民泊(ホームステイ)の受け入れに興味があれども踏み切れないでいる人にその理由を尋ねてみると、最も多い回答がこれ。

「英語がしゃべれないから・・・。」

たしかに、外国人を受け入れることの多いホームステイにおいて、英語がしゃべれるかどうかということは生命線のようなイメージがありますよね。でも、英語がしゃべれない人でもホームステイ受け入れはできるのです!

いったいどんなカラクリ!?ビックリされるかもしれませんが、案外シンプルで簡単なことであったりします。ホームステイの受け入れは、あなたがイメージしているとおり、とても楽しくて有意義なもの。この記事では、英語がしゃべれない人でもばっちりホームステイ受け入れを行えるようになるためのノウハウを、ご紹介していきましょう。

1 留学生受け入れのホームステイなら、ホストに英語力は求められない!

A boy teenager studying, reading books, preparing for exams at home

英語がしゃべれないけれどホームステイの受け入れをやりたいと願っているなら、最もオススメなのは、外国人留学生を受け入れる昔ながらのホームステイ。

1−1.ほとんどの仲介機関は、民泊ホストに英語力を求めていない。

まず最初に、留学生受け入れ系のホームステイがどのような仕組みで動いているのか、その説明を。

このタイプのホームステイは、まずはホストファミリー希望者が近くの学校やホームステイ協会のようなところに登録申請をします。学校の場合、大学、高校、専門学校、語学学校など留学生受け入れをしている学校がホームステイホストを募集しているので、資料をもらってくるかホームページを覗いてみてください。ホームステイ協会の場合、窓口はもっぱらホームページになるでしょうか。ホームページ上で基本的な情報説明が行われているので、やはりまずはチェックをしましょう。

どの機関でも、「ホームステイ登録の条件」という項目を載せているはずですが、およそ100パーセントの確率で、「英語がしゃべれない人でも大丈夫!」と書いています。

1−2.なぜなら、留学生は日本語を勉強したがっているから。

なぜ英語がしゃべれない人でも大丈夫なのでしょうか?それは、留学生は日本語を勉強したがっている人たちだから。

思い出してください。あなたが学生の頃、外国人の英語の先生がオーラル英会話の特別教師としてやってきませんでしたか?そのときその先生は、日本語を一切しゃべらず、英語をべらべらとしゃべり続けていたのでは?

留学生受け入れのホームステイも、これと同じ理屈です。留学生は日本語を学びたがっているため、日本語のシャワーをどんどん浴びせてあげることが、留学生のためになります。(ちょっとスパルタではあるかもしれませんが・・・。)いずれにせよ、登録機関も留学生も、ホストであるあなたに英語を期待してはいないのですよ。

1−3.ある程度の英語がしゃべれたほうがベターではある。留学生と一緒に勉強しよう。

留学生受け入れのホームステイ・ホストは、「英語がしゃべれない人でもOK」ではありますが、しかしやはり、「英語がしゃべれたほうがベター」でもあります。

とはいえそれは、留学生受け入れをしながら、のんびりマイペースに進めていけば良いのです。それでまったく充分!肩のチカラを抜いてくださいね。

1−4.事前に勉強するより、留学生と勉強するほうがはるかに効率が良い!

心優しいあなたや几帳面なあなたは、「いや、事前にちょっとは勉強するよ!」と意気込んでいるかもしれません。でも、英語勉強の効率という点でも、留学生と一緒に行ったほうがずっと効率が良いです。

というのも、英語というのは、1週間に1時間だけレッスンに通っていてもなかなか覚えられないもの・・・。「習うより慣れろ」とよく言われているように、英語の飛び交う環境の中に浸かっているほうが、ずっと習得しやすいのです。また、それがホームステイという日常生活の場であれば、生活に根差した真に実用的な英語を覚えることができます。

留学生もあなたも、お互いが辞書や翻訳アプリを片手に、英語で話したり日本語で話したりしながら、楽しく覚えていきましょう。

1−5.覚えたくない・覚えられないならそれはそれでもOK。ジェスチャーやカタカナ語でもけっこう伝わる。

あなたにとって、どうしても英語が覚えられない!または英語は覚えたくない!というのであれば、それはそれでもOKです。繰り返しますが、仲介機関も留学生も、ホストファミリーに英語を義務付けてはいないのですから。

