グローバル化が盛んになり、また働き方の多様化も進む現代。家にいながらにして国際交流ができ、収入を得られるとあって、ホストファミリーをやってみようかと検討しているご家庭は多くなってきました。

2014年からわずか2年ほどの間に、日本の民泊ホストは3万軒を突破し、さらにまだ各地の民泊セミナーが活況を呈しているほど。ホストファミリーに興味を持つ家庭はまだまだたくさんいるのでしょう!

さて、ホストファミリーになるにはどうしたら良いのでしょうか?実は、思いのほかカンタンなのです!

1 民泊仲介サイトAirbnbがホストファミリー挑戦の敷居を低くした!

冒頭で、「わずか2年足らずの間に日本の民泊ホストが3万軒も増えた」と書きました。さて、この激増の要因は何だったのでしょう?お察しのことかと思いますが、民泊業界に驚異的な神風を起こしたのは、Airbnb(エアビーアンドビー)というアメリカ発の民泊仲介サイトの台頭です。

1−1.ホームステイに対する世界の需要は、思いのほか大きかった!

Airbnb(エアビーアンドビー)が地球を一通り席巻して証明されたことは、「ホームステイ」というものに対して、宿泊したい側の需要ももてなしたい側の需要も、とてもとても大きかったということです!これまでも多くの人がホームステイ体験を求めていましたが、それがうまく実現できなかっただけなのですね。

1−2.留学生ホームステイは優等生じゃなきゃできない。旅行系ホームステイは値段が高い。

従来のホームステイは、門戸の限られたものでした。まず、最も有名なホームステイは留学生によるものです。これを体験するには、高校や語学学校などの課す課題をクリアし、高いお金を払う必要がありました。次に、旅行会社が仲介する旅行レジャーとしてのホームステイ。これはTOEICで高い点数を取る必要などありませんが、1泊の値段がけっこう高額です。先進国なら1人1泊10,000円くらいはします。

1−3.留学生向けホストファミリーは条件が厳しく、観光系ホストファミリーは立派な家屋とコネが要る…。

留学生系ホームステイは、ホストファミリーになるのも大変でした。

留学系のホストファミリーの場合、学校やホストファミリー協会に登録の手続きをします。スタッフが内覧をしに来て、家族や家屋がホストファミリーに適しているか審査をします。「1日2食、留学生に提供しなければなりませんが、大丈夫ですか?」と念を押されます。そう。留学生ホームステイはほとんどの場合、食事の提供が必須となります!

こうしたハードルがあっても、報酬はもらえずボランティアをしなくてはならないことも多いんですよね。よっぽどホストファミリーに対する情熱があり、かつ家族みんなの同意や家屋の環境が良くないと、ホストファミリーになることはできなかったのです。

次に、旅行会社系のホストファミリーは、家屋の立派さとコネがカギになります。豪邸を持っていないと、なかなか旅行会社とは提携できません。

対して、Airbnb(エアビーアンドビー)でのホストファミリーはどうでしょう?

1−4.Airbnbホストに審査は無い。登録手続きもとてもカンタン。

Airbnb(エアビーアンドビー)の場合、ホストファミリーになるために審査はありません。およそ誰でも、ホスト登録をすることができます。

Airbnbの登録は驚くほど簡単で、たとえばYahooメールのアカウントを作ったり、ブログのアカウントを作った経験をお持ちであれば、それと似たようなものです。何はともあれ、英語が堪能である必要はありませんし、空いた個室を持っていない家庭ですら参入できる(リビングのソファーで雑魚寝させる形態でも良いのです!)のですから、敷居の低さは驚くばかりです!

1−5.Airbnbホストファミリーなら食事を作らなくてもOK!

