あなたは「伊江島」をご存知でしょうか?おそらく、相当の沖縄フリークでもない限り、ピンとはこないでしょう。え?沖縄フリークではないけど知ってる?そんなあなたはきっと、民泊の愛好者では!?

そう。伊江島は、民泊が盛んなことで有名です。民泊と言っても、Airbnb(エアビーアンドビー)などを用いた部屋貸しメインの民泊ではなく、農業体験や自然体験、そしてホストファミリーとのふんだんな交流を持ち味とする、いわゆる「農家民泊」の第一人者。

伊江島はなぜ人気を博することになったのでしょうか?そしてそれによる島への経済効果や恩恵はどのようなものだったのでしょうか?

修学旅行に農家民泊を検討している中学・高校の教育関係者の方や、町おこしに農家民泊プロジェクトを検討している自治体の方々は必見です!

1 伊江島民泊はなぜ人気?伊江島民泊の特徴を大分析!

伊江島 民泊 魅力 経済 効果 大人気

今ではずいぶんと増えてきた、修学旅行生をも受け入れる農家民泊。数ある中で伊江島農家民泊が人気を博する理由は、いったいどこにあるのでしょうか?

1−1.伊江島ってどこ?美ら海美術館の対岸に見える小さな小さな離島。

伊江島は、沖縄に数多くある離島の中の1つです。沖縄中部、美ら海美術館が有名な本部(もとぶ)の港からフェリーで約30分。アクセス抜群!とは言えませんが、立地としては良好。

というのも、那覇空港から近いと沖縄も喧騒が激しいため、旅行の目的地としては那覇や空港やらやや離れているくらいがちょうど良いです。伊江島訪問の起点となる名護までは高速バスが走っており、伊江島への船の帰着点となる本部は美ら海美術館やエメラルドビーチという定番観光スポットを持っているため、伊江島は、立地としてはかなり良好と言えます。

1−2.伊江島はなぜ農家民泊を始めたの?戦争の傷跡を自力で癒してきた島民が、過疎の危機にも「自力」で立ち上がった。

第二次世界大戦の後、畑も家もなくなり焼け野原になってしまった伊江島・・・。島の人々は生きる希望を捨てず、助け合いながら一生懸命に畑を開墾し、酪農にはげみました。その努力たるや、今では沖縄でトップクラスの第一次産業地域になったほど。

しかし、沖縄の中でも高齢者割り合いが多い伊江島は、再び壁にぶつかります。過疎化です。

過疎化していく島を再び盛り返すために、どんな島おこしが有効だろうか?安易に税金で大型リゾートホテルなどの「箱モノ」を建設するのではなく、今ある人やモノを活かすべきだ!伊江島の人々は、そう考えたのでした。(※今ではリゾートホテルも島の駅もあります。)

伊江島には高校がありません。そのため、島の子供たちは高校進学の年になると島を出ていく定め・・・。内地に住む私たちには想像もできませんが、この島は代々、「15歳で親元から自立する」という厳しい習慣を続けてきたのです!

しかし幸い、使わなくなった子供部屋があり、子供の世話をし足りなくてウズウズしているおじぃおばぁ、おとぅおかぁがいます。沖縄で一番の農業や酪農もある。それなら修学旅行生を受けいれて、離島生活や平和学習をしてもらおうじゃないか!

そうやって、伊江島の農家民泊プロジェクトは幕を開けました。まだ内地でも農家民泊流行の起きていない2003年、最初の試験的受け入れが開始します。

1−3.伊江島農家民泊ならでは!魅力あふれる多彩な特徴。

伊江島の農家民泊にはどんな特徴があるのでしょうか?こうして並べてみると、たしかに農家民泊に望まれる要素が150パーセントくらいは網羅されており、派手な宣伝をしなくても学校側のクチコミでどんどん広がっていくというのは、うなずけます!

