訪日外国人観光客が年間2,000万人をついに突破し、観光業界は引き続き活気づいています。特に宿泊分野は、一般人でも民泊という形でこの訪日外国人景気に乗っかることができるため、多くの人々の注目を集めていますね。

今や民泊の仲介サイトも多数出現し、どれをホームに集客すべきか迷っているホストもいるかもしれませんが、今なお最も強力なのはAirbnb(エアビーアンドビー)と言えるでしょう。

エアビーアンドビーによる外国人受け入れは、どのような点が魅力なのでしょうか?

1 エアビーアンドビーは圧倒的な知名度と集客力を誇る!

外国人旅行客を受け入れる民泊サイトはエアビーアンドビーが一番!

ビジネスではなく、交流を目的として民泊ホストをしたいと考えている方も少なくないかもしれませんね。しかしそれでも同じことです。

収益にせよ交流にせよ、予約が入らなければ何も始まりませんが、Airbnb(エアビーアンドビー)はこの点で圧倒的な実力を誇っています。

1-1.とりあえず物件登録さえすれば、すぐにでも予約が入るありがたさ。

Airbnb(エアビーアンドビー)ホストを検討する人の中には、ゲストハウスやペンションの経営を検討したことのある人もいることでしょう。それらの場合、どんなに立派なホームページを作っても、なかなかお客は集まりません。

しかしエアビーアンドビーの場合、サイト上に物件を登録するだけで世界中の旅行者に訴求することができ、あっさりと予約を獲得できます。平均的な設備と平均的な値段に設定するだけでも、最初の月からもう、パラパラと予約が入るでしょう。

1-2.外国人はエアビーアンドビー民泊が大好き!

日本人はあまり民泊を好みませんが、日本以外のほとんどの国では、Airbnb(エアビーアンドビー)民泊は大人気。

外国人の多くは、豪華なホテルよりもその国の暮らしが感じられる一般家庭での民泊が楽しいと感じています。ですから、あなたの民泊が「普通のお家」でも全く問題はありません。むしろ、「そのほうがウケる」のです。

1-3.ヨーロッパでは、エクスペディアの予約数をエアビーアンドビーが凌駕するほど!

世間の報道では、「Airbnb(エアビーアンドビー)は、中国や東南アジアの貧困層が節約のために利用している」といった説明をすることが多いです。しかしこれはあまり正確ではありません。

日本の場合、地理的に近隣国である中国や東南アジアからの利用が多いだけであり、ヨーロッパやアメリアなどの先進国民もエアビーアンドビーを愛好しています。ヨーロッパに至っては、あのモンスター企業エクスペディアの予約数を、もうすぐエアビーアンドビーが凌駕してしまうほどの勢いです!

2 エアビーアンドビーなら資格不要。誰でも簡単に登録・運営できる!

外国人旅行客を受け入れる民泊サイトはエアビーアンドビーが一番!

Airbnb(エアビーアンドビー)の魅力の2つ目は、「誰でも登録可能」ということ。ツリーハウスやかまくらですら登録できるほどですから、あなたの家がどんなに平凡でも、やはり登録は可能なのです!

2-1.ヤフートラベルやじゃらんなどは、民泊は登録させてくれない・・・。

トピック1を読んで、「要はホテル検索サイトに登録すれば良いってことでしょう?」とあなたは思ったかもしれません。しかし民泊の場合、そう簡単な話でもないのです。

たしかに、簡易宿所規約に則ってゲストハウスやペンションを営むなら、日本のホテル検索サイトに登録すれば済むことなのですが、民泊の場合、ヤフートラベルやじゃらんなどといった一般的なホテル検索サイトでは、登録を受け付けてくれません。

しかしAirbnb(エアビーアンドビー)ならば、一般的な家庭でも、ゲスト専用の部屋すらなくても、登録することが可能なのです。

2-2.宿泊施設の経験もスキルも必要ない!

Airbnb(エアビーアンドビー)社は、あくまで「民泊」であることにこだわっています。「ホテル検索サイト」ではなく「民泊検索サイト」なのです。

そのため、ホストに対して、宿泊施設の経験や資格、知識は一切求めていません。もちろん、「より良いホストであるため」には様々な知識やスキルを持っていたほうがベターですが、しかし何の知識や経験がなくても、営むことは可能です。

あなたがお友達の家や民宿に泊まったときのことを思い出し、「こんなふうにもてなされたら嬉しいかな」と思うことを実践してみてください。それでおよそ間違いはありません。

各国のゲストたちも、民泊のホストに対してあまり几帳面なことは求めていませんから、ご安心を。

2-3.旅館業法の認可は、ホームステイ型民泊なら不要と考えてOK。

Airbnb(エアビーアンドビー)のノウハウサイトを眺めていると、「民泊をするなら旅館業法の認可が必須だ」といった表記を見かけるでしょうか。

しかし、あなたが営みたいのが自宅を使ったホームステイ型の民泊なのであれば、旅館業法の認可を得る必要はありません。今はまだ、法的には曖昧な状態ではありますが、日本政府は民泊新法の発令により民泊を自由化する方針を固めています。

