「民泊受け入れが楽しい」と言っているホストの多くは、積極的にゲストと関わっている傾向にあります。おしゃべりをするのはもちろんのこと、ときにはゲストと一緒に観光に出かけることも。気分はツアーコンダクターといったところでしょうか。

民泊ゲストを観光に連れ出し、忘れられない思い出を作ってあげましょう!きっとそれは、あなた自身にとっても忘れられない思い出となり、有意義なものとなるはず。

1 外国人ゲストをプチツアーに連れていくなら、「日本らしいコンテンツ」を選ぼう!

民泊で外国人とプチツアー!観光&地域活性化に!

あなたの気の合う友達とちょっとした観光旅行に出かけるなら、あなたの感性の赴くままに行き先を決めても満足させてあげられるかもしれません。

しかし、相手が外国人なのであれば、少し冷静になって、「これは喜んでもらえるかな?」としっかり考慮すべきです。外国人ゲストに人気の「日本らしいコンテンツ」が何か、まずはそれを学びましょう。

  1. 日本家屋は大人気!でも外国人にはキケンがいっぱい!?
  2. 食事のエスコートは「一人では食べ方がわからないもの」を。

1-1.日本家屋は大人気!でも外国人にはキケンがいっぱい!?

日本といえば、ウォシュレットに代表されるように「工業最先端」の国ですが、日本に訪れる外国人の多くは、新しさよりも「古い日本」に興味を持っています。囲炉裏や茅ぶき屋根を持つような、いわゆる「古民家」を体験できる施設が近場にあるなら、ぜひ連れていってあげましょう。

しかしこの古民家、外国人にとってはキケンがいっぱい!?

1-1-1.古民家は鴨居(天井)が低すぎる!

日本の住宅、特に古い日本家屋は、欧米の住宅よりも小さいことは有名ですよね。天井がとても低いのですが、中でもふすまや扉をくぐる際、その鴨居の部分はさらに低くなります。

これは180センチ程度の高さで設計されていることが多く、つまり180センチを超える外国人は、鴨居に頭をぶつけやすいのです!わかっていてもついついぶつけてしまうもので、そのため大きな古民家をぐるっと探検したり長期間滞在したりするなら、思いのほか苦しい障壁になる様子・・・。

あなたがツアーコンダクターをするなら、低いところをくぐるたびに「気をつけて!」と声を掛けてあげると、各段に回避しやすくなるでしょう。

1-1-2.外国人は和式トイレでしゃがめない!?

和式トイレにしゃがむという行為は、特に何の努力も技術も要しないものだと私たち日本人は感じています。でもそれは、幼い頃からの習慣があるからに過ぎないこと、ご存じでしたか?慣れない人にとっては、「しゃがむ」という行為には筋力や柔軟性が足りず、困難だしすぐに疲れてしまうものなのです。

観光施設であれば洋式の便器にリフォーム済みなことが多いでしょうが、親戚の家に案内する場合などは、近場に洋式トイレの施設を見繕っておくなど配慮をしてあげてください。

1-1-3.外国人は正座が出来ない人も多い!

トイレほど切羽詰まった問題にはならないでしょうが、これも日本らしさを体験するうえでは大きな障壁に!

正座もまた、日本人にとっては苦労を要しないものですが、慣れない人の場合、そもそも正座の姿勢を取ることすら出来ないことがあります。これは、足の長い欧米人には特に多いことで、骨格に起因するものであるため無理強いは禁物です!

また、なんとか姿勢が取れたとしてもしびれが起きやすかったり、足の甲の皮がむけやすかったりしますから、茶道や書道などを体験するときには、注意を払ってあげましょう。

1-1-4.新しい畳の匂い、外国人にとっては臭い!?

田舎のお祖母ちゃんの家を思い出したりする、日本人にとって癒しの香りの一つである、畳の匂い。これも、馴染みのない外国人からすると、風情も懐かしさもなく、単純に「臭い」「不快」と感じてしまうことが多いようです。

古民家の場合、畳も新しいことは少なくイグサの匂いもあまりしないでしょうが、日本旅館にエスコートするようなときは、思いがけずゲストを不快にしてしまう懸念があるので、ご注意を。

1-2.食事のエスコートは「一人では食べ方がわからないもの」を。

民泊ホストがエスコートするプチツアーで最も多いのは、食事でしょうか。

やはり外国人を連れていくなら、日本食を紹介してあげたいですよね。その場合、ゲストが一人でも食べてこられるものを案内するより、「一人では食べ方がわからないもの」をエスコートしてあげると、より有意義となるでしょう。

1-2-1.お好み焼きは「食べる」だけでなく、「みんなで楽しむ」のが理想的。

外国人に人気の外食の1つがお好み焼きです。しかし、ガイドブックでこれを知ってお好み焼き屋さんに入ってみたものの、イマイチ満足できない外国人が多い様子・・・。

というのも、お好み焼きの魅力というのは、自分で鉄板で手作りすることにあり、また、家族や友人たちとそれをワイワイやることにあるためですね。一人でお店に入っても店員が焼いてくれるため、食べることは可能ですが、「お好み焼きを楽しむ」ためには、ホストのあなたが連れ添い、焼いてあげたり焼き方のレクチャーをしてあげるほうが、断然楽しいのです。

1-2-2.近年のラーメンは、注文の仕方が難しい!

