ビュッフェで食べきれないほどの料理を盛り、食べ残し、食べ散らかす。トイレを汚す。花見で桜の枝を折る。声が大きくやかましい…

中国人観光客によるマナー違反、低モラルについて、毎日のように目に飛び込んできます。ニュースだけでなく、NAVERまとめやYou tubeなどでもそうした事例をまとめて、怒ったり笑ったりしているのを見受けますね。

するとどうしても、中国人観光客への印象が悪くなるのは仕方のないことかもしれませんが、私たちは「和」の国日本国民!少し冷静になって、この問題を熟考してみてはいかがでしょうか?

特にあなたが、民泊の家主として外国人と頻繁に接する宿命にあるのなら、迷惑行為の回避策・対応策はもちろんのこと、迷惑と感じるような行為に対して、幅広い視点を持っておくことが、とても大切です。このページではこの問題について、冷静に多角的に、じっくり解説していきたいと思います。

1 すべての中国人のマナーが悪いわけじゃない!

まず最初に書いておくべきことが、これです。

「すべての中国人のマナーが悪いわけじゃない!」

これは、民泊家主としてお客さんを迎える立場としても、イチ海外旅行愛好者として海外に出かけている身としても、両方の側面から断言できます。たしかに、食べ残したり食べ散らかしたり、マナーの悪い中国人が存在していることは事実です。でも、皆が皆そうだというわけではないのです。

この記事のタイトル、「中国人のマナー違反を上手に回避するポイント」を考える上で、これはとても大切な前提認識です。まずは煮えくり立った怒りを鎮めて、冷静に落ち着いて、この事柄について考えていきましょう。

1−1.マナー違反が多いのは、爆買い層&パッケージツアー層=富裕層の中高年世代。

テレビやニュースで中国人観光客のマナーが批判されるとき、たいていの場合、「爆買い」というキーワードがセットになっていますよね。つまり、【日本の家電やコスメ、不動産などを購入していく層が、マナー違反を犯すことが多い】というわけです。また、パッケージツアーで訪れる団体客についても、マナーの低さが目だっていますね。これられはつまり、「中国の富裕層」です。

今、日本に訪れている中国人の大半は、この「富裕層」です。たくさんのお金を持参し、あちこちで浪費することを楽しんでいるようです。

しかし、中国人訪日客の中には、それにあてはまらない人々も、居るのです。それはたとえば、勉強を目的とした留学生。消費よりも日本の伝統文化や町並みに興味を持つ、ストイックなバックパッカー。スポーツ大会参加を目的とした、スポーツ愛好家…

このような人々は、テレビで批判されている中国人像とはずいぶん異なる性格をしていて、振る舞いをしています。特に、【日本の伝統文化や礼節文化、宮崎アニメなどに感銘を受けて来日している中国人たちは、むしろ日本の巷の若者よりも、しっかりした礼儀を持っていたりする】のです!

ちなみに、爆買いをする富裕層が全て低マナーかと言ったら、それもまた違うのです。同じ富裕層でも、海外旅行や舶来品購入を飽きるほど重ねているタイプの人たちは、マナーが良い傾向にあります。彼らは、ここ数年の中国人訪日ブームよりも前から日本に来たことがあって、日本のマナーや必要な振る舞いを、すでに学習済みなようです。

1−2. マナーの良い中国人訪日客と、引き合うように工夫しよう。

すると、観光地や繁華街ではなく、大学のキャンパスや静かな住宅街、スポーツ振興施設などに出入りしてみるなら、接する中国人の大半はとてもマナーが良く、ニュースで批判されていることが信じられない!というような感覚を持ちます。であれば、民泊の家主が中国人のマナー違反を回避したい、迷惑をこうむらないようにしたいなら、方法は簡単です。【こうした、「マナーの良い中国人訪日客」と引き合うようにすれば良い】のです。

2 民泊運営で、マナーの悪い中国人と接触しないようにするには。

ここは、Airbnb(エアビーアンドビー)をはじめとした民泊運営のノウハウを紹介するサイトですので、その観点から具体的に、対策の話をしていきましょう。

2−1.客のタイプによる宿泊施設選びの傾向を知ろう。

では、爆買い中国人はどのような民泊物件を選ぶのでしょう?マナーの良い中国人はどのような民泊物件を選ぶのでしょう?爆買い中国人客によく見られる性質を分析するなら、1.「バブル気質」と2.「低マナー気質」の2つの大きな特徴が挙げられます。

