「灯台下暗し」という言葉があります。身近にあるものには案外気づかないという意味ですが、日本人にはこの言葉は、思いのほか重い響きを持つかもしれません。私たち日本人は、良質なものを得るためには高いお金を払わなければならないと、思いこむ傾向にあるからです。

英語の習得を望む人は多いですが、優秀なティーチャーは実は、意外なところに潜んでいるのかもしれませんよ!?

1 英語を習得するのに、高名なティーチャーは必要ない!

自宅に受け入れた外国人は、優秀な英語のホームティーチャー!

私たち日本人は、英語の習得を苦手とする人種です。そのため、外資系の会社員など英語習得の必要性が高い人は、より高いお金を出して高級な英会話スクールや海外留学などを目論む傾向にあります。

しかし、本当にその必要はあるのでしょうか?

1-1.英語圏の子供たちは、誰から英語を教わる?彼らの先生は、親であり兄や姉にすぎない。

アメリカやイギリスなど英語圏に住む外国人は、およそ7歳児でも、私たち日本人の大人より流暢に英語を操り、確かなリスニングの耳を持っています。さて、彼らはよほど高名な英語教師に教わったのでしょうか?

そんなことはありませんよね。彼らに英語を教えたのは、父母であり、もしくはお兄ちゃんやお姉ちゃんです。

1-2.英語圏の人々は、「高名な教師を探す」というようなことはしない。

いったい、英語圏の大衆庶民というのは、英語教師としての技能を訓練しているのでしょうか?

そんなことはありません。彼らはただ、なんとなく会話をしているだけです。幼少児と話すとき、「英語を教える」という意識すらないでしょう。

それでも彼らは、英語をしっかりと教えることができますし、習得していくのです。彼らは高名な教師を探して都心や大都市まで出ていくようなことはありませんし、ましてや100万円も払って留学などしません。

1-3.「高いお金を出して高名な教師を求める」という発想が、そもそも間違っていた!?

こうした現実を思うと、私たち日本人は、そもそも英語習得のための方向性を完全に見誤ってしまっていることに気付きます。

高いお金を出してより高名な教師を探す必要もなければ、より評判の良いスクールを求める必要もなかったのです!

1-4.「ネイティブのように流暢に」を求めるなら、教師の質より「英語の量」。

英語ネイティブ国の子供たちの英語習得を参考にするなら、英語習得に必要なのは、教師や学校の質ではありません。それよりも重要なのは、「英語に浸かる量」です。

毎日毎日英語を聞き、話すことのできる環境をいかに構築するか、それこそが英語習得の最大のヒケツなのです!

2 どちらが得かは一目瞭然!民泊ホストと他の英語習得ツールを比較してみよう。

自宅に受け入れた外国人は、優秀な英語のホームティーチャー!

英語教師としての資格やスキルを持っていない人でかまわないので、とにかく英語をしゃべる人と長い時間一緒に過ごすことが、英語習得をするうえで、そして習得した英語力をキープするうえで、最も大切なことなのです。

これを叶えるのに最も最適なのが、実は「民泊のホストをすること」なのですが、未だほとんど、誰にも知られていません。

2-1.英会話スクールなら1週間に1~2時間。民泊ホストなら1日に4~5時間!

英語に触れられる時間を、他の英語学習メソッドと比較してみましょう。

英会話スクールの場合、1週間に1~2時間程度のレッスンが一般的ですが、すると中高校の英語の授業よりも英語に触れる時間が短いことになります。

これに対して民泊ホストの場合、平均して1日に4~5時間程度は外国人と交流することができるのです。「1週間に4~5時間」ではなく「1日に4~5時間」ですから、1週間に直せば30時間以上にも!

2-2.海外留学なら1年間で150万。民泊ホストなら10年間でもゼロ円。

「より長い時間英語に触れたほうが良い」ということを悟った人は、英会話スクールではなく海外留学という手法を選ぶでしょう。

では今度は、海外留学と民泊ホストとで、要する費用を比較してみます。

海外留学は、どこの国に行くにせよ、一年間で150万円程度の費用が掛かります。フィリピンなど発展途上国ならもう少し安くなりますが、それでも100万円前後にはなるでしょう。

対して、自宅民泊という環境を構築することに、費用はほとんど掛かりません!自宅に空いた部屋さえあるならば、極端に言えば1円も投資しなくても自宅民泊を始めることは可能です。

民泊の仲介機関として主流のAirbnb(エアビーアンドビー)も、留学生を仲介する団体も、どちらにせよ登録料や会費といったものは取らないので、驚くほどお金はかかりません。

2-3.民泊ホストなら、お金が掛からないどころか、収入を得ることさえできてしまう!

「コスト0円」で驚くのはまだ早すぎます!

自宅民泊で外国人と交流することは、コストが1円も掛からないどころか、収入を得ることさえできてしまうのです!

