最近テレビやニュースで何かと話題のAirbnb(エアビーアンドビー)…いわゆる民泊。
日本で話題なのはもっぱら、経営としての民泊事情ではありますが、「私も宿泊者として利用してみようかな?」「民泊ってどんなカンジなのかな?」と、気になっている方も多いことでしょう。

欧米をはじめ海外では、日本とは比べ物にならない支持を獲得している、宿泊としての民泊。やはり、人気を得るだけの魅力やメリットはあるのです!よくよく知って上手に利用するなら、あなたの旅行や滞在は、一段と面白いものになるでしょう!さらに、宿泊費は半分以下にコストカットできるかも!?(決して大げさではなく、たぶんできます!)

1 民泊って何?Airbnb(エアビーアンドビー)って何?

そもそも、民泊というものが何なのか、いまいちピンときていない人も少なくないことでしょう。まずは民泊とは何なのか、Airbnb(エアビーアンドビー)とは何なのか、それについてお話しましょう。

日本は、相次ぐトラブル報道の影響から、民泊やAirbnbについて誤解してしまっている人々があまりにも多いようです。その誤解が解ければ、日本でも欧米のように、Airbnbや民泊が爆発的に普及する可能性があります!

1−1.民泊とは、「民家に泊まること」を指す。

民泊という言葉は、ここ数年で一般化してきた用語でしょう。もともとは、「民家に泊まること」全般を指す言葉でした。たとえば、あなたが恋人の家にお泊りするなら、それも「民泊」です。お正月にお祖母ちゃんの家に泊まるなら、それも「民泊」なのです。

しかし2007〜8年くらいに、自給自足が1つのカルチャーとして流行りはじめると、「農家民泊」という概念が登場しはじめました。山間いの民家に宿泊しながら農業体験をするような体験が、1つのレジャーとして確立していきました。さらに、Airbnb(エアビーアンドビー)が日本上陸を果たした2013年頃から、都市部の民家にお金を払って宿泊する民泊が、一般大衆に認知されるようになってきましたね。

1−2.Airbnb(エアビーアンドビー)とは、アメリカ発の民泊仲介サイト。

最近の日本において、民泊といえばもっぱらAirbnb(エアビーアンドビー)が代名詞になっていますね。Airbnbは、2008年にアメリカで誕生した、民泊の仲介サイトです。エクスペディアやBooking.comは普通のホテルを検索して予約するサイトですが、それの民泊バージョンです。

Airbnbには、品川プリンスホテルですとかヒルトンホテルといったようなホテル施設は登録されておらず、もっぱら、特に名前も持っていない、一般的な民家ばかりが登録されています。しかしAirbnbは、一般家屋だけでなく、「風変わりな宿泊施設」の充実もウリにしており、廃列車やツリーハウス、トレーラーハウスといったような、ユニークな宿泊施設も見つけることができます。日本の場合は、風変わりな物件はあまり多くないですね。

1−3.朝食は、付かないのが普通。

なお、Airbnbの「bnb」というのはB&Bのことで、ベッド&ブレックファーストという、欧米における民宿のようなものを指す言葉です。しかし実際のところ、【Airbnbに登録されている民泊のほとんどは、朝ごはんは提供していません。】持参したり買いに出たりする必要がありますから、ご注意を。また、朝ごはんが提供されないとしても、クレームをしたり満足度評価(★評価)を下げるべきではありません。

1−4.「家主同居型」と「家主不在型」、2つのタイプがある。

Airbnb(エアビーアンドビー)に登録されている民泊物件は、2つに大別できます。1つは「家主同居型」で、もう1つが「家主不在型」です。これは重要項目なので、ぜひ、流し読みせずに熟読し、「家主同居型」と「家主不在型」の違いを理解しましょう!

家主同居型は、文字通り、民泊施設の中に常に家主が同居しています。【家主同居型民泊の家主さんは、外国人を泊めて異文化交流することや、他者をもてなすことそのものに喜びを感じていることが多い】です。そのためとても親切で、観光についての情報や近くのオススメレストランなど、色々なことを教えてくれるでしょう。食事をもてなしてくれたり、車で近くまで乗せてくれたり、プリンターを貸してくれたり、人生についての深い話を聞かせてくれたり…。とにかく、ベッドやシャワーには留まらない、様々なモノを得られることが多いです。我が家の一部分を開放しているだけなので、あまり費用がかさんでおらず、そのため大盤振る舞いにもかかわらず、値段までとても安かったりするのです!

