Airbnb(エアビーアンドビー)が流行したことにより、「ホームステイ」や「民泊」という言葉が飛び交う頻度も増えました。しかし、こうした話題を交わしていると、どうも各々の抱いている「ホームステイ」や「民泊」という言葉のニュアンスに、若干のズレが生じていることが多いです。

特に近年の民泊は、違法か合法かという大きな問題をはらんでいますから、ニュアンスが異なったまま他者と議論を進めるのは、危ういですね。

ホームステイと民泊、この2つの言葉には、どのような違いがあるのでしょうか?

1 ホームステイとは?

ホームステイと民泊の違い。

ホームステイとは何でしょうか?

1-1.ホームステイとは?ウィキペディアの見解は?

それを定義する手がかりとして、まずはウィキペディアを参照してみましょう。

【ホームステイとは、留学生などが、その国の一般家庭と寄宿し、生活体験をすることを指す。またはその制度。】

1-2.ホームステイとは?国語辞典の見解は?

大手の国語辞書の1つである「大辞林 第三版」の見解はどうでしょうか。

【ホームステイとは、外国の家庭に滞在し、広く生活を体験することを指す。】

1-3.一般論としては、外国人留学生が一般家庭に寄宿する様子を指すことが多い。

世の中の一般的な風潮としては、ウィキペディアが説明するように、外国人留学生が一般家庭に寄宿し、その国の生活や文化を体験する様を指すことが多いようです。

1-4.外国では、留学生の受け入れに限定された言葉ではない。

ただし、外国ではその限りではありません。

日本以外の多くの国では、単純に一般家庭に宿泊滞在する様子を、広く「ホームステイ」と表現しています。

そもそも外国には、「ホームステイ」と「民泊」というふうに2つの言葉があったりはせず、民泊的なニュアンスのものもすべて、「ホームステイ」という言葉でくくられるのです。

2 民泊とは?

ホームステイと民泊の違い。

では次に、民泊とは何でしょうか?ホームステイとの違いを見つけていきましょう。

2-1.民泊とは?ウィキペディアの見解は?

民泊の言葉の定義についても、まずはウィキペディアを参照してみます。

【民泊とは、旅行者などが一般の民家に宿泊することを意味する日本語の表現であるが、特に宿泊者が対価を支払う場合に用いられる。また、ホームステイと同義で用いられることもある。】

2-2.民泊とは?百科事典の見解は?

大手の百科事典の1つである「日本大百科全書(ニッポニカ)」の見解はどうでしょうか。

【民泊とは、個人が所有する住宅の一部や別宅、マンションの空き室などに、旅行者を有料で宿泊させること。元々は、民家に宿泊することを意味する言葉で、英語のホームステイhome stayと同義に用いられてきた。以下略。】

2-3.一般論としては、宿泊施設ではない一般家屋を有償で貸し出すさまを指すことが多い。

民泊とは、2017年頃の日本における一般論としては、正規の宿泊施設ではない一般家屋を、有償で貸し出すさまを指して用いられることが多いです。

いわゆるAirbnb(エアビーアンドビー)などのようなもののイメージですね。

2-4.ウィキペディアや百科事典が説明するように、ホームステイと同義で用いられることも多い。

しかし、すべての人、すべてのケースで、Airbnb(エアビーアンドビー)的な有償民泊の意味合いで用いられているとは限りません。

ウィキペディアや百科事典が示すように、ホームステイと同じ意味合いで用いられることも少なくありませんし、Couchsurfing(カウチサーフィンのような)無償での受け入れを、民泊と表すこともあります。

3 ホームステイと民泊の違いは?

ホームステイと民泊の違い。

では、ホームステイと民泊の違いについて、日本の世相を照らし合わせたうえでまとめてみましょう。

3-1.ホームステイと民泊の違いを、明確に定義づけることはできない!

回答としては元も子もないものとなってしまいますが、これが実情となっています。

「ホームステイ」「民泊」この2つの言葉の違いを、明確に定義づけることは非常に困難なのです。

3-2.話のニュアンスによって感じ分ける。または相手に尋ねて確認するしかない。

その会話や文章の中で、「ホームステイ」および「民泊」という言葉がどのようなニュアンスで用いられているのか、ホームテイとは違う意味で、または民泊とは違う意味で用いられているのかは、前後の文脈から感じ分けるしかありません。

または、相手に直接、「それはホームステイの意味ですか?」などと確認するしかなさそうです。

3-3.「私、民泊をやっているんです」だけでは、どんなニュアンスのものかは断定できない。

たとえば、誰かがあなたとの会話の中で、「私、民泊をやっているんです」と言ったなら、その言葉の意味は、他者が推測してもまったく要領を得ることはありません。

この表現だけだと、「私、自宅の一部を旅行者に無料で貸し出して、日がな交流を楽しんでいます。」という意味かもしれませんし、「私、自宅の一部を旅行者に有償で貸し出して、日がな交流を楽しみながら副収入も得ています。」という意味かもしれませんし、「私、自宅のそばに3LDKの一軒家を借りてきて、民泊代行業者に委託しながら手間をかけずに家賃収入を得る事業をしています。」という意味かもしれないのです。

