世界中にちょっとしたムーヴメントを巻き起こしたAirbnb(エアビーアンドビー)民泊がイマイチ日本で流行らない(ゲスト利用をする日本人が少ない)理由は、「他者との距離感」の掴み方が上手ではない人が、日本人には多いためでしょう。

民泊は本来、とてもシンプルでラクなものですが、他者との距離感の掴み方が上手でない人にとっては、無用に難しく感じてしまいますし、ストレスを感じてしまうものなのです。

いわゆるプライバシーについて、ホストのプライバシー、ゲストのプライバシーいずれをもバランスよく確保できるようになったなら、民泊で感じるストレスは大きく緩和され、民泊ライフはさらに楽しいものとなるでしょう。

プライバシーのバランスは、どのようにして取ればよいのでしょうか?

1 日本人と外国人とでは、プライバシーへの感じ方がけっこう違う!

民泊ではプライバシーには干渉しすぎないことが大事!

民泊におけるプライバシーを語るうえで、まず最初にフォーカスしたいことは、日本人と外国人とでプライバシーへの感じ方が違うということです。

民泊をホストとして楽しむ場合もゲストとして活用する場合も、このことは頭に入れておいたほうが良いでしょう。

1-1.外国人はあなたほどプライバシーを気にしていない。

日本人はよく、「どう見られるかを気にする人種」と言われます。人前か否かで言動の内容が大きく変わったり、来客のあるときだけ家を綺麗に掃除するような人が多いのです。

そのため日本人の中には、「自分だけの空間・時間を確保したい」と願う人がとても多く、転じて、「他者も自分だけの空間・時間を欲しているにちがいない」と考える人が多くなります。

しかし、基本的に外国人はどの国の人も、日本人ほどプライバシーを気にしてはいません。これは、発展途上国の人々だけでなく、アメリカやヨーロッパなど先進国の人々についても同様です。

1-2.欧米人は、若い女性でも平気でゲストハウスのドミトリーに泊まる。

日本では、若い女性でさえも4ツ星、5ツ星のホテルに泊まるのが当たり前ですが、欧米人の女性はもっとずっとタフ。相部屋しか持たないゲストハウスに泊まる若い女性も多いことを、ご存じでしたか?

彼女たちは、見知らぬ男性と同室になることをためらいませんし、それどころか自分のベッドの手すりに下着を干したり、部屋の中で水着に着替えたりします。また、バックパックから取り出した衣服やコスメでベッドの周りが取っ散らかっていても(それを見られても)、さっぱり気にしません。

もちろん、すべての欧米人女性がこうであるというわけではありませんが、こうした女性が多いです。可愛らしいワンピースを着ているお嬢様のような人であっても、です。

1-3.外国人の家に泊まる/外国人を家に泊めるなら、プライバシーに対してもっと鈍感でも良いかも。

つまり、あなたが外国人の家に民泊をするのであっても、外国人をあなたの家に民泊させるのであっても、プライバシーに関してはもっと鈍感であっても良いかもしれません。

1-4.日本人のゲストを多く受け入れたいなら、プライバシーへの配慮は強めに!

民泊を営んでいる人の中には、外国人のそうしたラフなプライバシー感覚を肌で理解している人も少なくないでしょう。そしてあまり神経質にならずにゲストを受け入れているかもしれませんが、もし日本人のゲストを多く受け入れたいと願っているなら、少し慎重になってください。

あなたがこれまで接してきた外国人民泊愛好者に比べて、日本人ゲストはもっと繊細だと考えましょう。

2 具体的にはこうやろう。プライバシーへの配慮の仕方。(外国人編)

民泊ではプライバシーには干渉しすぎないことが大事!

では次は、プライバシーへの配慮の仕方を具体的に、民泊受け入れの中でどう実践すれば良いか、それを解説していきます。まずは外国人ゲスト編から。

2-1.相手のプロフィールについてはなんでも尋ねてOK。

日本人は、女性の年齢を聞かないようにしたり、他者の職業を聞くことを失礼だと感じたりする傾向にあります。結婚/未婚やその理由についてもそうですよね。

しかし民泊で交流する外国人ゲストに対しては、そうしたためらいは不要と考えましょう。「失礼かもしれないから」と考えて口を閉ざすよりも、多少の失礼があろうと質問や会話を重ねていくほうが、相手は喜ぶはずです。

もし、どうしてもデリケートな質問に気後れしてしまうなら、「ベルギーの女性は一般的に、30歳くらいだと結婚している人は多いの?」というように一般論として尋ねてみると良いでしょう。

2-2.ノックさえすれば、ゲストの部屋を覗いたり入ったりしてもOK。

日本人は、他者の寝室やキッチン、冷蔵庫などを覗くことを失礼だと考えますが、外国人はこれらをあまり気にしていない人が多いです。

民泊のゲストは、あなたの家の客室に、スーツケースの中の荷物を思い切り並べ散らかしているかもしれませんが、それをホストファミリーに見られることをあまり気にしないでしょう。ですから、用事があるならどんどん、客室をノックして大丈夫です。「リビングに出てきたときに用事を伝えればいいや」などと消極的になる必要はありません。