  1. バブル気質の宿泊施設の選び方
    高級品を好み、浪費を好む、いわゆる「バブリーな」と形容される人々が、爆買い中国人観光客には多いです。バブリーな人々は、どのような宿泊施設を選ぶでしょうか?それはやはり、「高級感のあるところ」です。ある程度値段が張るとしても、オシャレで高級なインテリアがきらめいている施設を好みます。ここ数年日本で流行っている、投機としての民泊経営(物件をイチから借りてきて、お金儲けのための経営)では、まさにそうした、ヨーロピアンで高級感のある内装作りをすることが多いでしょう。民泊代行業者に依頼しても、もっぱらそうしたデザイニングをします。
  2. 低マナー気質の宿泊施設の選び方
    爆買い中国人客の中には、買い物にはお金を使う反面、宿泊は節約しようと考える人々も多いという統計が出ています。「爆買い層」というかマナー違反を叫ばれている層には、自分があまり行儀よくないということを自覚している人々も、多いはずです。彼らは、行儀よく静かに振舞うことが難しいけれど、注意をされたくはありません。すると、彼らがAirbnb(エアビーアンドビー)などの民泊サイトを覗くなら、「管理人が不在な(まるごと貸切の)物件」を好むのです。

1.と2.をまとめると、つまり、【管理人を置かずに運営している投機的な民泊施設では、中国人のマナー違反に迷惑をこうむる可能性が、ぐんとアップしてしまう】のです!

2−2.マナーの良い中国人訪日客はどんな人たち?

それに対して、買い物や浪費よりも、【文化体験や勉強などを望んでいる訪日客の場合、同じAirbnb(エアビーアンドビー)で宿泊施設探しをするにしても、人情や温かみを感じられる施設を選ぶ傾向があります。】
民泊運営者の中には、お金儲けよりも交流や人助けを目的として、安価に自分の家の一部を間貸ししているいわゆる【「ホームステイ型」のホストもいるのですが、このタイプの人々は、中国人のマナー違反には、ほとんど迷惑をこうむっていない】のです。

2−3.「同じような価値観の家主とお客は引き合いやすい」ということを理解しよう。

つまり、ホストのあなたがお金のことばかり考えているなら、お金のことばかり考えている中国人(爆買い層、マナーの悪いバブリー層)と引き合ってしまうのは、必然的な流れなのです。もちろん、「家主不在の投機物件には必ずマナーの悪い爆買い客が来る」と断言できるものではありません。あくまで「傾向」があるというだけですが、その確率はホームステイ型の場合とは段違いです。

3 マナー違反を止めさせるには。

でも、あなたがアットホームな民泊を運営していても、ときにはマナーの悪いお客さんが来てしまうこともあるでしょう。また、家主不在型の投機的民泊を始めてしまったからといって、あきらめて泣き寝入りしなければというものでもありません。

自分の施設の中にマナーの悪いお客さんが来てしまったなら(しまうことを想定して)、その人たちになるべく行儀よく過ごしてもらうための対策を、考えたほうが良いですね。このトピックではその対策について述べ、あなたのお悩みを解決していきます。

3−1.マナーについて、きちんと教えてあげよう。

中国人の非常識な振る舞いについて、ニュースやメディアは「マナー違反」とひとくくりに批判していることが多いです。けれども、必ずしも「マナー違反」とは限らないのです!どういうことでしょうか?

たとえば、非常によく耳にする、中国人による「食べ残し」。これはどうでしょう?日本では、友人宅でも外食でも、出された料理は、「完食すること」がマナーですよね。食べ物に対する感謝の意味からも、「残さず食べなさい」と、幼いから教わっています。けれども、中国のマナーは違うのです。

中国では、完食するということは、「まだ足りないよ」と感じている意思表示なのです。中国人が客人をもてなすとき、お客さんがお皿の料理をたいらげたなら、料理を追加してあげることがマナーなのです。
それではキリがありませんから、【中国では、おなかがいっぱいになったらお皿に料理が残った状態でストップすることこそが、「良いマナー」なのです。】

中国ではそのようなマナーがあり、そのような習慣で育ってきています。環境問題の点から言えば、むやみに食べ残すのはあまり良いやり方ではないと言えるかもしれませんが、国での文化・習慣という点は、やはり尊重し、理解を示してあげることが大切でしょう。

