Airbnb(エアビーアンドビー)流行の影響から、民泊ホストにチャレンジしてみようか検討している人は増えていることでしょう。しかし、外国人をもてなすことの楽しさやメリットを聞いてワクワクと乗り気になっている人が、一瞬で委縮してしまうことがあります。

それは、「民泊って危険だよ!」というコトバ。

インターネットで検索してみると、たしかに民泊にまつわる事件やトラブルが幾つも報告されていますが・・・

はたして民泊とは、危険なものなのでしょうか?危険を上手く回避して民泊ライフを楽しむ方法はあるのでしょうか?

1 ホームステイ型民泊なら、危険はほとんどない!

 民泊 受け入れ 危険

結論から言えば、自宅の一部を利用して受け入れる「ホームステイ型」の民泊であれば、危険なことはほとんどありません。皆無と言い切ることはできませんが、それは車に乗ることやレジャーに出かけることだって同じですよね。

「民泊が危険だ」と訴える記事を見るとき、その内容がホームステイ型民泊に関するものなのか、はたまた家主不在型民泊に関するものなのか、注意深く見極めることが大切です。

1-1.ホームステイ型民泊なら、ほとんどの危険因子は事前回避が可能!

人の手によってゲストを選り分け、ゲストに注意をしたりすることのできるホームステイ型民泊なら、ほとんどの危険因子を事前に取り除くことができます。Airbnb(エアビーアンドビー)のサイトも、危険な出来事が起こらないような工夫を幾つも施してくれていますよ。

危険因子を回避する方法は、たとえばこのようなものがあります。

  1. 「今すぐ予約」にしないで、やりとりをしてから泊めるかどうかを決める。
  2. 問い合わせユーザーのプロフィールやレビューをチェックし、素行の悪い人は断る。
  3. 「パーティ禁止」の設定にして、ドンチャン騒ぎしたい人を寄せ付けない。
  4. あなたが女性で一人でホストをしているなら、男性ゲストは泊めないようにする。
  5. 高級な調度品が多いなら、乳幼児やペットの連れ込みは禁止にする。
  6. 高級住宅街・高級マンションなら、乳幼児やペットの連れ込みは禁止にする。

それぞれの項目を、もう少し詳しく解説しましょう。

1-1-1.「今すぐ予約」にしないで、やりとりをしてから泊めるかどうかを決める。

Airbnb(エアビーアンドビー)サイトでは、基本的にはホストとゲストがやりとりを交わしてから予約の決定をします。しかし、設定を変えることでこの手間を省くことは可能で、効率重視のホストは「今すぐ予約」をONにしている人も少なくありません。

もしあなたが、ゲストにまつわる危険を回避したいなら、「今すぐ予約」はOFFに設定し、面倒でも各ゲストごとにあいさつや質問のやりとりを重ねましょう。その中で、危険性を感じるユーザーは無理せずお断りすることが大切です。

1-1-2.問い合わせユーザーのプロフィールやレビューをチェックし、素行の悪い人は断る。

問い合わせゲストに対しては、やりとりの内容以外にも、チェックすべき項目があります。

まずはユーザーのプロフィール。写真や趣味趣向の記述から、ある程度素行の良し悪しや危険性は察知できるでしょう。お酒が好きそうな人、一攫千金を求めて日本に来ている人、クラブで弾けている写真、サングラスをかけて顔を見せない人などは、お断りしたほうが良いかもしれません。

また、Airbnb(エアビーアンドビー)ではホストだけでなく、ゲストをレビュー評価する機能も備えています。過去にもてなしたホストからのレビューで、素行の悪さをたびたび指摘されているなら、危険性が高いと判断しましょう。

1-1-3.「パーティ禁止」の設定にして、ドンチャン騒ぎしたい人を寄せ付けない。

リスティング(施設の詳細ページ)の記載や設定で危険回避する重要ポイントが、もう1つ。

「ハウスルール」の欄では、「喫煙可/不可」「ペット連れ可/不可」など様々なタイプのゲストの可否を決めることができますが、中でも「パーティ、イベント」の項目については、必ず「禁止」に設定しておいて!

あなたの家でパーティやイベントをされると、騒音はもちろんのこと多大なゴミが出たり、ソソウで家具家電の汚破損を起こされたりと、危険がいっぱいです。

1-1-4.あなたが女性で一人でホストをしているなら、男性ゲストは泊めないようにする。

Airbnb(エアビーアンドビー)はユーザーの身分確認を徹底しているので、犯罪レベルのトラブルを起こす人はほとんどいませんが、自衛はやはり大切。

特にあなたが女性で、一人でホストを行っているなら、男性ゲストは泊めないようにしておくのがベター。また、プロフィール写真もあまりセクシーなものを載せないようにしましょう。