  1. 農業にとどまらず、たくさんの第一次産業が体験できる。
  2. とてもキレイな海があり、また、たくさんのマリンレジャーも楽しめる。
  3. 戦争史跡があり、平和学習をすることも可能。
  4. 一島一村。小さな離島ならではのとても素朴な風景が楽しめる。
  5. 民家同士が近い位置にあり、伊江島特有の文化や交流が満喫しやすい。
  6. 三線はもちろんのこと、内地にはない琉球文化が体験できる。
  7. わが子を15歳で自立させるための教育をしてきているので、子育てが上手。
  8. 島の中心には霊山があり、信仰を垣間見ることもできる。
  9. 離島であるため、船の旅も楽しめる。
  10. 万が一離島や農家民泊が楽しめなくても、対岸に美ら海美術館やエメラルドビーチがある。

1−3−1.農業にとどまらず、たくさんの第一次産業が体験できる。

島民たちの戦後のたくましい復興努力の甲斐あって、伊江島は農業が沖縄トップクラスです。それだけにとどまらず、たくさんの第一次産業があります。種類が豊富であるぶん、たくさんの学校のニーズに応えられ、大勢の生徒の興味に応えることができるのは非常に大きな強み。

また、同じ農業にしても、内地ではあまり見られないさとうきびやゴーヤ、マンゴーなどに触れられることは体験者にとって新鮮で楽しく、お得感がありますね。

●主な体験コンテンツ

  • 農業体験:さとうきび、花き(かき)(菊)、ゴーヤ、冬瓜、マンゴー、島らっきょう、ジーマミ(ピーナツ)栽培など。
  • 漁業体験:オキナワスギ、ヤイトハタ養殖など。
  • 畜産業体験:伊江島牛の飼育、ヤギ・ポニーの世話、乗馬など。
  • 工芸体験:貝殻細工、陶芸など。
  • 芸能体験:伊江島民謡、沖縄民謡、三線、二才踊り(にせうどぅい)など。

1−3−2.とてもキレイな海があり、また、たくさんのマリンレジャーも楽しめる。

沖縄にはターコイズ色に輝く美しいビーチがたくさんありますが、伊江島にももちろん、美しい海が!沖縄本島の西海岸は、観光客が多くて騒がしいビーチが多く、また、そんなにキレイな色をしていないものも多いのですが、伊江島のビーチは文句なしに美しいもの!離島ゆえに観光客もそう多くはありません。

その割りにマリンレジャーは充実しており、遊びを求める年ごろの中学生・高校生のレジャー欲もしっかり満たせるのは嬉しい限り。

  • ドラゴンボート
  • シーカヤック
  • シュノーケリング
  • 海中観光船

もちろん、それぞれのレジャーに経験豊富なインストラクターがおり、安全に楽しむことが可能です。

1−3−3.戦争史跡があり、平和学習をすることも可能。

これまで沖縄の修学旅行における平和学習は、本島南部にあるひめゆりの塔がもっぱらでした。しかし、伊江島には独自の戦争史跡があるので、わざわざ本島の南部に寄らなくても、ここだけで平和学習も行うことができてしまいます。

伊江島の戦争史跡の有名なものとしては、公益質屋、伊江島補助飛行場、団結道場、ニーバンガジマルなど。

1−3−4.小さな離島ならではのとても素朴な風景が楽しめる。

また、離島ゆえ都市化は進んでおらず、とても素朴で自然豊かな風景が楽しめます。海がキレイなのはもちろんのこと、島の中心には城山(グスクヤマ)という山があり、またニャティヤ洞窟という自然洞窟まで!

