バブルが弾けた1990代初頭以来、何においても盛り上がりに欠ける日本の中で、「民泊」ほど右肩上がりという言葉の当てはまるカテゴリーは無いかもしれません。

民泊は、ここ5年ばかりの間に世界中を席巻し、もはや宿泊ビジネス・宿泊形態において一つの重要な柱に成長してきています。

民泊をあまり利用しない日本人にとってはピンとこないことかもしれませんが、世界視野で見たときにどれだけ民泊カテゴリーが大きな存在感を獲得してきているか、それは目を見張るものが!

当ページでは、民泊の利用者数の伸びやその社会的影響について解説します。

民泊といってもAirbnb(エアビーアンドビー)にまつわるものが中心となりますが、細かなデータを取っているのがAirbnbくらいなものですから、ご容赦いただければ幸いです。

1 「民泊…?」とピンとこない人が多いのは、ここ5年ほどの流行だから。

民泊 利用者 増加 流行

「民泊が世界で流行している」「民泊が一つの宿泊形態として確立した」「民泊ビジネスが盛況である」などと言われても、ピンとこない人は少なくないでしょう。

なにしろ宿泊者として民泊を利用する人の少ない日本では、実感している人は少ないかもしれません。さらには、民泊というカテゴリーが隆盛してきたのはほんの5年ほどのことなのです。日本についてのみ言えば2014年からの2年ほどに過ぎず、まだモバイルゲームを高校生しか知らないのと同じようなものでしょうか。

1−1.民泊ブームを押し上げたのは、なんと言ってもAirbnb!

「民泊と言えばAirbnb(エアビーアンドビー)」と言っても過言でないくらい大きな存在感を示しているのが、アメリカ発の民泊仲介サイトAirbnb。まずはAirbnbを知ることから始めましょう。

1−1−1.民泊モンスターサイトの誕生は、小さな民泊から始まった。

Airbnb(エアビーアンドビー)は2008年、アメリカのロサンゼルスで産声を上げています。産声という言葉がピッタリくるような、ビジネスにおいては素人とも言える若者たちの、小さな部屋貸し小遣い稼ぎが発端でした。

1−1−2.瞬く間に世界を席巻!

しかし、創業者の彼らには、斬新なアイデアと有能な仲間、そして何よりも、世界同時不況のあおりゆえ、「安く泊まりたい」というたくさんのニーズがあったのです。

そのため、Airbnb(エアビーアンドビー)が世界を席巻するのはあっという間でした。2012年頃にはもう、遠く大西洋を越えてヨーロッパ各国でも一大カルチャーとして大衆権を得るほどに成長しています。

1−1−3.2014年には日本支社が誕生。日本語でも利用ができるように。

日本に本格的に上陸したのは2014年5月のこと。ついにAirbnb(エアビーアンドビー)の日本支社が東京に立ち、日本語でサイト利用することができるようになりました。

また、「誰でも起業できる」「空き部屋が収入に変わる」という手軽さから、起業家や投資家たちを中心にクチコミが広がっていきます。そのため日本では、「カルチャーの1つ」というよりも、「ビジネスの1つ」という印象を抱いている人が多いのです。

1−1−4.もはやエクスペディアをしのぐ勢い!

2014年からのここ2年ほどにおける、日本のAirbnb(エアビーアンドビー)の伸びはすさまじいものがあります。登録ホスト件数は30,000件を超え、今やどこの町にも、数件ずつはAirbnb物件を見つけることができるでしょう。

同時に、世界全体でもAirbnbの伸びは順調で、Airbnb社の時価総額やヨーロッパにおける利用者数は、もはや世界最大のホテル検索サイト・エクスペディアをもしのぎそうな勢い!

