民泊が人気のワケ?そんなの「楽に儲かるから」だろう?

なんて思っているなら、あなたは少し、視野が狭すぎるかもしれません。「楽に儲かる」という基準でAirbnb(エアビーアンドビー)などの民泊を取りざたしているのは、およそ日本くらいのものなのです。Airbnbを中心とした民泊サイトや民泊カルチャーは、世界中で話題にはなっていますが、多くの国においてその理由は、もっと違うところにあるのです。人気の理由は、違うところにあるのです。

あなたは、民泊ホスト参入を検討しながらこの記事に辿りつきましたか?それとも既存のホテル泊には飽き飽きしていて、旅行における新しい刺激を求めて民泊での宿泊を検討中ですか?ホスト側/ゲスト側どちらの読者であっても、「民泊の核心」については、知っておいたほうが良いですよ!

1 知ってた?本来のAirbnbは、アットホームな宿泊施設。

日本人がAirbnb(エアビーアンドビー)について知ろうと思うなら、まずは「誤解を解く」というところからはじめなければなりません。

1−1.日本で主流の無人民泊は、世界で主流なわけではない!

日本のAirbnb(エアビーアンドビー)民泊には、投機型の物件が多いです。ワンルームや一軒家を借りてきて家具家電を詰め込み、ウィークリーマンションのように空間だけを提供するタイプですね。そして、この家主不在型の宿泊施設がAirbnbの特徴だと思い込んでいる日本人が多いようなのですが、それは誤解なのです!

家主不在の投機型民泊は、Airbnbの多くの個性の中の1スタイルにすぎません。当然ながら、それこそがAirbnbの代名詞であったりはしませんし、ウリであったりもしないのです。

1−2.世界のAirbnbフリークが愛しているのは、ホームステイ型民泊でのローカル体験。

まぁ、近年は諸外国でも日本のような家主不在型物件が増えてきつつあるのですが、しかしAirbnb(エアビーアンドビー)が爆発的人気を得たときに看板選手であったのは、家主不在型民泊ではありませんでした。人のぬくもりと思いやりにあふれた、ホームステイ型の民泊物件なのです。

外国人のAirbnbフリークたちは、このホームステイ型民泊に夢中になったのです!出会ったばかりのホストファミリーたちと一緒にゆっくり朝食を食べたり、一緒に夕食の調理をしてパエリアの作り方を習ったり…そうした家庭体験やローカル体験に価値を見出していたのでした。

1−3.ホームステイ民泊が旅行の目的のメインディッシュになっているくらい!

どんな家主が待っているか、何が起こるか、どんな話題で盛り上がるか…それは行ってみるまでわかりません。ビックリ箱やサプライズのバースデープレゼントのようなことを、外国の、特に欧米人の旅行者たちはAirbnb(エアビーアンドビー)を通して楽しみはじめたのです。サグラダ・ファミリアの写真を撮っても皆と同じような体験にしかなりませんが、ホームステイ型民泊であれば唯一無二の体験が味わえます。どちらが思い出に残るでしょうか?尋ねるだけナンセンスですね!

2 Airbnbはホームステイ体験の敷居を下げた功労者!

海外旅行において、ホームステイというアクティビティは、昔からありました。どこの旅行会社もホームステイのファミリーと結びつきを持っていて、そうした宿泊施設をあっせんしていました。それなのにAirbnb(エアビーアンドビー)はなぜ流行ったのでしょうか?それは、値段の安さです!

2−1.ホームステイ体験を1泊10,000円から2,000円に引き下げた!

これまでホームステイ泊は、1泊10,000円もするような高級品でした。もちろんホストの家はお金持ちの大きな家で、オシャレさも快適さも折り紙つきではあります。しかしAirbnb(エアビーアンドビー)は、「一般的な家庭」の雰囲気を、わずか2,000円で提供しはじめたのです!従来の1/5です!

