Airbnb(エアビーアンドビー)の普及により、民泊受け入れの実情についてセキララにレポートする個人ブログやノウハウサイトは増えました。しかし、あまり真実の情報が書かれていないのが、「収入」についてです。

インターネットや経済雑誌を眺めていると、「民泊で月収250万稼いだ!」「月収100万稼いだ!」といった派手な文字が躍ることもあり、そうでなくても「月収30万は堅い」「家賃貸しの3倍は儲かる」といった表記をよく見かけます。が、実際のところはどうなのでしょうか?

当記事では、様々なシチュエーション別に、民泊受け入れで得られる収入の実例を紹介していきます。

1 Airbnbの投機型民泊で得られる収入はどれくらい?

投機型 民泊 受け入れ 収入

まずは、Airbnb(エアビーアンドビー)をプラットホームに投機型(家主不在型)民泊を営む場合の収入実例から、解説しましょう。

エアビーアンドビー・ビジネスへの参入を迷っている人は、ぜひこの記事を熟読してからの再検討をオススメします。

1-1.家賃7万円のファミリー物件が月に20日埋まっても、月収10万円にもならない!

巷のAirbnb(エアビーアンドビー)ノウハウサイトを眺めていると、「家賃7万円の物件で1カ月に20日の予約が入れば、月収30万!」といった紹介をしているのをよく見かけますね。

しかし、これは全くのデタラメ。実情としては、同じような条件におけるホストの手取り月収は、50,000円にも満たないくらい・・・。

1-2.誰も語らない投機型民泊のリアル収支を徹底解説!

投機型民泊における実際の収支は、物件の環境によって左右されます。そのため、まずは収支を試算するための大まかな方程式を知ってください。

この方程式にあなたの(計画している)物件の家賃額などを当てはめていけば、ある程度の収支予測を立てることができるでしょう。

1-2-1.1泊あたりのリアルな宿泊相場はいくらくらい?

まずは、民泊宿泊1泊当たりの相場について。これは物件の規模やタイプで異なります。(ここでは投機型民泊だけを取り上げます。)

  1. ファミリーサイズの貸し切り物件(4人泊):8,000円。
  2. ワンルームサイズの貸し切り物件(2人泊):4,000円。

一般的にノウハウサイトでは、「ファミリー物件なら1泊15,000円は取れる」と書いていますが、そんな高値が通用したのは2014年いっぱいまでのことです。2017年初頭で言えば、平均程度の稼働率を目指したいなら8,000円くらいまでは下げないと、厳しいでしょう。

1-2-2.1カ月のリアルな予約日数は何日くらい?

・日本の平均稼働率は50%くらい。30日のうち15日程度埋まる計算。

一般的なノウハウサイトでは、「30日のうち20日くらいはカンタンに埋まる」といった書き方をしますが、これもあくまで昔のこと。季節にもよりますが、日本の平均稼働率は50%からせいぜい60%程度まで落ちてきています。渋谷、新宿、大阪、京都などは80%くらい埋まりますが、新規参入者が古参ホストを押し退けてこんな高稼働率をマークするのは至難の業・・・。

よほど恵まれた立地や秀逸なアイデア、上等な物件を持ち合わせているのでもないかぎり、やはり50~60%(1カ月で15~18日)程度を目安に考えるのが妥当です。

1-2-3.相場と稼働率から計算すると、1カ月のリアルな収益目安はいくらになる?

では、上述した料金相場と稼働率から、1カ月の宿泊収益を計算してみましょう。

  1. ファミリーサイズでの受け入れ:8,000円×15日=12万円。
  2. ワンルームサイズでの受け入れ:4,000円×15日=6万円。

宿泊料金の高いファミリーサイズの物件で受け入れをしたとしても、宿泊月収は12万円くらいにしかなりません。お正月にちょっと値上げしたり、70%の稼働率をマークしたりしたとしても、15~6万円といったところでしょうか。

月収15万円でも悪くないと感じたかもしれませんが、ここから経費を差し引かなければならないことをお忘れなく!

1-2-4.民泊物件のリアルな家賃はいくらくらい?

