学生時代にそれなりに優等生だった人でも、大人になって苦手意識を感じてしまいがちなのが英語ですね。英語を苦手とする人の割り合いは、非英語圏の先進国の中でも日本が突出しているかもしれません。

いったい他の非英語圏の人々は、どのように流ちょうな英語を習得しているのでしょうか?

それを考えていくと、どうやらテレビCMや電車の中吊り広告に流されていては、本当の答えが見えてこないかも・・・!?

1 英会話教室が盛んな国はおよそ日本だけ!?他の国はどうやって英語を習得してるの?

民泊受け入れなら英会話教室よりネイティブな英語が身に付く!

英会話教室と言えば、テレビのCMや電車の中吊り広告を見かけない日はないと言えるほど、日本で一般的なビジネスです。

しかし、これが世界中で盛んなツールかと言えば、そうでもないようで・・・。

1-1.中国にも韓国にも、英会話教室というものはあまり無い。

英語圏であるアメリカやイギリスに英会話教室が無いというのは、もっともな話です。
しかし、日本と同じように非英語圏であり、かつアルファベットすら用いてない中国や韓国にも、英会話教室はあまり存在していません。

なぜだかわかりますか?

1-2.英会話教室での英語レッスンは、非効率的すぎる!

中国や韓国に英会話教室があまり無い理由は、彼らが「英会話教室での英語レッスンはあまり効率がよくない」と考えるからです。

英会話教室では、1週間にせいぜい1~2コマ、つまり40分~90分程度しか英語に触れることができません。この練習量では、流ちょうな英語を習得することは困難なのです。

こうした実情に気づいている中国や韓国では、英会話教室というものはあまり流行らないようです。

1-3.日本人も、英会話教室で上達している人はあまり多くない・・・。

日本においても、英会話教室に通うことで英語が上達している人は、あまり多くありません。

国の問題ではなく、やはり週に1時間や2時間程度英語に触れているだけでは、上達することは難しいのです。

しかし日本の場合、広告やメディアに流されやすい国民性があり、「身によくつく!」と謳う宣伝が絶え間なく流れていると、次から次へと新しい志望者が英会話教室に入会していき、英会話教室は繁盛し続けます。

1-4.英会話教室は「有名ではある」けれど、「あまり有意義ではない」ことに気づくべき。

英語を上達したいと願い何か英語学習ツールを探すなら、少し冷静になって、広い視野でツールを検討するようにしましょう。

英会話教室は「有名ではある」のですが、英語学習にとってあまり有意義ではないようです。

多くの人は、しばらくの期間英会話教室に通うことでこの事実に気づき、そして新たなツールへの鞍替えを検討しはじめます。

2 海外留学は英語習得に効果的だが、お金と時間の制約が大きい!

民泊受け入れなら英会話教室よりネイティブな英語が身に付く!

隣国に話を戻しましょう。

韓国人は、英会話教室ではなくどうやって英語を習得するのでしょうか?

2-1.韓国では、大学在学期間を有意義に使って、海外留学に取り組む人が多い。

アジアの中でも英語を苦にしない韓国、特にグローバル志向の強い都会の人々は、若いうちに流ちょうな英語をマスターしておく人が多いです。彼らは、長時間の英語学習時間を確保するために、海外留学を視野に入れます。

日本の場合、「新卒神話」という観念が根強く、22歳で新社会人にならなくてはと考えますが、韓国はそうではありません。大学の在学期間を非常に柔軟に活用し、場合によっては長期の休学期間を取って、海外放浪で見識を広めたり海外留学に取り組みます。

2-2.日本では、自由なはずの大学期間でさえ、海外留学の時間を取ることができない・・・。

日本は、大学在学中に長期(1年くらい)の海外語学留学に取り組む人はきわめて稀です。大学のカリキュラムに組み込まれている人くらいなもので、休学期間を取り、卒業を遅らせてまで海外留学に羽ばたく人はほとんどいません。

比較的時間に自由があると言われる大学生ですら行えないので、すると海外留学に出られる日本人は、ほとんどいないのです・・・。

2-3.時間の問題だけでなくお金の問題も!すると日本人に海外留学はほとんど無理。

仮に海外留学をするだけの時間を取れたとしても、今度はお金の問題が立ちはだかります。海外留学は平均して、1年間で150万円くらいの巨額な費用を要しますが、これをクリアできずに断念する人も限りなく多いことでしょう。

すると、私たち日本人は、まったく別の英語習得方法を考える必要があるのかもしれません!

3 民泊受け入れなら、時間もお金もかけずにネイティブ英語が学習できる!

民泊受け入れなら英会話教室よりネイティブな英語が身に付く!

海外留学が英語学習に効果的なのは、英語に触れられる時間が非常に長いからです。では、日本に居ながら、家に居ながらにして長時間英語に触れられる環境を生み出せば良いのではないでしょうか?

それを上手く叶えてくれるアイデアが、「民泊受け入れによる英語学習」です!

3-1.英語レッスンをするのにどこにも出かけなくていい!しかもお金がかからない!

