我が子が不登校になってしまったとき、親御さんにとって悩ましいことは、お子さんの将来への不安だけではありません。代替案となるフリースクールや家庭教師などが、どれもかなり高額であることです。そのため、「なるべく平穏に、公立の学校で高校まで卒業してほしい」と願ってしまう親御さんが多いようです。

そんなご家庭の場合、ホームステイを受け入れることによって、不登校のお子さんを教育していくアイデアは、いかがでしょうか?

1 学生が学ぶべきことって、何だろう?

ホームステイ(民泊)ゲストが子供の家庭教師に!?不登校克服にも可能性が。

お子さんが不登校に陥ると、「早く学校に復帰させなくては!」と焦りを感じる親御さんは多いです。

しかし、本当に普通学校に復帰させる必要性はあるのでしょうか?そもそも私たちは、何のために学校に通うのでしょうか?

1-1.学校に通うのはなぜ?職を得るため。まともな大人になるため。

学校教育というものがなぜ興り、義務化されたかと言えば、それは「農業に縛られず、自由に職業を得られるようになるため」でした。そういった理念から寺子屋は始まり、義務教育が確立されていったのです。

いつしか学校では、読み書き計算だけではなく礼儀や道徳も教えるようになりました。これは、社会に出たときに「ならず者だ」と思われないようにするためでした。

では、改めて考えてみましょう。

義務教育を全うし、高校や大学を卒業すれば、確実に職を、良い職を得られるのでしょうか?大卒の22歳は皆、立派な人格者となっているのでしょうか?

答えは「NO」でしょう。

1-2.現在の普通教育は、「職を得る」「まともな大人になる」ことの役に立っていない!

近年は、有名な大学を出ても有名な企業には勤められないどころか、中小企業に勤めることすら危うい時代になってきています。小中の義務教育はもちろんのこと、高校・大学と
13年間頑張って勉強に励んでも、「職を得る」という目的は満足に果たせていないのです・・・。

また、「荒れた成人式」というものが定番のニュースとなりはじめて久しくなります。数十年前よりも大学進学率は増えたはずなのに、新成人の精神性は下がっているということです・・・。

1-3.すると、普通教育に通うことは、実はあまり重要ではない。

つまり、このようによくよく分析してみると、中学や高校・・・普通教育に通うことは、あまり重要な役割を果たしていないということがわかります。

不登校のお子さんもその親御さんも、「立派な大人になるためにはちゃんと学校に通わなくちゃ!」と思い煩う必要はないのかもしれません。

1-4.「高卒」の肩書は取ったほうが良いかも?

しかし、現在の日本の実情としては、「高卒」という肩書は取得しておいたほうが良いかもしれません。「中卒」や「高校中退」が最終学歴であると、アルバイトですら雇ってもらえないことが多いためです。

一般的な企業にアルバイトせずに生きていける道があるなら「高卒」肩書きすらも気にすることはないでしょうが、多くの子供にとって、とりあえず毎月数万~十数万円を稼ぐことのできるアルバイト就労の道くらいは、確保しておいたほうが良いかもしれません。

1-5.とはいえ、ムリに学校に通わなくても「高卒」の肩書は取れる。

ミレニアムの頃から物事の多様化は進んでいますが、それは教育においても然りです。今の時代、高校の種類は非常に多岐にわたっています。

定時制や通信教育、専門学校のような高校がたくさん登場してきました。学校に通っていないためにセンター試験で満足な点数を取れない子供でも、高校に通い、高卒の資格を取ることは可能なのです。

1-6.職を得るため、まともな大人になるために必要なことは?中学一年生程度の国語と算数。

では、改めて考えてみましょう。職を得るために、まともな大人になるために必要な勉強は何でしょうか?

ある教育学者は、「中学校1年生程度の読み書き計算が出来れば、一般的な会社で働くことは出来る」と述べています。

これは私たちの経験則から言って、大体正解だと感じられます。まったく勉強しないと社会労働は厳しいですが、四則演算とマイナスの計算、小数点や分数、パーセンテージの計算ができれば、あまり困ることはありません。読み書きについても、今の時代多くの人々は、学校の教科書で見る文字量よりも、マンガや本、テレビなどで見る文字量のほうが多くなっており、それらで国語の勉強を代用することは可能なのです。

中学一年生程度の読み書き計算であれば、普通学校はもちろんのこと、フリースクールに行かなくても、家庭教師を付けなくても、お子さんの独学や親御さんのホームティーチングで教えられるのではないでしょうか?