経験してみると痛感することですが、意思疎通というものは、ジェスチャーと「意思」さえあれば、けっこう伝わるものです。食べる、寝る、「静かに!」、トイレなど、日常的な行動は容易にジェスチャーできますし、スクール、スーパーマーケット、レストランなど、すでに日本でも常用語と化した英語もたくさんありますね。

1−6.ホームステイを志した理由は?金銭的な動機が強いなら、登録機関は慎重に選んで!

あなたがホームステイ受け入れを志した理由は何でしょう?いろいろあるかもしれませんが、「副収入を得たい」といった金銭的動機が重要な位置を占めるなら、登録機関の選択は慎重に行ってください。

というのも、留学生を受け入れるタイプのホームステイは、報酬金額がとてもまちまち・・・。多いところでは「月額90,000円」ということもありますが、少ないところでは0円のケースも。「ゼロ円」というところも、あるのです!

そのうえ、ホームページ上には報酬金額を明示していない機関が少なくありません。ですから、うやむやのまま登録を進めたりはせず、資料請求や問い合わせをきちんと行い、納得のいく報酬額を得られそうなところを選択しましょう。

2 農家民泊なら、そもそも外国人に対応しなくても民泊受け入れが可能!

f5483826c9f7dc23f66e3e931c4700da_s

民泊(ホームステイ)をやりたいとしても、外国人との交流に別に興味がないということであれば、農家民泊を選ぶのが名案です。というのも、農家民泊の利用者はもっぱら日本人ばかりで、外国人に対応する必要はほとんどありません。英語がしゃべれないとしても、まったく困ることがないかも?

2−1.農家民泊は、もっぱら日本人利用者がターゲットの民泊。

「農家民泊」という言葉をご存知ですか?2000年代半ばくらいから話題になりはじめた民泊形態の1つで、知らない人もまだいるかもしれませんね。これは、前トピックで取り上げた留学生受け入れのホームステイとは異なり、もっぱら日本人利用者がターゲットとなるものなのです。

利用者は大きく分けて2パターン。1つは、ネイチャーレジャーに関心の高い都市部の人々。主に家族連れであることが多いでしょうか。もう1つは、修学旅行の体験コンテンツとして採用している中学校や高校の生徒さんたち。4〜6人くらいのグループで泊まりにきます。

2−2.農家民泊とは?農業体験や自然レジャーを含んだ民泊のこと。

農家民泊を簡単に説明しましょう。これは名前のとおり、農業体験や自然レジャー体験を含んだ民泊のこと。もちろん、農業ができるような田舎地域を中心としたものではありますが、農業を生業としていなくても大丈夫。

農家民泊とは便宜上の呼び名で、正式名称を「農林漁業体験民泊」と言います。つまり、林業や漁業の家庭でも営むことができますし、それに留まらず酪農家や伝統工芸家、はたまた能や舞妓など、伝統芸能のお教室などでも営むことが可能です。特に地方の人々であれば、何かしらの第一次産業や伝統工芸・伝統芸能に携わっている人は多く、経営できる家庭は思いのほか少なくないはず。

2−3.自治体や町おこし協会が仕切っていることが多く、ノウハウは得やすい。

もしあなたが農家民泊というものを知らなかったとしても、お住まいの地域に農家民泊に関するプロジェクトが発足していないか、探してみてください。役場などに問い合わせればわかるはずです。

農家民泊は、町おこしの一環として自治体や非営利団体が仕切っていることが多く、彼らが起業のアドバイスにも乗ってくれます。

2−4.地域に農家民泊プロジェクトがなくても、自前で経営することもできる。

もしお住まいの地域に農家民泊プロジェクトがなくても、まだあきらめる必要はありません。

近年、「とまりーな」という、農家民泊だけを集めた民泊仲介サイトが登場してきました。ここに登録すれば集客や宣伝は容易に行え、完全な自営でもお客さんを呼ぶことはできるでしょう。起業の際に必要となる自治体への許可申請の方法なども、このサイトが手引きを与えてくれます。

2−5.農家民泊なら、まったく英語を使わずに経営できるかも?

