日本では賛否両論を巻き起こしている外国人受け入れサイトAirbnb(エアビーアンドビー)。

ほとんどの日本人にとって、外国人を家に泊めるマッチングサイトといえばエアビーアンドビーしか思いつかないかもしれませんが、世界に目を向けてみると、すでにたくさんのサイトが存在しています。中には、無料で泊まれるものまで!

日本と海外とでは、「外国人を家庭に受け入れる」ということに対してなぜ、これほどまでに観念が違うのでしょうか?見知らぬ外国人を泊めたり泊めてもらったりすることには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

当記事は、有償・無償を問わず、ホームステイに関するサービスを徹底分析します!

1 Airbnb以外にいくつ知ってる?有償で受け入れる民泊サイトあれこれ。

外国人を自宅に受け入れる(泊める)サイトがある!

まずは、有償で受け入れを行うタイプの民泊サイトを紹介していきましょう。

圧倒的にユーザー数が多いのはご存じAirbnb(エアビーアンドビー)なのですが、バリエーションとしてはエアビーアンドビーなど氷山の一角にすぎず、驚くほどたくさんの受け入れサイトが、世界には存在しています。

ここでは、数ある中でも特徴のハッキリしたものを厳選してご紹介しましょう。

  1. 最も使いやすいのはやっぱりAirbnb(エアビーアンドビー)。
  2. 「安全」と「コミュニケーション」を重要視するならHomestay.com(ホームステイドットコム)がイチオシ。
  3. 合法のもとに安全に受け入れたいならSTAY JAPAN(ステイジャパン)。
  4. ホテルユーザーやゲストハウスユーザーにもアプローチできるAGODA(アゴダ)。

1-1.最も使いやすいのはやっぱりAirbnb(エアビーアンドビー)。

数ある外国人の受け入れサイトの中でも、最も使いやすいのはAirbnb(エアビーアンドビー)と言えます。

その理由の最たるものは、なんといっても登録ユーザー数の多さ。全世界に、受け入れホストだけでも200万人を超える人々が!当然世界190カ国以上をすでに網羅済みで、泊まれない国などないほどです。

あなたがホストとして外国人を受け入れる場合にも、この特徴は有効。

アクティブユーザー数がダントツに多いということは、それだけ予約が入りやすいということ。ゲストハウスや民宿などの開業を検討しているなら、エアビーアンドビーでホームステイを営んだほうがずっとカンタンで、しかも上手くいくかも?

これは誇張でもなんでもなく、実際にゲストハウスや民宿、ペンションのみならずリゾートホテルまでもが、エアビーアンドビーに登録して集客をしているくらい。

1-2.「安全」と「コミュニケーション」を重要視するならHomestay.com(ホームステイドットコム)がイチオシ。

Airbnb(エアビーアンドビー)に続けとばかりに、世界中で同じような民泊サイトが誕生しています。それぞれ、プラスαで独自のコンセプトを持つことが多いですが、中でもこのHomestay.comは、その名のとおり「ホームステイ型民泊」にこだわった民泊サイト

登録されている物件はどれもホームステイ型であり、「カギを郵便受けからまさぐって、テキトーにエンジョイしてね」などと突き放されることはありません。また、泊める側として外国人を受け入れる場合にも、やってくるゲストユーザーは皆、ホームステイ型の民泊を望んでいる人々ですから、社交性と誠実さを持ち併せているでしょう。

1-3.合法のもとに安全に受け入れたいならSTAY JAPAN(ステイジャパン)。

民泊の違法性を心配するなら、STAY JAPANがオススメ。(実際のところ、ホームステイ型民泊ならAirbnbでもどこでもあまり法的な心配は要りません。)

STAY JAPANは日本のサイトで、国家戦略特区民泊など、行政の営業許可を得た民泊物件だけを厳選して扱っています。もちろん、あなたが受け入れホストとしてSTAY JAPANに登録したいなら、あなたもまた、行政の営業許可を取得する必要が。

なお、農家民泊に特化したサイト「とまりーな」は、このSTAY JAPANに統合されました。

1-4.ホテルユーザーやゲストハウスユーザーにもアプローチできるAGODA(アゴダ)。

AGODAは、民泊サイトではなくホテルやゲストハウスなどを掲載する従来型のホテル検索サイト。大手の一つであるだけでなく、日本支社もあり日本語対応も充実しているため、日本人でも利用しやすくなっています。

そんなホテル検索サイトが、民泊物件の登録も受け入れはじめました。つまり、AGODAにあなたの民泊物件を登録しておくなら、ホテルやゲストハウスを探そうとしている人たちにもアプローチが届くのです。

まだまだほかにも、有償の民泊サイトは100を超えるといわれるほどたくさんあります。特定の国に強いサイトや貸し切り物件に強いサイト、様々なものがあるので、あなたのお好みに合わせて使い分けてみてください。

2 無償で泊まれる/泊める民泊サイトもこんなに登場してきている!