1-7.社会性や協調性も大切。でもそれも学校に行かなくても磨ける。

学校で学ぶことは、勉強だけではありません。他者との付き合い方や行事への取り組みもまた大切なことですね。しかしそれらにおいても、必ずしも普通学校に行く必要はないと言えます。

2 新スタイル!ホームステイで受け入れた外国人が家庭教師に!?

ホームステイ(民泊)ゲストが子供の家庭教師に!?不登校克服にも可能性が。

不登校の子供に対して、学校に復帰させる必要性が低いだけでなく、フリースクールに通う必要性も高いお月謝の家庭教師を雇う必要性もないことがわかりました。

この記事で提唱する「ホームステイ受け入れ」は、学校教育の代替となるばかりか、むしろ学校教育よりも「有意義な教育」になる可能性があります!

2-1.ホームステイ受け入れで、学校教育では学べない有意義なスキルが身に付く!

自宅でホームステイ受け入れを行い、不登校のお子さんがゲストと交流したり運営の手伝いをするなら、学校教育では学べないたくさんの有意義なスキルが身に付くのです。

  1. ほとんどの日本人が苦手とする「英語力」が身に付く。
  2. ほとんどの日本人が苦手とする「コミュニケーション力」が身に付く。
  3. 学校では学べない「接客能力」が身に付く。
  4. 学校では学べない「経理の能力」が身に付く。
  5. 学校では学べない「事業プロデュース力」が身に付く。
  6. 学校の授業よりも「国際理解」が進む。
  7. 学校では学べない「博愛精神」が身に付く。
  8. 学校では得られない「グローバルなコネ」が得られる。

もう少し詳しく、解説していきます。

2-1-1.ほとんどの日本人が苦手とする「英語力」が身に付く。

ホームステイの主要ゲストは外国人。すると、受け入れを行うなら英語でのやり取りが必須となります。これにより、確実に英語力が向上するのです。

無理に「英語の家庭教師になって」などとお願いしなくても、ただ丁寧に接客や交流をするだけで、確実に英語の勉強ははかどり、上達します。

2-1-2.ほとんどの日本人が苦手とする「コミュニケーション力」が身に付く。

ホームステイ受け入れでは、見知らぬ人、しかも文化の違う外国人と、同居生活をすることになります。これにより、現代日本人の多くが苦手としている対人コミュニケーション能力が非常に発達します。これは思いのほか有意義なもので、人生のあらゆる場面で、役に立っていくでしょう。

2-1-3.学校では学べない「接客能力」が身に付く。

「礼儀を知らない新入社員が多い」といったニュースを近年よく目耳にしますが、つまり学校の勉強では、接客能力が身に付きません。しかしホームステイの受け入れをお子さんが手伝うなら、相手への配慮の仕方やメールの仕方など、様々な接客能力の勉強になります。

18歳や22歳の段階では、間違いなく他の同年代の若者よりも卓越した接客能力を見せつけられるでしょう。

2-1-4.学校では学べない「経理の能力」が身に付く。

不登校のお子さんがホームステイの受け入れに慣れてきたなら、ゲストと「交流する」だけでなく、「運営の手伝い」もしてもらうようにしましょう。お金の動きも把握させ、月の収益を教えたり、掛かる経費を教えたりしましょう。

こうした作業により、簡単な経理や収支の感覚を勉強することができます。

2-1-5.学校では学べない「事業プロデュース力」が身に付く。

お金の動きだけではありません。段階を見て、民泊事業のプロデュースもお子さんにやらせてみると良いです。「もっとお客さんを増やすにはどうしたらいいかな?」と問いかけて、内装のデザインを一新してみたり、リスティング(Airbnbの物件紹介のページ)の宣伝文句を考えさせてみてください。民泊のノウハウサイトをお子さんに検索させ、他所からアイデアを仕入れるということも有意義でしょう。