2-4.英語は「中学生レベル」の知識があればどうにかなる。

Airbnb(エアビーアンドビー)の主要な宿泊層は外国人であるため、やはり英語は出来たほうが良いです。かといって、ペラペラである必要はまったくありません

リスティング(物件紹介のページ)の作成や問い合わせへの対応など、英語を要する業務のほとんどは文章上で済みます。すると、時間を掛けて調べることができますから「Airport」「Train」など基礎的な単語を知っており、また、翻訳サイトや翻訳アプリを使えるなら、充分に対応できるでしょう。

3 エアビーアンドビーならお金はほとんど掛からない!

外国人旅行客を受け入れる民泊サイトはエアビーアンドビーが一番!

Airbnb(エアビーアンドビー)を介した民泊受け入れであれば、お金も驚くほど掛かりません。

3-1.エアビーアンドビーの掲載料、幾らか知ってる?なんと、ゼロ円!

駅の構内看板にせよ、雑誌の広告ページにせよ、事業の宣伝を載せるためには広告料が必須です。これは多くの場合、2週間でも数万円は掛かり、つまりビジネスを継続していくためには、仮に利益が上がらなくても年間数十万円以上の広告料を払わなければなりません。

しかしAirbnb(エアビーアンドビー)の場合、リスティングの掲載料はゼロ円です!なんと1円も払わずに、月間ページビュー1億以上を誇る巨大マーケットで宣伝ができるのです!

もちろん、登録料や契約料、月会費なども掛かりません。エアビーアンドビーに支払うお金は、予約が入った際にその民泊収入から3%の額が徴収されるそのときだけ。

ちなみにこの3%という額も、他の民泊サイトやホテルサイトよりもずっと安いです。

3-2.ホームステイ型民泊なら、先行投資もゼロ円で済んじゃうかも?

自宅で受け入れるタイプのホームステイ型民泊なら、先行投資もゼロ円で済んでしまうかもしれません。基本的に、民泊のために特殊な設備は必要ないため、友人を泊められるような部屋やスペース、寝具を持っているなら、やはり特別に何かを買わなくてもAirbnb(エアビーアンドビー)民泊を始めることが可能です。

ただし、投機型の民泊の場合、話は別!物件を借り、家具家電を揃えたりすることで、100万円くらいは掛かってしまうでしょう。

3-3.高価な寝具や家具はまったく必要ナシ!

Airbnb(エアビーアンドビー)のリスティング(物件の紹介ページ)を眺めていると、ホテルのようなオシャレで高価そうな内装の部屋がたくさん並んでいます。すると「私の客室もアップグレードしなければお客さんは呼べない!」と気後れしてしまうかもしれませんね。

しかし、その懸念は不要です。投機型民泊では「ホテルのようなオシャレな内装を」というのがセオリーとなっているため、それを踏襲しているホストが多いだけであって、実際の民泊ゲストユーザーたちは、別にホテルに似せた内装など求めてはいません。

もちろん、オシャレな部屋を好むユーザーも多いのですが、「普通の家庭っぽさ」を求めるユーザーも多いため、別にあなたの家のそのままのお部屋でも、民泊受け入れは続けられます

3-4.昭和家屋でも古民家でも大丈夫。外国人は「日本っぽさ」を喜ぶ。

高価なインテリアが要らないばかりか、古臭い昭和家屋でも、それよりも古く「古民家」と言われるような家でも大丈夫です。あなたのお孫さんが「古臭くてイヤ!」「ダサい!」と文句を言っているとしても、それでも大丈夫です。

Airbnb(エアビーアンドビー)宿泊のメイン層は外国人で、そして外国人の多くは、「日本らしさを感じられる家庭」をとても好みます。オシャレなリビングソファーよりも、「コタツに座布団」のほうが喜ばれるほどです。

3-5.民泊代行業者に委託する必要はない。

Airbnb(エアビーアンドビー)のノウハウサイトを眺めていると、エアビーアンドビー民泊とは代行業者に委託して営むものだと感じてしまう人がいるかもしれせんね。しかし、自宅で営むホームステイ型民泊の場合、民泊代行業者に業務委託する必要性はおよそ何もありません

投機型(家主不在型)民泊の場合、どうしても委託する必要性があり、それが民泊収益の1/3をも圧迫してしまうのですが、ホームステイ型民泊なら委託の必要性がないので、こうした経費は掛かりません。

また、清掃に関しても同様です。プロの清掃業者に委託する必要はなく、いつものお掃除やシーツを交換をやればそれで充分。

3-6.食事や観光ガイドをもてなさなければならないわけじゃない。

民泊、特にホームステイ型民泊に関する記事を読んでいると、「ゲストをおもてなししよう」といった記述をよく見かけます。そのため、「民泊ホストをするなら何かプラスαの施しをすることが必須だ」と思ってしまっている人もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

気が向いたときに、負担のない範囲で、自分の喜びのために施し(食事に誘ったり観光をガイドしたり)してあげればそれで充分です。全く食事提供や観光ガイドをしなくても、「良いホストだった!」と絶賛してもらったり5ツ星評価を付けてもらうことは可能ですよ。

お土産を手渡してくれるゲストもたまに居ますが、それにお返しをする必要もありません。

4 エアビーアンドビーなら安全・安心に受け入れることができる!

