「グローバリズム(の重要性)」が叫ばれる昨今、臆することなく国際交流のできる人間になりたい、我が子を国際交流のできる子にしたいと願っている方は多いことでしょう。

Airbnb(エアビーアンドビー)の台頭で一躍脚光を浴びている民泊は、国際交流を行うのに格好のツールであることをご存知ですか?

このページでは、自宅で民泊を営むことがいかに国際交流に役立つか、その魅力を解説していきます。

1 グローバリズムは、ただの英語教育では足りない!

民泊の魅力は自宅にいながら国際交流ができること!

「グローバル社会への対応が必要だ」と言われたとき、ほとんどの人は1にも2にも英語スキルの上達を目指します。しかし、それでグローバル化はできるのでしょうか?英語教育であれば、日本はもう何十年も前から学生時代に10年も学んできています。それでもグローバル化に対応できていないのが、ほとんどの日本人なのです・・・。

私たち個々がグローバル化をはかるためには、日常的に様々な外国人と接し、外国人と同じような感性を身に着けることが大切。これを要約すると、5つのスキルになります。

  1. 社交性
  2. 積極性
  3. 寛容さ
  4. 幅広い価値観
  5. 英語力

これらをもう少し詳しく解説してみましょう。

1-1.社交性…「話そう」という意欲がなければ英単語を知っていても話せない!

英語は、単語をたくさん知っていても「話そう」という意欲がなければ話すことができません。そして、話すことをしなければどれだけ単語帳を作っても英会話力は上達しないのです。

また、社交性の乏しい人は外国人の中に飛び込んでいけません。海外旅行に赴いても社交性がなければ日本人の連れと会話するだけで終わってしまいます。社交性を磨くにはどうすれば良いのでしょうか?

1-2.積極性…自己主張のチカラがなければ埋もれてしまう!

テレビなどで、外国人のディスカッションの様子を見たことはありませんか?誰もが臆することなく、積極的に意見を言います。

対照的に、日本人はなかなか自分の意見を言えませんし、要望が言えません。それでは新しい環境には入っていけず、また入っても、自分の居心地の良い空間を作ることができません。積極性を磨くにはどうすれば良いのでしょうか?

1-3.寛容さ…多様な価値観を受け入れなければ国際交流の扉は閉じてしまう!

日本人は優しい人種と言われますが、それはひょっとすると、相手が見ているときだけかもしれません。「NO」や「嫌い」を人前では言わないので、他者から良い印象を持たれやすいですが、その実、韓国人や中国人、イスラム人などへの反感感情は強く、社会問題を引き起こしてしまうほど・・・。

様々な人種が入り混じる国際交流社会の中で、「中国人はキライ!イスラム人はキライ!」では輪に入れませんね。寛容さを磨くにはどうすれば良いのでしょうか?

1-4.幅広い価値観…価値観が狭いと一部の人としか付き合えない!

「良い大学を出て大企業に入り、年収の高い人と結婚をしてマイホームを買い・・・」日本人の多くが、同じような人生を「幸せへの道」と思い込み、10歳のころから勉強に励み、型にはまり始めます。

すると、大学に行っていない人を見下したり、正社員でない人を見下したり・・・。こうした狭い価値観では国際交流の中で優秀な人々とリスペクトし合うのは難しいでしょう。幅広い価値観を培うにはどうしたら良いのでしょうか?

1-5.英語力…学校教育でも英会話スクールでも英語スキルは身につかない・・・。

英語力ももちろん重要です。日本ほど高度に英文法を学ぶ国は他にないと言われていますが、しかし日本人の多くは英語が話せません。英会話スクールの量も質も世界一と言われますが、それでもなお、英語が話せません。

英語力を磨くにはどうすれば良いのでしょうか?

2 自宅民泊で外国人を受け入れるなら、国際交流のスキルが身につく!

民泊の魅力は自宅にいながら国際交流ができること!

実は、上トピックで挙げた5つのスキルは、自宅で民泊を営み外国人をもてなすことで、どんどん身についていくのです!

  1. 民泊の外国人ゲストの何気ない振る舞いが、このうえない社交性の教科書に!
  2. 誰にでも積極性に話しかける外国人ゲストの姿がカッコいい。影響を受けるはず。
  3. 細かいことは気にしない外国人ゲスト。寛容さの恩恵に授かることで、ホストも寛容になる。
  4. 特異なルートを辿ってきても立派に生きている外国人ゲストに感銘を受ける。
  5. 民泊の外国人ゲストすべてが、自宅まで来てくれる最高の英語の先生!

2-1.民泊の外国人ゲストの何気ない振る舞いが、このうえない社交性の教科書に!