これをハッキリさせるには、「お金を取っているんですか?」や「投機ビジネスタイプのやつですか?」といった質問を重ねる必要があるでしょう。

3-4.「民泊=有償」、「ホームステイ=無償」とも限らない。

多くの人は、「民泊」というのはAirbnb(エアビーアンドビー)などを用いた商業的な受け入れで、「ホームステイ」というのはボランティア的・非商業的な受け入れだと認識しているかもしれません。しかし、そうとも限らないのです。

「ホームステイ」というと多くの場合、外国人留学生を受け入れる取り組みを指します。この取り組みをボランティアだと思っている人は多いかもしれませんが、留学生受け入れは、無償のこともあれば有償のこともあります。

さらに、留学生受け入れではないホームステイも存在するので、「ホームステイ=無償」という観念はあまり正しくないと思っておきましょう。

3-5.「ホームステイ=家主が滞在している」というニュアンスはほぼ間違いない。

1つだけ、「民泊」と「ホームステイ」で明確な違いがあります。

「民泊」という言葉の場合、家主が滞在しているかどうかはわかりません。両方のケースがあります。

しかし、「ホームステイ」と表現されるなら、それはほとんど全てのケースにおいて、家主が滞在しながら他人を泊めている状態を指します。

そのため近年の民泊業界では、家主が滞在している形態のものを指す場合に「ホームステイ型民泊」と表現するのですね。

3-6.人情的な民泊を営んでいるなら、「私はホームステイ型民泊を営んでいます」と表現するのがベター。

そのため、あなたが家庭の一部を使って民泊を営んでおり、誰かと民泊についての話をする際には、「私はホームステイ型民泊を営んでいます。」といった表現をするのがベターです。

そうすれば相手は、「あ、交流を重視した暖かい民泊をやっている人なんだな」と察してくれるでしょう。

4 ホームステイ/民泊とシェアハウスの違いは?

ホームステイと民泊の違い。

Airbnb(エアビーアンドビー)よりも10年くらい前から台頭してきたシェアハウス。これも実は、ホームステイ/民泊とかなり類似性の高いものです。

4-1.シェアハウスには大型タイプと小型タイプがある。

シェアハウスは、2つの規模のものに二分できます。大型タイプと小型タイプです。

大型タイプのものは、5階建てマンションくらいのサイズのものが多いでしょうか。たくさんの個室があり、しかし普通のマンションとは違って大きなキッチンやリビングエリアがあります。このタイプの場合、そのシェアハウスのオーナーが住み込んでいることは稀で、大抵は雇われた管理人が住み込みで管理業務を請け負っています。

これに対して、小型タイプのものは、3~6LDK程度の普通の一軒家を用いているのが主流です。このタイプの場合、そのシェアハウスのオーナーは、その一軒家の一室に住んでいることが多いです。

4-2.小型タイプのシェアハウスは、ホームステイ/民泊ととても酷似している。

普通の一軒家を用いていて、オーナーがその一軒家に住んでいて・・・という具合に、小型のシェアハウスは「客室数の多いホームステイ型民泊」といった趣があります。

小型シェアハウスのオーナーは人との交流を好むことが多く、また、リビングにあるものなどを気軽に入居者にシェアしてしまう点などもホームステイ型民泊のホストとよく似ていますね。

4-3.シェアハウス独自の定義は?

定義上の違いとしては、

  1. シェアハウスは1カ月単位の入居契約である。
  2. シェアハウスは簡易宿所に似た認可が必要である。

という点がホームステイ/民泊とは異なっていますが、2.に関しては昨今の民泊と同じように、無認可で営業している小型シェアハウスも少なくありません。

5 ホームステイ/民泊とゲストハウスの違いは?

ホームステイと民泊の違い。

ゲストハウスと民泊/ホームステイを、同じものだとイメージしている人もいるようです。この2つはどのように違うのでしょうか?