これも物件の規模や地域などで違ってきますが、ニーズの高い都市部・観光地で言えば、これくらいの相場になっています。

  1. ファミリーサイズの家賃相場:10万円。
  2. ワンルームサイズの家賃相場:5万円。

ノウハウサイトでは、ファミリー物件の家賃相場を7万円と計算することが多いですが、これもAirbnb(エアビーアンドビー)バブルで高騰しており、7万円で見つけるのは難しいでしょう。特に、民泊許可物件を専門に扱うサイトでは、従来より2割増しくらいに引き上げられていることが多いです。

1-2-5.民泊代行業者へのリアルな委託手数料はいくらくらい?

投機型民泊の場合、民泊代行業者に業務を委託しなければ回すことができず、こうした経費がかかってきます。

・民泊代行業者の手数料:(完全委託なら)宿泊収入の30%程度が相場。

たとえば上記のように、1泊8,000円×15日で月額12万円の宿泊収入になったなら、そのうちの4万円弱は民泊代行業者に支払うことになるでしょう。

1-2-6.その他のリアルなランニングコストはいくらくらい?

それ以外のランニングコストには、下記のような項目が考えられます。

  1. 光熱費:ファミリー物件で月額2万円程度。ワンルームで月額8,000円程度。
  2. 通信費:フリーWi-Fi+ポケットWi-Fiで月額7,000円程度。
  3. 消耗品の補充:3,000円程度。
  4. Airbnbへの手数料:3%。

1-2-7.諸々を計算すると、1カ月のリアルなランニングコストはいくらになる?

では、ファミリーサイズの物件を参考に、上述した経費をすべて足してみましょう。

         家賃:10.0万円
民泊代行業者への手数料: 4.0万円
        光熱費: 2.0万円
        通信費: 0.7万円
        消耗品: 0.3万円
+  Airbnbへの手数料: 0.36万円
—————————————-
       合計出費:17.36万円

1-2-8.宿泊収入から総支出額を引くと・・・手取り月収額は、マイナス!?

最後に、宿泊収入から総支出額を引いて、手取りの実費額を算出します。

 宿泊収入:12万円
- 総支出:17.36万円
———————-
手取り額:マイナス5.36万円

なんと、マイナスになってしまいました!「儲かる!」と言われるAirbnb(エアビーアンドビー)民泊ですが、巷のセオリーに委ねて平均的な経営をするなら、赤字になってしまうのです!

1泊の値段を1万円に上げたところで、稼働率が70%になったところで、民泊物件を7万円で見つけてこられたところで、黒字になるかどうかすら危ういことには変わりありません・・・。

すると、投機型民泊で利益を上げるにはどうしたらよいのでしょうか!?

1-3.投機型民泊で利益を上げる4つのポイント。

実際問題として、投機型民泊で万人が大きな利益を上げるのは非常に厳しいと言えます。それを前提として、強いて攻略法を挙げるとすれば、以下の4つは外せません。

  1. 民泊代行業者に委託せず自力で業務をこなす。
  2. なるべく安い(できればファミリーサイズでも5万円以下)の物件を見つけてくる。
  3. 80%以上の稼働率をキープできるよう、宣伝やサービスに工夫を凝らす。
  4. リサイクルショップやリース業者を活用し、なるべく安く家具家電を仕入れる。

ファミリー物件の宿泊相場が1泊1万円を切ってきた今、こうした工夫をしてもなお、厳しいビジネスと言えます。「月収20万円」は可能であっても、「実利益20万円」ではないのです。

2 Airbnbのホームステイ型民泊で得られる収入はどれくらい?

ホームステイ型 民泊 受け入れ 収入

続いて、同じAirbnb(エアビーアンドビー)でも自宅の一部をシェアするホームステイ型民泊の収入実例を解説していきます。トピック1を読んで青ざめている人も多いかもしれませんが、ホームステイ型民泊を検討している人は、安心してくださいね。

2-1.ホームステイ型民泊のリアルな収入額は?月額3~4万円くらいは見込める。

Airbnb(エアビーアンドビー)におけるホームステイ型民泊も、相場の値下がりやライバルホストの増加により、収入額は減少傾向・・・。

それでも、個室で受け入れをするなら1泊2,000円くらいは値付けができ、平均予約日数の15日を掛けると、月額3万円。

ただし、ホームステイ型民泊かつ1泊2,000円程度の値付けなら、長期滞在者が入ってくれることがあります。こうしたケースを加味すると、平均的な月収目安は4万円前後といったところ。

2-2.ホームステイ型民泊のリアルな支出額は?