とにもかくにも、彼らは良かれと思って「食べ残し」している可能性があるのです。もてなす家主であるあなたがそれを不快に感じるのであれば、「日本では、完食することが礼儀です。食べ残すことは相手や食べ物に失礼だと考えるのですよ」と教えてあげましょう。

ホームステイ型の民泊で直接会話ができるなら、直接会話で教えてあげると良いです。怒るのではく、笑顔で教えてあげましょう。家主不在型の民泊であるなら、ルールブックの中に、「日本のマナーについて」といったページを作ってあげると良いでしょう。「ですからこの家でも、注意してください。ほかのレストランや友人宅に招かれた場合でも、気をつけてください」などと書いてあげれば、あらゆる人たちにとってプラスになりますね。

彼らは「マナーを無視している」のではなく「マナーを守っている」つもりかもしれませんから、あなたの家のルールやマナーがそうではないことを、きちんと教えてあげることで、改善できるかもしれません。マナーを超えて、【習慣として体に染み付いている部分も大きいはずなので、1度2度失敗があっても、むやみに怒らず、繰り返し指摘し、教えてあげることが大切】です。

また、「日本の文化について教えてあげる」ということは、ホームステイを営む家主にとって、責務のようなものです。それこそが役割です。ですから、ホームステイを営みたいと考えているのであれば、むやみに怒ったり悲しんだりせず、使命感を持って、根強くレクチャーしていってあげましょう。それこそが、ホストファミリーの社会貢献です。ホストファミリーの喜びに目覚めてくると、異文化について「教わる」だけでなく、「教える」ことについても、喜びや楽しさ、充実感を感じるようになるでしょう。

3−2.迷惑行為をされたなら、きちんと責任を取ってもらうようにしよう。

ルールやマナーを教えても、それをなかなか守ってくれないお客さんもいることでしょう。そもそもマナーを守るつもりのない、悪質なお客さんもいることでしょう。そういう場合は、どうすれば良いでしょうか?

この場合、【「責任を取らせる」という司法的な考え方をすると良い】です。たとえばルールブックに、「カーペットをひどく汚した場合、クリーニング代として6,000円を頂きます」などと明記しておくのです。(クリーニング委託にいくらくらい掛かるか、あらかじめ調べておきましょう。カーペットや布団の場合、6,000円程度ではないかと思います。実費額より高い金額を書いておいても良いかもしれません。次のお客さんのことを考えると、クリーニングに出している暇はなく、新たに購入しなければならないかもしれませんね。)

他にも、
「トイレを酷く汚した場合、ご自身で掃除をお願いします。」
「トイレに紙以外のものを流して詰まらせた場合、修理費用を頂戴します。」
「泥酔などで吐いてしまった場合、別途清掃料金を頂戴します。」
「バスタオルなどの備品を持ち帰られた場合、盗難として警察に通報し、さらに2倍の金額をお支払い頂きます。」
といった規約も考えられますね。

3−3.Airbnb(エアビーアンドビー)の保証金制度&問題解決センターを活用しよう!

Airbnb(エアビーアンドビー)では、こうした責任トラブルの発生を見越して、対策が設けられています。1つは「保証金の設定」。もう1つは「問題解説センター」です。

  • 保証金の設定について。
    Airbnb(エアビーアンドビー)のリスティングページ(物件詳細を紹介するページ)の、「料金」のところに、「保証金」という項目があります。ここには1万円、2万円といった金額が書かれていることでしょう。この金額は何かというと、「この施設に泊まったお客さんが、何か備品を壊したり汚したりした場合の、弁償しなければならない最高金額」が書かれています。
    Airbnbの家主は、この金額を自由に設定することができ、後述の「問題解決センター」を仲介することによって、問題を起こしたお客さんにこの金額を払ってもらうことができます。

あなたの民泊施設が高級品ばかり揃えているならば、この保証金の金額は、高めに設定しておいたほうが良いかもしれません。最高で、約54万円までは設定することができます。

しかし、高ければ良いというものではないのです。この保証金の額は、お客さん側からも閲覧することができます。お客さんは泊まる施設を選ぶ際に、あまりに弁償金額が高いと怖くなって、他の施設に流れてしまうかもしれないのです。そのため、実際に施設の中には10万のソファー、20万の洗濯機があるとしても、保証金は1〜2万円程度の設定にしている家主が多いのです。