2-3.客室にもバスルームにもカギは必要ない。

日本人は、宿泊施設に泊まる際、客室やバスルームにカギが掛かるか否かを気にする人が少なくありません。しかし、およそ日本人以外の人々は、こうしたことをあまり気にしてはいないようです。

「民泊を営んでみたいけどウチの寝室や浴室はカギが掛からないし・・・」などとためらっているなら、気にせず民泊受け入れを始めてみましょう。

2-4.むやみに小声にならなくて大丈夫。

日本人は、来客があれば静かに過ごさなければならないと考える傾向にありますし、わが子に「おとなしくしなさい」と注意したりします。

しかし、外国人ゲストはあまり、家の中の物音を気にしないでしょう。子供たちがハシャいでいてもクレームにはなりませんし、きょうだいゲンカや親子ゲンカを見せてしまうことがあっても、大丈夫です。

3 具体的にはこうやろう。プライバシーへの配慮の仕方。(日本人編)

民泊ではプライバシーには干渉しすぎないことが大事!

次は、日本人ゲストを受け入れる際のプライバシーの配慮の手引きを解説していきます。

3-1.リビングでの「シェアルーム」はNGと考えて。

Airbnb(エアビーアンドビー)では、空いている個室がなくても民泊ホストを行うことが可能です。リビングにソファーベッドを置いて、そこに眠ってもらうやり方で受け入れているホストもいるのです。

たしかに外国人ゲストには、こうしたプライバシーのまるでない環境でも気にしない人が少なくありませんが、日本人ゲストには少々厳しいものだと考えてください。もちろん、日本人のゲスト利用者の中にもリビング泊をいとわない人はいますが、このやり方では多くの日本人ゲストに選んでもらうことは厳しいでしょう。

3-2.大音量の音楽鑑賞やDVD鑑賞が好きなら、日本人ゲスト滞在中は控えよう。

日本人は、普段から非常に静かな環境で暮らしている人が多いです。そのため、隣の部屋から聞こえてくる雑音に対して、とても敏感。この繊細さは、外国人の比ではありませんん。

もしホスト家族の誰かが、大音量で音楽を聞いたり大迫力のホームシアターでDVD鑑賞したりする趣味を持っているなら、日本人ゲストの受け入れ中は控えるか、音量調節には慎重になりましょう。重低音だけがズンズン響くような音楽(動画)も同様です。

3-3.客室には立ち入らないようにしよう。

日本人は、自分のプライベート空間を見られることを嫌う傾向にあります。他人の家に泊まっている際も、自分が散らかした部屋を見られることを恥ずかしがります。

そのため、ゲストが日本人である場合、客室にはなるべく立ち入らないように気をつけてください。あなたが「3日おきにシーツ交換と清掃をしている」といったルールを設けているとしても、それを実行する際にはゲストに許可を請うべきです。シーツがシワになっていくことよりも、ホストに立ち入られることのほうがイヤだと感じる日本人ゲストは多いでしょう。

この場合、バスタオルを客室のドアの前に置いておいたり、「シーツを交換してほしいときは声をかけてくださいね」とゲストのペースを尊重するようにしたり、ゲストへの伝言・質問はメモを書いてドアに貼っておいたりすると良いです。おしゃべりや交流をするのも、客室ではなくリビングやホスト家族の寝室で行いましょう。

3-4.乳幼児が居るなら、リスティングに書くだけでなく問い合わせ時にも念押しを。

「保育園の喧噪でクレーム」というニュースが世間を賑わせたのは記憶に新しいですが、日本人には実際のところ、乳幼児のドタバタをストレスに感じる人が多いです。

もしあなたの家庭に小さなお子さんが居るなら、Airbnb(エアビーアンドビー)のリスティング(施設の詳細ページ)にその旨を記載するだけでなく、問い合わせをもらった際にも、「うちは小さな子供がいて騒がしいですが、大丈夫ですか?」と念押しをしてあげましょう。

3-5.室内ペットも嫌がる人は多い。やはり問い合わせ時に念押しを。

室内ペットに関しては、喜ぶ人と嫌がる人の差がとても大きいのが日本人です。

特に犬の場合、キャンキャンという鳴き声にプライベートを乱されると感じて嫌悪したり、眠りを妨げられて不快になる人が少なくありません。

室内ペットを飼っている場合もやはり、Airbnb(エアビーアンドビー)のリスティング(施設の詳細ページ)にその旨を記載するだけでなく、問い合わせをもらったときに念押しをしましょう。犬など鳴き声の大きなペットなら、外で飼っている場合も配慮すべきです。

3-6.日本人のゲストには、交流を好まない内向的な人も多い。

外国人ゲストの場合、もっぱら「民泊」という温かみのある環境を好んで泊まっている人が多いです。そのため、何か会話を振ってあげればとても喜ぶか、そうでなくても愛想よく対応してくれる人は多いでしょう。

しかし日本人ゲストの場合、民泊特有の交流を求めずに民泊をする人が少なくありません。宿泊代金を浮かせるためだったり、目当てのイベント会場に近いためだったり、出張先に近いためであったりするのです。

ですから、深く・長く会話をするか否かは、ゲストの様子をみながらケースバイケースで判断してあげてください。

4 民泊ゲストとの距離感を上手くつかむ3つのコツ。

民泊ではプライバシーには干渉しすぎないことが大事!