自転車でサイクリングしながら、沖縄特有の植物に触れたり道端のヤギや牛にあいさつするだけでも飽きません。

伊江島農家民泊 修学旅行 魅力 経済 効果 大人気

1−3−5.一島一村。民家同士が近い位置にあり、伊江島特有の文化や交流が満喫しやすい。

面積の小さな伊江島は、一島の中に村が1つだけ。すべての島民が身を寄せ合って暮らしているため、豊かな人情が残っています。修学旅行生にとっては、各民泊家庭がとても隣接しており、行動や連携を図りやすいのは大きなメリットになりそう。お世話になっている民泊宅以外に移動して、伝統舞踊を見せてもらったりといったことも、柔軟に楽しむことができて便利ですね。

地方旅行の醍醐味に料理がありますが、沖縄ゆえ郷土料理はとても個性的で魅力的!もちろん、伊江島独自の特産品も楽しめます。イカスミ汁、ジーマーミー豆腐、貝の味噌汁、紅芋てんぷら、タコライス、沖縄そば、サーターアンダギー、ドラゴンフルーツ、マンゴージュース・・・名前を聞くだけでワクワクしてしまいますね!(先生方は、泡盛もこっそり堪能しましょうか。)

なお、伊江島の農家民泊の食事は一般的に、宿泊客も一緒に料理をします。つまり、沖縄料理を習うこともできてしまうのです!

1−3−6.三線はもちろんのこと、内地にはない琉球文化が体験できる。

沖縄の伝統文化といえば三線。もちろん伊江島にも三線は普及しており、およそどこの民家に泊まっても、おじぃやおばぁの三線を聞くことができそう。旅情という点でも、沖縄文化は他の追随を許さないでしょう。さらにさらに、沖縄の田舎地域の利点として、他の地域の場合は博物館やイベント施設でしか楽しめない伝統文化が、民家の中でひざを突き合わせながら楽しめてしまう点があります。

ほかにも、ぶくぶく茶体験や琉球の民族衣装体験、工芸体験や二才踊り(にせうどぅい)などを楽しむことも、できるかもしれません。

1−3−7.わが子を15歳で自立させるための教育をしてきているので、子育てが上手。

伊江島は島に高校が1つもないため、島の子供たちは15歳になると島から旅立っていきます。そのため、伊江島では代々、15歳でわが子が自立できるように、厳しくもたしかな教育をしつけてきているのです。どこの家庭も子供をちゃんと叱ることができるので、修学旅行生がだらしのない行動をとれば、おじぃおばぁがシャンと注意してくれるでしょう。こうした人情交流や道徳教育も農家民泊に期待されている要素の1つですが、伊江島民泊ならそれは高いレベルのものが期待できます。

もちろん、叱るだけではなく愛情を注ぐこともとても上手。子供たちの様子を観察しながら、臨機応変に食事メニューを変えたり、プログラムに無いはずのおやつをもてなすこともあるそうです。なかにはおじぃおばぁがおらず、おとぉおかぁだけの家庭もありますが、それでも心配は要りません。

農家民泊は、人間関係の希薄になった現代日本の子供たちには敬遠されがちなものでもありますが、伊江島の農家民泊を体験した生徒たちの感想は、すこぶる良好なものを継続し続けています。(生徒たちのリアルな感想文は、トピック≪実態を知ろう!伊江島農家民泊を体験した生徒たちのリアルな声。≫に掲載。)

1−3−8.島の中心には霊山があり、信仰を垣間見ることもできる。

日本は宗教信仰の乏しい国で、特に自然信仰的な文化を見たり体験したりする機会はほとんどありませんね。しかし伊江島は、島の中心に城山(グスクヤマ)という霊山があり、篤い信仰文化が今でも残っています。

観光の一環として城山に登る際、旅立ちを控えた島民が山の神様にお祈りしているのを垣間見ることもあるでしょう。

1−3−9.離島であるため、船の旅も楽しめる。

旅行の楽しみは、訪問先の地の観光だけでなく、移動の途中にもありますね。本州から本州への修学旅行の場合、新幹線からの風景がもっぱらですし、沖縄本島への旅行なら飛行機から見るジオラマの風景がせいぜい。しかし伊江島の場合は離島に、しかも橋では繋がれていない離れた場所にあるので、飛行機のほかに船旅の風情も楽しむことができます。