「JALじゃなくてエアアジア(LCC・格安航空会社)で充分だよ!」と感じた旅行者が大半であったように、ホームステイ泊に興味のあった人々にとっても、一般的な家庭環境がそろっていれば、それで充分だったのですね。

ではなぜ、Airbnbは10,000円だったものを2,000円に価格破壊できたのでしょうか?違います!価格破壊を起こしたのはAirbnb社ではなく、登録しているホストたちだったのです!

2−2.「無料でも旅行者を泊めたい」と考える優しく人懐こい人が多かった。

日本では、「楽して儲けてやれ!」と鼻息荒くする人がホストの大半を占めるのですが、草創期のAirbnb(エアビーアンドビー)のホストたちはそうではなかったのです。ホスト自身もまた、ゲストとの国際交流を愛してやまないような人たちばかりで、趣味半分、ボランティア半分のような感覚で、旅行者をもてなしはじめたのです。

Airbnb人気の火付け役は、「良心的なホストたち」だったのですね。

2−3.Airbnbの祖先はカウチサーフィンと言える。

これらのホストの多くは、「カウチサーフィン」から流れてきています。カウチサーフィンをご存じでしょうか?日本ではあまり知られていませんが、21世紀初頭の海外旅行文化を代表するようなカルチャーです。旅行者たちが、互いが互いを無償で家に泊め合うインターネットコンテンツです。

もともと1銭ももらわずに見知らぬ旅行者を泊め、さらに朝食や夕食までサービスしていたような人々ですから、1泊2,000円でも「大きな収入」と感じるわけですね。彼らにとってはそれで充分なのです。

「お金を得るために部屋を貸している日本人(投機型ホスト)。」
「対価がもらえなかろうと旅行者をもてなしたい欧米人(カウチサーフィン出身者)。」

同じAirbnb(エアビーアンドビー)という箱庭の中に、まるで正反対なほどに異なる人種が混在しているのです!

2−4.「カウチサーフィン派」から「お手軽ホスト派」「節約泊派」へのすそ野拡大。

そうしてカウチサーフィン出身者を中心に、Airbnb(エアビーアンドビー)は人気拡大と市場成長を続けました。

するとあちこちでAirbnb民泊に関する噂やニュースが飛び交うようになります。それらは伝言ゲームのように少しずつ内容や解釈が変わっていき、「Airbnbっていうのは一般人でもお金儲けができるらしいぞ。」「Airbnbだとすごく安い値段で宿泊施設が見つかるらしいよ。」と、「Airbnbの特徴として間違ってはいないけれど正確でもない」ウワサを聞きつけた第二派が、Airbnbのすそ野をさらに広げていきました。

2−5.日本に入ってきたAirbnb宣教師は「お手軽ホスト派」の分派というわけ。

Airbnb(エアビーアンドビー)ユーザーの中には、「交流が主目的なわけではない投機ホスト」と、「ホームステイを求めているわけではない節約ゲスト」が増え、少しずつ色を変えながら、拡大を続けます。日本に入ってきたのも、その第二派のクチコミが大きく影響したようです。そのため、「気軽にホームステイ体験」を求める層ではなく、「楽して大儲け」を企む層が、日本のAirbnb拡大を牽引していったのです。

2−6.日本のような投機型民泊の盛んな土地もあるので要注意!

Airbnb(エアビーアンドビー)において、日本のような、不人情な投機型(家主不在型)民泊が隆盛している地域が、他にも出てきています。たとえばフランスのパリは、ややもすると東京以上に投機型の民泊が乱立していて、一般人が住居賃貸を見つけられず社会問題化していたりしますね。

また、タイのバンコクあたりも投機型民泊が激増しています。しかしバンコクの場合、その投機型民泊の投機主はほかでもなく日本人であったりするのです…。日本人はひょっとすると、世界で一番人情を見失ってしまった人種なのかもしれません…。

2−7.しかし、日本にだってホームステイ型民泊はある!

