Airbnb(エアビーアンドビー)の登録をはじめてすぐ、さっそく予約が入りました。それも当日予約ですから驚きです!

初のお客さんは、韓国人のヒッチハイク青年でした。Jくんと呼びましょう。

ヒッチハイクで日本を縦断中!ヒッチハイクとホームステイは似たようなところがある。

初めてのAirbnb受け入れは絵に描いたような感動体験!

Jくんはなんと、九州から東北まで、ヒッチハイクで旅しているとのこと!1回の移動は1~2時間くらいの距離で、日本各地を観光しながらゆっくりとさすらっているそうです。

日本に上陸してから約2週間が経ちましたが、九州から埼玉まで、公共交通機関を使ったのはたったの2回だけなのだとか!

私もヒッチハイクをしたことがありますが、1回成功させるだけでも難しいというのに、2週間もの間連日、何度も、行きたい場所へと確実に移動するのは、相当に至難の業です!特に、日本はヒッチハイクで乗せてくる人が少ないですし、それが韓国人ともなると(嫌韓の強い今はなおさら)ヒッチハイク放浪は大変なものでしょうから、Jくんのバイタリティとサバイバル力には感服してしまいます!

しかし案外、良いドライバーにばかりめぐり合っているとのこと♪乗せてもらっている側なのに、さらに缶コーヒーを分けてもらったり、お弁当をもらったことまであるのだそうです。

ヒッチハイクとホームステイは似たようなところがありますが、利益など度外視して人に施したがる優しい人というのは、日本にもまだまだ散在しているのだなと、うれしくなりました。

初めてのAirbnbで早速、ハッピー・サプライズなエピソードが!

それだけではありません!とっておきのエピソードがあるのです♪

Jくんは到着早々、私たちホストと一緒に外食がしたいと提案してくれました。裕福ではない私たちは、「安いお店なら」と受諾し、一緒に駅前のパスタ屋さんに行きました。

そこでなんと、思いがけないことが!なんと彼は、「食事は僕がごちそうする」と申し出てくれたのです!

私たちは、意味がわからずあぜんとしました(笑)

ホストがゲストに食事をもてなすのは、ホームステイではよくあることですが、お金を払って利用しているゲストが、さらにホストに食事をおごるなどというのは、そうそうある話ではありません!

「なぜごちそうしてくれるの!?」と尋ねると、彼はこう答えました。

「あなたたちの宿泊代金が、とても安いからです♪」

昔から日本が好きだというだけあって、優しく礼儀正しい好青年。しかも、私と同じような冒険好きのバックパッカー。まさに絵に描いたような、理想的な初Airbnb(エアビーアンドビー)受け入れとなりました♪

ココロがほっこり温かくなったなら、あなたは民泊ホストに向いています!

初めてのAirbnb受け入れは絵に描いたような感動体験!

こうした記事を読んだとき、心が温まる思いがしたなら、あなたは民泊やAirbnb(エアビーアンドビー)のホストに向いています。

現状、日本では、Airbnb参入を勧めるような記事はどれも「儲かる!」「新ビジネス!」とお金の話ばかりしますが、本来民泊というのは、お金を最重要視するものではないはずなのです。

こうした心温まる交流や思い出こそが一番の収穫で、金銭的な見返りは二の次。欧米でAirbnbが大人気になったのは、ビジネスとして儲かるからでも宿泊代金を節約できるからでもなく、こうした人情体験に感動する人が続出したためでした。

日本も、人情豊かなAirbnbホストがもっともっと増えていってくれるとよいのですが・・・。

交流が好きで車が好きなら、UVERというライドシェアも向いているかも?

ヒッチハイクといえば、「UVER(ウーバー)」というシステムをご存知ですか?ルームシェアのAirbnb(エアビーアンドビー)と双璧をなすように台頭したライドシェアの交流サイト、それがUVERです。

たとえばあなたが東京から静岡に行きたいと願ったときに、同じ日に東京から静岡に車で走る予定のユーザーを検索します。そして彼らの車に相乗りさせてもらうことにより、あなたはバスや電車で行くよりも安い料金で目的地まで行けるというもの。逆にあなたが乗せる側であれば、私用で移動やドライブをするついでに、誰か見知らぬUVERユーザーを乗せてお小遣い稼ぎをすることができるのですね。

もちろん、お金が浮いたり貰えたりするメリットだけでなく、一人旅/一人ドライブのさみしさを埋めてくれる同乗者を得られることも、人気の1つであるようです。

ヒッチハイクで見知らぬ人と相乗りする/させることが好き(抵抗がない)なら、AirbnbだけでなくUVERも活用してみると、面白いかもしれません。

AirbnbもUVERも、近年注目を浴びるようになってきた「シェアリング・エコノミー」の1つです。こうして様々なシェアリング・エコノミーが普及していくと、モノやサービスが安くなったり生活のついでにお小遣い稼ぎができるだけでなく、人と人との交流が増え、人情味あふれる楽しい世の中になっていくことでしょう。

初めてのAirbnb受け入れは絵に描いたような感動体験!

民泊スタートアップnaviでは、民泊のノウハウだけでなく、民泊ライフで得られる様々なメリットやその意義についても、丁寧に解説しています。他にも体験談が気になる方は、同一カテゴリーから気になるタイトルの記事を探し、お楽しみください。

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)