さぁ、旅に出るぞー!そう思ったときに、真っ先に調べるのは、「どこの観光地に行くか」ということでしょう。マチュピチュにモンサンミッシェルにアンコールワット…行きたい場所は尽きませんね!

そして、その次に調べるのは、「どこに泊まるか」その宿情報ではないでしょうか?今や、世界中のどこにでも宿泊施設は存在し、主要な観光地ともなると、バラエティに富んださまざまなタイプの宿泊施設が、旅人たちを出迎えてくれます。

昔は、旅行と言えば、もっぱらその町・観光地を楽しむことを指しましたが、昨今はそうでもありません。【「宿泊施設での滞在時間」が、旅の1つのレジャーアクション】となっていて、「あの宿泊施設に泊まりたい!」という動機から旅を計画する人も、少なくありませんね。

1 宿泊施設のバリエーションは、旅のバリエーション!

日本の旅番組を見ていると、利用する宿泊施設はもっぱら「旅館」です。和風の部屋があり、温泉があって、豪華な会席料理がついてきて…。行き先が海外となると、今度は判を押したようにラグジュアリーホテル。ヨーロピアンな内装と紳士的なサービスで、お姫様キブンを味わうのが日本人のステイタス。…と思いきや、純和風旅館やラグジュアリーホテルでくつろいでいるのはテレビの旅番組だけ(宣伝目的なのですね)であって、実際の旅行者たちの動向はというと、もっとバラエティに富んでいるのです。

宿泊施設には、想像以上にいろんなタイプがあります。どのタイプが良いという話ではなく、いろんなタイプの宿泊施設をエンジョイしてみることが、あなたの旅の充実度を100パーセントも200パーセントもアップさせてくれます!大げさじゃないんですよ?ホントに100パーセントも200パーセントも、違うのです!

1−1.旅を彩る宿泊施設、こんなにあるって知ってた?

まずは、どのような宿泊施設があるのか、項目だけを一気に紹介していきましょう。

  • 和風旅館
  • シティホテル
  • リゾートホテル
  • 民宿
  • ペンション
  • ビジネスホテル
  • ゲストハウス(ユースホステル)
  • 民泊
  • コンドミニアム
  • コテージ
  • バンガロー
  • ロッジ
  • キャンプ場
  • ライダーハウス
  • ウィークリーマンション
  • WWOOF(ウーフ)
  • ラブホテル
  • モーテル
  • 宿坊

ライダーハウスってナニ!?WWOOFってナニ!?って思ったでしょう?どうです?こんなにたくさんの宿泊施設をすべて思い浮かべられた人は、そうそういないと思います。しかし実際、世の中にはこんなにも(厳密にはこれ以上に)多種多彩な宿泊施設があるのです!そして、それぞれに個性があり、それぞれに魅力があるのです!それを知らないまま老いて死んでいくなんて、なんてもったいない!

1−2.ウィキペディアよりも詳しい!宿泊施設の徹底解説!