日本はたしかに投機型(家主不在型)民泊の氾濫国なのですが、でも日本のAirbnb(エアビーアンドビー)にホームステイ型の民泊が無いわけではないのです。

2016年現在、日本のAirbnb物件の30パーセント弱くらいはホームステイ型の民泊です。ただし、「対価がなくとも旅行者を泊めたいし、助けたいね」と考える真に暖かいホストは、5パーセントくらいのごく少数です。

この5パ—セントをいつも嗅ぎ分けられるようになると、Airbnb旅行は底抜けに楽しく底抜けに快適で、底抜けに安上がりで底抜けに感動的になりますよ!

3 Airbnbがカウチサーフィンの人気を凌駕したのはなぜ?

では、なぜAirbnb(エアビーアンドビー)はカウチサーフィンの人気を凌駕してしまった(することが出来た)のでしょうか?カウチサーフィンのほうが安く泊まれるわけですから、不思議ですよね。

3−1.カウチサーフィンは仕事ではないため、とてもアバウト…。

カウチサーフィンは無料で泊まることができますが、そのぶん宿泊環境も接客もざっくりしているから、というのがその理由です。

3−1−1.リビングのソファー泊だったり、ベッドのシーツが洗ってなかったり…。

カウチサーフィンの「カウチ」とはソファーの意味で、「リビングのソファーで良ければ貸すから泊まっていきなよ!」といった気軽なコンセプトで始まっています。カウチサーフィンのホストの中にはしっかり個室を用意する人も多いですが、ソファーしか提供しない人も少なくはありません。また、個室は提供すれどあまり清潔ではなかったり、ベッドシーツも特に洗濯せずに貸し出しているケースが、少なくないのです。

3−1−2.ホストの都合や気分次第で、前日キャンセルや当日キャンセルも頻発する。

またカウチサーフィンは、宿泊の約束も「ホストの都合が最優先」です。前日になって突然、「ごめん、明日は泊められなくなったよ!」とキャンセルの連絡が来たり、当日キャンセルさえ起こることがあります。ゲストはお金を払っているわけではありませんから、ホストを怒ることもできませんし、約束を徹底させることも、キャンセルにペナルティを課すこともできません。これはちょっと大変ですね…。

3−1−3.気が向いたときしかホストしないので、大都市でも見つからないことがある。

さらに、そもそも部屋を貸し出すかどうかがホストの気分次第で、カウチサーフィンにまったくログインしない期間も長かったりするため、大都市であってもなかなかホストが見つからないことがあります。

3−2.カウチサーフィンの弱点を、Airbnbが是正した!

このように、カウチサーフィンは無料であるぶん、欠点や不便さも多く含んでいたのでした。それに対し、お金のやりとりを挟むことで、カウチサーフィンのこうしたアバウトさ・不確かさを是正したのが、Airbnb(エアビーアンドビー)と言えます。

3−2−1.無料へのこだわりがないなら、Airbnbのほうが快適&使いやすい。

カウチサーフィンのユーザーには、「無料で泊まりたい層」と「ホームステイ体験を望む層」がいるのですが、無料へのこだわりが大きくない人々にとっては、(1)予約約束を守ってもらえる。(2)一定の寝床クオリティが保たれている。の2つのアドバンテージがあるAirbnb(エアビーアンドビー)のほうが、カウチサーフィンよりも使いやすいのです。

3−2−2.金銭的なメリットとて、なくなったわけではない。

Airbnb(エアビーアンドビー)の場合無料では泊まれませんが、それにしても1,000〜2,000円で泊まれる選択肢は多いのですから、金銭的なメリットも(他の宿泊施設に比べて)充分に大きいですね。

3−2−3.「部屋を見つけやすい」というメリットが決定打となり、カウチサーフィンに大差をつける。

そしてAirbnb(エアビーアンドビー)は、(1)予約約束を守ってもらえる。(2)一定の寝床クオリティが保たれている。の2つの特徴により人気・知名度・ユーザー数が爆発的に増えたため、(3)部屋を見つけやすい。という新たなメリットができ、Airbnbはカウチサーフィンに大差をつけて突っ走るようになったのです。

3−3.「ローカル体験」「家庭体験」の度合いはカウチサーフィンのほうが勝る!

