ちょっとした副業や新ビジネスとして、Airbnb(エアビーアンドビー)サイトを利用した民泊経営を検討している人は多いです。市場の事情を知ろうと「エアビーアンドビー」と検索してみると、「儲かる!」「何もしないで月収50万!」といった文字が踊っているので、あなたもその気になってしまっているかもしれませんね。

でも、ちょっと待って!

エアビーアンドビー民泊は、そんなに儲かるビジネスではないばかりか、投機型民泊なら赤字の危険性がとても高いのです!

1 巷の「儲かる!」の記事は嘘や誇張ばかり・・・。あっせん業者に騙されないで!

民泊受け入れは儲かるの?収入以上の魅力がホストファミリーにはある!

Airbnb(エアビーアンドビー)民泊のノウハウサイトは山のようにありますが、信頼できるサイトはほとんど無いのが実情です・・・。

なぜなのでしょうか?

1-1.Airbnb起業を推しているのはあっせん業者ばかり。だから魅力的な言葉ばかりを並べる。

他の国では、Airbnb(エアビーアンドビー)民泊は、趣味またはライフスタイルの1つとして好評を博し、広がっていきました。しかし日本の場合、「新しい不動産ビジネス」として宣伝されていったのです。

そのため、日本のエアビーアンドビーの情報発信者のほとんどが、民泊代行業者や民泊セミナー講師などのあっせん業者ばかりとなっています。彼らは、魅力的な言葉ばかりを並べて(特に収入面の魅力ばかりを誇張して)、誰彼かまわずエアビーアンドビー起業をするように誘導しているのです。

1-2.民泊代行業者や民泊セミナーなどのあっせん業者は、志望者が起業してくれればそれだけで儲かる仕組み。

ビジネスにはギャンブルのような失敗のリスクがあり、Airbnb(エアビーアンドビー)民泊も例外ではありません。しかしあっせん業者は、まるでエアビーアンドビー民泊なら失敗することが無いかのような物言いをしたり、または「民泊代行業者に委ねれば大丈夫!」と誘います。

なぜかと言えば、民泊代行業者も民泊セミナーも、認可取得代行の行政書士なども、「仲介する段階で利益を得られる」ビジネスモデルを取っているのです。各ホストが赤字経営に陥ったとしても、あっせん業者は赤字になりません。そのため、とにかく無知でもなんでも起業をさせるのです。

1-3.「月収30万」なんて嘘!あっせん業者の書く収入シミュレーションはデタラメばかり!

あっせん業者は、儲かると信じ込ませるために、具体的な数字を用いて収支のシミュレーションを見せます。しかしこの数字、もっともらしく見えますがかなりのデタラメ!誇張されすぎているのです!

今時(2017年春)ファミリー物件でも1泊10,000円では予約が入りませんし、月に20日の稼働率も現実的ではありません。民泊可能な不動産の家賃額は高騰していますし、民泊代行業者に払わなければならない手数料は宿泊代金の30%を超え・・・結果、ホスト側に大きな利益は上がらないのです。

儲かるエリアと言われている新宿、京都、大阪はどれも、行政が民泊に厳しく目を光らせており、検挙される可能性が高いことをご存じですか?

1-4.2017年現状、投機型民泊のホストはほとんど儲かっていない・・・。

2014年頃はたしかに、ライバルのホストも少なく、宿泊料金相場も高かったため、Airbnb(エアビーアンドビー)民泊も儲かるビジネスではありました。しかしそれは2~3年も前のことにすぎず、今は市場の状況がずいぶん様変わりしてしまっています。

そして現状、投機型のAirbnb(エアビーアンドビー)ホストで充分な黒字を確保し続けられているホストはほとんどいません。彼らもまた民泊代行業者にプロデュースやメール代行をしてもらい、民泊セミナーでノウハウを得たのですが、それでも上手くいっていないのです・・・。

1-5.2017年に予定される民泊新法の制定は、事実上の投機型民泊の終了ゴング。

2017年、民泊新法という新しい法律の制定が予定されています。これは民泊における大幅な規制緩和を実現しますが、その一方で、年間営業日数に「90~180日程度」(まだ未決定)の上限が設けられる見通しです。

一年のうち、最高でも半分の日数しか収益を得られないとなると、ほとんどの投機型ホストは黒字を出せなくなるでしょう。

2 ホームステイ型民泊なら、「儲かる!」とまでは言えなくも安定した副収入が期待できる。

民泊受け入れは儲かるの?収入以上の魅力がホストファミリーにはある!