また、Airbnb(エアビーアンドビー)ホストの場合、ゲストにご飯を提供する義務はありません。これは、ホストファミリー側からすれば非常にありがたいですね!朝ごはんすら、提供しなくて良いのです。

もちろん、気が向いたときには一緒にお好み焼きのホットプレートを囲んだり、作りすぎた肉じゃがを分けてあげたら良いでしょう。そうした交流を、義務付けられずにマイペースで行えるので心地よいですね。

1−6.Airbnbホストの金銭的負担は軽い。家賃収入の1割を納める程度。

金銭的なハードルも低いです。Airbnb(エアビーアンドビー)は登録料も月会費もありません。宿泊があった際に、その宿泊収入から10パーンセント程度を手数料として支払うだけなのです。家具・家電はすでに家にお持ちのもので充分で、強いて言えばリネン(シーツやバスタオル)を新調するくらいで、とにかく大きな出費はありません。

ただし、同じAirbnb民泊であっても、ホームステイ型ではなく投機型(民泊代行業者に掃除や予約管理などを丸投げする経営手法)の場合、とてもお金が掛かります!このページではもっぱらホームステイ型民泊を前提に話を進めますので、ご注意ください。

1−7.宿泊利用も安いし手軽。まずは宿泊者として体験してみよう!

順序が逆になりましたが、宿泊利用者側としてもAirbnb(エアビーアンドビー)が気軽なのは、言うまでもありません!英語の試験を受けることも内申書を見せることもなく、また、高い料金を払う必要もありません。1泊3,000円も払えば快適な個室に泊まれますから、旅行会社を仲介するホームステイとは雲泥の差です!

あなたがAirbnbでホストファミリーになるつもりなら、まずは宿泊利用者として一通り体験してみるのが良いでしょう。その際はもちろん、管理者不在の投機型民泊ではなく、ホストファミリーが暖かくもてなしてくれるホームステイ型民泊を選んでくださいね。

2 ぶっちゃけ、Airbnb経営の収入はどれくらいになるの?

「国際交流や文化交流が楽しければそれでいいの!」と考える人も少なくないでしょうが、それでもやはり、どれくらいの収入が得られるものなのか、気になりますよね。この章では、Airbnb(エアビーアンドビー)ホストファミリーで得られる収入目安を、留学生系ホストファミリーと比較しながら検証していきましょう。

2−1.留学生系ホストファミリーは、食事提供して月収6〜8万円程度。

留学生系のホストファミリーの場合、そもそも報酬がまったく得られないケースも少なくありません!これは、仲介している機関の方針に左右されるもので、収入を得たい気持ちが強いなら、仲介機関選びは慎重に行わなければなりませんね。

1泊1食提供:2,500円 1週間割で15,000円
1泊2食提供:3,000円 1週間割で18,000円

だいたいこれくらいが相場となっています。2週間以上のスパンとなると、この「1週間割」の料金を週の数ぶんだけ倍々していく計算になります。すると、月収で60,000〜80,000円程度といったところでしょう。

ただし、「うちは報酬を出します」と仲介機関が言っても、上記の額を貰えると思い込まないでください!1泊2食提供で週10,000円というところもありますし、月額10,000円というところもあります。報酬がいくらになるのか、資料請求などしないと教えてくれない仲介機関が多いのも厄介です。

2−2.Airbnbホストファミリーは、食事提供無しで月収5万円程度。

次はAirbnb(エアビーアンドビー)の場合を見てみましょう。Airbnbの場合、宿泊料はホストファミリーが自由に決めることができます。とはいえ普通の家の個室に10,000円などという値を付けても、誰も利用してはくれませんね。

1泊食事無し:2,000〜3,000円

大体これくらいが相場となっています。お気づきですか?食事を提供しなくても、留学生系ホストファミリーをやる場合と同じくらいの収入になるのです!週割りや月割りについても、自由に設定できます。

一般的には1泊3,000円が相場と言われており、3,000円で高すぎることはありませんが、高い稼働率をキープしたいなら2,000〜2,500円くらいに設定すると良いです。どのみち、月収は50,000円前後となることが多いですね。

2−3.最大額は留学生系が高く、手間の少なさはAirbnbに軍配が上がる。

まとめると、最大収入額としては留学生系ホストファミリーのほうが高く、手間の少なさとしてはAirbnb(エアビーアンドビー)ホストファミリーのほうが勝る、という感じです。

しかし、これはあくまで1人客を想定した額に過ぎません。留学生系ホストファミリーで個室に2人を招きいれることは少ないですが、Airbnbの場合、ベッドが大きいなら(布団を2組敷けるなら)カップルなどの2人客を受け入れることもできます。子連れの夫婦(計3人)が来ることもあるでしょう。そうした複数人客の来客が多い月は、留学生系ホストファミリーより大きな額を稼げることもありますね。

3 気になるトラブルの実情。平和に運営できる?

