ゲストが待ち合わせの時間に来ない・・・!

Airbnb(エアビーアンドビー)民泊のホストをやっていて、このトラブルに遭ったことのないホストは居ないのではないでしょうか。それくらい、チェックインのトラブルは多く発生しているのです。

このページでは、エアビーアンドビー・ホストの方々のチェックイン・トラブル対策はもちろんこと、ゲストとしてエアビーアンドビーを利用する際のチェックインの注意点についても解説していきます。

1 ゲストとして利用する際のチェックインの注意ポイント。

民泊(エアビーアンドビー)のチェックイン、チェックアウトの知識。

まずは、Airbnb(エアビーアンドビー)民泊をゲストとして利用する際のチェックイン時の注意ポイントを、解説していきましょう。

1-1.通常のホテルとエアビーアンドビー民泊の一番大きな違いがココ!いつも慎重に対応して!

一度でもAirbnb(エアビーアンドビー)で宿泊したことのある方なら痛感していることでしょう。

通常のホテルとエアビーアンドビー民泊との最も大きな違い、そして注意ポイントは、チェックイン関連であると言っても過言ではありません。

チェックイン時は毎回、慎重になっておくべきですし、転ばぬ先の杖として、起こりがちなトラブルとその対策をここで勉強しておきたいですね。

1-2.チェックインや待ち合わせについて、問い合わせの段階でみっちり連絡を重ねて!

一般的なホテルやゲストハウスでは、ゲストはもっぱら、当該の宿泊施設に赴いてカウンターで名前を告げるだけでチェックインは完了です。しかしAirbnb(エアビーアンドビー)民泊の場合、そう簡単には済みません。

なぜかといえば、チェックイン時間や待ち合わせの場所、カギの受け取り方法などが、民泊施設によって大きく異なるため。また、所在地がわかりにくいお部屋も少なくありません。

こうした理由からアクシデントが起きやすいので、しつこいくらいにメールを重ねて、チェックインの方法をしっかり把握するようにしましょう。「迷惑かな?」とためらうくらい、質問を重ねて大丈夫です。

1-3.チェックインは何時?お部屋によって様々で、「夜20時以降」なんてことも!

一般的に、ホテルなど宿泊施設のチェックイン時間は「15時~」とされていることが多いです。さらに夜中も24時間対応していることが多いですね。しかしAirbnb(エアビーアンドビー)民泊の場合、各ホストの都合によってチェックイン時間は様々。

基本的に、リスティング(お部屋の詳細ページ)にチェックイン/チェックアウト時間についても記載があるので、まずはそれを確認しましょう。サラリーマン兼業ホストなどは「夜20時以降」などと設定していることもありますし、逆に「夜20時までにチェックインして」と定めているホストもいるので注意が必要です。

1-4.多くの場合、民泊施設の場所はわかりにくい!場所や行き方をキッチリ確認して。

民泊施設は多くの場合、住宅地にあるただの民家。ホテルとは異なり大きな看板もなければ道案内の標識もありません。予約が確定するとお部屋の住所が開示されますが、住所の手がかりだけではたどり着くのが難しいケースが多いので、詳しい地図や行き方のガイダンスを尋ねておきましょう。

1-5.駅などでの待ち合わせを指定されることもある。あなたから指定してみてもOK。

特に所在地がわかりくいお部屋のホストなどは、駅前などでの待ち合わせを提案してくることがあります。ゲストとしてはそのほうがわかりやすく助かるでしょうが、待ち合わせを約束したのに、すっかり忘れて家まで向かってしまうことのないようにご注意を!

また、待ち合わせの時間を決める際は、飛行機の遅延なども考慮し、待ちぼうけさせないで済むようなゆとりのある時間設定をしてあげましょう。

逆に、あなたのほうから「駅まで迎えにきてくれませんか」と提案してみるのもOKです。応じてもらえるとは限りませんが、応じてくれることもあります。地図に弱い人や海外である場合など、ムリに自力で行こうとするより、迎えに来てもらったほうがお互いのためになるでしょう。

1-6.携帯番号など、連絡先の交換をしておくのがベター。

Airbnb(エアビーアンドビー)は一般人同士のやりとりであるため、無用に個人情報を開示してはいません。

あなたも、まだ会ってもいない人に携帯番号などを教えることはためらわれるかもしれませんが、待ち合わせやチェックインのハプニングのリスクを考えれば、携帯番号やLINEのID程度は交換しておいたほうが絶対に得策です。

1-7.海外の場合、電波はつながる?繋がらないなら地図を印刷して万全に!

海外旅行でAirbnb(エアビーアンドビー)民泊を使う場合は、特に注意が必要!