とにかく農家民泊は、日本人利用者ばかりの民泊なのです。外国人の利用者も増えてきてはいますがまだ微々たるもので、また、外国にプレゼンテーションしている地域が限られているため、地域によっては何年営んでも何十年営んでも、外国人を受け入れる機会は一度もないかもしれません。

なお、農家民泊については、もっと詳しく解説している記事が当サイト上にいくつもあります。画面右のサイドバーから「農家民泊」と検索し、他の記事もご参照ください。

3 流行りのAirbnbでもOK!英語がしゃべれない人でも受け入れるアイデアはある!

Skitterphoto / Pixabay

「留学生受け入れのホームステイや農家民泊じゃなくて、流行りのAirbnb(エアビーアンドビー)民泊がいいんだけどなぁ・・・。」そんな人も多いかもしれませんね。大丈夫!エアビーアンドビー民泊においても、英語がしゃべれない人に可能な方法はあります。

  1. 必要な言葉はあらかじめ調べ、文章で対応する。
  2. 日本人や日本語の話せる外国人だけを受け入れる。
  3. 開き直る。(英語がしゃべれないことをあまり気にしない。)
  4. 民泊代行業者に丸投げする。

さて、それでは各項目を、もう少し詳しく掘り下げていきましょうか。

3−1.必要な言葉はあらかじめ調べ、文章で対応する。

話しかけられた英語にとっさに答えることが難しくても、時間をかけて落ち着いて考えたり調べたりすれば、意思を伝えられる人も少なくないことでしょう。

そういう人は、あらかじめ英語翻訳文のリストを作ってしまうのが得策。

「客室の中では静かに過ごしてください。」「シャワーは夜12時までにしてください。」などなど、使うことがわかりきっているフレーズを、あらかじめ調べてリスト化しておくのはいかがでしょうか?それらをルールブックにまとめてチェックイン時に読んでもらったり、貼り紙にして客室や家の中に掲示しておけば、あなた自身が英語をしゃべらなくても、必要事項がゲストに伝えられますね。

なお、翻訳に関してですが、ポータルサイトのYahooやGoogleなどが、翻訳ページを持っています。自動翻訳はまだ不完全ではありますが、数単語程度の短い文なら、意味を伝えるくらいの仕事は果たしてくれるはず。また、当サイトは民泊でよく利用されるフレーズをぎっしり集めた翻訳集のページを作成しました。なんと英語だけでなく、中国語や韓国語にまで対応していますから、ぜひご活用ください。
永久保存版!エアビーアンドビーで大活躍するハウスマニュアル翻訳テンプレート集。(英・中・韓)

3−2.日本人や日本語の話せる外国人だけを受け入れる。

他のホテル検索サイトと異なるAirbnb(エアビーアンドビー)の利点の1つが、「ホストがゲストを選べる」ということです。問い合わせをもらっても、気に食わないゲストはお断りすることができますし、リスティング(エアビーアンドビー上の施設の詳細ページ)上で「日本人限定」「女性限定」などと断り書きすることもできます。

こうした利点を活用して、日本人や日本語の話せる外国人だけをチョイスして受け入れるアイデアはいかがでしょうか?

3−2−1.日本語の話せる外国人は思いのほか少なくない。さらにそういう人はホテルよりも民泊を選ぶ傾向に。

日本人のAirbnb(エアビーアンドビー)利用者(ゲスト利用者)は少ないので、やはり予約の数は減ってしまいますが、かといってゼロにはならないでしょう。というのも、日本語の話せる外国人ユーザーは、思いのほか少なくないのです。また、日本語が話せるような外国人は、ホテルよりもエアビーアンドビー民泊を利用する率が高くなりますし、ホームステイ型民泊を選びたがる傾向にあります。

3−2−2.日本人ゲストを集めたいなら、女性を意識した可愛く清潔な部屋造りを。

日本人ゲストを積極的に集めたいなら、少しコツがいるでしょう。日本人は他の国の人々よりもキレイ好きなので、女性が喜びそうな可愛らしく清潔な部屋造りを心がけると良いです。もてなしやサービスにも気を遣い、また、安全性の高さをアピールするのも重要。

3−3.開き直る。(英語がしゃべれないことをあまり気にしない。)

3つ目のアイデアは笑ってしまうかもしれませんが、日本人にとってはとても重要なことかも?