「寝床」というのは、旅行者にせよ生活者にせよ、最も重要なものの1つで、もちろんここにはそれ相応のお金が動きます。ホテルなら1泊5,000円は下りませんね。民泊で1泊5,000円は厳しいですが、それでも1泊2,500円程度は値付けすることができます。

英語を話す環境を頂きながら、さらに1泊2,500円もの収入が得られるのです!

3 民泊ゲストは「来客者」ではなく「ホームティーチャー」。そう考えると接し方も変わる!

自宅に受け入れた外国人は、優秀な英語のホームティーチャー!

日本は、民泊後進国と言えます。他の国では、特に先進国ではもっと民泊が活用されており、自宅で民泊を営む人は多いのですが・・・。

3-1.日本人は民泊が苦手。その理由は「交流ベタ」と「英語ベタ」。

日本人が民泊を苦手とする理由は、主に2つあります。

1つは交流ベタであること。人との距離感を上手くつかむことができないため、他人を自宅に泊めたり他人の自宅に滞在することに、非常にストレスを感じてしまうようです。

もう1つは、英語ベタであること。民泊ゲストの多くは外国人ですが、英語が不得手であるため、外国人を自宅に受け入れることができません。

3-2.苦手ゆえ、民泊でのストレスをすべてゲストのせいにしてしまう傾向が・・・。

Airbnb(エアビーアンドビー)や留学生ホームステイなど、自宅で民泊をもてなす人は増えていますが、彼らの民泊奮闘記を眺めていると、グチっぽい記事が目立つようで・・・。

どうも、外国人ゲストがちょっとした騒音を立てたり、夕食の時間に帰ってこなかったりするたびに、イライラと腹を立ててしまう人が多いようです。

「アイツは空気が読めない!」などとグチる記事が多いのですが、しかし本当にゲストのせいなのでしょうか?民泊受け入れに慣れた人々からすると、ゲストに対して「我が家のルール」や「日本の習慣」をきちんと説明しさえすれば、ほとんどの問題は解消します。

3-3.「来客者」ではなく「ホームティーチャー」と考えると、不快に感じない。

民泊受け入れも、英語習得を目的とするなら、ゲストに対するストレスは減るでしょう。ホストにとってゲストは「ありがたいホームティーチャー」と考えると、相手に対して敬意が生じますし、被害者意識が減ってきます。

3-4.「来客者」ではなく「ホームティーチャー」と考えると、積極的に話そうという意識になる。

民泊が苦手な人は、来客者と必要以上の交流をしたがりません。「英語がわからなかったらどうしよう」「英語がわからないから面倒くさい」と感じるからです。しかし、民泊ゲストを「ホームティーチャー」と考えるなら、どうでしょうか?

せっかく目の前に先生がおり、マンツーマンで話す機会があるのに、何も会話をしないのはもったいないですよね!英語の先生に対しては失敗する姿を見せても気にならないし、たくさんの会話を交わしてもらいたくなるはずです。

英語は、口に出せば出すほど上達していきますし、民泊は、ゲストと交流すればするほど楽しいものとなります。ゲストと交流すればするほどゲストから見た満足度も高くなり、リピーターや紹介が増え・・・という好循環が生まれるのです!

4 自宅民泊による英語レッスンは、モチベーションを高めてくれる!

自宅に受け入れた外国人は、優秀な英語のホームティーチャー!

独学や学校教育よりも、有料の英会話教材のほうが上達する人は少なくありません。それは、「お金を払っているんだから無駄にしたくない」という意識が英語へのモチベーションとなるからです。しかし、民泊ホストとしてお金を頂戴することは、さらに大きなモチベーションとなるでしょう。

4-1.英語習得へのモチベーションの前に、「お金を頂戴していること」への責任感。

英語習得の方法の1つに、「英語の本を翻訳しながら読む」というものがあります。これはたしかに、たくさんの単語や熟語の知識が身に付くのですが、なにしろ手間がかかるため、長続きする人はほとんどいません・・・。

民泊受け入れをする際には、ハウスルール(ルールブック)を英語で作成する作業などがありますが、これも英語本の翻訳のように、地道な手間が必要です。しかし、「お金を頂戴する仕事である」という責任感から、途中で投げ出さずに最後までやり遂げられる人が多いでしょう。

このように、独学だと「面倒くさいな」と投げ出してしまうような作業が、民泊受け入れに関するものなら継続しやすくなります。

4-2.実践の機会が毎日ある。上達の喜びが毎日実感できる!

通常の英語学習だと、単語や熟語を覚えても、それを実践する場面がほとんどありません。海外旅行に出かけるときにはもう、あらかた忘れてしまっていますよね。

しかし民泊受け入れをやっているなら、自宅に毎日のように外国人が来てくれますから、実践する機会がたくさんあるのです。「覚えたばかりの単語が通じた!」という喜びはモチベーションを上げてくれますし、繰り返し使用することで、体に染みつき、忘れずに済みます。

4-3.覚えれば覚えるほど、外国人ゲストとの会話量が増えていく!