外国人を自宅に受け入れる(泊める)サイトがある!

Airbnb(エアビーアンドビー)のブームにより、民泊検索サイトなるものが世に存在していることは、誰でもご存じのことでしょう。でも、無償で泊まることのできる民泊サイトまであることは、ご存じですか?

無償で泊まれる理由は、サイト運営者が非営利団体であったり、泊めるホストの厚意であるため。つまり、あなたが外国人を泊める場合も、無償での受け入れが原則となります。

それでは、無償の民泊サイトで代表的なものを4つ、ご紹介します。

  1. Airbnbが誕生する以前の最大手民泊サイトがCouchSurfing(カウチサーフィン)。
  2. チャリダーなら無料で泊まれる!ユニークな民泊サイトWarm Showers(ワームシャワー)。
  3. お金ではなく農作業を中心とした労働力で払う、WWOOF(ウーフ)。
  4. 海外でいろんなお仕事を体験してみよう!Workaway(ワークアウェイ)。

2-1.Airbnbが誕生する以前の最大手民泊サイトがCouchSurfing(カウチサーフィン)。

無償で民家に泊まれる/泊めるサイトの定番と言えば、CouchSurfin。日本ではあまりなじみがないですが、カウチサーフィンが無かったらAirbnb(エアビーアンドビー)も誕生していなかったのではないかと言われるほど、大きな影響力を持つサイトです。

節約旅行者たちが、旅費の大部分を占める宿泊費を浮かすため、互いに自宅に旅行者を泊めあうことをコンセプトとしたSNSのようなサイト。ホストたちが慈善で泊めているだけでなく、サイトの運営者も非営利の、良心的なプロジェクトです。

宿泊だけでなく、お茶をする友達を探す機能もあるため、「自宅に泊まる/泊めるのは抵抗があるけれど外国人の友達を作りたいな」という人にも活用度は大!

無償型の民泊サイトもいくつかありますが、カウチサーフィンが最もスタンダードであり会員数も多いので、まずはカウチサーフィンから始めてみるのが良いでしょう。

2-2.チャリダーなら無料で泊まれる!ユニークな民泊サイトWarm Showers(ワームシャワー)。

お次は、「チャリダー(自転車で旅をする人)ならば受け入れOK」という限定を持つ、無償の民泊サイトWarm Shower。カウチサーフィンよりも利用者が限定されますが、それでも全世界に10万人以上ものアクティブユーザー(2017年初頭現在)を抱えています。日本語にも対応しており、登録やヘルプの閲覧を日本語で行えるのはうれしいですね。

自転車の趣味を持っているなら、泊める/泊まるユーザーと意気投合することうけあいですから、ぜひとも登録し、利用してみてください。自転車旅行のようなネイチャーでストイックな趣味を持つ人は、性格の悪い人も少ないようです。

ただし、提供しあう寝床は個室とは限らず、リビングのソファであったりテントを張るための庭であったりすることもあるので、ホストのリスティング(施設案内)をよく読んで利用しましょう。

また、食事に関しては有償オプションとしていることが多いですし、お土産品など多少のお礼は還したほうがベターで、「0円でなんでもしてもらえる!」とは考えないほうが良いですね。

2-3.お金ではなく農作業を中心とした労働力で払う、WWOOF(ウーフ)。

WWOOFもカウチサーフィンのような無償で泊める/泊まる民泊サイトですが、お金を払わない代わりに労働力や知識、経験で恩返しをします。

カウチサーフィンの場合、泊めてもらった恩をほかの誰かを泊めることで還元していくスタンスを取っていますが、ウーフの場合は完結型です。受け入れてもらった恩は労働などのカタチでその場で還さなくてはなりません。

「旅行の際に2~3日泊めてもらう」というよりは、「異国の地で長期滞在をしながら農作業を経験する」といったニュアンスが強いサイト。そのため、カウチサーフィンとは明確に使い分ける必要があるでしょう。

なお、ウーフサイトへの登録料として年間5,500円がかかります。この年会費は、継続するたびに下がっていき、5年目以降は1,500円に。ホストとしての登録は年会費が8,500円。これも継続によって値下がりしていきます。

2-4.海外でいろんなお仕事を体験してみよう!Workaway(ワークアウェイ)。

Workawayもウーフと同じように、仕事を対価とすることで泊まる/泊める民泊サイト。ただし、ウーフが農業メインであるのに対し、ワークアウェイは幅が広く、炊事洗濯や語学レッスンなど、より自分の特技が活かしやすい仕組みになっています。同時に、ほとんどの仕事は高い技術を求めてはおらず、見ず知らずの旅行者でもできそうなものがもっぱら。

155カ国、25,000人以上のホストが登録しており、ワークアウェイを泊まりついで世界一周した日本人もいるのだとか。

3 【もったいない!】民泊の魅力を知らない日本人!