5-1.ゲストハウスも、大型タイプと小型タイプがある。

ゲストハウスもシェアハウス同様、大型タイプと小型タイプに分類できます。そして大型タイプと小型タイプでは、オーナーの気質が異なる傾向にあります。

大型タイプのものは、3階建てのマンション程度の規模のものが多いでしょうか。もっと大きなものもあります。シェアハウスに比べてベッドメイキングなどやるべき業務が多く、数人はスタッフを雇わなければ回すことができません。準じて、接客・管理の責任者も別途に雇って運営していることが多いです。オーナーは時々顔を見せる程度でしょう。

小型タイプのものは、やはり3~6LDK程度の小さな物件を使ったものが多いですが、3~4LDK程度のマンションも多いです。これは、ゲストハウスの場合はシェアハウスと異なり、1室4ベッド程度のドミトリー(相部屋)でも集客が可能であるため。シェアハウスほど大きくなくても、収益が出せるのです。このタイプは、オーナーが自ら住み込んでいることが多いでしょう。

5-2.小型タイプのゲストハウスも、やはりホームステイ/民泊に酷似している。

ゲストハウスについても、小型タイプのものはホームステイ/民泊によく似ています。

オーナーはやはり、旅行者と交流することが好きで、「事業」というよりも「いきがいを兼ねた自営業」といったスタンスの人が多くなっています。彼らは人件費の節約のため、自らルームメイキングなどを切り盛りしていることが多いです。

「収容人数の多い民泊/ホームステイ」といった雰囲気なので、ゲストハウスと民泊/ホームステイを混同する人がいることも無理はありません。

また、国によっては「guesthouse」という単語が「民泊」といようなニュアンスの言葉に訳されることもあるのです。

5-3.ゲストハウス独自の定義は?

民泊/ホームステイとゲストハウスの明確な違いとしては、やはりゲストハウスの場合、旅館業法の認可を必要とした宿泊施設であることが挙げられます。シェアハウスとは異なり1泊から受け入れをするので、シェアハウス以上にホームステイ/民泊と酷似していますね。

ただし、この認可についても、小型ゲストハウスの場合は取得せずにひっそりと営まれているものも多いです。

6 ホームステイ/民泊とペンションの違いは?

ホームステイと民泊の違い。

ホームステイ/民泊とペンション、どのような違いがあるのでしょうか?

6-1.ペンションは、やや規模の大きいホームステイ/民泊と言える。

ペンションは、そのカタカナ表現がオシャレに見え、民泊よりもずっと人気のある宿泊形態ですが、実は内容としてはホームステイ/民泊と大差ありません。

物件のサイズが大きく、オシャレな内装のものが多いですが、これは西洋のペンションを模した結果にすぎず、つまり海外では、ペンションとはホームステイ/民泊とほぼ同じものを指します。

6-2.民泊嫌いの日本人。でも実は、昔から民泊を愛好してきた。

日本人は民泊ステイを毛嫌いする人が多いですが、実はペンションという形で民泊/ホームステイをずっと愛好してきたのです。

もちろん、ペンションのほうが接客がマニュアル化されておりこなれてもいますが、おもてなしの度合いとしては民泊/ホームステイもペンションと大差ありません。むしろ民泊/ホームステイのほうが、マニュアリックでないぶんキメ細かいことも多いくらいです。


民泊スタートアップnaviでは、民泊/ホームステイのノウハウやその魅力について、圧倒的な情報量で解説しています。他にも気になることがありましたら、カテゴリー分類を参考にお望みの記事を探し、新たなコラムをお楽しみください。

まとめ。

【ホームステイとは?】

  • 外国人留学生が一般家庭に寄宿する様子を指すことが多い。
  • 外国では、留学生の受け入れに限定された言葉ではない。

【民泊とは?】

  • 宿泊施設ではない一般家屋を有償で貸し出すことを指すことが多い。
  • しかしホームステイと同義で用いられることも多い。

【ホームステイと民泊の違いは?】

  • 「ホームステイ」と「民泊」の違いを、明確に定義づけることは困難!
  • 話のニュアンスによって感じ分ける。または相手に尋ねて確認するしかない。
  • 「私、民泊をやっているんです」だけでは、どんなニュアンスのものか誰も断定できない。
  • 「民泊=有償」、「ホームステイ=無償」というわけでもない。
  • 「ホームステイ=家主家族が滞在している」というニュアンスはほぼ間違いない。
  • 人情的な民泊を営んでいるなら、「私はホームステイ型民泊を営んでいます。」と表現するのがベター。

【ホームステイ/民泊とシェアハウスの違いは?】

  • 小型タイプのシェアハウスは、ホームステイ/民泊と非常に酷似している。
  • シェアハウス独自の定義は?
  1. シェアハウスは1カ月単位の入居契約。
  2. シェアハウスは簡易宿所のような認可が必要。

【ホームステイ/民泊とゲストハウスの違いは?】

  • 小型タイプのゲストハウスも、やはりホームステイ/民泊によく似ている。
  • ゲストハウス独自の定義は?旅館業法の認可を必要とする。シェアハウスとは異なり1泊から受け入れをするので、さらにホームステイ/民泊に近い。

【ホームステイ/民泊とペンションの違いは?】

  • ペンションは、やや規模の大きいホームステイ/民泊と言える。
  • 民泊嫌いの日本人。でも実は、ペンションという形で昔から民泊を愛好してきた。

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)