やはり長い春休みを満喫していた、韓国人青年のMくん。「精悍な顔立ち」という言葉がよく似合う、りりしい顔の男性でした。

それもそのはず!彼は、大きなリュックサックを背負ってたくましく各地を旅する、いわゆる「バックパッカー」です。

Airbnbの利用価値の1つが、ゲストハウスのないような地域でも安く寝泊まりできること。

Airbnb民泊は、価格を安くしても決して損にはならない。

私たちの宿でバックパッカーを迎え入れたのは、ずいぶん久しぶりな気がします。そうなのです。Airbnb(エアビーアンドビー)民泊の利用者に、バックパッカーの割合はそう多くないのです

意外ではありませんか?私たちは、意外に感じました。

私たち自身、バックパッカー旅行を好んでやまない人間なのですが、Airbnbを知ったキッカケは、「ゲストハウスの無い町でも、ホテルよりも安い宿が見つかるかもよ。」という口コミでした。私たちが自身の民泊物件に安い宿泊価格を付けた理由も、そこに始まっています。

Airbnbゲストユーザーのメイン層がゲストハウス層というわけでもない。家庭泊を体験したがっている人々が多い。

私たちは、Airbnb(エアビーアンドビー)のことをよく調べてから民泊を始めたわけではなく、民泊をはじめてからAirbnbに登録した流れです。そのため、Airbnb泊の相場などということは、調べもしないし気にもしていませんでした。

ゲストハウスを利用するようなバックパッカーや、シェアハウスを求める中長期の利用者を念頭に入れていたので、「1泊の値段は個室でも2,000円だな」という考えでした。

しかし、Airbnbを眺め回してみて、個室なら一人客でも1泊3,000円は当たり前、4,000円、6,000円といった部屋まであるのを見て、ずいぶん驚いたものです。「いったい誰が泊まるというの!?」と。

そうして、ずいぶん経ってから、「日本文化を垣間見られる住宅でホームステイしたい客層がいる」と知ったのでした。

Airbnb民泊は、宿泊価格を安くしても決して損にはならない。

その際、「2,000円なんて安すぎたかな!?損したかな!?」とも思いましたが、今はそうは思いません。コストパフォーマンスの良さも相まって、私たちの物件は毎月90パーセントほどの稼働率を続けています。

この時期の日本のAirbnb(エアビーアンドビー)市場では、1人用物件の平均稼働率が50~60パーセント、平均月間売上げが50,000円ほどだそうで、私たちは1泊あたりの売上げは2,000円と小額でも、1カ月のトータルで見れば平均値ととんとんくらいです。

それで他のAirbnbホストさんよりも多くのゲストと交流を楽しめているのですから、私たちは「成功している」と感じています。ノウハウサイトなどもほとんど見ませんし、ずいぶんとノンビリ運営していますが、それでも「成功している」のです。

それこそが、「本来の民泊のカタチ」なのではないかと、私たちは思っています。シェアリングエコノミーの分野ですから、大儲けなど企てないほうが健全ですし、大衆貢献のやりがいを味わえます。

そして、どうもよくよく調べてみると、海外のAirbnbホストも私たちと同じようなスタンスの人が多いもよう。ノウハウサイトで調べて躍起になって稼働率を上げようとするホストは少ないですし、民泊代行業者なるものに委託しながらビジネス民泊を営む人も少ないのです。

彼らはマイペースに、趣味の延長線上のような雰囲気で民泊ライフを楽しんでいますよ。

寡黙な人なりの意思疎通の示し方に気付いてあげよう。

Airbnb民泊は、価格を安くしても決して損にはならない。

さて、Mくんの話に戻りましょう。

彼は、私たちのゲストの中では、あまりおしゃべり好きなほうではありません。しかし、かといって、人情が無いのかといったら、そんなことはありませんでした。

Mくんはいつも、その日の観光から戻ってくると、リビングに顔を出して、「ただいま戻りました!」と私たちの目を見てしっかりあいさつをしてくれます。

彼は彼なりの方法で、私たちに対して気遣いや友愛の念を示してくれているなと、その暖かい心を感じます。おしゃべりしないと間が持たない!落ち着かない!と思い込んでいる女子会気質の女性たちなどは、Mくんから学べることがありそうです。

利用価値大の新幹線パス。日本人は使えないが、長距離移動を繰り返したがっている外国人ゲストにはぜひ教えてあげて。

またMくんは、会話や交流が嫌いかといったら、決してそうでもないのです。私が質問を振れば、優しく穏やかな口調で、とてもとても流暢な日本語で、何でも話してくれます。

最初に伺ったのは彼の旅行内容のこと。Mくんは、「新幹線パス」というものを活用して、日本中を観光して回っていました。これがなかなか優れもの!1週間なら30,000円、2週間なら50,000円弱くらいで、新幹線が乗り放題なのです!

彼は、私たちの民泊部屋を拠点として、大宮駅からあちこちの新幹線に乗ります。大阪の友人に会いに行き、翌日大宮に戻ってくる。これだけでもう、1週間パスのもとは取れたことになります。それからさらに、金沢に出てみたり、日光に出てみたり・・・。

新幹線パス、うわさには聞いていましたが、これほど使えるものとは恐れ入りました!しかし残念ながら、あくまで訪日外国人向けのサービスであり、私たち日本人は利用することができません。残念!

とはいえ、あなたの民泊に訪れた外国人ゲストが新幹線パスを知らなかったなら、ぜひこの存在を教えてあげましょう。

超貴重!韓国で兵役生活していたときの写真やエピソードを見せてもらう。

Airbnb民泊は、価格を安くしても決して損にはならない。

Mくんに、「何か韓国での写真を見せて!」とお願いすると、とても貴重な写真が出てきました♪それはなんと、彼が軍隊派遣されていたときのもの!

韓国には兵役制度があり、男性は二十歳くらいのときに2年間ほど、軍隊で兵役生活を送ります。

床に寝袋を敷いて寝るという、ドミトリー寮の写真。無数の弾薬が詰まれた、物騒な弾薬庫の写真。積雪の季節を考慮して、裏側が真っ白になっているアーミー服の写真。

どれもこれも、なかなかお目にかかることのできない貴重な写真の数々!「外国の異文化を知りたい」と願う私たちにとって、とても興味深い写真やお話でした。

ところで韓国では、兵役を大学在学の真っ只中に行う考えが主流なんだそうです。社会に出てから2年間も兵役すると、帰ってきたときに浦島太郎のような取り残された気分になり、社会復帰が難しくなるためだとか。学生生活であればまだ復帰が難しくないので、大学生のうちに済ませるのだそうです。

また、大学在学中に、1年くらいの休学を挟む人も少なくないそうです。そうして学業以外にも色んなことを経験するのですね。すると、韓国の社会人一年生は、27歳くらいであることが多いのだとか。日本より4年も遅いです。さらに、転職も日本よりは行いやすいのだそうです。いろいろと違いがありますね。

Mくんもまた、日本でワーホリをしたり、いくつもの会社でアルバイトをしながら生活したり、韓国では液晶テレビのガラスを作ったりと、色んなことを経験してきたとのこと。彼の、何事にも動じないその落ち着いた精神は、そうした多様な経験によって培われたのかなと、私は思いました。

民泊スタートアップnaviでは、体験記に限らずノウハウやコラムまで、幅広い情報網で民泊のあれこれを解説しています。民泊について知りたい事柄がありましたら、カテゴリーや検索窓からご希望のキーワードを探し、お役立てください。

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)