「エクスペディアと肩を並べている」と言えば、日本の皆さんにもAirbnbの快進撃がどれほどのものか、おわかり頂けるのではないでしょうか。

1−2.見直されはじめている、古き良き民泊。

ご存じのようにAirbnb(エアビーアンドビー)は、投機型ホストや一部の外国人ゲストのマナー違反によって問題をまき散らしてもいます。

しかしその一方で、「民泊」という文化や体験、宿泊形態が大きく脚光を浴びせる役目を果たしました。

1−2−1.「農家民泊」は日本独自の、そして日本らしい民泊カルチャー。

日本ではAirbnb(エアビーアンドビー)に負けじと、「とまりーな」という体験民泊(農家民泊)専門のサイトが台頭してきています。

農家民泊は、実は2007年くらいに日本で芽を出しはじめていたのをご存じですか?しかし当時は、あくまで各地方自治体が地域の民泊をとりまとめてささやかにサイトを作る程度で、利用者もエコツーリズムやグリーンツーリズムに興味の強い一部の日本人に限られていました。

「とまりーな」の登場は、バラバラだった農家民泊の検索サイトが統一され利用しやすくなり、また農家民泊をキャッチーなものにした功績もあると言えそうです。

1−2−2.各地の学校が、民泊を修学旅行に活用しはじめた!

さらに興味深い現象として、各地の中学・高校が、修学旅行時の宿泊場所や体験コンテンツとして民泊を選択する流行が起きてきていることは、特筆すべきことでしょう!

「とまりーな」や農業民泊の活況は、経済的動機が大きな引き金になっている実情もありますが、学校の修学旅行民泊は様子が異なります。経済効果やビジネス云々ではなく、純粋に民泊体験の持つ様々な側面が、子供たちの情操教育にとても有意義であると認められたゆえのものです。

「学歴世界一位!」などと数字ばかりを追いかけたがる日本政府が、本当に価値のある情操教育に目を向け重要視するようになったことは、これからの日本にとってどれほど有意義かはかり知れません。

1−2−3.若者たちには、民泊への潜在的な憧れがある?

日本は基本的に、民泊を毛嫌いする傾向が強い国と言えます。

日本のAirbnb(エアビーアンドビー)の宿泊利用者数の90パーセントは外国人によるものという統計が出ていますが、実際に日本人は、民家宿泊をあまり積極的に行う様子はありません。「怖い」「交流が面倒くさい」といった動機のほか、過剰潔癖な傾向にある現代日本人にとって、他人の家で寝泊まりすることに不潔感めいたものをおぼえる人が少なくないようです。

しかし、テレビに目を向けてみるとどうでしょうか?東京の洗練されたマンションを舞台に繰り広げられるトレンディードラマは軒並み視聴率を落とし、代わりに流行しはじめたのは、地方の民家に宿泊をしたり、無名な町をぶらり散歩するような、人情とローカリズムに溢れた内容のものが目立ちはじめました。

大衆娯楽のこうした人気推移傾向には、日本人にも、特に若者たちに、潜在的に民泊的な交流への憧れがあることを示していると言えないでしょうか?

2 民泊ビジネスが盛況!…というわけではない!?

民泊 利用者 増加 盛況 ビジネス

民泊を利用する人の数は、世界規模でどんどん増えています。それは前述のとおり、Airbnb(エアビーアンドビー)がエクスペディアを凌駕するかもという統計結果が端的に示しているのですが、しかし、だからといって「民泊をやれば儲かる」という話ではないのです!

2−1.Airbnbの年間平均稼働日数は73日。平均収益額は93万円…?

下記の数字を見てください。

年間平均稼働日数:73日。
年間平均収益額:約93万円。

これが、盛況盛況と言われているAirbnb(エアビーアンドビー)の、2015年における実際的な稼働状況です。

大人気と言えども、ホストの2人に1人は年間に73日しか予約が埋まっておらず、93万円以下の収入しか得ていません。

2−2.投機ビジネスとしては成立しない!

年間93万円程度の収益見込みでしかないならば、ビジネスとしてわざわざ物件を借りてきて営もうとすると、痛い目を見ることになります。支払う家賃だけで年間93万円は大きく超えるであろうことが、明白ですよね?

2−2−1.民泊で月収30万円も得られたのは例外的な話!