しかし、すべての点でAirbnb(エアビーアンドビー)のほうが勝るようになったのかと言えば、そうとも言い切れないのです!

Airbnbは「一般家庭に泊まれる」というのがウリなわけですが、金銭対価の責任がありまた他のホストとの顧客獲得競争があるゆえに、室内設備も接客も、それなりに商業めいている(立派になっている)んですね。「完全な一般民家」とは言えなくなっています。

それに対して、カウチサーフィンのホスト家庭は、「完全に普段着」なのです。「ありのままの一般家庭」なのです。カウチサーフィンのほうが、「ローカル体験」「家庭体験」という点において、Airbnbよりもよりリアリティがあるということですね。

なので、場合によってはAirbnbよりもカウチサーフィンを選んだほうが良いかもしれません。

4 Airbnbが引き起こした宿泊施設の価格破壊!

トピック≪Airbnb(エアビーアンドビー)はホームステイ体験の敷居を下げた功労者!≫の中で、Airbnbの影響でホームステイ体験の価格が10,000円から2,000円に下がったことを書きました。こうした価格破壊はもちろん、ホームステイ体験に限った話ではないのです!

4−1.個室は1泊2,000〜3,000円。相部屋なら1,000円ちょっと!

市場にはどうしても、価格競争の原理が働きます。それはAirbnb(エアビーアンドビー)でも同様ですね。

すると、一部の民泊ホストが宿泊価格を2,000円に下げたなら、他のホストの多くもそれに追従することになります。もちろん、ヴィトンのバッグがいつまでも10万円であるように、「うちはクオリティが高いから」と1泊5,000円で提供し続けているホストも居ないわけではありません。しかしやはり、全体としては価格低下の方向に進みます。

現状のAirbnbの価格相場を整理してみましょう。

  • 個室タイプ:1泊2,000〜3,000円
  • 貸し切りタイプ(ワンルーム):1泊4,000〜7,000円(+清掃費)
  • 貸し切りタイプ(ファミリー):1泊8,000〜20,000円(+清掃費)
    相部屋タイプ:1泊1,000〜2000円

特筆すべきは、個室タイプと相部屋タイプです!個室タイプということは、プライベート空間がしっかり確保されているものを指しますが、それでもなお1泊2,000円程度で泊まれるのです!相部屋タイプも価格破壊を起こしたと言えますね。これまで相部屋は、1泊2,000円が相場でしたから、1,000円ちょっとで泊まれるというのは驚きです。

4−2.民宿よりも安く、ペンションの半値以下という価格水準!

わかりやすく、表にしてみましょう。

  • Airbnb個室  2,000〜3,000円
  • ゲストハウス個室   2,500〜4,000円
  • 民宿     3,000〜4,000円
  • ペンション  5,000〜8,000円
  • ホテル    5,000円〜∞

おわかりいただけますか?安いと言われてきた民宿やゲストハウスよりもさらに安く、ペンションやホテルと比べれば1/3にも迫る安さです。そのうえペンションと同じような暖かいおもてなしがあるわけですから、コストパフォーマンスの良さはもはや群を抜いています!

4−3.要注意!貸し切りタイプはあまり安くない。

貸し切りタイプに関しては、注意してください!