家主不在型は、投機(お金儲け)目的で物件を借りてきて、民泊を運営しているタイプです。家主はほとんど手をかけておらず、問い合わせの対応もチェックイン時のカギの受け渡しも、代行業者に任せっきりな人が多いです。管理者が施設を管理していないため、騒音やゴミなどの問題が起きやすく、近隣に迷惑をかけてしまうことも少なくありません。【ニュースでAirbnbのトラブルが報道されるとき、その渦中にいるのはほとんどの場合、この家主不在型の民泊です。】

民泊が「民家に泊まること」であるなら、家主不在型の民泊施設というのは、もはや民泊ではないですよね。だからトラブルが多発するわけで、日本政府もこの民泊とは言えない家主不在型施設に関しては、処罰することを決めました。日本のAirbnbはもっと品行方正になっていくでしょう。とにかく、今はまだ規制されてはいないので、宿泊利用する際も、充分に注意が必要です。

2 民泊やAirbnb(エアビーアンドビー)のメリット・デメリット。

宿泊する側として民泊を利用する場合、どのようなメリットがあり、どのようなデメリットがあるのでしょうか?それをあらかじめ知っておくことは、民泊施設を上手に選ぶうえでとても大切なことです。

2−1.民泊やAirbnb(エアビーアンドビー)のメリット。

メリットについて、まずは端的に、箇条書きにしてみましょう。

  1. 安い値段で見つかる!ゲストハウスよりも安いくらい。
  2. 家主さんとの交流が楽しい。
  3. 宿泊以外にも得るものがある。

それでは1つ1つ、解説をしていきます。

1.安い値段で見つかる!ゲストハウスよりも安いくらい。

シェアルーム(ドミトリー・相部屋)ならとにかく安いです!1,100円程度から見つけることができるでしょう。個室でも2,000円程度、地域によっては1,700円程度から見つかります!【安いと言われているゲストハウスでも、ドミトリーは2,000円程度が相場、個室なら3,500円程度が相場ですから、それよりもさらに、半額にも迫る勢いで安いのです!】

沖縄の那覇だと、1,000円のドミトリーがあるので、それを下回る民泊施設はありません(Airbnbの最低価格が10ドルなので、円高が進まないかぎり1,000円以下の施設は存在しないことになります。)が、それ以外のおよそすべての地域においては、地域で最安値の宿泊施設は民泊の施設が君臨しているはずです!個室においても、たいていどの地域にも2,000円前後の施設があるでしょう。ゲストハウスでも個室は3,000円くらいしますから、やはりゲストハウスよりも安いのです!

設備もおおむね、ゲストハウスよりも充実しているでしょう。家主が滞在しているタイプの施設であれば、部屋や施設全体の掃除もとても綺麗に保たれていることが多いです。

家主不在型の施設の場合、安い値段でボロ家を借りてきて、最低限の家電だけを置いてお小遣い稼ぎをしているような物件が、ちょくちょくあります。エアコンが無かったりせんべい布団だったり、汚らしいお風呂まわりだったりするので、注意が必要です。

ひょっとすると、これまでゲストハウスを愛好していた層は、Airbnbの知名度向上に伴って、あらかたAirbnbに流れてくるかもしれません。それくらい強烈な価格破壊を、Airbnbは起こしています!

2.家主さんとの交流が楽しい。

欧米をはじめとした諸外国でAirbnb(エアビーアンドビー)がもてはやされているのは、値段以上にこの「交流」の面が支持されているのです!海外の民泊に泊まるときは特にそうですが、日本国内であっても、【その地域の文化や習慣、食事などについて色々お話が聞けるのは、とても楽しいこと】です。うどんが名産の地域ではうどん打ちを体験させてもらったり、人形が特産の地域では人形作りを間近で見せてもらったり、様々なことがあります。近年は、一般人の家に芸能人がお泊りさせてもらって交流するような番組が流行っていますよね。そうしたことを、誰もが自ら体験できるのです。

また、民泊の家主には、芸術家やフリーランサー(自営業者)が多いという統計が出ています。彼らはサラリーマンや公務員とは異なる風変わりな人生を歩んできた(歩んでいる)ことが多く、【ただなんとなく語り合うだけでも、とても深い、有意義な話が聞けるかもしれません。】