外国人旅行客を受け入れる民泊サイトはエアビーアンドビーが一番!

Airbnb(エアビーアンドビー)社は、ホストやゲストの安全にも非常に気を配っています。

4-1.犯罪はほとんど起きない。身分確認が徹底されているため。

民泊関連の記事では、盗難や暴力などの犯罪リスクに警鐘する内容をよく見かけます。もちろん、犯罪への警戒は必須と言えますが、かといって、ホームステイ型のAirbnb(エアビーアンドビー)民泊で犯罪に遭うことはほとんどありません

エアビーアンドビーは、犯罪を防ぐために、すべてのユーザーに対して身分確認を徹底しています。ほとんどのユーザーはメールアドレスだけでなく、携帯番号の登録やパスポートのアップロード、FacebookなどSNSとの連携を行っているため、犯罪を犯すと筒抜けになってしまうのです。

もちろん、それでも犯罪を犯す人はいるのですが、ホームステイ型民泊を営み、身分確認の徹底されていないユーザーを泊めないようにすることで、犯罪レベルのトラブルはほとんど起きないでしょう。

4-2.不慮のアクシデントも、エアビーアンドビー保険が1億円までカバーしてくれる。

アクシデントの中には、悪気の無いものもありますよね。善良な外国人ばかりを選んで泊めていても、大事なカーペットにワインをこぼされてしまったりするようなことは起こりえます。

しかし、そうした不慮のアクシデントに対して、Airbnb(エアビーアンドビー)は3種類の保険制度を用意しています。ゲストから被ってしまった損害については、設備の汚破損はもちろんこと、近隣住民からの損害賠償請求に至るまで、エアビーアンドビーが補償してくれます。

4-3.若い女性は自己防衛に努めて。「女性ゲスト限定」なんて泊め方もアリ。

あなたが若い女性であり、かつ一人でホストをしようと思っているなら、やはり自己防衛には慎重になったほうが良いです。Airbnb(エアビーアンドビー)は身分確認を取っているため、性的事件が起こることはまず無いですが、いやらしい目でゲストに見られるだけでも、女性としては苦痛に感じますよね。

「民泊はやりたいけど男性ゲストは怖い」という場合には、「女性ゲスト限定」とエアビーアンドビーのリスティング(物件の紹介ページ)に銘打つのも良いアイデアです。そういう受け入れ方でもかまいません。

また、プロフィールの写真はあまりセクシーではないものにしましょう。


民泊スタートアップnaviでは、エアビーアンドビーに関するノウハウに留まらず、各種の民泊について様々な情報をお届けしています。エアビーアンドビー以外の民泊に興味をお持ちなら、画面右の検索窓から気になるワードを入力し、お好みの記事をお探しください。

まとめ。

【Airbnb(エアビーアンドビー)は圧倒的な知名度と集客力を誇る!】

  • 物件登録さえすれば、すぐにでも予約が入るありがたさ。
  • 外国人はエアビーアンドビー民泊が大好き!(日本のエアビーアンドビー宿泊メイン層は外国人。)
  • ヨーロッパでは、Expediaの予約数をエアビーアンドビーが凌駕するほど!

【エアビーアンドビーなら資格不要。誰でも簡単に登録・運営可能!】

  • ヤフートラベルやじゃらんなどは、民泊は登録させてくれない。
  • 宿泊施設の経験もスキルも不要!
  • 旅館業法の認可は、ホームステイ型民泊なら不要。
  • 英語は「中学生レベル」でどうにかなる。

【エアビーアンドビーならお金はほとんど掛からない!】

  • エアビーアンドビーの掲載料、幾らか知ってる?なんと、ゼロ円!
  • ホームステイ型民泊なら、先行投資も0円で済んじゃうかも?
  • 高価な寝具や家具はまったく不要!
  • 昭和家屋でも古民家でも大丈夫。外国人は「日本らしさ」を喜びます。
  • 民泊代行業者に業務委託する必要はない。
  • 食事や観光ガイドを施さなければならないわけじゃない。

【エアビーアンドビーなら安全安心に受け入れることができる!】

  • ホームステイ型民泊なら犯罪はほとんど起きない。身分確認が徹底されているため。
  • 不慮のアクシデントについても、Airbnb保険が1億円までカバーしてくれる。
  • 若い女性は自己防衛に努めて。「女性ゲスト限定」なんてスタイルもアリ。

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)