ラーメンと言えば中華料理ですが、2000年頃から台頭してきた合わせダシ(とんこつ醤油など)系のラーメンは、「日本食」として外国人に評判です。

この「日本食ラーメン」ですが、多くの店では、麺の堅さを選べたりスープの濃さ、背脂の多さを選べたりします。こうしたオーダーメイドをすることが「日本食ラーメン」の醍醐味の一つなのですが、外国人がいきなり店に行ってもこれは上手く行えないので、ホストが連れ添い、オーダーメイドの仕方を教えてあげると良いでしょう。

また、ラーメンを「ズルズルっ!」と豪快に食べる日本特有のマナー(?)も、外国人は知らないので教えてあげてください。

1-2-3.お寿司は高い!思いがけない出費になる前に忠告してあげて。

外国人ゲストも、お寿司が高級品であることを基礎知識として知っています。しかし、どれくらい高級なのかは、あまり理解していないことが多い様子。

さらにお寿司は一つ一つのネタが小さく、大食漢の欧米人などはどんどん注文してどんどん食べてしまいます。すると、「お会計が5,000円を超えていてビックリ!」と青ざめることになるのです・・・。

お寿司屋さんに連れていくときは、「10皿食べたらもう2,000円だからね!」といったふうに、わかりやすく値段の目安を教えてあげてください。

1-2-4.外国人はスキヤキ大好き。でも生卵はNG!

お寿司と並んで昔から外国人が憧れている日本食に、スキヤキがあります。しかし、スキヤキをエスコートする際には、思いがけない注意点が!

それは、卵についてです。スキヤキでは一般的に、煮込んだお肉や食材を生の溶き卵に絡めて食べますが、外国では卵を生で食べる習慣はありません。日本では、玉子を冷蔵保存するので生のまま食べられるのですが、外国では常温保存が一般的で、「玉子は火を通さないとキケンな食べ物」という認識が一般的なのです。

日本の卵なら新鮮だから大丈夫ということではなく、そもそも生卵を食べる習慣がなく、その食感に気色悪さを感じる外国人が多いので、配慮をしてあげましょう。

2 プチツアーで地域の活性化?でもそれって「押し売り」になってない?

民泊で外国人とプチツアー!観光&地域活性化に!

民泊ゲストへのプチツアーは、誰のために行うものなのでしょうか?ホストにとって楽しいひと時であることも大切ですし、観光で経済がうるおうことも大切ですが、もちろん一番はゲストのためでなくてはなりません。

2-1.某有名ポータルサイトのバナー広告でも「地域の活性化」を推奨してはいるが・・・。

某有名ポータルサイトのバナー広告では、Airbnb(エアビーアンドビー)のホストがゲストに対して、地元のお店に連れていく動画広告が流れていたことがあります。「地域を活性化するお手伝いを」といったキャッチコピーが付いていましたが、このような取り組みをするなら注意が必要です。

たしかに、あなたの民泊ゲストをあなたの応援している小売店や飲食店に案内してあげれば、その店はうるおい、活性化することになります。しかし、それはゲストのためになっているでしょうか?その店は本当に、そのゲストにとって最適なチョイスでしょうか?

2-2.ゲストの立場からすると、利害関係のある店に連れていかれると不愉快な気持ちになる。

思い出してみましょう。私たちが韓国や京都などのパックツアーに参加したとき、ツアーバスはなぜか、決まったお土産屋さんと飲食店にばかり停まります。旅行会社としては、「地域の企業とWin-Winの提携が出来ている」と満足しているかもしれませんが、私たち客の身としては、「興味のない店を押し売りされている」と不快に感じていることが多いはず。

地域の活性化などに協力するのはとても素晴らしいことですが、民泊のホスティングとそれをまとめて行おうとするなら、ゲストのニーズや満足からズレてしまう懸念があることを、肝に銘じておきましょう。

2-3.「タダで案内してもらった人はモンクを言えない」ということを心得ておくべし!

こうした事態を防ぐために、ツアーにエスコートしたゲストに感想を尋ねる人もいるかもしれません。「楽しかったよ」「満足したよ」と言ってもらえているから、私は大丈夫!そう感じているかもしれませんが、本当にそうでしょうか?