ゲストハウスの愛好者には、オーナーや客人との交流に魅力を感じている人も多いはず。そのような人たちにとって、民泊はやはり面白い選択肢になります。また、ペンションを好む、ゲストハウス層よりもセレブな人々にとっても、民泊はオススメできます。家主が優しくホスピタリティなのはペンションも民泊も同じですし、【ペンション顔負けにオシャレに内装を整えている民泊も、少なくありません。しかも格安で!】

3.宿泊以外にも得るものがある。

1.と同じようなことですが、別枠で解説します。民泊の家主をする人というのは、基本的に性格が優しく、もてなし好きな人が多いです。そのため、見ず知らずのあなた(ゲスト)に対して、ご飯をもてなしてくれたり、釣ってきた魚をさばいて絶品おかしら付き刺身づくしをもてなしてくれたり、「お土産だ!」と言って庭の畑で取れたいちごをどっさりプレゼントしてくれたりします。もちろん食べ物だけではなく、駅まで車で送ってくれたり、スノーボードを貸してくれたり、郷土料理の作り方を教えてくれたり、なんてことも。

もちろん、すべての家主がすべてのゲストに対してそれを徹底しているわけではありません。ホスピタリティには当然ながら個人差がありますし、運やタイミングの問題もあります。

また、つめきりや歯磨き粉など、ちょっとした買い忘れであれば、家主さんにお願いしてみましょう。きっと、快く貸してくれることでしょう。ホテルの場合、スーパーの2倍の値段で買わなければなりませんが、民泊の場合はタダで使わせてくれることが多いです。

【5ツ星の高級ホテルは、20,000円、30,000円という手間賃を徴収した上で、さわやかな笑顔とホスピタリティを提供してくれるわけですが、民泊の場合、およそ2,000円や3,000円というベッド代にも足りないくらいの低料金でも、5ツ星のコンシェルジュみたいに至れり尽くせり】です!もちろん、家主不在型の施設の場合は、こういうことはありませんが…。

2−2.民泊やAirbnb(エアビーアンドビー)のデメリット。

デメリットについても、まずはわかりやすく端的に、箇条書きにしてみましょう。

  1. 品質が保証されていないため、善し悪しに差がある。
  2. 問い合わせやチェックインが面倒くさいことがある。
  3. トラブル報道が多いから、心配。

それでは1つ1つ、詳しく解説していきます。

1.品質が保証されていないため、善し悪しに差がある。

民泊施設はほとんどの場合、他の宿泊施設とは異なり、役所や衛生局の認可を得ていません。防災設備や避難経路の確保などは徹底されていませんし、設備もまちまちです。いや、基本的にどの施設も、ひととおりの設備が揃ってはいるでしょう。【設備に関しては、日本の民泊は世界で一番と言ってよいほど、充実しています。また、清潔度も世界一と思われるレベルです。】

しかし、すべての民泊施設が誰かにチェックを受けたわけではないので、中には例外もあるのです。古い民家を借りてきて冗談半分に営業しているようなところもあり、エアコンが無かったりカーテンが無かったりすることはままあります。ただし、【リスティング(Airbnb上の施設紹介ページ)の写真や設備リストを見れば、その民泊にどんな設備があってどんな設備が無いのか、だいたい把握できます。】

一番気を付けたいのは、シェアルーム・タイプの施設の場合です。シェアルームとは、他のお客さんと同じ部屋に寝る相部屋であったり、家のリビングにベッドが置かれているようなタイプの部屋を指します。

相部屋物件の場合、1つの家で10人以上を収容していることがあります。しかし、物件自体は普通の一軒家やマンション(であることが多い)ですから、トイレやシャワーが1つしか無かったりすることもあるのです。一軒家の場合、2階建てならトイレを2つ備えていることも多いですが、シャワーを2つ持っている家というのは、なかなか無いですよね。そうした点ではやはり、似たような施設でもゲストハウスには敵わず、不便・不快な思いをする可能性があります。

なお、最近になって、アパマンハウスや大京建設などの不動産大手企業が、民泊事業に参入してきました。こうした大手企業は、豊富な資金力を駆使して、建物の改造が容易です。相部屋でもトイレやシャワーをたくさん備えたゲストハウス的な施設を用意してくるのではないかと思われます。