冒頭で述べたように、民泊のゲスト・ホストとの距離感を上手く掴めずに苦労やストレスを過剰に背負ってしまう人が、日本人には多いです。これは、これまでの生活環境・生活習慣によるもの(共同生活に慣れているかどうか)で、言葉でアドバイスを聞いてすんなり改善できるものではないでしょう。

何か、距離感を掴むコツはないのでしょうか?

4-1.外国人の感覚や民泊愛好者の感覚を掴みたいなら、外国のゲストハウスに泊まってみよう。

最もオススメなエクササイズは、ゲストハウスに泊まってみることです。それも、できれば外国のゲストハウスが理想的。

それにより、(民泊を好む)外国の一般的な旅行者がどのような感覚をしているか、たくさんの事例を一度に見ることができます。「これくらい物音がしていても気にしてない人が多いな」「これくらい汚れていても気にしていない人が多いな」「こんなに気安く赤の他人と談笑するんだな」といった姿を学習すると、民泊ホスティングに活かせるはず。

4-2.ゲストハウスに抵抗があるなら、外国の民泊に泊まってみよう。

特に年配の方や女性の方など、ゲストハウス泊には抵抗が大きすぎる人もいるでしょうか。その場合は、外国の民泊をゲスト利用してみることをオススメします。

民泊であればゲストハウスほど人口密度は高くなく、また、あなたに対するケアも充実します。プライバシーも多く保たれるでしょう。その中で、民泊特有の距離感を体験し、ホストの自然体な振る舞いを観察することができます。

4-3.民泊のゲスト利用にも抵抗があるなら、ペンションに泊まってみよう。

「民泊ホストをやってみたい気持ちは強いが、民泊で泊まるのはキツい・・・」と感じてしまうなら、ペンション泊を重ねてみてください。

ペンションは一般的に、プライバシーがホテル並みに非常にしっかりしています。カギもかかりますし、浴室が共同ということはまずありません。しかしペンションの経営者は、民泊のホストと同じように人懐こい人が多く、あなたが話しかければ民泊と同じような交流を得ることができるでしょう。

また、生活とホスティングが一体化している点もペンションは民泊に酷似しており、ペンションオーナーの振る舞いを観察することは、民泊ホストの振る舞いを知るうえでかなり参考になるはずです。

民泊スタートアップnaviでは、エアビーアンドビーなどの民泊ホストに必要なノウハウを、物質面だけでなくメンタル面もサポートしています。他にも気にやむことがありましたら、トップページや同一カテゴリーからお望みの記事を探し、お役立てください。

まとめ。

【日本人と外国人では、プライバシーへの感じ方がけっこう違う!】

  • 外国人は、あなた(日本人)ほどプライバシーを気にしていない。
  • 欧米人は、若い女性でさえも平気でゲストハウスのドミトリーに泊まる。
  • 外国人の家に泊まる/外国人を家に泊める場合、プライバシーに対してもっと鈍感でも良いかも。
  • 日本人ゲストを多く受け入れたいなら、プライバシーへの配慮は強めに!

【具体的にはこうやろう。プライバシーへの配慮の仕方。(外国人編)】

  • 相手のプロフィールについては、臆せずなんでも尋ねてOK。
  • ノックさえすれば、ゲストの部屋を覗いたり入ったりしても大丈夫。
  • 客室にもバスルームにもカギはあまり必要ない。
  • 来客中だからといってむやみに小声にならなくて大丈夫。

【具体的にはこうやろう。プライバシーへの配慮の仕方。(日本人編)】

  • リビングなど共有空間での「シェアルーム」はNGと考えて。
  • 大音量の音楽鑑賞やDVD鑑賞が好きな人は、日本人ゲスト滞在中は控えよう。
  • 日本人ゲストの客室にはなるべく立ち入らないようにしよう。
  • 家に乳幼児が居るなら、Airbnb(エアビーアンドビー)のリスティング(お部屋の詳細ページ)に書くだけでなく、問い合わせ時にも念押しを。
  • ペットも嫌がる人は多い。やはり問い合わせ時に念押しをしておいて。
  • 日本人のゲストには交流を好まない内向的な人も多いので、深く交流するか否かはその都度相手を見て判断を。

【民泊ゲストとの距離感を上手く掴む、3つのコツ。】

  • 外国人の感覚や民泊愛好者の感覚を掴みたいなら、外国でゲストハウスに泊まってみよう。
  • ゲストハウスに抵抗があるなら、外国の家庭民泊に泊まってみよう。
  • 民泊のゲスト利用にも抵抗があるなら、ペンション泊を重ねてみよう。

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)