自宅での民泊で外国人を受け入れるなら、あなた方家族の誰かが、外国人ゲストの質問に答えたり話を聞いてあげなくてはなりません。イヤでも外国人と、初対面の人と交流する機会が増えます。

また、ゲストの外国人が臆することなくあなたがたに話しかけてくる姿を見ることで、「あ、こんなにフレンドリーで良いんだな。こんなにオープンで良いんだな」ということに気付くでしょう。これまでは無意識に日本人的なふるまいになってしまっていたのが、民泊ゲストに影響され、外国人のような振る舞いに変わっていくはずです。

2-2.誰にでも積極性に話しかける外国人ゲストの姿がカッコいい。影響を受けるはず。

社交性とよく似ていますが、積極性の高さについても、外国人ゲストのふるまいを見て刺激を受けるはずです。彼らはあなたにどんどん話しかけてくるでしょうし、どんどん質問をしてくるでしょう。まるで以前から知り合いだったと錯覚してしまうくらい、交流に壁を感じさせません。

民泊の外国人ゲストの調子に合わせていくことで、自然と積極性が身についてきます。町で見知らぬ外国人がウロウロしているのを見かけたとき、名指しで助けを求められたわけでもないのに「どうかしましたか?」と声をかけているあなたが、半年後にはそこにいるはずです。

2-3.細かいことは気にしない外国人ゲスト。寛容さの恩恵に授かることで、ホストも寛容になる。

外国人は多くの場合、日本人に比べて2つの意味で寛容です。

1つは、騒音や汚れなど環境の乱れに対する寛容さ。あなたの子供が朝早くから大声を出してしまってもぜんぜん気にしませんし、子供がリビングを散らかしてしまっていても、カスタマーレビューでは「清潔さ」の項目に★★★★★を付けてくれていたりします。

もう1つは、行動や価値観の違いに対する寛容さです。民泊の外国人と話していても、中国人の爆買いを軽蔑するような発言やイスラム教徒の教義に首をかしげるような発言は聞かれないでしょう。日本人同士での会話の内容とはずいぶん違うことに驚くはずです。

民泊の外国人ゲストと交流を続けることで、彼らの思考や会話の影響を受けていくでしょう。

2-4.特異なルートを辿ってきても立派に生きている外国人ゲストに感銘を受ける。

民泊の外国人ゲストと話していると、日本の一流志向とはまったく異なるルートで生きてきている人が大勢います。

大学に出ていなくても、正社員になっていなくても、立派に生きられることを見せてもらえるでしょう。また、大学を休学していたり、大卒の年齢に達していても正社員にならず個性的な働き方をしている人にも多く出会うはずです。

それなのにあなたよりも高給獲りであったり、国際交流に長けていたり、起業していたり・・・といった姿を見せつけられて、見習うべき姿が日本の諸先輩ではないと強く感じるようになるかもしれません。

2-5.民泊の外国人ゲストすべてが、自宅まで来てくれる最高の英語の先生!

日本市場において、Airbnb(エアビーアンドビー)のゲスト利用者は、幸か不幸か90%以上が外国人です。そのため、訪れるゲストのほとんどすべてが、あなたの英語練習に一役買ってくれます!

別に英語教師の資格やスキルを持っていなくても、彼らと予約問い合わせの応答を重ねたりハウスルールの案内をしたりするだけで、あなたの英語スキルはどんどん上達していくでしょう。

また、次から次へと新しい外国人が来てくれるので、あなたが新しく覚えた英語も忘れることなく、どんどん英語に慣れていきます。

3 民泊受け入れの有意義さに気付いた人は、利益なんてどうでもよくなる。

民泊

いかがでしたでしょうか?

自宅での民泊で外国人ゲストを受け入れると、こんなにもたくさんのメリットがあるのです。その結果、民泊での月収がいくらかなどということは、大して気にならなくなってくるでしょう。

3-1.民泊ならなにげない生活を送るだけで、外国人との交流に強い人間になれる。

民泊ライフでは、毎日が国際交流の連続であり、日常がそのまま国際交流であるため、外国人と接することに緊張やためらいを感じなくなっていきます。

あなたのお子さんがこのような環境で育ったなら、間違いなく、臆することなく外国人の輪の中に笑顔で飛び込んでいける大人に育つでしょう。

3-2.留学なら1年間で100万円以上の費用。民泊ならお金がもらえてしまう。

そんなに優れた国際交流スキルのレッスン、いったい、授業料はいくらだと思いますか?

1年間海外に留学するだでも100万円以上の費用が掛かりますが、民泊受け入れの場合、このような素晴らしいグローバル教育が1円も掛からないどころか、逆にお金を頂戴することまでできてしまうのですから、驚きですね。

この教育の価値をお金に換算するなら、あなた一人でも数百万円、家族全員なら数千万円にも相当するでしょう。

3-3.月収5万円より10万円よりもっと素晴らしいものを、民泊ライフはもたらしてくれる!

このことに気付いた民泊ホストは、ビジネスとしての民泊にまるで興味を抱かなくなります。月収が5万だろうが2万だろうがどうでも良く、利益が少ないとしても、外国人ゲストとの交流の時間を増やしたいと感じるのです。

そうしたホストの多くは、民泊という国際交流を「楽しい」から続けていますが、それが結果的に、グローバル社会にも適応できるだけの立派な教育になっているのですね。

4 レッツトライ!誰でも出来る自宅で民泊受け入れ。

民泊

民泊受け入れをすることが素晴らしい国際交流になり、グローバル教育になることはご理解いただけたことでしょう。しかし、民泊ホストを行えるのは限られた人だけだと思ってはいませんか?