2.問い合わせやチェックインが面倒くさいことがある。

エクスペディアやBooking.comなどのホテルサイトの場合、宿泊利用客は、特に質問がなければ予約さえすれば、手続きは完了しますね。しかし、Airbnb(エアビーアンドビー)をはじめとした民泊仲介サイトの場合、基本的に、宿泊客と家主との間で、多少の確認のやりとりがなされます。

あなた(宿泊客)がプロフィールに顔写真を載せていないならば、「おそれいりますが、身元のわからない方はお泊めできません。顔写真の登録やID認証を済ませてからまたお申し込みください。」などと言われるでしょう。泊まるのはあくまで民家ですから、家主はあなたが信頼に値する人物かどうか、慎重に見極める必要があるのです。(事前のやり取り無しで予約を完了させられるように、設定している家主もいます。)

また、予約が確定したあとも、チェックインの時間を報告したり、Airbnb以外の連絡先を報告し合ったり、ということも必要になるでしょう。チェックインする時間を、家主の都合に合わせて調整しなければならない場合もあります。「家主の仕事が終わるまでカフェで待機」などということも、ありうるのです。

3.トラブル報道が多いから、心配。

この項目については、デメリットの説明というよりも誤解を解く意味合いが強いです。Airbnb(エアビーアンドビー)にまつわるトラブルとしては、「写真と実物が違っていた!」「リスティングに書かれてものが使えなかった!」「レビューの評価と事実の違いが大きい!」「盗撮に遭った!」などなどありますが、【ほとんどのトラブルは、民泊に限らず他の宿泊施設でも日常的に起きているもの】ですね。

【「リスティングに書かれてあることと違う!」という問題を防ぐには、投機目的で経営している民泊を避けること】です。投機型民泊は、不誠実なところが多いです。インテリアに懲りすぎているところは投機目的のところが多いので、見栄えの良さよりも暖かみを感じる民泊を選びましょう。【「ゲストをおもてなしすることが楽しいんだよ!」という思いがにじみ出ている民泊を選べば、トラブルが起きることはそうそうありません。むしろホテルやゲストハウスなどよりも少ないくらい】です。

3 良い民泊施設を上手に選ぶためのコツ!

Airbnb(エアビーアンドビー)に代表される民泊は、施設ごとの良し悪しの差が大きいですから、やはり良物件を選び抜くにはコツが要ります。基本的には、リスティング(Airbnb上の施設ごとの詳細ページ)をよく読み比べることで解決できますが、それ以外にも幾つか、コツや要チェックなポイントがあります。

【民泊は特殊な業界で、品定めのコツがセオリーとは真逆なことも多い】ので、ぜひともこのトピックはななめ読みなどせずに熟読し、あなたのお役に立ててください。これさえ押さえれば、あなたも毎回ステキな民泊体験ができることでしょう!

まずは、コツを箇条書きにしてみます。

  1. 「シェアルーム」「個室」「まるまる貸切」の3タイプを理解するべし!
  2. 「まるまる貸切」と「家主不在型の民泊は要注意!
  3. 女性オーナーのほうが、安心感・清潔感・家庭度が高い傾向にあり!
  4. 大家族や犬を飼っている民泊は要注意!
  5. 値段と質は比例しないことを知っておくべし!
  6. レビューの数、星の数(満足度)はアテにしすぎないように!

それでは1つ1つを細かく見ていきましょう。

3−1「シェアルーム」「個室」「まるまる貸切」の3タイプを理解するべし!

Airbnb(エアビーアンドビー)の民泊施設は、すべてが3つのタイプのどれかに分類されています。これは、施設検索を掛けたあと、「部屋タイプ」という項目でさらなる絞りこみができるようになっています。不要なタイプは表示結果から削除することで、候補が減り、検討しやすくなりますね。また、そもそもどのタイプの施設があなたに合っているか、しっかり知っておきましょう。

シェアルーム:
シェアルームは、ドミトリー(相部屋)と同じような意味合いです。1つの客室の中にベッドや布団が4つほど並んでいて、他の見知らぬお客さんと同室で寝泊りすることになります。そのぶん料金は安く、1泊1,100〜2,000円くらいで見つかるでしょう。【同じ地域のゲストハウスよりも安い可能性が高いので、ゲストハウスのドミトリーに慣れていて、1円でも安い宿泊施設を求めているなら、ヘビーユーザーになるかも】しれません!