コンドミニアムって何だっけ?何でラブホテルが??いろいろと気になっていることと思います。ご要望にお応えして、1つ1つの項目を、詳しく解説してみましょう。

  • 和風旅館
    日本人にとっては最もおなじみの、宿泊施設でしょう。温泉地にあることが多いですね。伝統的和風な雰囲気や手厚いおもてなし、そして豪華な会席料理が特徴です。ちょっとした保養旅行は、この和風旅館が定番となっています。が、バブル世代より若い人々にとっては、和風旅館はあまり人気がありません。
  • シティホテル
    いわゆる一流有名ホテルのことです。都市の繁華街に位置することから、シティホテルと呼ばれています。豪華でヨーロピアンな内装がウリで、お姫様キブンが最も味わえるのは、このシティホテルでしょう。高級旅行の定番といったところですが、やはり和風旅館同様、バブル世代より若い人々には、あまり人気はありません。
  • リゾートホテル
    シティホテルと同じような、豪華さがウリのホテルですが、ビーチ前などのリゾート地にある場合、「リゾートホテル」と呼ばれます。リゾートホテルはピンキリで、特に発展途上国の場合、3,000円程度の値段でもけっこう豪華なものが見つかります。キレイな海を見に来たのに、ビーチに出ないでホテルのエスニック・バルコニーでくつろぐのは、ぜいたくというか、もったいないというか…
  • 民宿
    海水浴場や観光地によくある、昔ながらの宿泊施設、それが民宿です。部屋はたいてい和室で、年季の入った建物であることが多く、好んで民宿に泊まる人はあまり多くありません。しかし、沖縄離島など宿泊施設の少ない地域では、今でも重宝されています。
  • ペンション
    登場は民宿よりも古いものですが、洋風であるぶん、民宿よりもずっと人気があります。シティホテルよりは質素ですが、オーナー家族に人情や美的センスのあることが多く、愛好者が多いです。若い世代にもそこそこ人気があります。新しいペンションも、まだまだ誕生し続けています。
  • ビジネスホテル
    駅前の便利な場所に位置する、ビジネスマン向けのシンプルなホテルです。基本的には観光旅行者向けではありませんが、近年はオシャレな雰囲気のビジネスホテルも増えており、旅行に利用する人もちらほらと。駅前という利便性の良さを、上手く活かしましょう。
  • ゲストハウス(ユースホステル)
    ドミトリー(相部屋)を有することの多い、値段の安い簡素な宿です。ゲストハウスの魅力は「交流」にあり、リビングで見知らぬ旅人たちと交流するのが好きでたまらないバックパッカーは、数知れず。小規模なものであれば、オーナーさんの人柄も魅力的なことが多く、おしゃべりすると楽しいです。
  • 民泊
    民家に泊まることを指します。民宿に似ていますが、もっと規模が小さく、もっと普通の民家です。日本の場合、農村留学で農家に泊まり、農業体験をさせてもらうようなことが主流です。海外に目を向けると、Airbnb(エアビーアンドビー)による民泊が爆発的ブームを起こしています。その土地の文化を知れること、オーナーとの交流が魅力です。
  • コンドミニアム
    コンドミニアムは、温泉地やビーチリゾートによく見かけます。マンションを改装したようなもので、家族みんなで自宅のように過ごせます。キッチンが使えるので、旅館やホテルより好むという人も多いです。家族ではなくグループ旅行の場合も、旅館よりコンドミニアムのほうが過ごしやすいでしょう。
  • コテージ
    高原やビーチなどのリゾート地にあることの多い、小型の家のような宿泊施設です。 後述するバンガローとの違いは、水回りが共同であるか否か。コテージは普通、バス・トイレを含んでいます。「自炊機能がついた」とwikipediaには書いてありますが、自炊機能のないコテージも多いです。新婚旅行の定番で、カップルや夫婦に人気。オシャレさよりも静かを重視する人に。
  • バンガロー
    緑の多い観光地、またはビーチのそばにも多いでしょう。小型の家のような宿泊施設。前述するバンガローとの違いは、水回りが共同であるか否か。バンガローはバス・トイレが共同です。つまり、設備的には質素なもので、しかしその分安いのが魅力。少年クラブのキャンプ活動などによく使われます。自然の中にあって気持ちがよく、大人になってからも愛好し続ける層が、根強くいます。
  • ロッジ
    山頂、峠、麓などにある、いわゆる山小屋。僻地という環境のせいもあり、どちらかといえば簡素な設備の宿泊施設です。まず間違いなく宿泊者は山好きなので、気の合う友人を作ることができ、話もはずむでしょう。多くは家族経営のため、繁忙期の夏場だけ住み込みスタッフを募っていたりして、そういうのに応募して、ひと夏の青春をエンジョイしたりするのにも、もってこい。
  • キャンプ場
    山、川、海など、自然の多いところにある、おそらく最も簡素な宿泊施設。テントを張って寝泊りすることが主流ですが、バンガローを持ち併せているキャンプ場も多いです。仲間や家族とわいわいバーベキューして、花火して、泥だらけになって遊びましょう!安いわりに思い出に残りやすい、コスパの良い宿泊施設と言えます。
  • ライダーハウス
    北海道に多く存在する、オートバイや自転車での旅行者を対象とした宿泊施設。宿泊施設というよりも「場所を提供する」というニュアンスが強く、(男女は別だけれども)相部屋の雑魚寝が多いです。寝袋の持参が必要だったりします。ゲストハウスよりもさらに安価で、やはり趣味友との交流が楽しい、交流系の宿です。ちなみに、オートバイや自転車じゃない旅行者でも、泊まれることが多いです。
  • ウィークリーマンション
    ウィークリーマンションは普通、一時的な生活の場としての利用が多いのですが、沖縄などでは中期滞在の旅行者にも活用されています。コンドミニアムを好む層が、コンドミニアムを安値で借り続けるニュアンスです。1つの町を拠点にじっくり観光したいなら、なかなか面白い選択肢です。自炊をすることで自然と生活者目線になるため、その土地のローカルな面がより楽しめます
  • WWOOF(ウーフ)
    農業や酪農などのお手伝いをする代わりに寝食を提供してもらう、1ヶ月程度の中期滞在を中心とした宿泊施設。施設というよりは制度といったほうが正しく、寝泊りする場所は民家であることが多いです。日本ではかなり無名ですが、ロンドンでは50年近い歴史があります。農業やその土地のローカル面を、骨の髄まで体験できます。
  • ラブホテル
    ビックリするかもしれませんが、ラブホテルも、密かに観光旅行に利用されています。駐車場を設置しているところでは、車で旅行するカップルの利用も多いのです。あいびき旅行と言えば和風旅館が定番というイメージですが、別に和風風情や会席料理に興味がなければ、音が筒抜けの旅館よりラブホテルのほうが、愛が盛り上がりやすいでしょう。また、台湾では、普通のホテルのようにおばちゃんの団体客などが泊まったりします。
  • モーテル
    日本では、モーテルと言えばラブホテルと同じような意味合いで使われることが多いですが、生まれ故郷のアメリカでは違います。自動車からの利便性の良い国道沿いなどにある、安価なホテルを指します。絶景を堪能しながらハイウェイを駆け抜けるドライブ旅行には、とても便利です。アメリカでは別にセクシュアルな場所ではないので、赤面しなくて大丈夫です。
  • 宿坊
    お寺や神社に併設されていることがあって、参拝者が寝泊りするための宿泊施設です。あまり見ることのない珍しいものですが、四国お遍路などやっていると、見かけることがあります。無料で泊めてくれるわけではなく、むしろけっこうな料金を取りますが、寺社で夜を明かすというのはなかなか貴重でオツな体験です。