外国人を自宅に受け入れる(泊める)サイトがある!

日本市場において、Airbnb(エアビーアンドビー)サイトのゲストユーザーの9割は外国人であると言われています。また、CouchSurfing(カウチサーフィン)を知っている日本人はほとんど居ないですよね。

このように、どうも日本人と外国人との間では、民泊に対する温度差がとても大きい様子・・・。

3-1.外国人は、富裕層でも民泊をエンジョイしている。

民泊を好まない日本人は、「民泊とは節約旅行者や裕福でない発展途上国の人々が利用するものだ」と思い込んでいる人が多いもよう。

しかし、実情はそうでもありません。海外、特に欧米人は、ホテルを選ぶだけの経済的余裕のある人々でさえも、民泊を愛用しています。さらには、高級ホテルのプライム会員に登録するような超富裕層でさえ、民泊も併用しながら旅行を楽しむのです。

なぜなのでしょうか?それは、民泊というものが「簡素な宿泊施設」なわけではなく、ホテルには無い魅力をいくつも持ち合わせているから。

3-2.愛好者が愛してやまない、民泊の魅力とは?

民泊での泊める/泊まる体験が持つ「ホテルにはない魅力」には、どのようなものがあるのでしょうか?

  1. 外国人や他の地方の人々との交流が楽しい。
  2. 異なる土地の文化や習慣を、肌で知ることができる。
  3. 外国人と友達になることができる。
  4. 地元民しか知らない有力情報を教えてもらうことができる。
  5. 生きた外国語を勉強することができる。
  6. 思いがけないラッキーハプニングが起こる。
  7. 子供が外国人を恐れなくなる。

たしかに、どれもホテル泊では体験できないものばかりですね!

3-3.日本人はなぜ民泊を敬遠したがる?

では逆に、なぜ日本人には民泊を敬遠したがる人が多いのでしょうか?

その要因として最も有力なのは、一人っ子と核家族が多いため。子供が自分一人しかおらず、家族が3~4人しかいない環境でいつも暮らしているため、「他人が自分のスペースに入ってくる」「他人とスペースを共有しあう」ということに慣れていない傾向があるようです。

また、一人っ子はマイペースに育つ傾向にあり、家庭の中で他人に気を遣い続けるということに慣れておらず、ひどく疲弊してしまいやすくなります。厳密には、民泊はそんなに気を遣い続ける必要性はないのですが、要するにそうしたバランス感覚が乏しくなりがち。

もう1つ、現代日本の家庭環境に多くみられる「過剰すぎる清潔さ」が挙げられます。

「公園の砂場は汚い」と子供を遠ざける国はおよそ日本しかありませんし、消臭スプレーのこんなに普及した国もほかにはありません。ひいては生活全体が潔癖主義的で、他人の汗や匂い、はては握手をするぬくもりにすら抵抗を感じる人が、日本には増えてしまっていますね。

要約してみましょう。

  1. 一人っ子、核家族で育ち他人との共同空間に不慣れたなめ。
  2. マイペースに育ってきており、他者への気遣いのバランスを知らないため。
  3. 潔癖が日常化しすぎていて、人の気配に抵抗を感じてしまうため。

3-4.そうした条件に当てはまらないなら、あなたは民泊に向いているかも?

逆を言えば、トピック≪3-3.日本人はなぜ民泊を敬遠したがる?≫で示すような条件にあなたが当てはまらないなら、あなたは民泊に向いているかもしれません。

世間の評判を鵜呑みにはせず、あなたの感性で民泊を体験してみてくださいね。

4 外国人との民泊ライフをエンジョイするコツ。

外国人を自宅に受け入れる(泊める)サイトがある!

次は、民泊ライフを安全に楽しくエンジョイするコツを、具体的に紹介していきます。

4-1.受け入れる側ではなくゲスト側で、まずは民泊を体験してみよう。

効果的に民泊になじむコツは、まずはゲストとして民泊を体験してみることです。できれば、Airbnb(エアビーアンドビー)などの有償サイトよりも、CouchSurfinなどの無償サイトのほうがベター。

というのも、民泊の最大の特徴は、「ホストの優しさ」にあるため。「お金を払ってもいないのにこんなに親切にしてもらえるなんて!」と感動することが、民泊を理解するうえで最も大切です。なぜなら、あなたもまた、利益度外視で見知らぬ外国人にさえも優しくしたいと感じるようになるでしょうから・・・。

1軒だけではなく、3軒くらいは体験してみましょう。中にはあまり親切ではない受け入れホストもいますが、3軒も試してみるなら少なくとも1軒くらいは、優しさに満ちたホストに出会えるはず。