たいていは普通の家ですから、ゲストハウスよりも共有スペース(リビングやシャワー、トイレなど)が狭い・少ない可能性が高いです。その点はご注意を。

また、家のリビングに客用ベッドが置いてあり、そこで眠るようなタイの部屋もあり得ます。あなたが眠いのに家主家族はリビングで談笑をし続けるかもしれませんし、朝早い時間から家主がリビングでニュース番組を見始めるかもしれません。たいていの家主は、寝ているお客さんのことを配慮するでしょうが、中には無神経な家主も、いないとも限りません。

個室:
【Airbnb(エアビーアンドビー)で最も利用価値が高く、またコスパが良い(傾向にある)のが、この個室タイプです。】個室タイプはたいてい、家主が同じ家に同居しています。もともと人の住んでいる家ですから、生活に必要なものがとても充実しています。お客さん用の個室もきちんと設備が充実していて、清掃も行き届いていることが多いです。
その割りに値段は安く、平均で3,000円程度、【地域にいくつかは2,000円前後の格安個室があるでしょう!】

家主が同居していて、家の一室を貸しているような場合、家主はあまり儲けにこだわっていないことが多いです。民泊のおもてなしを楽しんでいたり、人助けに喜びを感じていたりするので、すごくコスパの良い部屋が多いのです。

また、人情やホスピタリティがある反面、個室できちんとプライバシーやプライベート・タイムが保たれているので、ふだんホテルにしか泊まらないような人にも、オススメできます。

まるまる貸切:
コンドミニアムのようなタイプの施設です。1DK程度のものなら、一人客やカップル向きですし、3LDK、4LDK程度のものなら、ファミリーやグループ向けです。10人以上泊まれるものもあります。カップル向けのもので1泊5,000〜7,000円程度、ファミリー向けのもので1泊10,000円〜20,000円程度が相場です。ファミリー向けタイプの場合、さらに清掃料金を徴収されることが多いです。これは3,000〜7,000円程度で、1泊につき、ではなく、全日程の総額に加算されます。

家主は常駐しておらず、問い合わせ時の対応も、家主ではなく代行業者がなりすましていることが多いです。そのことが大きなデメリットになっています。詳細は直下の㈪で解説しましょう。

3−2「まるまる貸切」と「家主不在型の民泊は要注意!

【「まるまる貸切」の施設は家主(管理者・監視者)が不在なので、いろいろとトラブルが多発しています。】
たとえば洗濯機の使い方がわからなかったりしても、近くに聞く人はおらず、電話で尋ねなければなりません。家主が電話に出られないなら、何時間もわからずじまいです。

さらに問題なのが、家主が電話に出たとしても、その洗濯機の使い方を知らない恐れがあるのです!というのも、「まるまる貸切」の民泊は、お金儲けを目的に、投資家が経営しているものがほとんどなのです。彼らは民泊運営に関するあれこれを、代行業者に委託しています。洗濯機や電子レンジを購入したのもその代行業者かもしれず、家主は施設の中のことを、あまり把握していないことが多いです。

予約の受付や質問への返答、リスティングの作成も、家主は自分で行わずに代行業者がなりすましていることが多いです。客を欺いているのです!とかく誠実さに欠きます。そのうえ、投資目的ですから利益追求と借金返済に躍起になっており、【まるまる貸切民泊の場合、宿泊費はおおむね高めです。】

誰にも監視されずに好き放題に滞在したい人々にとって、このタイプは合っていますが、好き放題に騒いだり飲み散らかしたりすることはすでに社会問題になっていて、ほとんどのまるまる貸切民泊でも禁止されています。

まるまる貸切タイプには、わりとオシャレなインテリアの施設が多く、それに惹かれて利用するお客さんも多いでしょう。が、オシャレさと引き換えに上記のような問題があることを、よくよく理解したうえで選びましょう。

また、シェアルーム・タイプの施設でも、家主不在型のものがあります。家主が同居しているシェアルーム民泊もありますから、問い合わせをしてみないとわかりません。シェアルーム・タイプの場合、監視者がいないために寝室やトイレ、キッチンなどを汚く使うお客さんが多く、あなたもそのとばっちりを食らう可能性が高いです。

【家主不在型の物件は、ハッキリ言って、まるでオススメできません。
ニュースでトラブルが取り上げられているのは、もっぱらこうした、家主不在型の物件なのです。】

3−3女性オーナーのほうが、安心感・清潔感・家庭度が高い傾向にあり!