支出額を差し引くことを忘れてはいけませんよね。しかしご心配なく!ホームステイ型民泊の場合、毎月のランニングコストはほとんどかかりません。

  1. 光熱費:3,000円程度。
  2. 消耗品:数百円程度。
  3. Airbnbへの手数料:3%(宿泊収入4万円なら1,200円。)

全てを足しても、5,000円に届くかどうかといった程度にしかならないでしょう。

2-3.ホームステイ型民泊の場合、「絶対に赤字にならない」&「先行投資がかからない」のが魅力。

ホームステイ型で受け入れる場合の金銭的な魅力は、「赤字になることがない」という点と、「先行投資がほとんどかからない」という点です。月収額が4万円というのはそう大きな額とも言えませんが、しかし月収4万円で赤字のリスクがないビジネスが他にあるかと考えてみると、ひょっとすればホームステイ型民泊が唯一無二かもしれません。

ホームステイ型民泊は、それだけで生計を立てるのは困難ですが、ビジネスに疎い一般人でも赤字におびえることなく気軽にチャレンジできる、有意義な副業と言えるでしょう。

3 留学生を受け入れるホームステイで得られる収入はどれくらい?

ホームステイ 留学生 受け入れ 収入

Airbnb(エアビーアンドビー)から話は逸れ、次は留学生を受け入れるタイプのホームステイの収支について、解説していきます。

3-1.留学生向けホームステイは、仲介機関によって収入額がピンキリ!

留学生向けホームステイは一般的に、大学や語学学校などの学校か、ホームステイ普及促進の非営利団体か、そのどちらかに登録し、そこから謝礼を受け取ります。

基本的に、提供する食事の回数(1日何食か)によって謝礼額が大きく変動するのですが、悩ましいことに、1日3食をせっせと提供しても、月額1万円しかもらえないことも・・・。多いところでは月額5万円以上、10万円近くもらえることもありますが、上下の振り幅が非常に激しいのが留学生向けホームステイの特徴です。

3-2.留学生向けホームステイ、経費はどれくらい?月額1万円にも満たないが・・・。

留学生向けホームステイの経費は、留学生分の食事の材料費と光熱費の上増し分、消耗品の上増し分程度といったところ。仲介に関する費用は、学校にせよ非営利団体にせよ、取られることはまずありません。経費はあまり多くなりませんが、謝礼額が1万円程度だと、ほとんど相殺されてしまうかも・・・。

また、レジャーや外食に連れて行くことがどうしても出てくるので、それらも頭に入れておいたほうが良いでしょう。(一般的に、レジャー費外食費は留学生負担が原則ではあります。)

4 農家民泊受け入れで得られる収入はどれくらい?

農家民泊 受け入れ 収入

最後は農家民泊について。あまり情報の出回らない農家民泊受け入れの収支は、どうなっているのでしょうか?

4-1.1泊の利益はとても高い農家民泊。家族4人なら1泊で3万円以上も。

実は農家民泊は、ビジネス民泊としてはなかなかに穴場です!