日本では、Airbnb(エアビーアンドビー)民泊が「儲かるビジネス」として語られることが多いのですが、それはマユツバということなのです。

たしかに、Airbnb民泊で月収何十万円も稼いだホストがいたのは事実なのですが、それは日本にほとんどAirbnbホストが居なかった時代の、居なかったゆえの成果にすぎません。

それは2014年頃の話であり、それからホストの数(=競合者)が何倍にも膨れ上がった今、1泊15,000円の部屋が連日大盛況になったりはしないのです。

2−2−2.2016年秋の東京ホストの平均月収は、12万円がせいぜい…。

世界平均と東京平均は違う!と反論したくなる人もいることでしょう。しかし、東京の平均稼働率がどの程度であるかも、リアルに数字が出ています。

Airbnb(エアビーアンドビー)のサイトを開いてみてください。「あなたもホストをしてみませんか?」と促すページでは、随時そのときの平均稼働率が具体的な数字で表示されます。

2016年秋の現段階では、東京のファミリー物件の平均的な収入は、「約30,000円/週」です!月額に直すと約12万円。さて、東京のファミリー物件が1ヵ月12万円で借りられるでしょうか…!?

青ざめるような数字ですね!東京の平均的なホストたちは、家賃が払えるか払えないかという収益しか得られていないのです!

2−2−3.年収100万円以下で、世界のホストが喜べる理由は?ホームステイ型だから。

では一体なぜ、海外のAirbnb(エアビーアンドビー)ホストは、年間稼働日数73日、年間収益93万円程度で「大盛況!」と盛り上がっているのでしょうか?

その答えは、海外のAirbnbホストの多くが、投機型民泊ではなくホームステイ型民泊を営んでいるからです。

ホームステイ型民泊の場合、毎月の支出はほとんどありません。それでいて年間93万円=月収80,000円近くも得られるのですから、それは確かに、ご満悦ですね。

2−2−4.日本で主流の投機型民泊に、未来はない…。

意味がおわかりですか?民泊が割りの良い副業と言えるのは、「住んでいる家の一室をノーコスト(ローコスト)で提供するから」なのです。

これが投機型民泊のように毎月10万円以上ものランニングコストをかけて営むとなると、まったく割りの合わないビジネスに成り下がってしまいます。

この非収益性は、これから民泊カルチャーが普及していけばいくほど、ホストの数が増えていけばいくほど、深刻になっていく、稼げなくなるということです。

民泊利用者数はどんどん増加していくでしょうが、投機型民泊に、未来はありません…。

3 民泊を利用しているのは誰なのか?

民泊 利用者 増加

民泊の利用状況について調べてみると、様々なデータが飛び交っていることに気づきます。あるサイトでは「中国人ばかり」と書かれ、またある会社のリサーチでは「欧米人の交流好きがメイン層」というように…。

要するに、民泊の利用者は多種多様であり、時期や地域によって統計結果に違いが出ているだけのようです。

このトピックでは、主要な民泊の利用者層について解説していきましょう。

3ー1.爆買いが好きな中国人観光客。

「日本のAirbnb(エアビーアンドビー)ゲストの半数を中国人が占める」といったレポートは多いです。

中国人の場合、いわゆる「爆買い」と言われるバブル旅行者の利用が多く、彼らは日本人Airbnbホストに多い家主不在型民泊を好む傾向にあります。

普段はホテルを利用しており、宿泊先ではシーツ交換もペットボトルを捨てるのも従業員がやってくれるものだと考えるため、民泊マナーがあまり良くありません。民泊トラブルが話題になるとき、当事者となっているのはこのタイプの人々であることが多いです。

つまり、家主不在型の民泊を営むなら、中国人の爆買い層のマナートラブルに遭遇する可能性は高くなるでしょう。

最近、「デパートから中国人爆買い客の姿が消えた!」といったニュースをよく見ますが、するとこの層の家主不在型民泊の利用数はこの先…?