リスティング(Airbnb上の施設ごとの詳細ページ)の上のほうに、小さな丸い顔写真が見えますね?ここから家主のプロフィールを見ることができます。いろんな家主さんがおり、それぞれに個性があるでしょうが、全般的に言って【女性の家主さんのほうが、安心感、清潔感、家庭度の面では優秀な傾向にあります。】

まず安心面。女性オーナーさんなら暴力やレイプ、盗撮などの恐れもありません。特にあなたが女性なら、やはり家主が女性のほうが安心感が高いですね。

次に清潔感。やはりどうしても、男性よりも女性のほうが、おしなべて清潔観念が高いです。その清潔観念は、客室やリビング、水周りなどの清潔さに反映されてきますね。

3つ目に家庭面。清掃だけでなく、「快適な家庭環境作り」も、やはり女性のほうが上手な傾向にあります。たとえばトイレのサニタリーボックスなどは、男性オーナーの民泊だと設置されていないことも少なくありません。キッチン・アイテムの充実度にも差が出ますし、ドライヤーの有無や性能にも差が出ます。

※プロフィール写真には顔写真を載せることが義務付けられていますが、まれにペットの写真などを載せている家主がいますね。こうした物件はもう問題外です。信頼がおけません。

3−4大家族や犬を飼っている民泊は要注意!

大家族だと、とても暖かくて人情的なイメージがありますよね。しかし、特に【子供が多い場合には、騒がしすぎることがあるので要注意!】また、子供は何も考えずに寝室まで入ってくることがありますし、あなた(宿泊客)の衣服やパソコンにジュースをこぼした!なんてことも起きやすいのが実情です。「赤ちゃんの夜鳴きがうるさくて眠れなかった」といった報告例もあります。

また、似たようなところで、犬を飼っている施設も要注意です。犬の鳴き声が騒がしかったり、やはり小さな子供と同じようにそそうをやらかして、あなたの私物が汚されてしまったりする危険性が高くなります。一応、Airbnb(エアビーアンドビー)は、お客さんが被害をこうむったときに金銭的な補償をしてくれますが、かといって、失ったものは返ってきませんね…。

3−5値段と質は比例しないことを知っておくべし!

特に女性や高齢者の方などは、「多少お金を払ってでも、高品質なところに泊まりたい」と考えるかもしれません。【世の中は一般的に、何であっても値段が高いほど高品質なのですが、民泊の場合、そのセオリーはあまり当てはまらない】のです!これは絶対に、知っておいたほうが良いです!

なぜなのでしょうか?
家主同居型の施設の場合、家主は、投資金の回収や儲けなどが眼中にないことも多いのです。貸す部屋がもともとありますから、そもそも大した投資をしていませんし、交流を目的にやっていて、お金のことを気にしていなかったりするのです。すると、安い値段でも信じられないくらいハイクオリティなホスピタリティや設備を詰め込んでいることがあるのです!

ですから、高品質な民泊施設を求めているとしても、安い価格帯のものを省かないようにしましょう!逆に、高い値段のものは、インテリアは上質かもしれませんが、それ以外の面ではあまり上質ではないことが多いです。特に「まるまる貸切」タイプの場合、どれだけ高額でもおもてなしはまるで皆無ですから、その点は充分にご注意ください。

3−6レビューの数、星の数(満足度)はアテにしすぎないように!

【一般的に、ホテル検索サイトで宿泊施設を選ぶ際、レビューの数や星の数はとても参考になりますね。
でも、このセオリーも、Airbnb(エアビーアンドビー)などの民泊ではアテにならない】のです!

なぜでしょうか?
それは、「外国人と日本人では、求めるものが違うから」です。Airbnbの宿泊利用客は、いまだ9割以上を外国人が占めています。そして外国人と日本人では求めているものが違うのですから、レビューが30件も付いていて満足度が★★★★★だとしても、あなたにとって快適とは限らないのです!