船から見る沖縄の海が美しいのはもちろんのこと、農家民泊を終えるときに船着き場から見送ってくれるおじぃおばぁたちとの別れの風景は、多くの生徒たちに涙を誘うほど。
船旅ならではの旅情を、ぜひかみしめてください。

ただし、台風の季節には船が欠航したり遅延したりするリスクもあるので、何百人もが一斉に行動する修学旅行では、注意と対策が不可欠となりましょう。

1−3−10.万が一離島や農家民泊が楽しめなくても、対岸に美ら海美術館やエメラルドビーチがある。

伊江島民泊の恵まれている点は、その立地にもあります。というのも、沖縄有数のレジャースポットである、本部(もとぶ)は美ら海美術館の対岸に位置しているのです。

美ら海美術館は大きな大きな水槽を泳ぐジンベエザメやイルカショーで有名で、若い生徒たちの快楽的レジャー欲求を満たすことができるでしょう。また、美ら海水族館はエメラルドビーチのそばにあり、ここは清潔に整備された人気のあるビーチ。もちろん大きくて立派なリゾートホテルもあり、現代的な宿泊環境を望む生徒たちのニーズに応えることができます。

すると、万が一離島の田舎すぎる雰囲気や農家民泊という特殊な環境が楽しめなくても、美ら海美術館やエメラルドビーチのリゾートホテルを旅程に組み込むことで、修学旅行の満足度を下げずに収めることができそうです。

なお、伊江島にも近代設備のリゾートホテルは存在し、農家民泊とリゾートホテル泊とを組み合わせたプランにも応じてくれます。

1−4.伊江島農家民泊のプランはどのようなもの?

伊江島での農家民泊はどのようなスケジュールで行われているのでしょうか。ここに、一般的な参考事例を紹介します。各学校との相談によりアジャストは可能で、また、各家庭により自慢の体験プログラムが用意されていますから、お楽しみに。

1日目


15:30 各民泊家庭に移動。
15:50 体験開始。(農業・漁業体験、文化体験など。)
16:00 夕食づくり。生徒も一緒に食事作り。
17:00 その後入浴(シャワー)。
18:30 大家族での夕食タイム(沖縄料理)。食後に三線、琉球舞踏など。
22:00 就寝。

2日目


06:30 起床。朝食作り。
07:30 朝食タイム。
08:30 各家庭での体験。空き時間を利用して島内観光。
10:30 昼食作り。
11:30 昼食タイム。
12:00 帰宅の準備。
12:10 伊江島港集合。退村式。三線やフラダンスなどの披露も。
13:30 伊江島港を出発。

●受け入れ人数
1,200名ほど(約250軒)。

●民泊費用
1泊3食…9,000円(税別)。
2泊5食…17,050円(税別)。

●費用に含まれるもの
各種体験費用、食事経費、諸経費、保険料金。

※料金は改定される可能性があるため、詳細は伊江島観光協会に問い合わせましょう。
Tel:0980−49−3539 0980−49−3555

1泊2日で申し込む学校が多いですが、中には4泊する学校も。また、修学旅行での利用はあまり現実的ではありませんが、日帰りでの農家民泊体験プランも用意されています。

2 伊江島農家民泊を修学旅行に検討する際の注意ポイント。

伊江島農家民泊 修学旅行 魅力 経済 効果 大人気

伊江島での農家民泊を修学旅行のコンテンツに検討するなら、いくつか注意ポイントがあります。「評判だからウチも!」などと安易に即決することは控えましょう。

  1. 予約は数年先まで埋まりがち!修学旅行の時期をずらすことも検討して。
  2. 農家民泊は賛否両論!生徒や保護者の説得が必要かもしれない。
  3. ガラのよくない学校は、農家民泊は控えたほうが良いかも?

2−1.予約は数年先まで埋まりがち!修学旅行の時期をずらすことも検討して。

体験した学校からのクチコミがクチコミを呼び、伊江島の農家民泊は日本でも有数の人気を誇っています。

また、沖縄離島では他にも伊是島や伊平島で農家民泊が行われていますが、いずれにせよ日本最高のビーチリゾートと風土色豊かな農家民泊が堪能できるとあって、数年先まで予約で埋まっているような状況!

