令ルールは、良くも悪くももっとフレキシブルです。あなたが近隣住民や関連者に迷惑を掛ければ法令が即座に改悪されることがあり、逆にあなたが近隣住民の不安や困難を解消できる・説得できるなら、法令が緩和されることもあります。

すると、民泊を営むうえで最も大切なことは、「周辺住民に迷惑をかけないように努めること」なのかもしれません。これは「ルール」と呼べるものか定かではありませんが、しかしある意味で最も重要なルールなのです!

3 ルールは守る・守らせる!迷惑をかけない民泊運営を心掛けよう!

民泊受け入れをする上で知っておきたい民泊のルール。

繰り返しますが、あなたの民泊運営の存続について最も大きな影響力を持つのは、実質的には法律よりも法令よりも、「近隣住民の声」です。クレームを受けることが最も民泊禁止に直結しやすいので、クレームを受けない・周囲の人々に嫌われない運営を心掛けましょう。

そのためには、どのようなことに気を付けたら良いのでしょうか?

3-1.ハウスルールをしっかり作り、ゲストに遵守してもらおう。

近隣住民に民泊を認めてもらうには、あなたとゲストが協力して、良いマナーを継続し続けることが大切です。民泊ゲストには外国人が多いため、「常識」や「言わなくてもわかるでしょ」は通じません。ハウスルールをしっかり作り、読んでもらい、遵守してもらうよう徹底しましょう。

3-2.必ず押さえておきたいハウスルール10選!

ハウスルールは、民泊ホストの環境や感性に合わせて独自に制定すれば良いものですが、トラブルやクレームを防ぐために最低限押さえておきたいものが、幾つかはあります。

このようなルールを制定しておくのはいかがでしょうか。

  1. パーティは禁止です!
  2. 夜10時以降は静かに過ごしてください。客室内であっても通話の声に注意してください。
  3. マンションの共有エリアでは、大声で談笑しないでください。
  4. ベランダもタバコは禁止です。
  5. 泥酔しないようにしてください。
  6. ゴミ出しのルールは絶対に守ってください。ゴミは勝手に出さないでください。
  7. 朝晩は、スーツケースを引きずる音にも注意を払ってください。
  8. トイレが詰まると上下左右の住民にも迷惑がかかります!トイレットペーパー以外のものは絶対に流さないでください!
  9. 音楽や映画を鑑賞するときは、音量に注意してください。
  10. 館内でマンション住民とすれ違ったら、必ずあいさつをしてください。

3-3.民泊ホストが守るべきルールもある。

民泊運営でトラブルが起きたり周辺住民に迷惑を掛けてしまったとき、その原因をすべて民泊ゲストに押し付けるのは間違っています。多くの場合、民泊ホストが事前に配慮をしていれば、トラブルは防ぐことができるのです。

これは、ルールというよりもマナーというニュアンスのほうが正しいかもしれませんが、マナーを守ることが、民泊ホストにとって重要なルールです。

3-4.必ず押さえておきたい民泊ホストのルール10選。

トラブルや迷惑を起こさないために、こうしたことを自分にルール化し、遵守するようにしましょう。

  1. 賃貸借契約やマンション管理規約を無視せず、必ず同意を得る。
  2. 「パーティOK」の設定には絶対にしない。
  3. 特に集合住宅の場合、できればタバコとお酒も禁止にする。
  4. 「今すぐ予約」はOFFにし、問い合わせの内容やプロフィール、レビューなどを参照して、ちょっとでも心配なゲストはお断りする。
  5. 不正な高レビュー稼ぎ、不正な集客はしない。
  6. 利益にこだわりすぎない。利益の話ばかりしていると、近隣住民からヒンシュクを買いやすいです。
  7. ゴミの分別・ゴミ出しはゲストに任せずホストがやる。家主不在型民泊の場合も、ホストか代行業者が責任を持つ。
  8. 家主不在型民泊の場合、よほど気を付けないとトラブルが頻発することを心得る。
  9. 家主不在型の場合、代行業者や友人知人、隣人などに時々監視に入ってもらい、トラブルを未然に防ぐ。
  10. 民泊ゲストのルール違反に対して、臆せず注意する。

4 民泊を守っていくために、ホストが心掛けていくべきことは?

民泊受け入れをする上で知っておきたい民泊のルール。

実は今、民泊事業はちょっとした危機に直面しています。経営が出来なくなるかもしれないのです。

そのカギを握っているのは、日本政府の法令制定次第と思っている人が多いようなのですが、実はそうではありません。法令の面では、民泊新法は大幅な規制緩和が実現しますが、世論が民泊を嫌うなら、一挙に民泊が禁止されてしまう懸念をはらんでいるのです・・・。

これを防ぐために、私たち民泊ホストはどうすれば良いのでしょうか?

4-1.留学生ホームステイのように、ヒューマニズムを大切にしよう。

民泊という文化は昔から存在していたのですが、違法扱いや批判をされはじめたのは、Airbnb(エアビーアンドビー)民泊が台頭しはじめたここ2年ほどのことです。

それまではなぜ、民泊は叩かれることが無かったのでしょうか?