4-2.受け入れも有償サイトではなく無償サイトで、まずは体験してみよう。

CouchSurfin(カウチサーフィン)などでゲストとして民泊を体験したとしても、受け入れ側に回る際はまず、無償サイトで体験してみることをオススメします。

なぜなら、カウチサーフィンなどの無償サイトであれば、「クレームを受ける」ということがまず起こらないからです。

カウチサーフィンは、「リビングのソファーで泊め合う」というコンセプトから始まっているだけあって、ゲストユーザーは受け入れホストにあまり多くを求めてはいません。必ずしも布団カバーが洗い立てである必要もなく、英語がつたなくて迷惑をかけてしまったとしても、クレームされたり悪いレビューを書かれてしまうことは無いでしょう。

4-3.お金以外の魅力に気づくことが最も大切!

泊める側に回るにしても、泊めてもらうだけとしても、「お金以外の魅力」を重視して行うことが、民泊をエンジョイするうえでは最も大切です。

外国人を自宅に泊めるなら、それなりの対価をもらうことはできますが、かといってそれなりの労力は掛かり、大変なこともあります。とはいえ、「たった2,000円の収益で冷蔵庫までシェアするのは損だな」などと損得計算ばかりしているなら、あなたのおもてなしはとても偏屈なものになっていき、ゲストとの良好な関係も築けず、民泊の時間が楽しいものとは感じられなくなってしまうでしょう。

お金を頂戴することは決して悪いことではありませんが、損得勘定はあまり気にせず、ときにはホームパーティのごちそうをふるまってあげたり、1日中ゲストの観光につきあってあげたりしてみると良いかもしれません。

そうして、「報酬をもらえないとしても外国人を泊めるのは楽しいな」と感じられるなら、有償での受け入れを開始してもうまくいくでしょう。

民泊スタートアップnaviでは、Airbnbに限らず様々なカタチの民泊について、そのノウハウや魅力を解説しています。あなたに合う民泊はどれでしょうか?他にも気になることが出てきたら、トップページからお好みの内容の記事を探し、お役立てください。

まとめ。

外国人を自宅に受け入れる(泊める)サイトがある!

【Airbnb以外にいくつ知ってる?有償で受け入れる民泊サイトあれこれ。】

  1. 最も使いやすいのはやはりAirbnb(エアビーアンドビー)。
  2. 「安全」と「コミュニケーション」を重要視するなら、Homestay.com(ホームステイドットコム)がイチオシ。
  3. 合法のもとに安全に受け入れたいならSTAY JAPAN(ステイジャパン)。
  4. ホテルユーザーやゲストハウスユーザーにもアプローチできるAGODA(アゴダ)。

【無償で泊まれる/泊める民泊サイトもこんなに台頭してきている!】

  1. Airbnbが誕生する以前の最大手民泊サイトだったのがCouchSurfing(カウチサーフィン)。
  2. 自転車旅行者なら無料で泊まれる!Warm Showers(ワームシャワー)。
  3. お金ではなく農作業を中心とした労働力で払う、WWOOF(ウーフ)。一般的に、長期滞在が基本となっている点は注意。
  4. 海外でいろんなお仕事を体験してみよう!Workaway(ワークアウェイ)。

【もったいない!民泊の魅力を知らない日本人!】
・外国人は、富裕層でさえも民泊をエンジョイしている。ホテルにはない魅力があるから。
・愛好者が愛してやまない、民泊の魅力とは?たとえばこのような↓もの。

  1. 外国人や他の地方の人々との交流が、とても楽しい。
  2. 異なる土地の文化を、肌身で理解することができる。
  3. 外国人とカンタンに友達になることができる。
  4. 地元民しか知らないような情報を教えてもらうことができる。
  5. 生きた外国語を練習することができる。
  6. 思いがけないラッキーハプニングが旅行をドラマチックにしてくれる。
  7. 子供が外国人を恐れなくなる。

・日本人はなぜ民泊を敬遠したがる?要約するとこの3つ。

  1. 一人っ子、核家族で育った人が多く、他人との共同空間に不慣れたなめ。
  2. マイペースに育ってきてた人が多く、他者への気遣いのバランスを知らないため。
  3. 潔癖が日常化しすぎている人が多く、人の気配に抵抗を感じてしまうため。

・↑こうした条件に当てはまらないなら、あなたは民泊に向いているかも?

【外国人との民泊ライフをエンジョイするコツ。】

  • 民泊初心者なら、受け入れる側ではなくゲスト側で、まずは体験してみよう。
  • 受け入に挑戦する際も、有償サイトではなく無償サイトで、まずは体験してみよう。
  • 損得にこだわっていると民泊の魅力を味わえない。お金以外の魅力に気づくことが最も大切!

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)