3ー2.満室だったホテルの代わりに選ぶ人々。

「満室になってしまったホテルの代わりに民泊を選ぶ人が多い」といった記述もよく目耳にします。この層もやはり、普段はホテルを好むタイプの人々で、民泊特有の家庭的な雰囲気を好んでいるわけではありませんし、家庭泊のマナーを心得ているわけでもありません。

また、ホテル不足は時流に合わせて建設がなされ、次第に解消されていくでしょう。すると、「ホテル代わり」タイプの利用者層は、減少していくことが予想されます。

いずれにせよ、本来ならばホテルを選んでいるはずの客層を意識してホテル風な(インテリアを都会的にしたりアメニティグッズを充実させたり)民泊を営むのは、あまり得策とは言えないでしょう。

3ー3.宿泊費を節約したいバックパッカー。

Airbnb(エアビーアンドビー)の広告バナーでも、大きなリュックを背負ったバックパッカー風情の若者が握手している写真を用いていますが、宿泊費を節約したがっているバックパッカー層もAirbnbのメイン層だと言われています。

彼らは、設備があまり充実していなくても建物が古くても文句を言いませんが、やはり値段にはシビアです。比較の対象がゲストハウスであり、ゲストハウスは2,000円以下が主流なので、2,000円以下の値付けをしないと利用してはもらえないでしょう。

いえ、2,000円以下でもシェアルームタイプであればゲストハウスのドミトリー部屋と大差なく、つまり競争に勝つことはできません。2,000円以下なのに個室に泊まれるということになれば、選んでくれるゲストは多くなります。

彼らの多くは、初対面の人との交流を苦にしないばかりか好むので、彼らをもてなすことはとても楽しい体験になることが多いです。やや清潔観念の低いゲスト、マナーの悪いゲストも見受けられます。

3ー4.ローカル体験を求める欧米人旅行者。

民泊ブームをけん引した立役者ともいえるのが、このタイプの人々。ホテルの代わりを求めているわけでも安い宿泊施設を求めているわけでもなく、純粋にホームステイ体験に強い興味を抱いています。

また、各地のローカルな特色にも興味を持っているため、下手にオシャレに繕うよりも、古風な日本家屋の雰囲気を残した施設のほうが好まれるようです。つまり、ホテル風のインテリアで着飾っても、この層とは引き合えないでしょう。

概してマナーは良く、お土産をいくつも持参してくれる人すら少なくはありません。話や交流は盛り上がり、ホストにとってもとても楽しい体験となるでしょう。この層を多く泊めているタイプのホストは、「民泊の客がウザい」などと民泊ノウハウサイトやブログで愚痴るようなことは少ないはずです。

3ー5.風変わりな宿泊施設を求める旅行者。

Airbnb(エアビーアンドビー)は、民泊サイトを銘打つ傍ら、お城やツリーハウスといった変わり種の物件を登録していることも大きな特色になっています。

この層は、風変りな体験のためなら大きな出費も厭わないお金持ちが多く、1泊20,000円を超えるような物件でも利用するようです。日本には変わり種物件は少ないため、これから日本でAirbnbに挑戦するならこのコンセプトを狙うのが面白いかもしれません。

3ー6.実は女性が多いという事実。

Airbnb(エアビーアンドビー)や民泊は、男性ゲストがメインだと思っていませんか?女性はあくまで、男性ゲストの付き添いとして泊まる程度のもので、他人の家に泊まることを好まないようなイメージがありますね。

しかし意外にも、Airbnb利用者の57パーセントが女性であるという統計が出ています。外国人の女性は、私たち日本人が思っているよりも民泊というものに対してオープンであるようです。

「どうせ男性ばかりだろう」などとは思いこまず、女性に好感を持たれそうな部屋づくりを心掛けると、稼働率は伸びるかもしれません。女性は2人客が多いため、1泊あたりの単価も伸びるでしょう。

3ー7.フリーランサーの出張利用。

意外に思うかもしれませんが、出張での利用も少なくはありません。大手企業や商社の場合、出張の宿泊費が経費で落ちるため、ビジネスホテルの利用が多くなります。しかしフリーランスで仕事をしているシステムエンジニアや建築関係者、電気工事関係者などは、経費を浮かすためにホテルよりも格安なAirbnb(エアビーアンドビー)民泊を上手く活用しているのです。

この層の人々は、立派な社会人ゆえマナーがとてもよく、ホストとしては大助かりですね。また、特殊な仕事をしている人が多いため、あれこれ質問してみれば面白い話がぽんぽんと飛び出してくるでしょう。

4 民泊の今後の展望。

民泊 利用者 増加

民泊ユーザーが増加し続けていることはわかりました。ではこれからは、民泊業界はどのような展望を見せていくのでしょうか?そして、社会への影響は?