  • なお、この弁償金額を払うのは、Airbnbではありません。あくまでAirbnbは仲裁役に過ぎず、払うのはお客さん側です。お客さんがまかないきれない損害について、Airbnbに払ってもらう保証制度も存在はしています。「Airbnbホスト保証」というものです。問題解決センターについて。Airbnb(エアビーアンドビー)の問題解決センターは、家主とお客さんとの話し合いではトラブルの解決がはかれないときに、仲裁に入ってくれる部署です。ヘルプページから「問題解決センター」と検索すれば、手続きのページにたどり着くことができます。

問題解決センターを使うことによって、あなたが保証金に設定した額以内に関しては、お客さんから確実に徴収することが可能です。お客さんのクレジットカードから、問題解決センターが強制的に徴収してくれます。

※ちなみに、問題解決センターは、問題を起こしたお客さんがチェックアウトしてから3ヶ月以内に要請をする必要があります。その期間を過ぎてしまうと、この件では要請できなくなってしまいます。気をつけてください!

4 中国人の読者へのメッセージ。

4−1.中国人を悪く言う日本人ばかりではありません!

この記事を読んでいる人の中には、中国人の方々もいらっしゃることでしょう。「自分はマナー違反などしていないのに…」「マナー違反と知らずにやってしまったことなんだ…」と、胸を痛めて、肩身を狭くしている人もいるかもしれません。

大丈夫です。ご安心ください。【日本人のすべてが中国人に敵対心を持っているわけでは、ない】のです。

4−2.民泊利用の際は、暖かそうな雰囲気の家主さんを選ぶようにしましょう。

Airbnb(エアビーアンドビー)や民泊の家主についても同様で、前述したように、【家で常に宿泊客と交流しているタイプの家主はたいてい、「マナーの良い中国人だってたくさんいるよね」ということを理解しています。】

暖かい民泊には暖かいお客さんが訪れる(ことが多い)ので、暖かそうな雰囲気の家主さんは、マナーの良い中国人客との良い思い出を持っています。ですから、あなた方中国人のことをむやみに嫌ったり批判したりは、しないでしょう。

ご安心ください。あなた方を笑顔で歓迎してくれる家主もたくさんいます。リスティングページをよく眺めて、そうした家主さん(の施設)を、上手く選んでください。

5 中国人のマナー問題は、私たち日本人が異文化を勉強する良いキッカケ。

5−1.日本がちょっと過剰すぎる?

マナー違反をする中国人の肩を持つわけではありませんが…日本の昨今の「中国マナー違反報道」は、ちょっと過剰すぎると思えなくもありません。げんに諸外国からは、逆に日本が、そのような指摘・批判を受けています。

5−2.中国だけではないのに、中国だけを悪者扱いしすぎてしまっているかも?

私たちは連日のように、「ありえない!」「非常識!」と怒鳴りちらしていますが、それは単なる、「文化の違い」にすぎないケースもありますし、中国人だけがそうなのかと言ったら、そうでもないかもしれません。

今はたまたま、来日している人数の絶対数が多いために、中国人の所作が目につきやすいだけかもしれません。また、中国人の訪日ブームが起こる前から世論の嫌中感情が高まっていたので、過剰に反応してしまっているところがあるようです。

5−3.日本の常識が海外のマナー違反になることだってある。それを思い出そう。

たとえば、日本の伝統文化である温泉や銭湯。温泉は、海外にも少しはあります。銭湯はなくとも湯治のような入浴施設もあります。日本の場合、「服を脱ぐこと」がマナーであり常識ですが、外国だと、公衆施設に裸で入るななんてキチガイか!と驚かれてしまいます。ワイセツ法の面からも問題ですしね。

逆に、日本で銭湯や温泉に衣服や水着を着て入ると、「洗剤が溶けこんでしまうから止めてください!」と厳しく咎められますよね。「良識知らず」と言われてしまいます。でも外国では、着て入ることのほうが良識であり、「マナーを守っている」行為なのです。

5−4.他人を批判する前に、自分たちの言動が醜くなっていないか、気をつけよう。

ですから、【私たち日本人は、日本の常識だけを善と考えて、他の国の常識を「マナー違反だ」と批判していてはいけません。】【何か見慣れない行動を見たなら、怒ったり批判したりする前、「よその国の文化やマナーを知るチャンスだ!」と考え、その行動の意図を尋ねてみると良い】でしょう。