以上です。
山に行くならロッジで登山家と語り合い、川に行くならわんぱくにキャンプをし、北海道に行くなら未知なるライダーズハウスに潜入し、田舎に行くならWWOOFで農業体験に汗を流し…和風旅館やシティホテルばかりではなく、様々な宿泊施設にも目を向けてみると、旅行がとても彩り豊かになることでしょう!

2 海外では、民泊が大人気!

2−1.新しい観光レジャーは、いつだってバックパッカーが開拓してきた。

「観光を開拓し牽引するのは、いつだってバックパッカーである」と言われています。たとえば、タイのプーケットやインドネシアのバリといった、楽園ビーチリゾートを開拓したのは、どこだってバックパッカーたちです。タフな彼らは、観光バスが通っていなくても、簡素な宿しかなくても、新しい観光を求めて、道を切り拓いてきました。

2−2.カウチサーフィンそしてAirbnb(エアビーアンドビー)の流行。

デジタル全盛の21世紀、バックパッカーたちが興味を持ったのは、民泊でした。これは、「カウチサーフィン」という、タダで民家に寝泊りさせ合うSNSを通して、隆盛します。異国の地の民家というのは、どこの国の人間においても新鮮でシゲキ的で、その流行はどんどん広がりを見せます。

しかし、カウチサーフィンはその名のとおり、リビングのソファを開放するだけのこともある、とても簡素な宿泊です。それでは一般旅行者は受け付け難いということで、大衆化してバージョンアップしたのが、Airbnb(エアビーアンドビー)だったのです。Airbnbは、民族色豊かな民家でありつつもまともなベッドが提供されるため、民泊の敷居がぐっと下がったのです。