そんなことはありません。およそ誰でも、自宅で民泊を営むことは可能です。

  1. 英語が話せなくてもOK。
  2. 凝った料理が出来なくてもOK。
  3. 田舎臭くてもOK。
  4. 自宅が狭くてもOK。

4-1.英語が話せなくてもOK。留学生受け入れの民泊がオススメ。

英語が苦手な人は、留学生を受け入れるタイプの民泊法ホストをオススメします。近くの大学や日本語学校でホストファミリーの募集を行っていないか、探してみてください。

留学生受け入れの場合、日本語を勉強したがっている外国人なので、あなたが日本語ばかりでも問題はないのです。受け入れをしながら、マイペースに少しずつ英語を学んでいけばそれで充分です。

4-2.凝った料理が出来なくてもOK。Airbnb民泊は料理不要。

料理に自信がない人は、Airbnb(エアビーアンドビー)民泊での受け入れをオススメします。留学生受け入れの場合は毎日の料理が必須となりますが、エアビーアンドビーの場合は素泊まりで良いのです。

気が向けば料理をもてなしてあげれば交流や親睦は深まりますが、その際もあなたの得意な料理で充分。和食ばかりでもかまいません。(エアビーアンドビーの外国人ゲストは日本文化に興味の強い人が多く、和食を出すと喜ばれます。)

4-3.田舎臭くてもOK。農家民泊は田舎さがウリ。Airbnbの外国人ゲストは伝統的な日本家屋に興味津々。

自宅の場所が緑深い田舎の地域にあり、農業や林業など第一次産業に携わっているなら、農家民泊での受け入れをオススメします。農家民泊の利用者は、田舎っぽいほど喜ぶのです。

また、Airbnb(エアビーアンドビー)民泊の外国人ゲストも、畳やコタツ、囲炉裏、かやぶき屋根といった古い日本家屋の佇まいを非常に喜ぶ人が多いので、田舎臭いことは全く問題になりません。

4-4.自宅が狭くてもOK。Airbnbならリビングのソファーべッドでもアリ。

自宅が狭い人には、Airbnb(エアビーアンドビー)民泊をオススメします。なんとエアビーアンドビーでは、リビングのソファーベッドを寝床として貸し出す形でもかまわないのです!この場合、もちろんあまり高い料金は取れません(1泊1,500円が限界)が、
民泊受け入れも国際交流も、問題なく行うことができます。

民泊スタートアップnaviでは、ビジネス民泊のノウハウだけでなく、ライフスタイルとしての民泊のノウハウや魅力についても非常に多彩に解説しています。民泊についてお望みの情報がありましたら、トップページから探してお役立てください。

まとめ。
【グローバル化のためには、ただの英語教育では足りない!】
・グローバル化をはかるためには、5つのスキルが必要。

  1. 社交性…話す意欲がなければ、英単語を知っていても話せない!
  2. 積極性…自己主張のスキルがなければ埋もれてしまう!
  3. 寛容さ…多様な価値観を受け入れられなければ国際交流の扉は閉じてしまう!
  4. 幅広い価値観…価値観が狭いとたくさんの人々とは付き合えない!
  5. 英語力…学校教育も英会話スクールも英語スキルは身につかない・・・。

【自宅民泊で外国人を受け入れれば、国際交流のスキルが身につく!】

  1. 外国人ゲストの何気ない振る舞いが、このうえない社交性の教科書に!
  2. 誰にでも積極性に話しかける外国人ゲストの姿に影響を受けるはず。
  3. 外国人ゲストの寛容さの恩恵に授かることで、ホストも寛容になってくる。
  4. 特異なルートを辿ってきても立派に生きている外国人ゲストに、感銘を受ける。
  5. 外国人ゲストすべてが、自宅まで来てくれる最高の英語の先生!

【民泊受け入れの有意義さに気付いた人は、収益なんてどうでもよくなる。】

  • 自宅民泊なら、なにげない生活を送るだけで外国人との交流に強い人間になる。
  • 留学なら1年間で100万円以上の費用。自宅民泊なら逆にお金がもらえてしまう。
  • 月収10万円よりもっと素晴らしい国際交流を、民泊ライフはもたらしてくれる!

【レッツトライ!誰でも出来る自宅で民泊受け入れ。】

  1. 英語が話せなくてもOK。留学生受け入れの民泊がやりやすい。
  2. 凝った料理が出来なくてもOK。Airbnb民泊は料理不要。
  3. 田舎臭くてもOK。農家民泊は田舎さがウリ。Airbnbの外国人ゲストは伝統的な日本家屋を好む。
  4. 自宅が狭くてもOK。Airbnbならリビングのソファーべッド貸しでもアリ。

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)