海外旅行をしたことはありますか?観光地や大都市であっても、昔から営まれている地元民向けの商店・食堂などでは、年のいったお爺ちゃん・お婆ちゃんが英語も使わずにひょうひょうと経営している姿をよく見かけます。こちらが英語で話しかけても現地の言葉を貫き、会話がかみ合っていなくても困った顔も悲しい顔もしません。

これが日本人の場合、外国人に話しかけられて上手く答えられなかったら、自分を責め、慌てたり悲しんだりする人が多いですよね。しかしここは日本ですから、相手の国の言葉に対応できなくても恥ずべきことではありませんし、申し訳なく思う必要もないのです。

厳密に言えば、「開き直って日本語で押し通す」のはあまり良い対応とは言えませんが、「英語がしゃべれないことをあまり気にしない」という心構えについては、重要なことと言えないでしょうか。

3−4.民泊代行業者に丸投げする。

4つ目のアイデアは、「他人に任せてしまう」というもの。

日本には、民泊代行業者というものがあるのをご存知ですか?これはもっぱらAirbnb(エアビーアンドビー)の普及に合わせて誕生した業種なのですが、文字通り、エアビーアンドビー経営に関するあらゆる業務を、肩代わりしてくれる人たちがいるのです。

3−4−1.問い合わせ対応からルールブック作成まで、英語を要する作業も何でもやってくれる。

Airbnb(エアビーアンドビー)上での問い合わせ対応から、リスティング(お部屋の詳細ページ)の作成、ルールブックの作成、クレーム対応など、英語が必要となる業務も行ってくれます。そのため、英語がしゃべれないとしても、エアビーアンドビー民泊経営をあきらめる必要はありません。

民泊代行儀容者とは一般的に、家主不在型の投機民泊を営む人が利用するものですが、ホームステイ型の民泊ホストが委託してもかまわないのです。チェックインの説明対応なども、お金さえ払えばやってくれます。ゲストの滞在中ずっと居てもらうことは難しいでしょうが・・・。

3−4−2.しかし代行費用は高い!赤字になってしまう可能性が高いのでくれぐれも慎重に。

ただし、代行手数料はそれ相応にかかるのでご注意を!一般的に、あらゆる業務を丸投げするなら、民泊収入の30パーセント程度を徴収されます。ホストであるあなたは、そこからさらに家賃や光熱費通信費、諸々の雑費を支払わなけれななりませんから、赤字に陥ってしまう危険性はとても高いです。平均程度の稼働率では赤字なので、よっぽど恵まれた立地や個性的な物件でも持っていないと、収益は上げられません。

4 どうしても勇気が出ない?それならカウチサーフィンで練習してみよう。

民泊

「英語で接客できないのにお金を頂戴するのは心苦しい・・・。」「英語で外国人と交流するのはやっぱり怖い!」そんなふうに感じてしまうなら、練習にうってつけの場所がありますよ。

4−1.カウチサーフィンは無償で泊めてあげる民泊交流SNS。

Airbnb(エアビーアンドビー)が普及する以前、民泊の愛好者たちは「カウチサーフィン」というサイトで民泊の家庭を見つけていました。なんとこれ、無償で泊め合うサイトなのです!

サイトの形態は、エアビーアンドビーとSNSを足して2で割ったような感じ。SNS要素を多分に持っているので、各ユーザーは自分のプロフィールをしっかり明記しています。気に入ったホストの家に泊まれますし、気に入らないユーザーは泊めなくてかまいません。

4−2.お金を取らないから肩肘はらなくていい!