4−1.大手の参入で新たな流れが始まる。

これまで、日本のAirbnb(エアビーアンドビー)民泊は、個人規模のホストや投機家によって支えられてきましたが、業界の活況に目をつけ、大手企業が参入しはじめています。

特に建設関係の大手は、自ら大型の宿泊施設を造り、効率よく多人数を収容するゲストハウスやシェアハウスのようなスタイルを企てているようです。これにより、安さや管理者不介入だけをウリとしていた家主不在型民泊は淘汰されていくでしょう。

4−2.投機型の民泊は生き残りが難しい。

投機型民泊の受難は、大手資本の巨大施設にパイを奪われるだけではありません。日本各地のマンションや自治体はAirbnb(エアビーアンドビー)民泊に難色を示しており、特に管理者が常駐しない民泊施設に関しては営業を認めなくなってきています。この流れが大きく変わることはないでしょう。

また、日本政府も投機型民泊を民泊とは認めない方針で、「グレーライン」と揶揄される投機型民泊は完全にブラック扱いされるようになってしまいそうです。「対面チェックインの義務化」「年間営業日数180日以内」あたりが法制化すると、いよいよ投機型民泊は経営ができなくなります。

4−3.価格の下落はまだまだ続く。

つい1年ほど前まで「1泊3,000円」と言われていた「個室」タイプの民泊相場も、2016年秋、すでに1泊2,000円前後まで下がってきています。コストのかさむ投機型ホストはこの価格ラインについていけなくなっているでしょうが、相場価格はまだ下がるでしょう。

ホームステイ型民泊のホストにとっては、コストが掛かっていないゆえ黒字最低ラインというのは無いに等しいので、Airbnb(エアビーアンドビー)社が設けている最低限度額10ドル(約1,000円)までは、下げ競いが続くと予想されます。

4−4.超大手とホームステイ型民泊だけが生き残る。

こうしてみていくと、日本のAirbnb(エアビーアンドビー)ブームを騒がせた投機型ホストの面々は、価格競争と法規制の壁に阻まれて、淘汰されていくでしょう。「最初は投機型ホストがけん引し、成熟期にはホームステイ型が主流となる」という構図は、Airbnbの創始者も端から予想していたとコメントしています。

ビジネスとしての民泊は、超大手の担う大型施設だけが生き残り、それ以外は各地のホームステイ型民泊のホストが気ままに運営していくような様相になりそうです。

4−5.民泊のそれが飛び火し、宿泊業界全体の低価格化が進んでいく。

超大手の民泊にせよにホームステイ型民泊にせよ、1泊の値段は2,000円を切る程度の格安値となるでしょうが、この低価格化は従来のホテルや旅館にも影響を与え、宿泊業界全体の価格低下が為されるでしょう。

この「簡素化&低価格化」の流れは、同じく旅行業界においてもはや大衆権を得た、LCC(格安航空券)の起こした価格破壊によく似ています。

4−6.若者たちの人情回帰が、思いがけない展開を生む?

現状では日本人は民泊宿泊を好まないので、いくら安価で良心的なホームステイ型民泊が増えても宿泊客は外国人ばかりになりそうです。しかし、変化の兆しはあります。

前述のとおり、近年の若者たちには民泊的な交流やローカリズム、共同生活に親しみをもつ人々が少なくありません。彼らが成人し、経済的余裕と社会的自由を手にしたとき、何か思いがけない、今までの日本には無かったような、民泊的な共同生活カルチャーを作りあげる可能性を感じます。1970年代頃のアメリカのヒッピーカルチャーに近いムーヴメントが、日本にも起こるのでしょうか?(民泊というよりはシェアハウスを舞台に営まれるものかもしれませんが。)