どうしても伊江島や沖縄での農家民泊を望むなら、修学旅行の時期をずらすことも検討しましょう。沖縄は暖かく、年中課外活動が可能ですし、真冬以外は水着のみで海に入ることも可能ですから、日程選択の幅は広いです。

2−2.農家民泊は賛否両論!生徒や保護者の説得が必要かもしれない。

農家民泊は、実際に体験した学校・生徒からはすこぶる評判が良いのですが、前評判はいまいちよくありません。

1つは、「民泊」というものに対しての懸念

「他人の家に泊まるなんて・・・」「宿泊のシロウトでしょう?」といったもの。これは、生徒からも保護者からも上がる声です。

Airbnb(エアビーアンドビー)の隆盛が、日本の場合は民泊の印象を悪くしてしまったきらいがありますが、農家民泊はAirbnb民泊とはまったく毛色の異なるもので、ホストが原因の犯罪やトラブルはまずありません。統括団体がしっかりと教育やフォローアップを行っており、接客の質はかなり高いです。

ましてや伊江島は農家民泊の先駆けであり日本トップクラスの人気を誇っていますから、こうした説明をすれば納得を得るのは難しくはないでしょう。

もう1つが、「民泊なんてダサい!農業なんてダサい!」といったもの。

これはもっぱら生徒からの懸念です。この懸念を解消する手段としては、体験した学校の生徒たちの感想ノートのようなものを貸してもらい、生徒たちに読ませると良いです。近隣の学校のものであればあるほど親近感がわきやすいでしょう。

または、美ら海美術館やリゾートホテル泊といった現代的なコンテンツと組み合わせることで、万が一農家民泊を好きになれない生徒にも、満足感を与えやすくなります。

2−3.ガラのよくない学校は、農家民泊は控えたほうが良いかも?

農家民泊を体験する生徒は、おおむねマナーが良いようです。しかし、ガラのよくない生徒は農家民泊のような体験を毛嫌いし、反抗的な行動をとったり、設備の破損や喫煙など、民泊家庭に大きな迷惑をかけてしまう傾向が・・・。

〇 田舎体験に興味のある都会の学校→農家民泊に適している。
× 田舎体験を毛嫌いする都会の学校→農家民泊に適さない。
〇 田舎体験に親近感のある田舎の学校→農家民泊に適している。
× 田舎体験に飽き飽きしている田舎の学校→農家民泊に適さない。

大まかに言えばこのような傾向があり、あなたの学校の生徒たちがどのような趣向を持っているかによって、農家民泊への適正を推測してください。

3 実態を知ろう!伊江島農家民泊を体験した生徒たちのリアルな声。

伊江島農家民泊 魅力 経済 効果 大人気

紙面の関係から少数ではありますが、伊江島民泊を体験した生徒たちの感想文を掲載します。


F高校 第38期生 2年1組 Y.Uさん
4日間沖縄に行って感じたことは、時間の感覚がゆるやかなことです。大阪にいる間では感じられない自然の豊かさや周り一面見渡すことのできる風景など、数えきれないほど美しい風景を見ました。

1日目の民泊では沖縄の人の暖かさに触れました。はじめは民泊なんて怖いなと思っていたけれど、時間が流れるにつれて、緊張がほぐれていきました。大阪には売っていない商品を見てはしゃいでいると、あとでこっそり買ってくれていたり、貝殻で作るキーホルダーの作り方を丁寧に教えてくれたり、私たちの思い出に残ることをたくさんしてくれました。奥さんが作ってくれる料理はどれもおいしくて、毎食おなかいっぱいになりました。私たちが大阪に帰っても作れるよう、サーターアンダギーの作り方を実際に作りながら教えていただきました。うまく丸くなるようにするには手をほどよく濡らすとよいということや、油をできるだけ切るには、揚げたときにできる割れ目を下にすると良いなど、本当に繊細なことまで教えていただきました。