同じAirbnb(エアビーアンドビー)でも、ホームステイ型の民泊ホストであれば、ずいぶんと風向きが異なります。ホームステイ型での受け入れであれば、オススメすることができますね。

2-1.ホームステイ型民泊なら、先行投資もランニングコストもほとんど掛からない。

家主不在型民泊の場合、不動産の手配や家具家電の入手など、先行投資に100万円程度は必要となります。しかしホームステイ型民泊の場合、部屋はもちろんのこと大半が家にすでにあるものを提供すれば済むため、先行投資はほとんど掛かりません。

また、家賃も民泊代行手数料も不要ですから、月々のランニングコストについてもほとんど掛からないのです。ゲストが使う水道光熱費の上増し分で、数千円掛かる程度でしょうか。Airbnb(エアビーアンドビー)サイトへの手数料も、予約が入らないと発生しません。

2-2.ホームステイ型民泊の月収は50,000円前後。でも赤字に陥る危険性はほぼゼロ。

現状、個室タイプを提供する場合の民泊相場は1泊2,000円前後といったところ。すると、1室だけを貸し出すなら、ホームステイ型民泊の収益は月収50,000円前後が目安となります。

「お小遣い」と考えればうれしい額ですが、「ビジネス」と考えると少し物足りない額でしょうか。手間もそれなりに掛かりますから、ただビジネスをして儲けたいだけの人にはオススメはできません。

ただし、赤字に陥る危険性がほとんどゼロに等しいため、在宅労働をしている人の副業としては、なかなか優秀なものと言えそうです。

2-3.民泊新法制定後は月収30,000円くらいに落ちると覚悟しておいて。

民泊新法の制定は、ホームステイ型ホストの収益にももちろん影響を及ぼします。

仮りに営業日数の上限規制が年間180日にとどまったとしても、今より収益の減る人が多くなるでしょうから、月収見込みとしては30,000円くらいと計算しておくのが良さそうです。

とはいえ、民泊受け入れを楽しいと感じている人は、それでも続けることでしょう。

3 Airbnbはエンジョイした者勝ち!ホームステイ型民泊でもてなす魅力5選。

民泊受け入れは儲かるの?収入以上の魅力がホストファミリーにはある!

そう。民泊受け入れを楽しいと感じている人にとって、儲かるかどうかというのはあまり大きな問題事項ではないのです。儲けなどあまり気にしていないホストが世の中には存在していること、ご存じでしたか?

ホームステイ型民泊でもてなすことの魅力には、たとえばこのようなものがあります。

  1. お金を頂戴しながら英語スキルを磨くことができる。
  2. 家に居ながら、海外旅行をしているように海外のことを知れる。
  3. 飲み会や女子会をしなくても毎日誰かとおしゃべりが楽しめる。
  4. 外国人の友達がどんどん増えていく。
  5. 家族みんながコミュニケーション上手になる。

各項目を、もう少し詳しく解説してみましょう。

3-1.お金を頂戴しながら英語スキルを磨くことができる。

海外留学をするなら1年間に150万円くらいは必要となりますが、民泊受け入れをするなら逆にお金を頂戴しながら、海外留学のように外国人と毎日英会話する環境を得ることができます!これだけでもう、何千万円分もの価値がありますね。

しかもこの英語学習メソッド、英会話スクールよりも海外留学よりもスグレモノなのです!

3-2.家に居ながら、海外旅行をしているように海外のことを知れる。

家に居ながらにして、様々な国の外国人が遊びに来てくれます。彼らは自国の写真を見せてくれたり、文化や習慣について語ってくれるでしょう。まるで海外旅行をしているように、海外のことを知れるのです。

3-3.飲み会や女子会をしなくても毎日誰かとおしゃべりが楽しめる。

一般の人々は、人恋しくなったなら飲み会や女子会に繰り出す必要があります。飲み会なら1度に3,000円は、ファミレスの女子会でも1,000円は要するでしょうか。もちろん家から出かけていかなくてはなりません。

しかし民泊の受け入れをするなら、毎日のように新しい誰かがあなたの家に遊びに来てくれるのです。しかも彼らは、あなたが知らない面白い話を手土産に持って!民泊ゲストとの交流時間は、非常に楽しく有意義なものとなり、あなたの人生を彩ってくれるでしょう。

近年は、これを目的にしたシニア層のAirbnb(エアビーアンドビー)ホストが増えてきました。

3-4.外国人の友達がどんどん増えていく。

外国人の友達を持つことに憧れている人は少なくありません。

Airbnb(エアビーアンドビー)民泊のゲスト層は、日本の場合もっぱら外国人なので、あなたの家には次から次へと外国人が遊びに来てくれます。しかも彼らは、ホテル泊よりもホームステイを愛する社交的な人々ですから、あなたは外国人の友達がどんどん増えていくでしょう。

エアビーアンドビーのプロフィールに、あなたの趣味や嗜好について詳しく書いておいてください。よりあなたと感性の合う外国人が集まってきます。

3-5.家族みんながコミュニケーション上手になる。

民泊受け入れを始めたばかりの頃は、少し気苦労を感じるかもしれません。しかし逆を言えば、民泊受け入れを続けていくことにより、他人との交流や距離感のコツをつかんでいくでしょう。

日本人はコミュニケーション下手な人が多く、それが種々のいさかいの元となっているので、この特色は多くの日本人ホストにとって、かけがえのない恩恵となりそうです。

4 儲かることを目指すなら、農家民泊を検討しよう。

民泊受け入れは儲かるの?収入以上の魅力がホストファミリーにはある!