トラブル。これもとても気になる事柄ですね。Airbnb(エアビーアンドビー)はトラブルがあちこちで起きているというニュースもよく目にしますから、実情を、そして対策を知っておくことは大切です!

3−1.Airbnbも、ホームステイ型民泊ではトラブルはほとんど起きていない!

たしかにAirbnb(エアビーアンドビー)民泊でトラブルが起きたというニュースはあちこちで見聞きしますが、すべてのAirbnbホストファミリーがトラブルに悩んでいるわけではないのです。トラブルが多いのは、家主が物件に滞在していない投機型民泊(家主不在型民泊)でのことであり、この記事で題材としているホームステイ型民泊においては、トラブルはほとんど起きていません。まずは安心ですね。

3−2.どんなトラブルが起きている?

Airbnb(エアビーアンドビー)民泊でよくあるトラブル事例を、知っておきましょう。

  1. 家の中やマンション共有スペースでの騒音問題。
  2. タバコの煙が近隣住民の迷惑に!
  3. 備品を壊されてしまった!カーペットを汚されてしまった!
  4. 間違えて隣の家のインターホンを押してしまう…。
  5. 約束のチェックイン時間に現れない!
  6. 外国人であるというだけで不審者扱いされてしまう…。

こうしたトラブルのうち、ホストファミリーにのみ降りかかる迷惑であれば、まだ御の字です。しかし、近隣住民をも巻き込んでしまい、近隣住民からクレーム通報されるようなことになってしまうと…?

あなたのホストファミリーライフは、経営の危機に瀕します!

3−3.ご近所からクレーム=民泊営業差し止めと覚悟しておきましょう!

もし騒音やタバコなどの害がご近所さんにも及び、クレームをされてしまったなら、かなり高い確率で、Airbnb(エアビーアンドビー)民泊の経営停止を迫られるでしょう。

というのも、そもそもAirbnb民泊は法律的にグレーゾーンだからです。いや、法律の問題に関しては規制緩和の方向に進んでいるのであまり気に病む必要はないのですが、いまの日本において、法律よりも「世論」がAirbnbの障壁となっています。Airbnb経営を快く思っていない一般市民が多いのですね。

「ご近所さんに迷惑をかけないように経営する」

これがAirbnbホストファミリーの大原則です。

3−4.トラブル防止の有効手段は、「禁酒・禁煙・禁パーティ」。

様々な原因の絡み合うものですから、トラブルをゼロにするのはとても難しいことです。しかし、限りなくゼロに近づけるための有効なアイデアは、あります!

Airbnb(エアビーアンドビー)でリスティング(あなたの施設の詳細ページ)を作成する際、禁止事項を設定しましょう。これはチェックを付けるだけで簡単に表示できます。禁止すべき項目は、「禁酒」「禁煙」「禁パーティ」この3つですね。これだけでもかなり、トラブル防止効果がありますよ。それでも不安なら、小さなお子さんの来場も禁止すると良いです。ちょっと気の毒ではありますが、背に腹は代えられません。

他にも、問い合わせしてきたゲストがガラの悪そうな雰囲気をしていたなら、予約は丁重にお断りしましょう。Airbnbの場合、ホストファミリー側に決定権があるのです。

4 選択肢はまだある!Airbnbを使わない民泊経営のアイデア。

特にマンションなどの集合住宅に住んでいる場合、トラブルなど起こさなくてもAirbnb(エアビーアンドビー)経営を認めてもらえないことも少なくありませんね。また、上記のトラブル対策を読んでもまだ、Airbnbに不安を覚える人もいるかもしれません。

留学生系ホームステイもAirbnbも使わずにホストファミリーをやる方法は、ないのでしょうか?

あります!