島の観光にも連れていってもらい、Uさんの優しさに気づきました。自分は腰が痛くて登ることができないのに、伊江島の真ん中にある山に登らせてくれました。上から見る伊江島は想像していたよりも小さくて、驚きました。他にも、海などたくさん連れていってくれました。すごく優しくしていただいて、伊江島から離れるときすごく悲しかったです。機会があれば、もう一度お会いしたいです。


F高校 第38期生 2年3組 Y.Uくん
沖縄へ修学旅行へ行って、まず一番心に残ったことは、「全員で楽しめた」ということだ。一緒になってご飯を食べたり、夜をともにしたり、4日間でとても良い思い出を作ることができた。民泊で泊めてくださった方々には色々なところへ連れていってもらったり、美味しい食事を用意してもらったりと、本当に良い体験をさせていただいた。そのほか、僕たちが楽しめるように修学旅行委員会が色々なことを考えてくれて、自分の周りの人々の思いが今回の修学旅行を成功させてくれたのではないかと思う。

沖縄の人たちの暖かさ、島の風景など、忘れることのできないものばかりで、もう一度会いたい、行きたいと思えるような場所だった。
(後略)

4 伊江島に学ぼう。農家民泊プロジェクトがもたらす地域への経済効果。

伊江島農家民泊 魅力 経済 効果 大人気

それでは今度は視点を変えて、農家民泊プロジェクトの立ち上げを検討している自治体や協会の方々へ向けて、経済効果の実例をご紹介しましょう。

4−1.伊江島の農家民泊動員実績。受け入れは年間50,000人以上!

2014年の数字となりますが、年間で約300校、延べ約57,400人(連泊含む)が利用しています。前年よりも5校、約4,300人増加しており、農家民泊プロジェクトの開始から10年以上が経ってもなお、利用者数は増加傾向。

4−2.島全体への経済効果は、宿泊費用だけでも年間5億円以上!

1人1泊9,000円が57,400人(泊)ですから、農家民泊の宿泊(体験)費用だけでも年間5億円以上の収入を島にもたらしています。さらに、生徒たちは島の商店で食料を買ったりお土産を買ったりするため、トータルでの経済効果は7億円以上に。

ホテル事業やアミューズメントパーク事業とは異なり、施設の建造や準備にほとんど資金はかかっておらず、食事を生徒たちと一緒に作ることなどで労力も最小限に抑えられ、それでいて年間7億円もの経済効果は、ビジネスや村おこしとして非常に優秀な数字と言えます。

他の地域が真似る場合、お土産や名産品の販売を強化したり、大人の利用客を上手く増やすことで、宿泊(体験)費用以外の収益はもっと増やすことができるでしょう。ただし、地域の中があまりにも商売じみてしまったり観光整備されすぎてしまうと、「農家民泊」を求める層からは毛嫌いされてしまう傾向にあるため、あまり欲に走るのはよくありません。

このトピックを、利用する側の学校関係者の方が見ているならば、日本の地域活性への貢献を考えてみてください。これまで京都や東京に集中していた修学旅行による経済効果が、過疎や貧困に苦しむ弱小の自治体に流れこむことになるのです。これは間違いなく、日本全体の平等な経済活性や地方再建に貢献できます。

4−3.お金だけじゃない!農家民泊プロジェクトが生み出す恩恵。

地域で農家民泊の取り組みを行うことは、経済的な恩恵以外にもメリットがたくさん!