ホームステイ型の民泊で大きく儲かることを目的にしたい場合は、農家民泊を検討するのが良いかもしれません。

4-1.農家民泊なら1泊あたりの収入は30,000円前後に達することも。

同じ民泊でも、Airbnb(エアビーアンドビー)民泊と農家民泊とでは収入相場にずいぶん違いがあります。

エアビーアンドビー民泊の場合、1室を開放する程度ではせいぜい二人組でも1泊3,500円くらいの収益が得られる程度です。対して農家民泊の場合、1室でも4~5名を泊めることが可能で、しかも4~5名もの受け入れをするなら1泊で30,000円くらいの収入になります。2名だとしても12,000~15,000円程度にはなるでしょうか。エアビーアンドビー民泊よりも利幅が大きいのです。

4-2.豊かな自然と、農業などの第一次産業的環境が必須ではある。

ただし農家民泊の場合、受け入れの行える家庭はある程度限られてきます。

農家民泊は農業などの自然体験プログラムを提供することが特色なので、自然の豊かな地域に住んでおり、かつ農業などに携わっている必要があるのです。

必ずしも農業である必要はなく、酪農、林業、漁業、伝統工芸家などでも受け入れができる場合もありますが、それでもやはり、営める人はAirbnb(エアビーアンドビー)民泊よりも限られてくるでしょう。

4-3.統括する自治体の方針によっては、先行費用がかさんでしまうことも。

農家民泊は、先行資金の面でもやや注意が必要です。

農家民泊は多くの場合、地域の農家民泊推進団体のようなものが統括しているのですが、この統括団体が民宿並みの規制を設けている場合、リフォーム代に数百万円規模の多額な出資が必要となることがあります。

農家民泊は、地域によってはあまり集客が芳しくないため、こうした大規模な先行投資が本当に回収できるのか、慎重に見極めてから参入しましょう。

4-4.学校の修学旅行先として提携できれば収入は高め安定。

農家民泊の場合、集客状況が地域によってバラバラなのですが、学校の修学旅行コンテンツとして提携を結ぶことができたなら、収入は高めで安定するでしょう。かなり儲かるビジネスとなります。

これといった観光資源や特徴を持ちあわせていないとしても、地域の農家民泊家庭が知恵と労力を出し合って、集客アップや知名度アップの取り組みを行っていくことが大きなカギです。これがうまくいくと、本業の農業よりも儲かるかもしれません。

民泊スタートアップnaviでは、話題の民泊についてセキララでリアルな実情を包み隠さず公開しています。他にも気になっていることがありましたら、トップページや画面右端の検索窓からご所望の記事を探し、お役立てください。

まとめ。

民泊受け入れは儲かるの?収入以上の魅力がホストファミリーにはある!

【巷の「儲かる!」の記事は嘘や誇張ばかり。あっせん業者に騙されないで!】

  • Airbnb(エアビーアンドビー)起業を推しているのはあっせん業者ばかり。だから魅力的な言葉ばかりを並べる。
  • 民泊代行業者や民泊セミナー等のあっせん業者は、志望者が起業してくれればそれだけで儲かる仕組み。
  • 「月収30万」なんて嘘!あっせん業者の言う収入シミュレーションはデタラメばかり!
  • 2017年現状、投機型民泊のホストはほとんど儲かっていない・・・。
  • 2017年に予定される民泊新法の制定後は、投機型民泊は益々儲けられなくなる。

【ホームステイ型民泊の場合「儲かる!」とまでは言えなくも安定した副収入が期待できる。】

  • ホームステイ型民泊の場合、先行投資もランニングコストもほとんど掛からない。
  • ホームステイ型民泊の月収は50,000円前後。でも赤字に陥る危険性はほぼ0。
  • 民泊新法制定後は稼働可能日数が減り、月収30,000円がいいところ。

【Airbnbはエンジョイした者勝ち!ホームステイ型民泊でもてなす魅力5選。】

  1. 報酬を頂戴しながら英語スキルを磨くことができる。
  2. 家に居ながら、海外旅行をしているかのように海外のことを知れる。
  3. 飲み会や女子会に繰り出さなくても、毎日誰かとおしゃべりが楽しめる。
  4. 外国人の友達がどんどん増えていく。
  5. 家族みんながコミュニケーション上手になる。

【儲かることを目指すなら、農家民泊を検討しよう。】

  • 農家民泊なら、1泊あたりの収入は3万円前後に達することも。
  • ただし、豊かな自然と農業などの第一次産業的環境が必須となる。
  • 統括する自治体の方針によっては、リフォーム費用などがかさんでしまうことも。
  • 学校の修学旅行先として提携できれば、収入は高め安定。

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)