ファミリータイプの場合、ホテルよりも安くあげられることもありますが、「接客サービスが無い」という致命的な欠点があります。そのためトラブルが多発しやすいという難点も…。また貸し切りタイプの民泊の場合、清掃料金というものが別途5,000〜7,000円程度徴収されることが一般的で、宿泊日数が2〜3日未満になると、金額的なアドバンテージは無くなるでしょう。

ホテルより優れている点として、「キッチンが使える」ということが謳われますが、それを求めるならコンドミニアムを頼ったほうが良いです。コンドミニアムもやはり、3LDK程度のオシャレな家を家族で貸切ることができ、なおかつフロントにはいつもスタッフが待機してくれていますから、快適に過ごすことができます。

貸し切りタイプの民泊物件は、ホテルが取れなかった人たちと中国人旅行者に人気です。が、それ以外の人々にはあまりウケが良くはなく、好奇心で1度2度は泊まってみても、満足度の低さからホテルやホームステイ型民泊に流れていくケースが多くなっています。

5 Airbnbが誇る「ユニークさ」というウリ!

日本のテレビメディアはさっぱり報道しませんが、Airbnb(エアビーアンドビー)が誇る個性には、家庭的な国際交流や安さの他に、もう1つあります。それは、施設のユニークさ!

5−1.外国人ユーザーはユニークな民泊物件にもっと敏感!

「知ってるよ!お城とかあるんでしょう?」とまぁ、あなたは言うかもしれません。Airbnb(エアビーアンドビー)のトップページでもユニークな施設を特集していることがありますからね。では、それらユニークな民泊施設が、どのくらいAirbnbユーザーの人気を集めているか、ご存じですか?日本人はAirbnbに対して、「ホテル代わりの無難な部屋」を求める人が多いようですが、外国のAirbnbフリークたちは、もっとエキサイティングですよ!

2016年にAirbnb社が発表した、面白い統計レポートをご紹介しましょう。下記のランキングは、Airbnbユーザーに「お気に入り登録」された件数の多い順に並んでいます。

1位 ツリーハウス
2位 かまくら
3位 バン
4位 灯台
5位 洞窟
6位 島
7位 ゲル(モンゴルの移動式住居)
8位 列車
9位 ロフト
10位 ログハウス

どうですか!?日本人が物件探しの際にチェックを入れそうなのは、9位のロフトと10位のログハウスくらいなものではないでしょうか?

外国人のAirbnbユーザーにとってAirbnbは、完全に「ホテルの代わり」などではないことが伺えます!

5−1−1.寒くて凍えそうなかまくらが、ランキングの2位!

ランキングを解説してみましょう。

「ツリーハウス」は万人の憧れとして、人気1位に君臨するのもまぁうなずけますね。しかし2位の「かまくら」はどうでしょうか?寒いだけではないですか!?快適さを何よりも重視する日本人には、考えられません。

5−1−2.ドミトリー部屋より車中泊が人気!?

3位の「バン」というのは車中泊のことを指している模様です。車中泊を1,000円ちょっとの規定最低料金で提供しているホストは少なくなく、節約派の旅行者が食いつくのでしょうか。しかし料金の問題なら、ドミトリー(相部屋)タイプのゲストハウスのような物件もやはり、1,000円ちょっとで泊まれるものが多いです。それを無視して「バン」をお気に入り登録しているということは、彼らはきっと、アメリカの古き良きロードムービーのような青春ストーリーを、夢見ているに違いありません。

5−1−3.「洞窟」や「島」…野宿めいた宿泊体験にも人気が集まっている!

「灯台」などというものが宿泊施設として提供されているのは驚きですし、5位の「洞窟」や6位の「島」においては、もはや野宿です!そう、Airbnb(エアビーアンドビー)にはテント+寝袋などの野宿を提供するホストもいるのですが、こうした快適とはほど遠い民泊物件も、人気を博しているようです。

5−1−4.旅行会社が管轄していたゲル泊なども、個人手配ができるようになった。

7位の「ゲル」は、モンゴルの伝統家屋です。モンゴルにはもとより、「ゲル」で宿泊体験できるツアーが存在していました。これまでは旅行代理店を挟んでツアーを組むのが「ゲル」の利用方法として一般的だったのですが、ついに「ゲル」泊も、個人手配ができる時代になったようです。

日本でも、Airbnb(エアビーアンドビー)の台頭を煙たがっていた旅館業界の人たちが、逆にAirbnbに物件登録することで飛躍的に予約数を伸ばすという逆輸入現象が起きています。こうした柔軟な取り組みは、とても賢いですね。

5−2.日本のAirbnb激戦区に勝ち抜くのは、ユニークな民泊!