たとえば、外国人観光客の多くは、「和な空間」を求めています。すると、築50年の古い建物でも、和室というだけで高い評価をすることがあります。でもそれは、日本人にとってはあまり心地よい空間ではないかもしれません。

また、和風ではなくゲストハウスのような低料金を求める層も多くいます。彼らの場合、日本人ほど目は厳しくなく、あまり清潔でなくても、あまり設備が整っていなくても、満足度★★★★、満足度★★★★★といった評価をぽんぽん付ける傾向にあります。しかしモンスターカスタマー大国日本の場合、外国人が「満足!」と褒めたものを、「最低!」と正反対なまでにこき下ろすことがあるのです。それくらい、外国人と日本人では評価が食い違います。

対応策としては、レビューの内容を、横着せずにしっかり確認しましょう。日本人のレビューがぜんぜんない、または日本人からのレビューだけは評価が低いなら、その民泊は、日本人にとっては満足度の低いものである可能性が高いです。また、女性からのレビューが多い(女性の利用が多い)、女性からの評価が高い施設は、高品質な傾向にあります。

4 民泊サイトはAirbnb(エアビーアンドビー)以外にもいろいろある。

今のご時勢、民泊と言えばAirbnb(エアビーアンドビー)ばかりが話題に上がっていますが、実は同じような民泊検索サイトはほかにもいくつもあるのです。目的や好みに応じて、上手に使い分けてみるのも良いでしょう。
下記に幾つかご紹介しますが、もちろん、これですべてというわけではありません。

  1. homestay.com
    https://www.homestay.com/
  2. TRAVEL LABO
    http://info-travel-labo.com/
  3. STAY JAPAN
    https://stayjapan.com/
  4. APAMAN B&B
    http://www.apamanshop.com/kagukaden/bnb.html
  5. カウチサーフィン
    https://www.couchsurfing.com/
  6. WWOOF(ウーフ)
    http://www.wwoofjapan.com/main/index.php?lang=jp
  7. homestay.com
    https://www.homestay.com/homestay.comは、民泊の中でもホームステイ型(家主滞在型。家主と交流のある民泊)に特化した民泊検索サイトです。確実にホームステイ型を選り分けたいなら、Airbnbよりもこちらを活用すると良いでしょう。
  8. TRAVEL LABO
    http://info-travel-labo.com/TRAVEL LABOは、日本に本社がある民泊検索サイトです。サイト全般・サービス全般が日本語に対応しているため、私たち日本人にはとても使いやすいです。
  9. STAY JAPAN
    https://stayjapan.com/
    STAY JAPANは、各地方自治体の認可を得た合法民泊施設だけを取り扱っている、民泊検索サイトです。また、日本企業が経営しているのも大きな強み・特徴ですね。
  10. APAMAN B&B
    http://www.apamanshop.com/kagukaden/bnb.html不動産賃貸の超大手アパマンショップも、民泊事業に参入しようとしています。自治体の認可を得て、旅館業法に完全に則った民泊経営をするでしょうから、これまで「民泊はグレーだから心配」とためらっていた層をカバーしていくでしょう。それが成功すると、日本の(宿泊者としての)民泊利用者は、一気に拡大するかもしれません。
  11. カウチサーフィン
    https://www.couchsurfing.com/民泊Airbnbの素地となり、火付け役となったのは、おそらくこのカウチサーフィンです!カウチサーフィンも「一般人のお部屋に泊めてもらう」しくみですが、なんと、お金が掛からないのです!ホスト(家主)は、無償で部屋やベッドを提供しています。食事を提供することもあります。

    金銭的な利益にはまったくなりませんから、よほど交流好き・世話好きの人しかホストをやっていません。

    原則としては、「誰かに泊めてもらう代わりに自分も誰かを泊める」という交換制になっていますが、必ずしも泊める義務はなく、一方的に泊めてもらう側に回り続けることも、可能ではあります。でも、出来るだけ恩返し(恩の先送り)をしたほうが良いですね。

    日本語のサイトがなく、英語で読んだり記入したりしなければならないので、それが少しネックです。

  12. WWOOF(ウーフ)
    http://www.wwoofjapan.com/main/index.php?lang=jpWWOOFは、お金のやりとりをせずに、「食事・寝床」と「労働力」を交換するしくみ(仲介サイト)です。物々交換の宿泊版という感じでしょうか。

    具体的には、農業や酪農のお手伝いをしながら中期・長期滞在するケースが多いです。3日や1週間程度ではなく、1ヶ月、3ヶ月といったスパンです。

以上、6つほど解説付きで紹介しましたが、実際にはまだまだいくつも、民泊検索サイトは存在しています。農業民泊・酪農民泊・漁業民泊などを望むなら、「○○県 民泊」などと検索すると、各地方の古民家農業民泊系のサイトが見つけるでしょう。