これにより、事業プロデュースの勉強をすることができます。

2-1-6.学校の授業よりも「国際理解」が進む。

学校の授業でも、特に社会科などで他国の歴史や文化を勉強することがあります。しかしこうした勉強では、日本人の多くはあまり優れた国際理解を得られていません。

ホームステイのゲストは、国際理解における素晴らしい家庭教師です。この点については、「あなたの国の文化について教えてください」とお願いし、会話を深めると良いでしょう。「どんなものを食べるの?」「日本のマンガで有名なものはありますか?」といった簡単なテーマからで構いません。自然と、様々な事柄に興味が広がっていくでしょう。

2-1-7.学校では学べない「博愛精神」が身に付く。

学校では、「違う人種の人と仲良くしましょう」といったことを教えますが、しかし日本人の外国人への嫌悪感情・警戒感情は年々深刻化しているかもしれません・・・。

博愛精神は、理屈で勉強するものではなく経験で身に付けるものです。ホームステイをしていると、中国人や韓国人、イスラム人や黒人など、多くの日本人が「嫌い・怖い」と言っている人々が来ることがあるでしょう。彼らと交流してみると、皆が嫌っている人種の人々の中にも善い人が大勢いることに気づけます。

なお、そのためには、ある程度ゲストを選り分けることが大切です。たとえばAirbnb(エアビーアンドビー)で集客するなら、プロフィールや他ホストからのレビューコメントをチェックしたり、問い合わせメールの態度などを観察し、不審に感じる人は受け入れをお断りしましょう。

2-1-8.学校では得られない「グローバルなコネ」が得られる。

ホームステイ受け入れをしていると、本当に様々なゲストが訪れます。中には商売をやっている人もいるでしょう。

たとえばあなたのお子さんが、勉強はできないけれど天才的な絵画の才能を持っているなら、「日本らしい絵を描いてくれないか?私はそれを自分の国で売りたい!」などと誘ってくれるかもしれません。このような素晴らしい出会いは、ホームステイでは本当によくあることなのです。

2-2.ゲストが家庭教師になってくれるの?家庭教師に「見立てる」だけ。

ホームステイ受け入れをするなら、不登校のお子さんにとって民泊ゲストが素晴らしい、かけがえのない家庭教師になってくれます。

といっても、これは「比喩」のようなものです。民泊ゲストはそれぞれに用事があって日本に来ていますから、「うちの子の家庭教師になってください」などとは言わないほうが良いです。「うちの子は外国人との交流に興味を持っていますから、ぜひトークをしてやってください」程度のことはお願いしても良いですが、「家庭教師になって」や「〇〇を教えて」は言い過ぎでしょう。

ゲストに多くを期待(要求)しなくても、毎日お子さんがホームステイ受け入れを精一杯楽しんでいるだけで、驚くほど多くのスキルを学ぶことができます。これは「できます」と言い切ることができます。

3 外国人ゲストが子供の英語勉強に有効な理由。

ホームステイ(民泊)ゲストが子供の家庭教師に!?不登校克服にも可能性が。

近年は、十代後半くらいの年齢でもう、起業をしてしまう若者も増えています。彼らに共通するのは、「英語を操れる」ということであり、「国際感覚を持っている」ということです。グローバル化の突き進む今の時代、英語勉強の重要性は国語や算数にも劣らないものとなってきました。

ほとんどの人は気づいていませんが、実はホームステイ受け入れというのは、海外留学よりも英会話スクールよりも、英語上達に役に立ちます!

ホームステイ受け入れが英語勉強に有効な理由を、簡単に5つ、挙げてみましょう。

  1. 英語は「習うより慣れろ」!毎日外国人と交流できるのはとても贅沢な環境。
  2. 民泊ゲストの英語はとても自然。リスニングの勉強にとても有意義。
  3. 民泊ゲストとの会話なら、それだけで実践的な英語が勉強できる。
  4. 民泊ゲストは様々な国から訪れる。様々な英語を勉強できる。
  5. 民泊ゲストとのコミュニケーションなら、「勉強」という意識ナシで英語勉強できる。

4 不登校の克服や自立のキッカケとなるホームステイ受け入れ。

ホームステイ(民泊)ゲストが子供の家庭教師に!?不登校克服にも可能性が。

ホームステイ受け入れをやっていると、不登校を克服して学校に通いはじめるケースもあります。一体どういう仕組みなのでしょうか?