さて、トピック≪外国人ユーザーはユニークな民泊物件にもっと敏感!≫で紹介したランキングに、日本でAirbnb(エアビーアンドビー)民泊経営に参入する際のヒントが示されています。

日本人のAirbnbホストはもっぱら、他と同じようなホテルめいたビジュアルの、いわゆる「無難な物件」で参入する人たちばかりなのが現状です。しかしこれは、「ホテルが空室不足でAirbnbに頼るしかない」という層の利用は得られますが、それだけです。さらに参入してくる「新しい無難な物件」や「値下げした無難な物件」に淘汰され、埋もれてしまうだけでしょう。それよりも、このランキングにあるようなユニークな物件で勝負したほうが、人気物件になる可能性は高いのでは!?

5−3.周りをよく見て?あなたにも出来そうなユニーク民泊があるはず!

たとえばかまくらなら、北海道や東北に住む人々ならおよそ誰でもチャレンジできそうですね。海沿いの地域に住んでいるなら、使わなくなった古い漁船を改造して、宿泊施設にしてみてはどうでしょうか?

洞窟や灯台などというのは、個人で所有している人は居ないかもしれませんが、では自治体ならどうでしょう?町おこしの一環として、自治体が民泊を経営することもあるはずです。市町村で管理している洞窟や灯台、風車、歴史的な倉庫など、民泊施設に転用できそうなものはいくつも日本に散らばっていることでしょう。

5−4.もう月並みなホテル泊には戻れない!宿泊ユーザーもAirbnbで遊びつくそう!

さて、Airbnb(エアビーアンドビー)による宿泊体験がどれだけバラエティに富んでいるか、気付いてもらえたでしょうか?

色々な施設があり、色々な体験があり、色々な使い方があるのが、Airbnbというものなのです。1回2回利用するだけでは、Airbnbの魅力を堪能することは到底不可能で、旅行の目的や状況に応じて、様々なタイプの施設を使い分けてみることをオススメします。

ただ泊まるだけのホテル泊には、もう戻れなくなるでしょう!

民泊スタートアップnaviでは、Airbnbや民泊が持つバラエティ豊かな魅力について、たくさんの紙面を割いて解説しています。非常に面白く、また有意義な文化であることをぜひ、理解してください。トップページから気になる記事を探し、あなたも民泊博士になってくださいね!

まとめ

【知ってた?本来のAirbnb(エアビーアンドビー)は、アットホームな宿泊施設。】

  1. 日本では主流の無人民泊だが、世界で主流なわけではない!海外では有人のホームステイ型民泊がもっと多い。
  2. 世界のAirbnbフリークが愛しているのは、ホームステイ型民泊での家庭的、国際的、ローカルな体験。
  3. もはや、ホームステイ民泊が旅行の目的のメインディッシュになっているくらい!(一般家庭の中に旅行好奇心を満たす要素がたくさんある。)