また、海外から留学しに来ている学生を専門的に受け入れる、昔からのホームステイを仲介するサイトもあります。私たち日本人が日本のホストファミリーにお世話になることはできませんが、そのようなものも、あるにはあるのです。民泊スタートアップnaviでは、ゲスト(宿泊者)側として民泊利用したい人の?(ギモン)にも徹底的にお応えしています!ほかにも色々な情報を網羅していますから、トップページからお探しください。

まとめ

  1. まずは、民泊やAirbnb(エアビーアンドビー)について、正しく理解しよう。日本人はあまりにも、民泊やAirbnbを誤解している人が多すぎる。
  2. Airbnb(エアビーアンドビー)とは、アメリカ発の民泊仲介サイト。海外では、日本よりもずっと、大衆権を獲得している。
  3. Airbnbのbnbとはベッド&ブレックファーストのことだが、朝食は付かないのが普通。朝食が付かなくても、文句は言わないこと。
  4. Airbnbの民泊は、「家主同居型」と「家主不在型」2つのタイプがある。「家主同居型」のほうが良心的で安心で、何かとオススメ。
  5. 民泊やAirbnb(エアビーアンドビー)を利用することのメリットを知っておこう。・安い値段で見つかる!ドミトリーなら1,000円ちょっと。個室でも2,000円程度。ゲストハウスよりもさらに安いということ。
    ・家主さんとの交流が楽しい。外国人はこの点を魅力に感じて、Airbnbを活用している。
    ・宿泊以外にも得るものがある。ご飯をごちそうになったり、郷土料理の作り方を教わったり。
  6. 民泊やAirbnb(エアビーアンドビー)を利用することのデメリットも知っておこう。・品質が保証されていないため、善し悪しに差がある。リスティング(Airbnb上の施設紹介ページ)をしっかり読めば、悪質物件はたいてい回避できる。家主同居型の民泊を選ぶのがコツ。
    ・問い合わせやチェックインが面倒くさいことがある。民泊はあくまで民家なので、あなたを受け入れるかの決定権は家主が握っている。
    ・トラブル報道が多いから、心配。…と思っている人が多いが、よく報告されているたいていのトラブルは、ほかの宿泊施設でも起こること。実際は、家主不在型の民泊を避ければ、むしろ他の宿泊施設よりもトラブルが少ないくらい。
  7. 良い民泊施設を上手に選ぶためのコツを知っておこう!・「シェアルーム」「個室」「まるまる貸切」の3タイプを理解するべし。「シェアルーム」は相部屋。「個室」はプライバシーと交流の両得でオススメ。「まるまる貸切」は家主と交流することはなく、不誠実な経営が多いので要注意!「シェアルーム」も家主が不在な物件があるので、家主同居型を選んだほうがだんぜん良い。
    ・女性オーナーのほうが、安心感・清潔感・家庭度が高い傾向にあり!あなたが女性なら、特に女性オーナーの民泊のほうが良い。
    ・大家族や犬を飼っている民泊は要注意!騒音の問題と、服や私物を汚される懸念が大きい。
    ・値段と質は比例しないことを知っておくべし!民泊は、趣味や厚意で運営している家主も多いので、安くても良質な施設がごろごろある。
    ・レビューの数、星の数(満足度)はアテにしすぎないように!外国人と日本人では、ニーズや感じ方が違うので、外国人の良レビューがたくさん付いていてもあまりアテにはならない。
  8. 民泊サイトはAirbnb(エアビーアンドビー)以外にもいろいろある。・homestay.com
    民泊の中でも、家主が滞在していて交流のある施設に特化している。

    TRAVEL LABO
    日本の企業が経営している。何でも日本語でできるのでわかりやすい。

    STAY JAPAN
    自治体から認可の下りた物件だけを取り扱っていて、クオリティに一定の保証がある。

    APAMAN B&B
    不動産大手アパマンが仕掛ける民泊サービス。旅館業法に即したホワイトな民泊が提供されるハズ。

    カウチサーフィン
    Airbnbの礎となったであろう、民泊仲介サイト。なんと、無償で泊まれる!

    WWOOF(ウーフ)
    お金を解さず、労働力を提供する代わりに寝床や食事を提供してもらう仕組み。旅行というよりは中長期滞在向け。

    その他、農業民泊ばかりを専門的に仲介するサイトや、留学生を対象としたホームステイ民泊を取り次ぐサイトなどもある。

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)