Airbnbは、大げさでもなく絶大なブームを巻き起こしました。日本人にはピンとこないかもしれませんが、海外ではそうです。2008年にアメリカ・フランシスコで設立されたAirbnbの前身エアベッド&ブレックファストは、わずか3年後の2011年2月に、100万人の予約(宿泊利用)を達成。その翌年には、さらに5倍に上る500万人の利用を達成!すさまじい人気と成長力で、欧米を中心に世界中に拡大していきました。

2012年はまた、英国市場におけるベストモバイルアプリケーションのエディターズチョイス賞を受賞し、また、同年の「最も破壊的なサービス賞」の栄誉にも、輝いています。まさに破壊的な勢いで、旅行業界や宿泊業界に革命を起こし、支持を拡大しているのです。

2−3.日本もようやく、民泊流行の兆し。

日本における民泊は、Airbnb(エアビーアンドビー)が設立されたのと同じくらいの頃、農村留学を皮切りに認知されるようになってきました。が、Airbnbで民泊宿泊する日本人も少なければ、Airbnbで民泊ホストをする人も、なかなか伸びる気配を見せませんでした。2015年になり、「Airbnbは儲かる投機ビジネスだ!」という噂の広まりとともり、ビジネス的な動機によって、日本中に認知されるようになりました。

3 Airbnbの魅力は?民泊の魅力は?

3−1.日本人だけが知らない、民泊の本当の魅力。

結果的には、世界でも日本でも、Airbnbは流行したわけなのですが、その動機は決定的に違います。日本は、「ビジネス(儲かるから)」というちょっと下世話な動機で流行しましたが、海外では、「宿泊利用する側の支持の大きさ」から、拡大したのです。つまり、【「宿泊施設として魅力的だ」というふうに、海外の旅行者は賞賛したのです。】

3−2.ローカリズム(地域色)と人情に魅せられて。

日本人は、「シティホテルこそが幸せだ」と考えている人が多いようですが、海外では、あまりそうではありません。海外の、特に欧米の人々にとって、ヨーロピアンな建物・部屋というのは別に珍しいものではなく、そこに憧れもこだわりも無いのです。

もともと欧米人は、ロッジやバンガローといった、ちょっと環境の悪い宿泊施設でも気兼ねなく泊まる人が多いです。彼らは、地域や目的に応じて、フレキシブルに宿泊施設を使い分け、様々な宿泊体験をエンジョイしています。ひととおりの宿泊施設に飽きた欧米人にとって、「民泊」というのはとても新鮮だったのです。

なぜって?【一くくりに「民泊」と言っても、国や地域が違えば、その建物がずいぶん異なります!中に住む人々の文化や習慣も、ずいぶん違います!食事だってもちろんのこと!】そうしたローカリズム(地域色)というものを、彼らは堪能しながら旅して回っているのです。【しかも、ホテルよりも安い物件が多いのですから、一石二鳥このうえありません!】

どうです?とっても面白そうでしょう?
とっても面白いのです!

3−3.楽しいのは、「エンジョイ目的」の民泊!

日本でも、Airbnb(エアビーアンドビー)などの民泊を利用しはじめたのは、やはり各国のローカル文化に興味の強い、バックパッカーたちです。彼らは、民泊というものが、1つのレジャーとしてとても面白く、有意義で、魅力的なものであることを、理解しています。ついでにホテルより安価なのですから、良いことづくめです。

そして、ホスト側としての登録を牽引したのも、やはりバックパッカーたちなのです。だから彼らは、そのお部屋に安い値段を付けました。儲けよりも、おしゃべりや文化交流を楽しみたかったからです。