4-1.日本人特有の神経質・完璧主義な気質が、外国人との交流で薄れていく。

「内気だった子が、海外留学を経て社交的になって帰ってきた」といった話をよく耳にしますね。これと同じような効果が、ホームステイ受け入れにもあるのです。

日本人は他の国の人々に比べて、神経質であったり完璧主義であったりする傾向にあります。そして、そうしたモノの考え方こそが、学校を嫌な・怖いものに感じる原因で、不登校を誘発してしまうことが多いのです。

しかし、ホームステイで外国人と交流していると、外国人特有の明るさ、気さくさ、積極性、社交性、オープンさ、ストレートさといった日本人が苦手にしがちな性質の影響を受けます。これに感化され、不登校のお子さんもこのような性質を帯びてくるのです。

すると、これまで気になっていたことが気にならなくなり、「やっぱり学校に行く!」と言い出すことがあります。

4-2.ホームステイでスキルを磨き自信が付くと、学校が怖くなくなる。

不登校の子は、一度不登校になってしまうと、「しばらく学校に行っていない」という事実が登校したくない要因として折り重なってしまう傾向にあります。「勉強についていけない」という恐れと苦痛ですね。学校は学力でばかり人を測るため、余計にこのように追い込まれやすくなります。

しかし、ホームステイ受け入れの経験の中で、英語のスキルや接客スキルなど、他のクラスメイトが持っていなさそうなスキルを身に付けたなら、自分に自信が持てます。そして、「別に学力が劣っていてもいいや」と気持ちが軽くなり、学校に行きやすくなるのです。



民泊スタートアップnaviでは、ホームステイ受け入れを始めるためのノウハウについても、たくさんの充実した記事で解説をしています。画面右側の検索窓から気になるキーワードを検索し、ホームステイの勉強にお役立てください。

まとめ。

【学生が学ぶべきことって、何だろう?】

  • 学校に通うのはなぜだっけ?職を得るため。まともな大人になるため。
  • 現在の学校は、「職を得る」「まともな大人になる」ことの役に立っていない!
  • すると、普通学校に通うことは、実はあまり重要ではない。
  • アルバイトに必須なため、「高卒」の肩書は取ったほうが良いかも?
  • とはいえ、無理に学校に通わなくても「高卒」の肩書は取れる。
  • 職を得るため、まともな大人になるために必要なことって?中学一年生程度の国語と算数。
  • 社会性や協調性も大切。しかしそれも学校に行かなくても磨ける。

【新スタイル!民泊で受け入れた外国人が家庭教師に!?】
・民泊受け入れで、学校教育では学べない有意義なスキルが8つも身に付く!

  1. ほとんどの日本人が苦手とする「英語力」が身に付く。
  2. ほとんどの日本人が苦手とする「コミュニケーション力」が身に付く。
  3. 学校では学べない「接客能力」が身に付く。
  4. 学校では学べない「経理の能力」が身に付く。
  5. 学校では学べない「事業プロデュース力」が身に付く。
  6. 学校の授業よりも「国際理解」が進む。
  7. 学校では学べない「博愛精神」が身に付く。
  8. 学校では得られない「グローバルなコネ」が得られる。

・ゲストが家庭教師になってくれるの?家庭教師に「見立てる」だけ。

【外国人ゲストが子供の英語勉強に有効な5つの理由。】

  1. 英語は「習うより慣れろ」!毎日外国人と交流できるのはとても贅沢な環境。
  2. 民泊ゲストの英語はとても自然。リスニングの勉強にとても有意義。
  3. 民泊ゲストとの会話なら、それだけで実践的な英語が勉強できる。
  4. 民泊ゲストは様々な国から訪れる。様々な英語を勉強できる。
  5. 民泊ゲストとのコミュニケーションなら、「勉強」という意識ナシで英語勉強できる。

【不登校の克服や自立のキッカケとなるホームステイ受け入れ。】

  • 日本人特有の神経質・完璧主義な気質が、外国人ゲストとの交流で薄れていく。
  • 民泊受け入れでスキルを磨き自信が付くと、学校が怖くなくなる。

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)