  1. 人の流入が増え、活気が出てくる。
  2. 町の知名度が上がり、ブランド力がつく。
  3. 町の知名度が上がり、移住してくる人が増える。
  4. 若い世代に農業のすばらしさを教えることができる。
  5. 来客に備え、町も家もきれいになる。
  6. 町の住人の自立心と協力心が高まる。

5 伊江島から学ぶ、民泊プロジェクト立ち上げの課題と対策。

伊江島農家民泊 魅力 経済 効果 大人気

地域ぐるみの農家民泊のプロジェクトは様々な面で有益ですが、もちろん大変なこともたくさんあります。どのような困難があり、どのように乗り越えてゆけばよいのでしょうか?それも事前に学んでおきましょう。

  1. 良い生徒ばかりじゃない!苦い思いをしてもへこたれない根気が大切。
  2. 住民それぞれの町おこし意欲がとても重要。
  3. 農家民泊に向いた地域だろうか?よくよく検討することも大切。

5−1.良い生徒ばかりじゃない!苦い思いをしてもへこたれない根気が大切。

2003年、伊江島が初めての試験的な農家民泊受け入れを実行した際、不運にも、対象の学校はガラの悪い生徒の多いところでした。船から降りた生徒たちが、ガングロ、ヘソ出し、金髪、チャラチャラだったのを見て、島民は唖然とし、もちろん第一印象は「相当悪かった」のだそう。外見だけでなく、ルールを破って喫煙したり、夜中に抜け出して買い物に行ったり、農産物である菊を折ってしまったり・・・とやりたい放題で、島民の誰もが「修学旅行生の農家民泊などもうこりごりだ!」と天をあおぐほどだったのです。

しかし、伊江島観光協会の山城氏の「3回までは様子を見よう」という掛け声のもと、島民は辛抱強く頑張りました。幸いにも二校目は「純朴で素直な子の多い田舎の学校」、三校目は「目的意識の高い子の多い都内私立校」で生徒たちのマナーはすこぶる良く、やっていける自信が持てるようになったのです。

5−2.住民それぞれの町おこし意欲がとても重要。

伊江島に限らず、地域ぐるみでの農家民泊プロジェクトの立ち上げは、資金を払って開発コンサルタントに丸投げすれば自動的に進むようなものではありません。各家庭が受け入れに協力し、親身になって宿泊客に接し、トラブルで名を汚さないよう努力に励む必要があります。これはもちろん、住民各人に相当大きなエネルギーが必要です。

5−3.農家民泊に向いた地域か?よくよく検討することも大切。

伊江島の農家民泊が日本で有数の評判を得るに至ったのは、伊江島島民の昔からの開拓精神が実ったからだけではないでしょう。沖縄という絶好の観光地の中に位置していること、観光地のわりに農業が盛んなこと、近くに本部(もとぶ)の近代的観光施設・宿泊施設が控えていること、島民の気質が生徒たちの世話に向いていること、地域活性への強いバイタリティが島民全体にあったこと・・・などなどが、大きくプラスに働いていると分析できます。

つまり、単純に経済効果だけを期待し、「田舎だから農家民泊をやろう」と考えるようでは、あまり上手くはいかないかもしれません。地域の特色によっては、何がなんでも農家民泊で成功しようと考えるよりも、まったく別な振興策を検討したほうが良いでしょう。

民泊スタートアップnaviでは、Airbnb(エアビーアンドビー)民泊にとどまらず、農家民泊に関しても豊富な情報を取り揃えています。プロジェクトの立ち上げから旅館業法などのクリア、細かな運営ノウハウまで、ご所望の記事があればトップページから探し、ご活用ください。