1-1-5.高級な調度品が多いなら、乳幼児やペットの連れ込みは禁止にする。

あなたがお金持ちで、家の中に高級な調度品が多いなら、リスティング(施設の詳細ページ)のハウスルール欄では、さらにゲストの絞り込みを行いましょう。

「パーティ禁止」にするだけでなく、「乳幼児不可」「ペットの連れ込み不可」も設定しておいたほうが良いです。乳幼児やペットはそそうを犯しやすく、受け入れると備品の汚破損の危険性が高まってしまいます。

1-1-6.高級住宅街・高級マンションなら、乳幼児やペットの連れ込みは禁止にする。

あなたの家の近隣や住んでいるマンションなどが高級である場合も、乳幼児やペットの連れ込みを拒否する設定にしたほうが良いです。乳幼児やペットの素行が、周辺住民にも影響を及ぼす危険性があるからです。

迷惑を掛けてしまうことに胸が痛みますし、クレームを突き付けられ、営業停止に追い込まれてしまったりする危険性もあります。

このような対策を練らずに危険な出来後に遭遇するなら、それは「民泊が危険」というよりも「ホストの不注意」と考えたほうが妥当ではないでしょうか。

1-2.ホームステイ型民泊と日本を好むゲストには、性格の良い人が多い。

都会を好む人と田舎を好む人とでは気質に違いがあるように、民泊のタイプによっても集まるゲストの気質には違いがあります。

まず、ホームステイ型民泊を好むゲストには、人情味があり心優しい人が多いです。Airbnb(エアビーアンドビー)が爆発的に普及した要因は、安さよりも「ホストとゲストのふれあい」に惹かれた人々が多いのが理由でした。

また、日本にやってくる外国人には、日本特有のまじめさや穏やかさ、柔らかな人当たりに魅力を感じている人が多いのです。そのため、他国で民泊ホストをやる以上に日本の民泊ホストは良いゲストに恵まれやすいでしょう。

1-3.Airbnbが決済してくれるので、未払いの危険性もない。

食い逃げならぬ「泊まり逃げ」の危険を心配している人も少なくないかもしれません。

これに関しても、気を病む必要はありませんよ。Airbnb(エアビーアンドビー)では、宿泊料金をはじめとした金銭のやりとりは、もっぱらサイトを介して決済する仕組みになっています。特に双方からのキャンセル申請などない限り、予約日の翌日に自動的に振り込みがなされるので、あなたは「お金を払って」とゲストに告げる必要すらありません。

なお、ドタキャンで収入を失う危険も、キャンセルポリシーを「厳格」に設定しておけば、防ぐことができます。

1-4.ホームステイ型民泊なら、行政から訴えられる危険性も限りなく低い。

違法ではないかと批判されがちな民泊ですが、ホームステイ型民泊については違法性はかぎりなく低いです。

法律自体が民泊に対して不明瞭なのが実情で、合法/違法を断定するのは難しいのですが、日本政府はホームステイ型民泊を解禁する方向性で法案作成しているので、行政から訴えられるようなことはまず起こらないでしょう。

もちろん、あなたが問題を起こせばその問題に対して裁かれることはありますし、賃貸オーナーに無断で営業するなら、賃貸の法令によって裁かれる危険性はあります。

1-5.物的な危険はAirbnbのホスト保証がカバーしてくれるから安心。

特に高級な家屋に住んでいる人などは、家具インテリアの汚破損の危険性を心配するかもしれませんね。これに関しては、Airbnb(エアビーアンドビー)社が、最高100万ドル(約1億円)という非常に充実した保証制度を用意してくれています。

この保証制度のことはシッカリ頭に入れておき、万が一の際は迅速に保証の申請を行ってください。

2 お金目当てのホストは要注意!投機型民泊は危険がいっぱい!

 民泊 受け入れ 危険

次は、同じAirbnb(エアビーアンドビー)民泊でも投機的に営むケースについてを解説します。

もっぱらお金を稼ぐことを目的とし、「投機型民泊」「家主不在型民泊」「ビジネス民泊」と呼ばれるような形態を計画しているなら、それはたしかに危険がいっぱい!注意が必要ですよ!

2-1.管理者の居ない民泊物件では、ゲストの素行は悪くなりがち!

先生のいない教室で生徒たちがガヤガヤと騒いでしまうのと同じで、管理者(ホスト)の常駐していない民泊物件では、どうしてもゲストの素行が悪くなりがちです。爆音でDVDの視聴をしたり、使った食器の片づけもせずに出ていったり、寝室を散らかし放題にしたり・・・。

「民泊だから」ではなく、「管理者(ホスト)が常駐しているか否か」でゲストの素行が大きく違っていることを、知ってください。

2-2.そもそも管理者の居ない物件には、気まずいことのある人が集まりがち。

民泊に関するニュース報道では、民泊物件を売春宿として利用したり、麻薬の取引きに利用したり、犯罪者が潜伏場所として利用したり、予約人数を大幅に超える人数が乱入していたり・・・といった事件を目耳にします。