4−1.「Homestay.com」というホームステイ型民泊専門の仲介サイトもある。

Airbnb(エアビーアンドビー)以外の仲介窓口を探しましょう。

4−1−1.Airbnb以外にも民泊仲介サイトはたくさんある。

民泊の仲介サイトは、なにもAirbnb(エアビーアンドビー)だけではないのです。先進国はどこも、2つ3つの競合サイトが登場していて、もはや世界中に100近い民泊仲介サイトがあるでしょう。

4−1−2. Homestay.comならユーザーたちはホームステイのマナーを心得ている。

中でも、「Homestay.com(ホームステイドットコム)」というサイトは、その名のとおり、ホームステイ型民泊の物件だけを扱っています。すると宿泊ユーザーも、ホームステイ型の民泊滞在を望んでおり、それにまつわるマナーやデリカシーを心得ているというわけです。Airbnbの場合、必ずしもホームステイをしたい宿泊客ばかりではないので、Homestay.comのほうがトラブルが少なく、平和に経営できることでしょう。

4−1−3.マンションの理事会なども、Homestay.comなら嫌な顔をしないかも?

マンションの理事会などに許可申請する際も、「Airbnbではなくホームステイがやりたいのです。私の集客窓口はAirbnbではなくHomestay.comです。」と言えば、認めてもらえる可能性は高いですよ!

4−1−4.Airbnbを経験してからのほうが、とっかかりやすい。

なお、登録の方法や掛かる手数料などは大体Airbnbと同じような感じです。しかし、Homestay.comはまだ日本語に対応していないため、登録や利用に多少てこずるかもしれません。フォーマットがAirbnbによく似ているので、Airbnbを一通り経験してからやってみると、勝手がわかりやすいでしょう。

また、登録者数はAirbnbほど多くはないので、集客能力もAirbnbには劣ります。

4−2.農家民泊(体験民泊)も普及してきている。

Airbnb(エアビーアンドビー)よりも早く日本に台頭しはじめた民泊形態がありましたね。

4−2−1.農業だけでなく、漁業や伝統工芸を体験する民泊が増えている。

「農家民泊」という言葉をご存じですか?2005年くらいから台頭しはじめてきたもので、山合いの農村地などで、農業体験をしながら民家に泊まる宿泊体験レジャーです。農業のみならず、漁業や伝統工芸などバリエーションも増えてきており、その人気と注目度は、日本各地の学校の修学旅行にも、採用されるようになってきたほど。

4−2−2.体験民泊なら旅館業法違反にはならなくて済む!

これら体験民泊の場合、農業などの体験提供がメインで宿泊は付属物扱いなので、旅館業法違反にはならないのです。一般市民への印象も悪くはなく、自治会やご近所から禁止を受けることはまず無いでしょう。

4−2−3.「とまりーな」という体験民泊仲介サイトもある。

体験民泊の場合も、「とまりーな」という体験民泊専門の仲介サイトがありますから、集客もそう難しくはありません。または、県や地域ごとに体験民泊の仲介機関を作っているところもありますので、「○○県 農業民泊」などとお住まいの地域で検索してみてください。

4−2−4.提供できる「体験」が必須!また、食事も提供するのが一般的。

もちろん、農業でないにしても何かしら提供できる「体験」が必須です。それが一番の難関ですね。しかし地方なら、何かしら第一次産業で携わっている家庭が多いでしょうし、食品加工や伝統工芸、伝統芸能なども含まれるので、思いのほか選択肢はあります。が、食事も提供しなくてはなりませんし、いずれにせよAirbnbよりはハードルが高いですね。

4−3.収入にこだわらないなら、元祖ホームステイサイトCouchSurfingがある!

Airbnb(エアビーアンドビー)がマンションや近隣住民に規制されるのは「収入を得ているから」という側面があるので、収入を得ないホストファミリー体験で良いならば、あなたの家でも自由に行えるかもしれません。

事業ではない(お金のやりとりをしない)ホームステイとしては、CouchSurfing(カウチサーフィン)というサイトがあります。The CouchSurfing Project自体も慈善事業です。

CouchSurfinの場合、ホストファミリーとして受け入れるだけでなく、「お茶や食事をしながらおしゃべりをする」という交流方法も選べます。交流を求めているだけなら、それだけでも良いかもしれませんね。
民泊スタートアップnaviでは、Airbnb民泊に留まらず、多種多様な民泊ツールについて幅広く取り上げ、詳しく解説をしています。留学生ホームステイや農家民泊についても特集記事がありますので、トップページから探してお役立てください。