英語を習得すればするほど、ホームティーチャーである外国人に話しかける機会は増えていくでしょう。また、話しかけられたときに愛想よく応じる回数も増えていくでしょう。

それにより、いつの間にか外国人ゲストと雑談する量が増えていきます。かなり長い、深い、複雑な会話もできるようになるでしょう。これは、あなたの民泊受け入れライフを楽しく充実したものにしてくれるだけでなく、ゲストの満足度を高めることにも繋がります。

4-4.英語への意欲と英語力をキープし続けることができる!

自宅での民泊受け入れの良い点は、「継続性」にもあります。新しいホームティーチャーが次から次へと訪れてくれるので、あなたは英語への関心を失うことはないでしょう。英語に触れる環境を創造し続けてもらえるというのは、非常にありがたいことです。

また、ホームティーチャーが代わる代わるあなたの英会話に付き合ってくれることにより、あなたの英語は錆びつかず、英語力をキープし続けることができます。

大金を注いで1年間海外留学しても、10年後にはさっぱり忘れてしまうものですから、民泊によるこの継続環境は、非常に有意義で素晴らしいものと言えます。

5 手っ取り早く民泊受け入れを始めるなら、Airbnbがオススメ。

では、ホームティーチャー代わりの民泊ゲストを自宅に呼ぶには、どうしたらよいのでしょうか?SNSや自作のホームページで集客してもなかなか集まりませんから、Airbnb(エアビーアンドビー)などの民泊仲介サイトの活用をオススメします。

5-1.ビジネスも民泊も知らない!そんなあなたはAirbnbから始めてみよう。

世間で非常に騒がれているAirbnb(エアビーアンドビー)ですが、注目されているのにはやはり理由があります。民泊ホストを開始するハードルが、非常に低いのです!

お金も掛かりませんし審査も要らず、専門的な接客スキルも要しませんから、まずはエアビーアンドビーの門戸をたたいてみると良いでしょう。

5-2.会話好きのゲストを多く呼びたいなら、Homestay.comが一番。

Airbnb(エアビーアンドビー)の流行により、似たような民泊仲介サイトがたくさん登場しました。中でも、ホームティーチャーに適した会話好きなゲストが多く集まりそうなのが、Homestay.com(ホームステイ・ドットコム)というサイトです。

ここは、名前のとおりにホームステイ型民泊だけを取り扱っているため、ゲスト利用者もホストとの交流を望んでいる社交的な人がもっぱらです。

5-3.ビジネス民泊がNGなら、留学生受け入れをやってみよう。

昨今日本では、Airbnb(エアビーアンドビー)などのビジネス民泊を規制するマンションや自治体が増えています。そうした規制から民泊営業が行えない場合は、留学生を受け入れるホームステイをあたってみましょう。

近所の大学や高校、またはホームステイ普及団体に問い合わせれば、ホストファミリー登録の詳細を教えてくれるはずです。

民泊スタートアップnaviでは、ホームステイに興味を持つ人々が容易にスタートを切れるように、充実した情報をお届けしています。具体的な受け入れノウハウについて詳述した記事もたくさんありますので、お望みのテーマの記事を検索窓やカテゴリーから探し、お役立てください。

まとめ。

【英語を習得するのに高名なティーチャーは不要!】

  • 英語圏の子供たちは誰から英語を教わる?彼らの先生は、親であり兄姉にすぎない。
  • 「高いお金を出して高名な教師を求める」という発想が、そもそも間違い。
  • ネイティブのように流暢にしゃべりたいなら、教師の質より「英語の量」。

【どちらが得かは一目瞭然!民泊ホストと他の英語習得ツールを比較。】

  • 英会話スクールは1週間に1~2時間。民泊ホストは1日に4~5時間!
  • 海外留学では1年間で150万。民泊ホストは10年間でもゼロ円。
  • 民泊ホストなら、お金が掛からないどころか収入を得ることさえできる!

【民泊ゲストは「ホームティーチャー」。そう考えると接し方も変わる!】

  • 日本人の多くは民泊が苦手。その理由は「交流ベタ」と「英語ベタ」。
  • 苦手ゆえ、民泊でのストレスをゲストのせいにしてしまう傾向が・・・。
  • 「来客者」ではなく「ホームティーチャー」と考えるなら、不快に感じにくい。
  • 「来客者」ではなく「ホームティーチャー」と考えるなら、積極的に話そうという意識になる。

【自宅民泊による英語練習は、モチベーションを高めてくれる!】

  • 英語習得へのモチベーションの前に、「お金を頂戴していること」への責任感が生まれる。
  • 民泊生活なら実践の機会が毎日ある。上達の喜びも毎日実感できる。
  • 覚えれば覚えるほど、外国人ゲストとの会話の量・質・深さが増していく。
  • 英語への意欲と英語力を、キープし続けることができる。

【手っ取り早く民泊受け入れを始めるなら、Airbnb(エアビーアンドビー)がオススメ。】

  • ビジネスも民泊も知らない?そんな人はAirbnbで始めてみよう。
  • 会話好きのゲストを多く集めたいなら、Homestay.comが一番。
  • ビジネス民泊がNGな環境なら、留学生受け入れをやってみよう。

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)