Airbnb(エアビーアンドビー)をはじめとした有償の民泊受け入れについて、自信の無さや不安が拭えないようであれば、まずは「Couchsurfing(カウチサーフィン)」にチャレンジしてみると良いと思います。

カウチサーフィンは、世界最大のホスピタリティ・コミュニティ!

民泊ホストに自信がないならカウチサーフィンで予行練習!

Couchsurfing(カウチサーフィン)は、無償で旅人を泊め合うSNSです。

Airbnb(エアビーアンドビー)のモデルになったとされる民泊検索サイトの礎(いしずえ)的存在ですが、Airbnbとの大きな違いが、「お金を介在しないこと」

任意で謝礼金を払ったり、お食事で金をとったりすることはあるのですが、基本的には「無償で見知らぬ旅人を泊める」のがカウチサーフィンのスタイルです。商売ではなく助け合いを行うものなので、ウィキペディアでもカウチサーフィンのことを「ホスピタリティ・コミュニティ」と読んでいます。

私たちにとっての最初の外国人受け入れは、そのカウチサーフィンによるものでした。私たちが海外放浪の最中に何度かカウチサーフィンで泊めてもらったあと、日本に戻って今度は、もてなす側に回ってみたのです。
(当初はAirbnbを知らなかったので、Airbnbの練習という意図はありませんでしたけれども。)

一人旅のバックパッカーは、隠れた名店のような深い味わいを持った好青年が多い。

私たちが最初にお迎えしたのは、フランス人のバックパッカー、Bくんでした。ホームステイを好むタイプというよりは、安い寝床を探しているバックパッカータイプで、あまり積極的に交流をしたがるゲストではありませんでした。

しかし、話を振ればそれには快く応じてくださって、彼の地元であるフランスはリヨンの穴場観光地を教えてもらったことなど、覚えています。また、日本人はあまり訪れることのないアイスランドの、珍しい温泉のお話、大迫力の樹氷のお話なども、とても興味深かったです。

一人でさすらうバックパッカーには、Bくんのような佇まいの人が多いです。

あまり積極的に話しかけてくるわけではないので、「愛想が悪い」「無関心」と感じてしまうかもしれませんが、こちらから話しかけてみれば、優しく丁寧に色んな話題に答えてくれます。非常に興味深い価値観や経験談を持っていることが多く、会話することでとても勉強になるでしょう。

ツアー旅行では出会うことがなく、またバックパッカーの集う場所に赴いたとしてもこちらから話しかけないと交流がスタートしない彼らは、知る人ぞ知る隠れた名店のような、深い魅力を持っています。

Bくんを泊めたのは、散らかった子供部屋。こんなフランクな泊め方でOKなのがカウチサーフィン。

民泊ホストに自信がないならカウチサーフィンで予行練習!

Bくんをお泊めしたのは、専用のゲストルームではなく(当時は我が家にそういう部屋はありませんでした)、あまり使われていない子供部屋でした。物であふれかえっていて、あまり整頓もされていませんでしたが、Couchsurfin(カウチサーフィン)の受け入れは、こんな部屋でも問題はありません。

これがカウチサーフィンの最大の魅力でしょう。敷居が非常に低いのです。カウチサーフィンの「カウチ」とはソファの意味で、「リビングのソファで良ければ泊まっていってね」というようなフランクなコンセプトのものなのです。

民泊ホストとしての適性があるかどうか、1円も掛けずに試せる。1円も掛けずに受け入れのスキルを磨ける。

「外国人と交流ができるのか?」「赤の他人と共同生活ができるのか?」そうした面の懸念は、Couchsurfin(カウチサーフィン)を活用すればおよそ1円も掛けずとも、実験してみることができます。「あ、思った以上に気疲れしてしまうな」とか、「お気に入りのコップを使われるとすごく嫌だな」とか、直面してはじめて気づける・痛感してしまうことがあるでしょう。

かといって、慣れや工夫によって克服・解決できる問題も、多々あります。なので、少しばかり不快な思いをしたとしても、「私に民泊やAirbnb(エアビーアンドビー)ホストは向いていない」とすぐに決め付けるのは得策ではありません。私が外国人との共同生活に喜びを感じられるようになったのも、ゲストハウスという共用スペースの多い宿で、たくさん宿泊経験を積んだからです。

「カウチサーフィンで共同生活慣れ・外国人慣れしてからAirbnbに」という考え方も出来ますし、「お金を頂戴するAirbnbなら、多少嫌なことも耐えやすいだろう」という考え方もあります。どちらが良いかは、ホストさん個々の性格によって異なるでしょう。

ゲストの選別はAirbnb以上に慎重に!「他者を泊めたことのある人」を選べば心優しい人に当たりやすい。

民泊ホストに自信がないならカウチサーフィンで予行練習!

カウチサーフィンは、Airbnb(エアビーアンドビー)以上にゲストの選別が重要です!

Couchsurfin(カウチサーフィン)は無償で泊まれるサービスですから、ただただ自分が得するようなことしか考えていない(泊まるだけで泊めはしない)ユーザーも、少なくありません。

ホスト初心者の段階でのゲストの選り分け目安としては、「他者を泊めたことのある人」を選ぶのが、良いと思います。ギブ&テイクの心構えを持っている心優しい人でしょうから。カウチサーフィンは、SNSのようにプロフィール機能が充実しており、ユーザーの感性や利用歴について、きちっと公開されています。

あなたの民泊受け入れの不安が、少しでも和らぐキッカケとなれば幸いです。

民泊スタートアップnaviでは、Airbnbに限定せず、民泊やホームステイに関するハウツーを幅広く解説しています。様々な民泊を使いこなしたいと感じられたなら、トップページや同一カテゴリーからお好みの記事を探し、お役立てください。

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)