まとめ。

【民泊仲介サイトAirbnbがホストファミリー挑戦の敷居を低くした!】

  1. ホームステイに対する世界の需要は、思いのほか大きかった!民泊ホストはすでに世界に200万軒!日本だけでもAirbnb日本支社設立からたった2年で3万軒超!
  2. 留学生ホームステイは優等生じゃないとできない。旅行会社経由のホームステイは値段が高い。
  3. 留学生向けホストファミリーは条件が厳しく、旅行会社経由のホストファミリーは立派な家屋とコネが必要…。
  4. 対してAirbnbホストは条件がゆるい。ゆるいというか、Airbnbホストになる審査は何も無い。登録手続きもとてもカンタンで、パソコンの初心者でもできる。
  5. Airbnbホストファミリーなら食事をゲストに提供する必要がない!
  6. Airbnbホストは金銭的負担も軽い。民泊収入の1割をAirbnb社に納める程度。入会費も月額費もない。
  7. Airbnbは宿泊利用も安いし手軽。まずは宿泊者として体験して、感覚をつかんでみよう!「家主不在民泊」を選ばないように要注意!

【Airbnb経営の収入はどれくらいになるの?】

  1. 留学生系ホストファミリーは、毎日食事提供をしても月収6〜8万円程度。(1泊2,500〜3,000円)
  2. Airbnbホストファミリーは、食事提供をする必要がなく月収5万円程度。(1泊2,000〜3,000円)
  3. まとめると、最大額は留学生系ホストファミリーが高く、手間の少なさはAirbnbホストファミリーに軍配が上がる。

【気になるトラブルの実情。平和に運営する対策はある。】

  1. Airbnbも、ホームステイ型民泊ではトラブルはほとんど起きていない!トラブルが多いのは家主不在の民泊でのこと。
  2. ホームステイ型民泊ではどんなトラブルが起きている?
    (1)家の中やマンション共有スペースでの騒音問題。
    (2)タバコの煙がご近所の迷惑に!ベランダ喫煙に気をつけて!
    (3)備品を壊されてしまった!失くされてしまった!カーペットを汚されてしまった!
    (4)ゲストが間違えて隣の家のインターホンを押してしまう…。
    (5)ゲストが約束のチェックイン時間に現れない!
    (6)外国人が歩いているというだけで不審者扱いされてしまう…。
  3. ご近所からクレームが入ってしまったら、それはすなわち民泊営業差し止めになってしまうと覚悟しておきましょう!
  4. トラブル防止の有効手段は、「禁酒・禁煙・禁パーティ」。Airbnbのリスティング(あなたの施設の詳細ページ)上で禁止事項を警告しておきましょう。

【選択肢はまだある!Airbnbサイトを使わない民泊経営のアイデア。】

  1. 「Homestay.com」というホームステイ型民泊専門の仲介サイトが安全。
  2. そもそも、Airbnb以外にも民泊仲介サイトはたくさんある。
  3. Homestay.comなら、ユーザーたちはホームステイのマナーを心得ているため、迷惑行為は起きづらい。
  4. ニュース沙汰になっているのはあくまでAirbnbなので、マンションの理事会なども、Homestay.comなら嫌な顔をしないかも?
  5. Homestay.comはまだ日本語に対応していないため、Airbnbを経験してからのほうが、とっかかりやすい。
  6. 農家民泊(体験民泊)も普及してきているので、選択肢に入れてみよう。
    ・提供する「体験」には、農業だけでなく漁業や伝統工芸など様々な選択肢があるので、地方に住んでいる人なら何かしら武器があるのでは?
    ・体験民泊の場合、宿泊はあくまで付属物にすぎないため、旅館業法違反にはならなくて済む!
    ・「とまりーな」という体験民泊仲介サイトもあるので、集客にも悩まなくて済む。または地域の体験民泊を集めたサイトなどもある。
    ・体験民泊(とまりーな登録)は、当然のことながら提供できる「体験」が必須!また、食事も提供するのが一般的なので、Airbnbよりはハードルが高い。
    ・収入にこだわらないなら、元祖ホームステイサイトCouchSurfingという選択肢もある!

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)