農家民泊は、1~2食の食事と農作業などの体験プログラムが付いて、1人1泊7,000円程度が相場になっています。一般的なホテルの場合、宿泊人数が増えれば一人当たりの料金は減りますが、農家民泊の場合は「体験」をメインに値付けがされているため、4人5人のグループでも1人が払う料金は下がりません。

そのため、1人1泊7,000円の農家さんが4人家族を受け入れたなら、1泊で3.2万円の収益を得られる計算になります。

4-2.「月収」や「年収」で考えると、儲かるかどうかはまちまち・・・。

1人1泊あたりの利益がなかなか高い農家民泊ですが、集客の安定性はあまり高くありません。修学旅行先として提携を結べたり、観光客に人気の地域である場合は、年間通して高い稼働率が期待できますが、それ以外の家庭ではポツポツとしかお客さんが入らないことも・・・。

そのため、「月収」や「年収」で考えると、日収の3万円に比べて心もとない額になってしまうかもしれません。

4-3.農家民泊の経費はどのくらい?月々の支出は微々たるものだが、先行投資に数十万円を要するかも。

農家民泊で受け入れる場合、月々のランニングコストはホームステイ型民泊と同じくあまり掛かりません。光熱費がやや上増しされたり、もてなす食事の食材費がかかる程度です。

ただし、運営を開始する際に簡易宿所としての営業許可を取ったり、地域の農家民泊協会の規定を満たす必要性があり、その経費で数十万円規模の先行投資がかかるケースが多くなっています。

民泊スタートアップnaviでは、「中立的立場」から各種民泊のリアルな実情を解説しています。他にもご所望の情報がありましたら、トップページやカテゴリーから記事を探し、お役立てください。

まとめ。

【Airbnbの投機型民泊で得られる収入はどれくらい?】

  • 家賃7万円のファミリー物件が月に20日埋まれど、月収10万円にもならない!
  • 誰も語らない投機型民泊のリアル収支、徹底解説!↓
  • 1泊あたりの宿泊相場はいくらくらい?
  • (1)ファミリーサイズの貸切物件(4人泊):8,000円。
    (2)ワンルームサイズの貸切物件(2人泊):4,000円。

  • 1カ月の平均稼働率は何%くらい?日本の平均稼働率は50%前後。30日のうち15日程度埋まる計算。
  • 相場と稼働率から計算すると、1カ月の収益目安はいくらくらい?
  • (1)ファミリーサイズ:8,000円×15日=12万円。
    (2)ワンルームサイズ:4,000円×15日=6万円。

  • 民泊物件の家賃はいくらくらい?
  • (1)ファミリーサイズの相場:10万円。
    (2)ワンルームサイズの相場:5万円。

  • 民泊代行業者への委託手数料はいくらくらい?完全委託なら宿泊収入の30%程度。
  • その他のランニングコストはいくらくらい?光熱費:2万円。通信費:7,000円。消耗品の補充:3,000円。Airbnbへの手数料:3%。
  • 諸々を計算すると、1カ月のランニングコストは?上記の計算で17万ちょっと。
  • 宿泊収入から総支出額を引くと・・・手取り月収額は、マイナス!?
  • 投機型民泊で利益を上げる4つのポイント。
  • (1)民泊代行業者に委託しないで自力で業務をこなす。
    (2)安い(ファミリーサイズでも5万円以下)物件を見つけてくる。
    (3)80%以上の稼働率をキープすべく、宣伝やサービスに工夫を凝らす。
    (4)中古店やリース業者を活用し、なるべく安く家具家電を仕入れる。

【Airbnbのホームステイ型民泊で得られる収入はどれくらい?】

  • ホームステイ型民泊の収入額は?月額3~4万円くらい。
  • ホームステイ型民泊の支出額は?光熱費:3,000円程度。消耗品:数百円程度。Airbnbへの手数料:3%。
  • ホームステイ型民泊は、「赤字にならない」&「先行投資がかからない」のが魅力。

【留学生ホームステイで得られる収入はどれくらい?】

  • 留学生向けホームステイは、仲介機関によって収入額がピンキリ!(月額0~10万円。)
  • 経費はどれくらい?月額1万円にも満たないが、外食費レジャー費も考慮して。

【農家民泊受け入れで得られる収入はどれくらい?】

  • 農家民泊の1泊の収入:家族4人客なら1泊で3万円以上も。
  • しかし安定性は低い。月収や年収で考えると、儲かるかどうかはまちまち。
  • 農家民泊の経費は?月々の支出は微々たるものだが、先行費用に数十万円を要するかも。

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)