人間の心理として、タダで何かを施してもらったとき、それに対して「イマイチだったよ」「あの店の紹介は押し売りじゃないのか?」などといったことは言えないものなのです。Airbnb(エアビーアンドビー)のカスタマーレビューも、本音ばかりが並ぶわけではありません。

そのため、こうした問題はエスコートするホストが自ら配慮すべき事柄と言えます。「地域の活性化」を優先したいのか、「民泊ゲストを喜ばせること」を優先したいのか、まずはその優先順位をハッキリさせましょう。そして民泊ゲストを優先したいならば、ゲストの要望や感性を考慮し、状況に応じてまったくひいきにしていないお店に案内してあげるような柔軟性が、大切です。

2-4.民泊のゲストは、「取引先」には案内しないほうがベター!

民泊ホストの中には、他の事業を掛け持ちしていたり、事業主として他の企業と取引関係を結んでいる人も少なくないでしょう。そのようなオーナー的な人々の場合、接待や私用の外食で取引関係者の店を利用し、取引先の利益に貢献したり、「貸し」を作っておこうと考えたりするかもしれません。

しかし、民泊ゲストに対しては、この考え方はしないほうがベター。民泊のゲストというのは、「素人っぽさ」に魅力を感じてホテルではなく民泊を選んでいる人が多いのです。そのため、ビジネスライクな振る舞いはあまり見せないほうが良いでしょう。また、「取引先へのゴキゲン取りに自分が利用された」と感じるのは、気持ちの良いものではありません。

3 Airbnbは「体験」という新コンテンツがスタート。プチツアーでもお金が取れる時代に突入!

民泊で外国人とプチツアー!観光&地域活性化に!

日々アップデートを続けるAirbnb(エアビーアンドビー)ですが、ついに宿泊事業だけでなく、旅行コンテンツの提供も開始されはじめています。

民泊ゲストをプチツアーにエスコートするのが大好きなホストは、趣味ではなく事業としてツアー催行する選択肢も出てきました。

3-1.「体験」とは?個人がオプショナルツアーを考案し催行できる、新しいコンテンツ。

Airbnb(エアビーアンドビー)が展開し始めた「体験」もしくは「Trip」とは、一般旅行では「オプショナルツアー」や「1Dayツアー」と呼ばれているものと酷似しています。または、農家民泊の「体験プログラム」にも近いものです。

2~3時間の短いものから、中には2~3日の大がかりなものまであり、内容も多岐に渡っています。

3-2.今はまだ試験段階。「体験」を提供できる都市は限られ、予約もスマホアプリからのみ。

この「体験」コンテンツ、今はまだ試験段階中です。

「体験」を提供できる都市は、観光人気国の首都などに限られており、また、これを予約できるのはスマートホンのアプリからのみとなっています。

3-3.民泊登録とは対照的に、審査のハードルが高い!

Airbnb(エアビーアンドビー)の民泊登録は、無に等しいほど低い参入ハードルが特徴の1つでしたが、「体験」プログラムの方針は打って変わって、参入者には厳しい審査が義務付けられています。

ちょっとした街歩き程度では不合格で、コンテンツの多様さと特別性が求められているようです。


民泊スタートアップnaviでは、民泊ホスティングを最大限にエンジョイするためのヒケツを、たくさんの記事で紹介しています。ホスティングをもっとエンジョイしたい人は、同一カテゴリーから気になる記事を探し、お役立てください。

まとめ。

【外国人ゲストをプチツアーに連れていくなら「日本らしいコンテンツ」を!】
1.日本家屋は大人気!でも外国人にはキケンがいっぱい!?

  • 古民家は鴨居や天井が低すぎる!
  • 外国人は和式トイレでしゃがめない!?
  • 外国人は正座が出来ない人も多い!
  • 新しい畳の匂い、外国人にとっては臭い!?

2.食事のエスコートは「ゲストだけでは食べ方がわからないもの」を。

  • お好み焼きは「食べる」だけでは物足りない。「みんなで楽しむ」のが理想的。
  • 近年のラーメンは、注文の仕方が難しい!
  • お寿司は高い!想像以上の出費になる前に忠告してあげて。
  • 外国人はスキヤキ大好き。でも生卵は食べる習慣がない!

【地域の活性化?でもそれって「押し売り」になっていない?】

  • 某有名ポータルサイトのバナー広告でも「Airbnb(エアビーアンドビー)を使った地域の活性化」を推奨してはいるが・・・。
  • ゲストの身からすると、利害関係のある店に連れていかれると不愉快な気持ちになる。
  • 「タダで案内してもらった人は文句を言えない」ということを心得て、ホストが自ら配慮すべし。
  • 民泊のゲストは「素人っぽさ」を求めているので、「取引先の店」には案内しないほうがベター!

【Airbnbは「体験」という新コンテンツがスタート。プチツアーでもお金が取れる時代に突入!】

  • 「体験」とは?個人がオプショナルツアーを考案して催行できる、新しい収益コンテンツ。
  • 今はまだ試験段階。「体験」を提供できる都市は限定され、予約もスマホアプリからのみ。
  • 「体験」は民泊登録とは対照的に、審査のハードルが高い!

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)