交流を重視するタイプのバックパッカーなど海外旅行愛好者たちは、海外でそうした質問交流を経験しています。彼らは、日本で見慣れない振る舞いを見慣れていますから、それがたとえ多少不快に感じる行為であったとしても、むやみに怒ったりせず、寛大に見守る傾向にあります。

中国人マナーの件に限らず、日本人は諸外国から、「視野が狭い」と言われることが多いのです。外国人の目新しい食べ物や流行ばかり取り入れてはいても、文化や政治についてはかなり無頓着であるようです。私たちもまた、中国やその他の国の人々のマナー、伝統、習慣、文化…それらについて、学ぼうとすることが大切かもしれません。

そして、外国人のマナー違反を見たときにも、私たちはもっと寛大になったほうが良いかもしれません。諸外国の人々は日本よりも異文化交流に慣れているので、マナー違反を見ても、それによって不快や迷惑をこうむっても、こんなに騒ぎ立てはしませんし、毛嫌いもしません。(外国でも、外国人の少ない田舎のほうの人々はけげんな顔をすることも多いですが、つまり日本人大衆は、外国の田舎の人のような保守性や排斥性なようです。)

「怒る」とか「批判する」「さらす」「笑いものにする」といったネガティブな行為をする前に、「注意する」「教えてあげる」「解決の努力をする」といったポジティブな行為に努めたほうが良いのではないでしょうか?多少不快に感じるとしても、我慢して尊重してあげるべき事柄もあるでしょう。

そうしたポジティブな対応こそが、異文化交流ということであり、世界平和のための協力や博愛です。

民泊スタートアップnaviでは、異なる文化の外国人とも、マナーの悪い外国人とも仲良く平和に交流するための方法を、他にもたくさん公開しています。トップページから新たな記事をお探しください。

まとめ

  1. すべての中国人のマナーが悪いわけじゃない!十把ひとからげに中国人を悪者扱いするのはやめましょう。
  2. マナー違反が多いのは、爆買い層&パッケージツアー層=富裕層の中高年世代。ここ数年で急速に豊かになり急速に海外旅行を知った人々は、マナー違反に陥りやすい。
  3. 民泊を運営するなら、マナーの良い中国人訪日客と引き合うように工夫することも大切。
  4. 民泊運営で、マナーの悪い中国人と接触しないようにするためには、まずは客のタイプによる宿泊施設選びの傾向を知ろう。
  5. バブル層は高級感のある宿泊施設を好む。低マナー層は管理者が常駐しない宿泊施設を好む。つまり、家主不在の投機型民泊施設は、マナーの悪い中国人と引き合いやすい。
  6. マナーの良い中国人訪日客は、留学目的の学生、日本の伝統文化や礼節文化を好む人。スポーツ振興が目的の人たちなど。
  7. 「同じような価値観の家主とお客さんは引き合いやすい」ということを理解すべし。「客と対応したくない」と考えている家主(の施設)には、「管理者と会いたくない」と考えている低マナーな客が寄り付きやすいのは必然。
  8. マナー違反を止めさせる努力ももちろん大切。
  9. 「マナーが悪い」のではなく「マナーを知らない」だけかもしれない。日本のマナーについて、きちんと教えてあげよう。
  10. 迷惑行為をされたなら、きちんと責任を取ってもらうようにしよう。ルールブックなどに罰金の規則を書き、未然に警告をしておくなど。
  11. Airbnb(エアビーアンドビー)には保証金制度や問題解決センターというシステムがあるので活用すべし。
  12. 中国人の読者の方へ。中国人を悪く言う日本人ばかりではありません!リスティングをよく眺め、暖かい家主の施設を選ぶようにすれば、笑顔で迎えてくれるはずです。
  13. 中国人のマナー問題を、もっと広い視野で見つめるべき。私たち日本人も、異文化を勉強する良いキッカケと考えよう。
  14. 「日本がちょっと過剰反応し過ぎている」という指摘もある。そのため、私たち日本人も批判の対象になっている。
  15. 日本の常識が海外のマナー違反になって迷惑をかけていることだってある。それを思い出すべき。
  16. 他人を批判する前に、自分たちの言動が醜くなっていないか気をつけよう。ポジティブな反応を心がけよう。

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)