ヒッピーを良い文化と言ってよいものかはわかりませんが、民泊の持つ人情的な魅力が日本に根付いていくのであれば、それは何か有意義で面白いことになるかもしれませんね。

民泊スタートアップnaviでは、民泊運営のノウハウにとどまらず、各種民泊事例に関するコラム記事も独自の視点でお届けしています。トップページから興味あるテーマの記事を探し、あなたの民泊ライフにお役立てください。

まとめ。

【民泊とは、ここ5年ほどに起きた流行。】

  1. 民泊ブームを押し上げたのは、なんと言ってもAirbnb(エアビーアンドビー)!
  2. 民泊モンスターサイトAirbnbの誕生は、創業者たち自身の手による小さな民泊から始まった。
  3. Airbnbは瞬く間に世界を席巻!2012年にはもう、ほぼ全世界を網羅していた。
  4. 2014年には日本支社が誕生した。日本語でも利用ができるようになり、日本人の利用者、特に投機目的のホストユーザーが急増する。
  5. Airbnbの時価総額やヨーロッパでの利用者数は、もはやエクスペディアをしのぐ勢い!
  6. Airbnbをキッカケとして見直されはじめている、古き良き民泊。
  7. 「農家民泊(体験民泊)」は日本独自の、そして日本らしい民泊カルチャー。
  8. 各地の学校が、民泊を修学旅行の宿泊場所や体験プログラムに活用しはじめた!
  9. テレビで高視聴率の民家宿泊バラエティやぶらり町歩きバラエティから、若者たちの民泊への潜在的な憧れが見てとれる。

【民泊ビジネスが盛況というわけではない!?】

  1. Airbnbの昨年の年間平均稼働日数は73日、平均収益額は93万円に過ぎない。
  2. 年間の収入見込み額が93万円程度では家賃すら払えず、投機ビジネスとしては成立しない!
  3. 民泊で月収手取り額30万円も得られたのは、ライバルの少なかった2014年頃だけの話。
  4. 2016年秋の東京ホストの平均月収は、12万円がせいぜい。そこから家賃や光熱費、代行業者への手数料を差し引いたら…?
  5. 年収100万円以下で世界のホストが喜べる理由は?それは、ランニングコストの掛かからないホームステイ型だから。
  6. ホストが増えれば増えるほど、投機型民泊は儲からなくなる。日本で主流の投機型民泊に、未来はない…。

【民泊(Airbnb)を利用しているのは誰なのか?】

  1. 爆買いが好きな中国人観光客。マナーがあまりよくない傾向にあり、この層をターゲットにするならトラブルには要注意。
  2. 満室だったホテルの代わりに選ぶ人々。民泊に興味を持っているわけではないので、ホテルが建設されたらこの層は離れていく。
  3. 宿泊費を節約したいバックパッカー。「個室かつ2,000円以下」でないとゲストハウスには勝てない。交流好きが多く、もてなすと面白い。
  4. ローカル体験を求める欧米人旅行者。マナーも良く交流好きな人が多く、もてなすと面白い。お土産をくれる人も。
  5. 風変わりな宿泊施設を求める旅行者。Airbnbにはツリーハウスやお城などもあり、それを求める層は多少高い値段でも払う。日本では穴場なのでチャレンジの余地あり。
  6. Airbnbは実は男性よりも女性ゲストのほうが多い。女性に好感度の高い部屋作りを心がけたほうが良さそう。

【民泊の今後の展望。】

  1. 大手の参入で新たな流れが始まる。シェアハウスやゲストハウスのような大型物件が増えていく見込み。
  2. 投機型の民泊はそれら大型物件にゲストを取られ、さらに規制が強化されていくため、生き残りが難しい。
  3. 個室1泊の相場は1年前の3,000円から2,000円程度まで下がっているが、下落はまだまだ続くだろう。1,000円まで下がるかも?
  4. 価格破壊が進むと、超大手とホームステイ型民泊だけが生き残る。個人規模の投機型民泊ではコストが回収できない。
  5. 民泊のそれが飛び火し、ホテルや旅館など宿泊業界全体の低価格化が進んでいくと思われる。
  6. 宿泊業界の価格破壊と若者たちの人情回帰が融合すると、アメリカにあったヒッピー文化の再来など、思いがけない展開を生む?

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)