海外SIMというものもずいぶん安価になり普及もしてきましたが、まだまだ海外SIMを持たずに旅行をしている人も少なくないことでしょう。すると、民泊のお部屋に赴く際や待ち合わせ場所に向かう際、迷ったり困ったりしても、ホストに連絡をすることができません。また、お部屋への地図や道案内はウェブデータで受け取っているでしょうから、「地図を見ようと思ったら電波が無いので見れなかった!」という窮地に陥るゲストは少なくないのです。

こうしたアクシデントに遭わないためにも、地図や道案内のデータをプリントアウトして持っておくか、道順をしっかり尋ねておき、迷わないで行けるようにしておきましょう。

2 エアビーアンドビー・ホストとしてのチェックインの注意点。

民泊(エアビーアンドビー)のチェックイン、チェックアウトの知識。

ホストの立場としても、チェックインの前後は非常にトラブルに見舞われやすいので、充分な注意が必要です。

2-1.できればゲスト利用をしてみて!ゲストの気持ちや困難を理解できるようになっておこう。

出来ることなら、一度ゲストとしてAirbn(エアビーアンドビー)民泊を利用してみましょう。それにより、民泊のお部屋に訪れるゲストがどんなことに迷うか、困るか、それが深く理解できるようになります。すると、ゲストのためにどのようなことをしてあげれば良いかが、色々とわかるようになるでしょう。

可能であれば、海外での宿泊を経験したいところ。「携帯電話が繋がらない」「言葉がわからない」という二大困難は、あなたのゲストが実際に直面しやすいものです。

2-2.充実した「チェックイン・テンプレート」を作成しよう。

問い合わせ/予約の段階から、ゲストからは様々な質問が投げかけられるでしょう。「チェックインは何時から?」「最寄駅から歩いて何分?」「空港から最寄り駅までの行き方は?」「駅からの道のりが、地図を見てもわからないよ!」

こうした質問にその都度答えていると、返答だけで疲弊しきってしまいます。ですから、ゲストから質問されそうなこと・ゲストが知りたいであろうことを、テンプレートとしてまとめてしまいましょう。かなり長文になるはずですし、道案内のためには写真画像なども駆使したほうが良いです。

これは、ある程度トライ&エラーを重ねながら組み立てていくしかないかもしれません。

2-3.携帯電話の交換をしておこう。

見ず知らずの人に個人情報を教えることには抵抗があるかもしれませんが、予約の確定したゲストには携帯電話の番号やLINEのIDなどを教えて(交換して)おいたほうが良いです。

かなり高い確率でゲストは迷ったり困ったりするので、チェックインの前後に電話で連絡を取り合う必要性が出てきます。

2-4.待ち合わせの時間はかなりゆとりを持って設定しよう。

駅などで待ち合わせをする場合、時間の設定にはかなりゆとりを持ってください。

というのも、時間どおりに来られないゲストがとても多いため。飛行機やバスは遅延することがありますし、空港からあなたの家の最寄り駅まで、スムーズにこられないゲストは多いのです。

また相手が時間を指定してきたとしても、それが充分な考慮を含んでいるとは限らないので、念のためフライト時間などを尋ね、あなたの見地からも安全な待ち合わせ時間を検討してあげてください。

2-5.家主不在型のカギの受け渡しはトラブルの宝庫。それは覚悟して!

日本では主流の家主不在型民泊。この場合、多くのケースでカギの受け渡しが無人対応になることでしょう。カンタンな場所に隠しておいたつもりでも、ゲストがうまく見つけられなかったり、そもそもお部屋までうまくたどり着けなかったり・・・と、非常に多くのトラブルが起きています。

無人で行おうとするならどうしてもゼロにはできないものなので、ゲストに文句を言うのではなく(ブログなどで愚痴を言うのではなく)、家主不在型民泊を営むならこの苦労を覚悟しましょう。

2-6.同じことを何度も伝えよう。リスティングに書いてあることも伝えよう。

チェックインの際の注意事項などをリスティング(施設の詳細ページ)に詳しく書いたとしても、残念ながら、それをあまり読んでいないゲストは少なくありません。

特に一回の旅行で複数の民泊を利用する場合、どうしても1件1件のリスティングへの注意が散漫になってしまうのです。また、やはり複数の民泊を利用する場合、どの情報がどの民泊のものであったか混同してしまうものなのです。

そのため、リスティングに書いてあるはずのことを質問されたり無視されたりすることがありますが、ゲストの事情を配慮し、辛抱強く応じてあげましょう。

特にカギの場所や待ち合わせの時間・場所などチェックインの重要事項に関しては、何度もメールをしてあげてください。予約決定時に送ったとしても、チェックインの前日にもう一度送ってあげるのがベターです。

3 エアビーアンドビー・ホストとしてのチェックアウトの注意点。

民泊(エアビーアンドビー)のチェックイン、チェックアウトの知識。

最後は、ホストにとってのチェックアウトの注意点について解説していきます。

3-1.チェックアウト対応でやるべきことはこの3つ。

チェックアウト対応でやるべきことは、意外とたくさんあります。頭の中でイメージできていますか?