【Airbnbはホームステイ体験の敷居を下げた功労者!】

  1. Airbnbがホームステイ体験を1泊10,000円から2,000円に引き下げた!
  2. ホームステイ体験を安く提供できた理由は、「無料でも旅行者を泊めたい」と考える優しく人懐こい人が多かったため。
  3. Airbnbの祖先はカウチサーフィンと言える。カウチサーフィンとは、旅行者同士が無料で泊め合うインターネットサイト。
  4. Airbnbのユーザー層は、「カウチサーフィン派」からはじまり、「お手軽ホスト派」「節約泊派」へすそ野が拡大していった。
  5. すなわち、2014年頃に日本に入ってきたAirbnb宣教師は「お手軽ホスト派」の分派というわけ。
  6. 日本のような投機型民泊の盛んな土地もあるので要注意!フランスのパリやタイのバンコクなど。
  7. しかし、日本にだってホームステイ型民泊はある!日本のAirbnbホストの30パ—セント弱くらい。「無料でも旅行者を泊めたい」のカウチサーフィンタイプは5パーセントくらい。

【Airbnbがカウチサーフィンの人気を凌駕できたのはなぜ?】

  1. カウチサーフィンは仕事ではないため、何にせよとてもアバウト…。
  2. 寝床がリビングのソファーだったり、ベッドのシーツが洗ってなかったり、部屋がすごく散らかっていたり…。
  3. ホストの都合や気分次第で、前日キャンセルや当日キャンセルもけっこう頻発する。
  4. カウチサーフィンのホストは気が向いたときしか受け入れをしないので、大都市でも泊まれる家が見つからないことがある。
  5. そうした諸々のカウチサーフィンの弱点を、Airbnbが是正した!予約がキャンセルされることはまず無いし、施設も一定のクオリティがある。
  6. 無料へのこだわりがないなら、Airbnbのほうが快適&使いやすいと言える。
  7. Arbnbも充分に安いため、金銭的なメリットとて、なくなったわけではない。
  8. Airbnbは「部屋を見つけやすい」というメリットが決定打となり、カウチサーフィンに大差をつけはじめる。
  9. カウチサーフィンのほうが「ありのままの家」なので、「ローカル体験」「家庭体験」の度合いはカウチサーフィンのほうが勝る!

【Airbnbが引き起こした宿泊業界の価格破壊!】

・Airbnbなら、個室でも1泊2,000〜3,000円。相部屋なら1,000円ちょっと!
◆価格の目安
個室タイプ:1泊2,000〜3,000円
貸切タイプ(ワンルーム物件):1泊4,000〜7,000円(+清掃費)
貸切タイプ(ファミリー物件):1泊8,000〜20,000円(+清掃費)
相部屋タイプ:1泊1,000〜2000円

・民宿よりもさらに安く、ペンションと比べれば半値以下という価格水準!
・要注意!貸し切りタイプはあまり安くない。さらに接客サービスが無くトラブルが多いので、利点が挙げづらい。家を貸し切りたいなら、コンドミニアムのほうがずっとオススメ。

【Airbnbが誇る「ユニークさ」というウリ!】

  1. Airbnb社の発表した統計レポートを見ると、外国人ユーザーはユニークな民泊物件に対して日本人よりもずっと敏感!
  2. 寒くて凍えそうな「かまくら」が、ランキングの2位!快適好きの日本人には考えられないが、こうしたエキサイティングな利用者が世界には多いということ。
  3. 「バン」が3位。ドミトリー部屋より車中泊が人気!?安さだけでなく、ロードムービー的な青春体験を求めているのかも。
  4. 「洞窟」が5位で「島」が6位…野宿めいた宿泊体験にも人気が集まっている!
  5. 旅行会社が管轄していたゲル(モンゴルの移動式住居)泊などもAirbnbに登録され、個人手配ができるようになった。
  6. こうした統計結果から見えること。日本のAirbnb激戦区に勝ち抜くのは、「ホテルのようなビジュアルの無難な物件」ではなく、ユニークな民泊!
  7. 周りをよく見て?あなたにもできそうなユニーク民泊があるはず!雪の多い地方ならかまくら。漁港の町なら漁船を宿泊施設に改良してみるなど。
  8. 宿泊ユーザーも様々なテイストの物件に泊まり、Airbnbで遊びつくそう!もう月並みなホテル泊には戻れない!

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)