従来の民泊は、もっぱら留学生を受け入れるホームステイが主流でした。そしてこの民泊は、ボランティアや社会貢献の側面がとても強いものだったのです。留学生受け入れのホストファミリーは、完全ボランティアであることも少なくありません。謝礼を貰っていても、多くは施しの労に対して圧倒的に少ない見返りです。これまで民泊とは、利益にこだわらずに人助けする人々によって支えられてきたのです。

そうした社会的意義の高さゆえ、日本政府をはじめ各行政は、留学生受け入れホームステイを特例として、旅館業法という厳しいルールの管轄から外してきたのです。

Airbnb(エアビーアンドビー)などで民泊受け入れを行う場合も、社会貢献や精神的意義、少なからずのボランティア精神を大切にしましょう。ルールをしっかり守り・守らせ、周囲から尊敬されるような取り組みを心掛けましょう。

4-2.「シェアリングエコノミー」の本質を理解しよう。

民泊は、「シェアリングエコノミーの代表格」とよく表現されます。しかし、日本人の多くは、シェアリングエコノミーの本質をあまり理解していないようです。

「Airbnb(エアビーアンドビー)経営で月収50万!」「不動産ビジネスの新形態!」といった思考は、シェアリングエコノミーの思想とは一致していません。シェアリングエコノミーとは、「余っているものを差し出すことで助け合う」といった精神的な側面があります。「儲けること」より「助け合うこと」が重要であり、「ビジネス」である前に「社会活動」なのです。

諸外国では、シェアリングエコノミーも民泊も、こうした側面から活動されているのですが、日本の民泊業界は「助け合う」どころか、他人の迷惑も顧みずに利益を追求するようなホストばかりなのが現状・・・。これではヒンシュクを買い、規制されたり石を投げつけられたりするのも当然ですね。

「助け合いのシェアリングエコノミー」を実践するホストが増えれば、民泊の未来も明るくなるでしょう。


民泊スタートアップnaviでは、民泊にまつわる難解な法律・法令に関してもわかりやすく詳しく解説しています。旅館業法や賃貸借契約に特化したページもありますので、「法律のハナシ」カテゴリーからお望みの記事を探し、法律理解にお役立てください。

まとめ。

【民泊は、法律はあまり気にしなくていい。】

  • 旅館業法の許可を取得しなくても、ホームステイ型民泊なら裁かれない。

【法律の次に重いルール「法令」。民泊を遮るものがたくさんある!】

  • 賃貸物件は民泊禁止!賃貸借契約を書き換えてもらわないと違法。
  • ほとんどのマンションの管理規約が民泊禁止!
  • 自治体が民泊を制限するケースも!新宿や京都市などは気を付けて!
  • 良くも悪くも法令は動く!周辺住民に迷惑をかけない運営が大切。

【ルールは大切!迷惑をかけない民泊運営を心掛けよう!】
・ハウスルールをしっかり作り、ゲストに遵守してもらうべし。
・必ず押さえておこう。ハウスルール10選!

  1. パーティは禁止です!
  2. 22時以降は静かに過ごしてください。通話の声に注意してください。
  3. マンションの共有エリアでは大声で談笑しないでください。
  4. ベランダも煙草は禁止です。
  5. 泥酔しないようにしてください。
  6. ゴミ出しのルールは絶対に守ってください。
  7. 朝晩は、スーツケースを転がす音にも注意をしてください。
  8. トイレが詰まると上下左右の住民にも迷惑が!トイレットペーパー以外のものは絶対に流さないで!
  9. 音楽や映画は、音量に注意してください。
  10. 館内でマンション住民とすれ違ったら、あいさつをしてください。

・民泊ホストが守るべきルールもあると心得て。
・必ず押さえておこう。民泊ホストのルール10選。

  1. 賃貸借契約やマンション管理規約は無視せず、必ず同意を得よう。
  2. 「パーティOK」の設定には絶対にしないこと。
  3. できれば煙草とお酒も禁止にする。
  4. 「今すぐ予約」はOFFにし、問い合わせの内容などをチェックしてちょっとでも心配なゲストはお断りする。
  5. 不正な高レビュー稼ぎ、不正な集客はやめよう。
  6. 利益にこだわりすぎない。利益の話ばかりしていると大衆からヒンシュクを買いやすい。
  7. ゴミの分別・ゴミ出しはホストがやる。家主不在型民泊の場合もホストか代行業者が責任を持つ。
  8. 家主不在型民泊の場合、トラブルが頻発しやすいことを心得る。
  9. 家主不在型の場合、代行業者や隣人などに時々監視に入ってもらい、トラブルを未然に防ぐ。
  10. ゲストのルール違反に対して、臆せず注意する。

【民泊を守っていくために、私たちホストが心掛けていくべきことは?】

  • 留学生ホームステイ受け入れのように、多少なりのボランティア精神や社会的意義を大切にしよう。
  • 「シェアリングエコノミー」の本質を理解し、儲けよりも助け合いを大切にしよう。

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)