1.ゲストにチェックアウトの時間を伝える(確認する)。

チェックアウトを10時に設定している人は特に、この確認作業を徹底しましょう。12時だと思い込んでいるゲストは少なくありません。

また、「明日は何時にチェックアウトする予定?」と実際の行動予定時間を尋ねておくと、ホストのあなたも動きやすくなります。

2.チェックアウトのお見送り。

忘れ物が無いかどうか、お部屋に汚破損などが無いかどうか、一緒に確認しましょう。忘れものをされてしまった場合、着払いであるとしてもけっこうな手間になります。

また、汚破損があった場合、Airbnb(エアビーアンドビー)の補償制度で補ってもらえることがありますが、ゲストが自分の過失だと認めない場合、交渉がとても困難になってしまうので、チェックアウトの際に確認をしておくことが大切です。

3.ゲストレビューを書く。レビューを催促する。

ゲストが無事にチェックアウトしても、まだやるべきことは残っています。

Airbnb(エアビーアンドビー)では、ホストだけでなくゲストもレビューコメントで採点される仕組みがあるので、これをなるべく迅速に済ませましょう。レビューはゲストへのお礼の言葉も兼ねていますから、感謝の気持ちをホットなうちに伝えることも大切です。

また、ゲストからのレビューはなるべく多く獲得しておきたいので、レビュー上の感謝コメントだけでなく、携帯電話のメールなどにも感謝の言葉を送り、「私も今あなたのレビューを書きましたので、よろしければ私のレビューも書いてください。」と柔らかく催促をすると良いでしょう。

3-2.家主不在型の場合、チェックアウト対応も大変!

上記の3項目は、ホームステイ型の場合は慣れればまったく難しくはないはずです。しかし、家主不在型のホストの場合、想像以上に困難が多いかもしれません。

1.ゲストがチェックアウトの時間を守らない。

監視するスタッフがいないため、ゲストがチェックアウトの時間を守ってくれないことがあります。清掃業者と鉢合わせするだけならまだ良いですが、清掃が終わったあとに再び入ってきてしまい、次のゲストと鉢合わせするようなことになると、クレーム沙汰に発展する懸念も・・・。

2.ゲストの忘れ物や窃盗、過失を確認できない。

家主不在型の場合、チェックアウトに立ち会えないため、ゲストの忘れ物や部屋の中での汚破損などの過失を確認することができません。後から訴えても「それは清掃業者がやったんじゃないか?」などと知らんぷりをされてしまうと、補償制度で補ってもらうことも難しくなってしまいがち・・・。

特に、ポケットWi-Fiを持って帰られてしまう事故が多く報告されています。

3.カギの返却に失敗してしまう。

備品を持っていかれてしまうことと同じく、カギの返却がうまくいかないケースも多発しています。他の人の郵便受けに入れてしまったり、指定場所を間違えてしまったり、うっかり持って帰ってしまったり・・・。

家主不在型民泊は、本来の民泊とは異なることを無理やり押し通している状態なので、どうしてもアクシデントが多発してしまいます。それは金品の無駄な浪費や精神的ストレスを引き起こしますが、ゲストを責めるのではなく、「民泊をビジネスにするなら仕方のないことだ」と覚悟しましょう。カギのスペアを多めに用意しておくなどの対策も必須です。

民泊スタートアップnaviでは、民泊のホスティングで想定されるあらゆるケースについて、そのポジティブな改善策をわかりやすく解説しています。他にも気なる項目がありましたら、同一カテゴリーから当該記事を探し、お役立てください。

まとめ。

【ゲスト利用する際のチェックインの注意ポイント。】

  • 通常ホテルとエアビーアンドビー民泊の一番大きな違いがチェックイン関連!いつも慎重に対応しよう!
  • チェックインや待ち合わせについて、問い合わせの段階でしつこいくらいに確認を重ねて!
  • チェックイン時間はお部屋によって様々で、「夜20時以降」なんてことも!
  • 民泊施設の場所はわかりにくいことが多い!場所や行き方をキッチリ確認して。
  • 駅などでの待ち合わせを提案されることもある。あなたから提案してみてもOK。
  • 携帯番号など、連絡先の交換をしておこう。
  • 海外の場合、海外SIMは持ってる?持ってないなら地図を印刷して万全に!

【エアビーアンドビー・ホストのチェックインの注意点。】

  • できればゲスト利用をしてみて!ゲストの気持ちや困難を理解できるようにしておこう。
  • 充実した「チェックイン・テンプレート」を作成しよう。
  • 携帯電話の交換をしておこう。
  • 待ち合わせの時間はゆとりを持って設定しよう。
  • 家主不在型のカギの受け渡しはトラブルの宝庫。それは覚悟して!
  • 同じことを何度も伝えよう。リスティングに書いてあることも伝えよう。

【エアビーアンドビー・ホストのチェックアウトの注意点。】

  • チェックアウト対応でやるべきことはこの3つ。
  • 1.ゲストにチェックアウトの時間を伝える(確認する)。
    2.チェックアウトのお見送り。お部屋の状態確認。
    3.ゲストレビューを書く。レビューを催促する。

  • 家主不在型のホストは、チェックアウト対応も大変!こんな困難がある。
  • 1.ゲストがチェックアウト時間を守らない。
    2.ゲストの忘れ物や窃盗、過失を確認することができない。
    3.カギの返却に失敗してしまう。

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)