民泊受け入れによる英語学習、すなわち民泊英会話教室なら、あなたは英語レッスンをするためにどこにも外出する必要がありません。英語のネイティブスピーカーが、あなたの家まで来てくれるのですから!

訪問型の家庭教師を依頼してもこうしたことは可能ですが、しかしその場合、マンツーマンの英会話教室に通うよりさらに高額な費用が掛かります。
それが、民泊英会話教室ならどうでしょう?あなたはレッスン料金を払う必要がないばかりか、宿泊代金を頂くことすら出来てしまうのです!

こんなにありがたい話が他にあるでしょうか!?

3-2.民泊英会話教室とは、授業をしてもらうことではない。民泊交流を英語学習に活用すること。

民泊英会話教室に取り組むなら、勘違いしてはならないことがあります。それは、「民泊ゲストに英語の授業を要請するわけではない」ということです。それはあまりに図々しすぎます。

そうではなく、民泊受け入れにおける一連の流れを、あなたの英語学習に上手く活用するのです。

民泊のゲストには、特別な手間は極力掛けさせないように行うのが、重要なポイント。

4 民泊受け入れのどんな作業が、英語のレッスンに繋がる?

民泊受け入れなら英会話教室よりネイティブな英語が身に付く!

では、民泊レッスンのどんな作業・どんな行程が、あなたの英語レッスンに繋がるのでしょうか?

  1. Airbnb(エアビーアンドビー)に、英語でリスティング(お部屋の詳細ページ)を作成する。
  2. ゲストに守ってもらいたいルールやお部屋の使い方を、ハウスマニュアルにまとめる。
  3. 外国人ゲストからの問い合わせメッセージに、英語で対応する。
  4. 待ち合わせ場所であいさつをする。家に向かいながら自己紹介や世間話をする。
  5. チェックイン手続き。屋内の説明や守ってほしいルールを説明する。
  6. 民泊ゲストからの質問や相談に応じてあげる。
  7. 民泊ゲストと交流をし、ゲストの満足度を高める。
  8. チェックアウト後、ゲストの滞在マナーについてレビューを書く。

これらすべての行程が、あなたの英語力向上の教材になります。これをやるあなたの家は、立派な英会話教室ですよね。それでは、8つの項目をもう少し詳しく解説しましょう。

4-1.Airbnb(エアビーアンドビー)に、英語でリスティング(お部屋の詳細ページ)を作成する。

民泊の手法は何でも良いのですが、Airbnbが最も手軽でおススメです。

会員登録をしたら、まずはリスティングの作成をしましょう。これはあなたの民泊を紹介するページのこと。

「空港から近いですよ!」「長期割引をしますよ!」といった特徴をアピールしたり、屋内のあちこちの写真を載せます。

もちろん英語で書きましょう。
翻訳サイトやアプリ、辞書を使いながら、自力でコツコツ頑張ることが大切です。

4-2.ゲストに守ってもらいたいルールやお部屋の使い方を、ハウスマニュアルにまとめる。

ゲストがやってくる前に、ハウスマニュアルを作成しておきます。これももちろん、英語のものを作ってください。

マニュアルの内容は、チェックアウトや門限の時間、洗濯機など追加料金の必要な設備の説明、Wi-Fiのパスワード、近隣のレストラン紹介など。

リスティング(お部屋の詳細ぺージ)をコピーするだけでも簡素なハウスマニュアルにはなりますが、出来れば丁寧に作りこんでみましょう。
英語の上達が目的であることを忘れないで!

4-3.外国人ゲストからの問い合わせメッセージに、英語で対応する。

Airbnb(エアビーアンドビー)では、予約の確定は2~3のメッセージのやりとりを経てからなされます。

「空港から何分くらいですか?」「子連れでも泊まれますか?」といった質問が来るので、迅速にかつわかりやすく、答えてあげましょう
これは非常に、日常英語・トラベル英語の勉強になります。

頻発する質問は、定型文を作って保存をしておくと便利ですよ。

4-4.待ち合わせ場所であいさつをする。家に向かいながら自己紹介や世間話をする。

民泊ゲストは道に迷いやすいので、できれば駅などわかりやすい場所に迎えに行ってあげましょう。

待ち合わせ場所では、中学1年生の英語の教科書に書いてあったような初対面のあいさつをします。
「Nice to meet you! My name is 〇〇.」この程度は、体が覚えていることでしょう。

また、家へ向かうまでの道すがらは手もちぶたさになるので、相手の出身地を訪ねるなど簡単な世間話ができるとよいですね。

4-5.チェックイン手続き。屋内の説明や守ってほしいルールを説明する。

家に到着したら、ゲストブックに記帳をしてもらいます。パスポートのコピーも取らせてもらいましょう。

まずはあなたの家のルールを説明してあげてください。お手製のハウスマニュアルを見せながら行うことで、あなたも英語で伝えるのがやりやすくなるはずです。

「禁煙!」や「お静かに!」など大切なことは、貼り紙にして貼っておくことも大切。

4-6.民泊ゲストからの質問や相談に応じてあげる。

民泊ゲストは多くの場合、あなたをホテルのコンシェルジュと見立てて色々な質問をしてきます。観光地への交通手段や、最寄りのスーパーの場所などが多いでしょうか。

これまでの行程とは違い、会話の内容が広すぎて慌ててしまうかもしれませんが、わからない単語はスマートホンの辞書アプリに入力してもらうなどして一つ一つ意味を確認しながら、じっくりと対処していきましょう。