まとめ。

【伊江島民泊はなぜ人気?伊江島民泊の特徴を大分析!】

  1. 伊江島ってどこ?美ら海美術館の対岸に見える、小さな小さな離島。
  2. 伊江島はなぜ農家民泊を始めたの?大戦の傷跡を自力で癒してきた島民が、過疎の危機にも「自力」で立ち上がった。
  3. 伊江島農家民泊ならではの魅力あふれる多彩な特徴。
    (1)農業だけでなく、たくさんの第一次産業が体験できる。主な体験コンテンツは、
    ・農業体験…さとうきび、花き(かき)(菊)、ゴーヤ、マンゴー、島らっきょう、冬瓜、ジーマミ(ピーナツ)栽培など。
    ・漁業体験…オキナワスギ、ヤイトハタ養殖など。
    ・畜産業体験…伊江島牛の飼育、ヤギ・ポニーの世話、乗馬など。
    ・工芸体験…貝殻細工、陶芸など。
    ・芸能体験:伊江島民謡、沖縄民謡、三線、二才踊り(にせうどぅい)など。
    (2)とてもキレイな海があり、また、シュノーケリングなどたくさんのマリンレジャーも楽しめる。
    (3)戦争史跡がいくつもあり、修学旅行に欠かせない平和学習をすることも可能。
    (4)都市化はあまり進んでおらず、小さな離島ならではのとても素朴な風景が楽しめる。
    (5)一島一村。民家同士が近い位置にあり移動や連携がしやすく、伊江島特有の文化や交流が満喫しやすい。
    (6)三線はもちろんのこと、琉球舞踏やぶくぶく茶体験など、内地にはない琉球文化が体験できる。
    (7)わが子を15歳で自立させるための教育をしてきているので子育てが上手で、安心して生徒を託せる。
    (8)島の中心には霊山があり、日本ではあまり見られなくなった信仰文化も垣間見ることができる。
    (9)離島であるため、船旅の風景や旅情も楽しめる。
    (10)万が一離島や農家民泊が楽しめなくても、対岸の本島・本部(もとぶ)には美ら海美術館やエメラルドビーチがある。
  4. 伊江島農家民泊のプランはどのようなもの?
    ●日程表モデル。
    本文の表を参照のこと。
    ●受け入れ人数。
    1,200名ほど(約250軒)。
    ●民泊費用。
    1泊3食…9,000円(税別)。
    2泊5食…17,050円(税別)。
    ●費用に含まれるもの。
    各種体験費用、食事経費、諸経費、保険料金。

【伊江島農家民泊を修学旅行に検討する際の注意ポイント。】

  1. 人気の高い伊江島は、予約が数年先まで埋まりがち!修学旅行の時期をずらすことも検討して。年中暖かい沖縄は日程の選択幅が広い。
  2. 農家民泊は前評判が賛否両論!生徒や保護者の説得が必要かもしれない。
  3. ガラのよくない学校は、農家民泊は控えたほうが良いかもしれない。農作物の破壊やマナー違反など、農家に迷惑をかけてしまう懸念が強い。
    〇田舎環境に興味の強い都会の学校→農家民泊に適している。
    ×田舎環境を嫌悪する都会の学校→農家民泊に適さない。
    〇田舎環境に親近感のある田舎の学校→農家民泊に適している。
    ×田舎環境に飽き飽きしている田舎の学校→農家民泊に適さない。

【伊江島に学ぼう。農家民泊プロジェクトが生み出す地域への経済効果。】

  1. 2014年の伊江島の農家民泊動員実績。受け入れ人数は年間50,000人以上!
  2. 島全体への経済効果は、宿泊費用だけでも年間5億円以上、トータルでは7億円以上に。
  3. お金だけじゃない!農家民泊プロジェクトが生み出す様々な恩恵。
    (1)人の流入が増え、家にも町にも活気が出てくる。
    (2)町の知名度が上がり、ブランド力が上がる。
    (3)町の知名度が上がり、移住者(転入者)が増える。
    (4)若い世代の人々に農業のすばらしさを教えることができる。
    (5)来客に備え、町も家も清潔にきれいになる。
    (6)地域住民の自立心と協力心が高まる。

【伊江島から学ぶ、民泊プロジェクト立ち上げの課題と対策。】

  1. 良い生徒ばかりじゃない!伊江島が「3回までは様子を見よう」と堪えたように、苦い思いをしてもすぐにはへこたれない根気が大切。
  2. お役所任せ、コンサル任せではなく、住民それぞれの町おこし意欲がとても重要。
  3. 農家民泊に向いた地域だろうか?「田舎だから農家民泊をやろう」と安直に考えるのではなく、適正がある地域なのかよくよく検討することも大切。

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)