カウチサーフィンの特徴は、なんといっても「お金を介在しない」ということ。商業民泊にしか興味の無い人にとってはつまらないシステムかもしれませんが、お金を介在しないことにはメリットもあります。それは、「肩肘はらなくてよい」ということです。

家の中の掃除が行き届いていなくてもクレームされることはありません(ゼロとは言い切れませんがまずありません)し、もちろん英語で対応できなからといって怒らせてしまうこともありません。このような、「失敗しても大丈夫」「ハイレベルなものを求められない」環境の中で、数回でも民泊受け入れを経験してみるのはどうでしょう?スキルが身に付きますし、自信も付くでしょう。

5 これだけは覚えてみよう!プチ英会話レッスン。

民泊

さて、それでは最後に、少しだけ英会話のレッスンをしてみましょうか。民泊(ホームステイ)生活の中でよく使いそうな、かつ簡単なフレーズを集めてみました。

5−1.にこやかな笑顔も添えて!あいさつ編。

  • 「こんにちは!私の名前は〇〇です。」
    →「Hi! My name is 〇〇.」
    ※あなたの名前が外国人にとって発音しづらそうなものであるなら、ニックネームや略称を使うと良いです。例:ケンイチ→ケン。ヨシユキ→ヨッシー。マリコ→マリー。
  • 「はじめまして。」
    →「Nice to meet you.」
  • 「あなたはどこの国から来たのですか?」
    →「Where are you from? / Which is your country?」
  • 「ごめんなさい。私は英語が上手じゃないんです。」
    →「I’m sorry. My English is not good.」
  • 「ゆっくと、簡単な英語で話していただけますか?」
    →「Please speak slowly and simply.」
  • 「何か質問があれば、私に言ってくださいね。」
    →「If you have any question, please ask me.」
  • 「何時に帰ってくる予定ですか?」
    →「What time will you come back?」
  • 「おかえりなさい!」
    →「Welcome back!」
  • 「泊まってくれてどうもありがとう!」
    →「Thank you for your stay!」

5−2.トラブル回避に絶対必須!注意事項編。

  • 「客室はキレイに使ってください。」
    →「Please keep clean guest room.」
  • 「大きな声で騒がないでください。」
    →「Please don’t make noise in a loud voice. 」
  • 「節電に協力してください。」
    →「Please cooperate with power saving.」
  • 「トイレットペーパー以外のものをトイレに流さないでください。」
    →「Please don’t flush anything other than toilet paper.」
  • 「ベランダも禁煙ですよ!」
    →「Non smoking! also balcony.」
  • 「22時以降は静かにしてください。」
    →「Please be quiet after 10 P.M.」

5−3.あなたの気遣いの見せどころ!食事編。

  • 「おはしを使うことはできますか?」
    →「Can you use chopsticks?」
  • 「スプーンやフォークは必要ですか?」
    →「Do you need a spoon and fork?」
  • 「嫌いな食べ物はありますか?」
    →「Do you have disliked foods?」
  • 「おかわりは要りますか?」
    →「Do you need a refill?」
  • 「食べ残してもかまいませんよ。」
    →「You can leave it to eat.」

いかがでしょうか?ぱっと見ではアルファベットばかり並んでいて面食らうかもしれませんが、よくよく見てみれば中学1年生で習うような単語ばかり!民泊で必要な会話なら、こんなにカンタンなのです♪

6 とにかく英語がダメでも臆さないで!「英語を覚えたいから」という理由でホームステイをはじめる人だってすごく多い。

95b9bc1169b0abab9ab77e46ff98fa4e_s

最後に、心構えのアドバイスを1つ贈ります。

とにかく、英語がしゃべれないとしても、ホームステイ受け入れに挑戦することを臆さないでください。ホームステイの受け入れというのは、「英語のできる人がやるもの」というわけではなく、「英語を覚えたいから」という動機で始める人もすごく多いのです。英語がしゃべれない状態でスタートすることは恥ずかしくありませんし、そのようなホストも多いことを知りましょう。ね?安心したでしょう?