この苦労が英語の上達に役立ちます。

4-7.民泊ゲストと交流をし、ゲストの満足度を高める。

民泊ゲストの多くは、ホストとの会話や交流を好みます。
「キミの趣味はなんだい?」「イタリアには来たことがあるかい?」といった、彼の旅行には関係の無い質問・会話も振られるでしょう。

最初はとても大変かもしれませんが、これこそが最も、英語力上達に役立つので、少しずつ会話の量を増やしてみてください

4-8.チェックアウト後、ゲストの滞在マナーについてレビューを書く。

民泊ゲストがチェックアウトしたら、Airbnb(エアビーアンドビー)のサイトを開き、ゲストの滞在マナーについてレビューを書きます
日本の他のホストのために日本語で書いてあげることも有意義ですが、やはり英語でも書いておいたほうが親切です。

ここで用いる表現も、日常会話に多く出てくるような重要な単語・熟語が多いので、ていねいに取り組み有効活用しましょう。

5 民泊英会話教室ならではの民泊受け入れポイント。

民泊受け入れなら英会話教室よりネイティブな英語が身に付く!

民泊を、英会話教室代わりに活用しながら営むなら、幾つか重要なポイントがあります。

1.儲けよりも稼働率を最優先に!毎日外国人ゲストと話せる環境を目指そう。

民泊ホストには収益額にこだわっている人が少なくありませんが、英語上達を第一に考えるなら、収益は二の次です。

宿泊料金を周囲と同じくらいの金額にすると、予約があまり入らないかもしれません。
個室でも1泊1,500円程度まで下げるか、または周辺地域の平均より500円安いくらいにすると、7~8割は予約で埋まるでしょう。

これで1カ月のうち20日以上は、英語のレッスンをすることが出来ます。

2.「英語を教えて」は図々しいが、「話したい」はアリ!交流の時間を積極的に作って。

「英語を教えてくれ」とゲストを拘束するのは図々しいので好ましくありませんが、「外国人と会話することに興味があります」などと会話を所望するのは嫌われる行為ではありません。

「ティータイムを一緒にどう?」と誘うと、会話の時間が作りやすくなります。

「日本人についてどう思う?」「あなたが行ったことある国は?」などと、興味のある質問を幾つか考えて用意しておくと、会話(沈黙)に困らずに済むのでオススメです。

これであなたも、自宅を英会話教室にできますね!


民泊スタートアップnaviでは、民泊の具体的な受け入れノウハウについても、充実したページ数で解説しています。「稼働ノウハウ」のカテゴリーからご希望の記事を探し、民泊受け入れのスタートアップにお役立てください。

まとめ。

民泊受け入れなら英会話教室よりネイティブな英語が身に付く!

【英会話教室が盛んな国はおよそ日本だけ!?】

  • 中国にも韓国にも、英会話教室というものはあまり存在しない。
  • 英会話教室での英語レッスンは非効率的すぎるから。
  • 日本人も、英会話教室で上達している人は実はあまり多くない。
  • 英会話教室は「有名ではある」が、「あまり有意義ではない」ことに気づくべし。

【海外留学は英語習得に効果的だが、お金と時間の制約が大きい!】

  • 韓国では、大学在学期間を有意義に使って、海外留学に取り組む人が多い。
  • 日本では、自由なはずの大学期間でさえ、留学の時間を取ることができない。
  • 時間の問題だけでなくお金の問題も!すると日本人に留学はほとんど無理。

【民泊受け入れなら、時間もお金もかけずにネイティブ英語が学習できる!】

  • 英語学習をするのにどこにも出かけなくていい!しかもお金がかからない!
  • 民泊英会話教室とは、レクチャーしてもらうことではない。民泊交流を英語上達に活用すること。

【民泊受け入れのどんな作業が、英語のレッスンにつながるの?】

  1. Airbnb(エアビーアンドビー)に、英語でリスティング(お部屋の詳細ページ)作成をする。
  2. ゲストに守ってもらいたい決まりやお部屋の使い方を、ハウスマニュアルにまとめる。
  3. 外国人ゲストからの問い合わせメールに、英語で対応する。
  4. 待ち合わせ場所であいさつ。家に向かいながら自己紹介や世間話を交わす。
  5. チェックイン手続き。屋内の説明や守ってほしい決まりを説明する。
  6. 民泊ゲストからの質問や相談に応えてあげる。
  7. 民泊ゲストと交流をし、ゲストの満足度向上に努める。
  8. チェックアウト後、ゲストの滞在マナーについて感想を書く。

【民泊英会話教室ならではの民泊受け入れポイント。】

  1. 儲けよりも稼働率を最優先で!外国人ゲストと毎日話せる環境を目指そう。
  2. 「英語を教えて」は図々しいが、「話そう」はアリ!交流の時間を積極的に作ろう。

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)