こうした素行の悪い人々は、その民泊が家主不在型であることを見越したうえで選択し、犯罪や気まずいことに活用するのです。

するとたとえば、民泊物件全体のトラブル率が5%と報告されたとしても、家主不在型民泊に限って言えば30%、40%と各段に跳ね上がってしまうことを把握しましょう。

2-3.投機型民泊はさまざまな法令に抵触する!訴えられる危険がいっぱい・・・。

「民泊は違法ではないか」という批判が絶えませんが、実際問題として、投機型民泊のほとんどは何らかの、または複数の法令に抵触しており、違法営業で訴えらえる危険性があります。

実は、ゲストから被るトラブルよりも、法令違反によって訴えられることのほうずっと大きなダメージを受ける危険なことなのです!投機型民泊に関連する法案には、下記のような種類があります。あなたは抵触せずに営業できていますか?

  1. 旅館業法
  2. 建築基準法
  3. 消防法
  4. 賃貸借契約
  5. マンションの管理規約
  6. 都道府県、市、区、町、村それぞれの条例

2-4.代行業者が「合法の手続きを代行します!」と言ったとしても、合法になっていない!

巷の民泊セミナーや相談会では、「弊社があなたの民泊を合法で営めるように手続き代行します」などと勧誘していることが多いです。この言葉に釣られて、高い委託料を払って民泊ビジネス参入を決める投機家は多いのですが、ここには落とし穴が!

大抵の場合、「合法」というのは、賃貸不動産のオーナーからの転貸(民泊営業)許可が得られている(賃貸借契約をクリアしている)にすぎません。前トピックで解説したように、投機型民泊にまつわる法令は他にまだ5つもあり、これだけでは合法民泊とは言えないのです!

なお、こうした業者に手続きを依頼したとしても、法令違反で訴えられたときに刑罰を受けるのはホストであるあなたで、罰金を払うのも汚名を着せられるのも投資金が水の泡となるのも、すべてはあなたです・・・。

2-5.投機型民泊は赤字の危険と常に隣り合わせ!今はもうビジネスになりえない。

行政からの訴えよりもさらに大きな危険が、投機型民泊にはあります!

それは、金銭に関するもの。以前は利幅の大きかった投機型民泊ですが、相場が下落しホストの増えた昨今では、まったく実入りの良いビジネスではなくなりました。「家賃10万円のマンションで月収30万円は稼げる」などという話は昔のことにすぎず、黒字を出すことすら難しいのが現状・・・。

仮りに月額2~3万円の黒字が出せたところで、投機型民泊の場合は数十万~100万円以上にも達する先行投資を回収しなければならないことも、お忘れなく。

投機型民泊は、ビジネスとしては非常に危険です。

民泊スタートアップnaviでは、民泊ホストが抱えるであろうあらゆる悩みや疑問について、わかりやすい文章と正確な情報で、徹底解説をしています。他にも疑問があれば、トップページからお望みのテーマの記事を探し、お役立てください。

まとめ。

 民泊 受け入れ 危険

【ホームステイ型民泊なら、危険はほとんどナシ!】

  • ホームステイ型民泊なら、↓こんなふうに危険因子を事前回避しよう!
  • (1)「今すぐ予約」にしないで、やりとりを交わしてから泊めるかどうかを決める。
    (2)問い合わせ者のプロフィールやレビューをチェックし、素行の悪い人は断る。
    (3)「パーティ禁止」の設定にし、大騒ぎしたい人を寄せ付けない。
    (4)女性かつ一人でホストをしているなら、男性ゲストは泊めないようにする。
    (5)高級な調度品が多いなら、乳幼児やペット連れは禁止にする。
    (6)高級住宅街・高級マンションも、乳幼児やペット連れを禁止にする。

  • ホームステイ型民泊と日本を好むゲストには、性格の良い人が多いので安心して。
  • 決済はAirbnb(エアビーアンドビー)がしてくれるので、未払いの危険性もない。
  • ホームステイ型民泊なら、法令面で訴えられる危険性も限りなく低い。
  • 物的な危険はエアビーアンドビーの保証制度がカバーしてくれるから安心。

【お金目当てのホストは要注意!投機型民泊は危険がいっぱい!】

  • 管理者(ホスト)の居ない民泊物件では、ゲストの素行は悪くなりがち!
  • そもそも管理者の居ない物件は、気まずいことのある人が好む。
  • 投機型民泊は下記の6つもの法令に抵触する!訴えられる危険がいっぱい。
  • (1)旅館業法。
    (2)建築基準法。
    (3)消防法。
    (4)賃貸借契約。
    (5)マンションの管理規約。
    (6)都道府県、市、区、町、村それぞれの条例。

  • 代行業者が「合法の手続きを代行します!」と言ったとしても、ほとんどの場合合法にはなっていない!
  • 投機型民泊は赤字の危険も高い!今はもうビジネスになりえない。

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)