そして、もう1つ大切なことがあります。それは、英会話スキルよりも「話そうとする意欲」や「手助けしようとする優しさ」のほうが、ホームステイ・ホストにとってずっと大切な要素だということ。話す積極性や手助けする優しささえあれば、あなたの愛情は必ずゲストに通じますし、伝えたい内容もどうにか通じます。ボディランゲージや筆談、辞書、翻訳ツールなど、対処法は体がどんどん覚えていくものです。

そうしてあなたが優しくにこやかであれば、ゲストは必ず喜んでくれますし、Airbnb(エアビーアンドビー)などのカスタマーレビューも良い点数が付くでしょう。

民泊スタートアップnaviでは、ホームステイのホストがぶつかるあらゆる問題や疑問の答えを、充実記事に載せて発信しています。買いそろえるべきアイテムや法律対策など、困ったことはありませんか?気になるテーマの記事をトップページから探し、あなたの民泊スタートアップにお役立てください。

まとめ。

Group of college students pointing at globe in the library

【留学生受け入れのホームステイなら、ホストに英語力は求められない!】

  1. ほとんどのホームステイ登録機関は、ホームステイ・ホストに英語力を求めていない。
  2. なぜなら、留学生の滞在目的は「日本語」を勉強することだから。
  3. もちろん、ある程度の英語がしゃべれたほうがベターではある。それも留学生と一緒に勉強すればよい。
  4. 留学生受け入れのために事前に勉強するより、留学生と勉強するほうがはるかに効率が良い!
  5. 英語を覚えたくない・覚えられないならそれはそれでもOK。ジェスチャーや日本語英語でもけっこう意思疎通はできる。
  6. ホームステイを志した理由は?金銭的な動機が強いなら、登録機関は慎重に選んで!報酬がゼロ円のところもある。

【農家民泊なら、そもそも外国人に対応しなくても民泊受け入れが可能!】

  1. 農家民泊は、もっぱら日本人が利用する民泊。ネイチャーレジャー好きの都会の家族や修学旅行生。
  2. 農家民泊とは?農業体験や自然レジャーを含んだ、一般農家での民泊のこと。
  3. 農家民泊は自治体や町おこし協会が仕切っていることが多く、サポート体制があり、ノウハウも得やすい。
  4. 地域に農家民泊プロジェクトがなくても、農家民泊検索サイト「とまりーな」など使えば自前で経営することもできる。
  5. 地域によっては外国人の利用は全くない。農家民泊なら、全く英語を使わずに経営できるかも?

【流行りのAirbnb(エアビーアンドビー)でもOK!英語がしゃべれない人でも受け入れるアイデアはある!】

  1. 必要な言葉はあらかじめ英訳を調べ、張り紙やルールブック、メモ見せなどの文章で対応する。
  2. 日本人や日本語の話せる外国人だけを受け入れる。
    ・日本語の話せる外国人はけっこういる。さらに、そういう人はホテルよりも民泊を選ぶ傾向にある。
    ・日本人ゲストを多く集めたいなら、日本人女性の趣向を意識した可愛く清潔な部屋造りを心がけよう。
  3. 開き直る。(英語がしゃべれないことをあまり気にせず対応する。)
  4. 民泊代行業者に業務を丸投げする。
    ・問い合わせ対応からルールブックの作成まで、英語を要する作業も何でもやってもらえる。
    ・しかし民泊代行費用は高い!平均的な稼働率でも赤字になってしまう可能性が高いので、くれぐれも慎重に。

【どうしても勇気が出ない?それならカウチサーフィンで練習してみるのはどう?】

  1. 「カウチサーフィン」とは?旅行者同士が無償で泊め合う民泊交流SNS。
  2. カウチサーフィンはお金を取らないので、受け入れも肩肘はらなくていい!

【これだけは覚えてみよう!プチ英会話レッスン。】

  1. 利用頻度が高くシンプルなフレーズだけを集めましたので、本文をご参照ください。

【心構えのアドバイス】

  1. とにかく英語がダメでも臆さないで!「英語を覚えたいから」という理由でホームステイ受け入れをはじめる人だってすごく多い。
  2.  英会話スキルよりも「話そうとする意欲」や「手助けしようとする優しさ」のほうがずっと大切。

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)