安くて楽しいのですから、稼働率も好調に推移します。そんな実情を誰かがつぶやいたのを、一部の投機家が勘違いして受け取ります。「Airbnbっていうのは儲かるらしいぞ!」と。そうして、お金儲けだけを目的にした、人情も文化交流も介在しないタイプのAirbnb物件が、爆発的に増えていきました。2014年〜2015年にかけてのことですね。この流れ(ホストとしての新規参入ブーム)は、今でもまだ、続いています。しかし、家主不在の投機型物件に関しては、トラブルが多発して警察沙汰になることが多いので、政府が規制強化することを決めています。

【民泊は、泊まるのも受け入れるのもとても面白く有意義なものですが、やるなら「ビジネス目的」ではなく、「エンジョイ目的」にハートフルなお部屋にしましょう!】民泊スタートアップnaviでは、「ビジネス目的」ではなく「エンジョイ目的」の民泊(Airbnb)ホストを応援すべく、記事充実でお送りしています。ノウハウもコラムも、トップページからどうぞ。

まとめ

  1. 和風旅館やシティホテルに偏らず、色んな宿泊施設に泊まってみると、旅はバリエーション豊かになってますます楽しくなる。
  2. 旅を彩る宿泊施設には、思いのほかたくさんの種類があり、それぞれに異なる魅力がある。
    ・和風旅館:伝統的和風な雰囲気や手厚いおもてなし、そして豪華な会席料理。
    ・シティホテル:豪華でヨーロピアンな内装がウリで、お姫様キブンが最も味わえるのはこれ。
    ・リゾートホテル:発展途上国の場合、3,000円程度の値段でもけっこう豪華なリゾートホテルが見つかる。
    ・民宿:あまり魅力が高くはないが、沖縄離島など宿泊施設の少ない地域では、今でも重宝されている。
    ・ペンション:シティホテルよりは質素でも、オーナー家族に人情や美的センスのあることが多く、根強く人気がある。
    ・ビジネスホテル:基本的に観光向けではないが、近年はオシャレな雰囲気のビジネスホテルも増えている。
    ・ゲストハウス(ユースホステル):ドミトリー(相部屋)を有することの多い、値段の安い簡素な宿。リビングで見知らぬ旅人たちと交流するのが好きでたまらないバックパッカーは数知れず。
    ・民泊:普通の民家が多い。その土地の文化を知れることや、オーナーとの交流が魅力。
    ・コンドミニアム:温泉地やビーチリゾートに多く見かける。キッチンが使えるので、旅館やホテルより好むという人も多い。
    ・コテージ:新婚旅行の定番で、カップルや夫婦に人気。オシャレさよりも静かを重視する人に。
    ・バンガロー:値段が安く、自然の中にあって気持ちがよく、大人になってからも愛好し続ける層がいる。
    ・ロッジ:まず間違いなく宿泊者は山好きなので、気の合う友人を作ることができ、話もはずむ。繁忙期の住み込みバイトは、青春作りの定番。
    ・キャンプ場:安いわりに思い出に残りやすい、コスパの良い宿泊施設。
    ・ライダーハウス:設備は簡素なれどもゲストハウスよりもさらに安価で、やはり趣味友との交流が楽しい。
    ・ウィークリーマンション:自炊しながらの滞在は自然と生活者目線になるため、その土地のローカルな面がより楽しめる。
    ・WWOOF(ウーフ):農業やその土地のローカル面を、骨の髄まで体験できる。ロンドンでは50年近い歴史がある。
    ・ラブホテル:駐車場を設置しているところでは、実は車で旅行するカップルの利用も多い。ラブラブな二人なら、やはり適している。
    ・モーテル:国道沿いなどにあることが多く、ハイウェイを駆け抜けるドライブ旅行には、とても便利。
    ・宿坊:寺社で夜を明かすという、貴重でオツな体験ができる。
  3. 海外では、日本では考えられないほどに民泊旅行が大人気。
  4. 民泊の面白さを大衆に普及したのは、開拓精神の旺盛なバックパッカーたちだった。
  5. 民泊流行の流れは、無料宿泊サービスのカウチサーフィンに始まり、Airbnb(エアビーアンドビー)へと移り変わっていった。
  6. 2015年頃になって、日本でもようやく、民泊流行の兆しが見えはじめてきたが、それを牽引したのは投機ビジネスとしての側面。
  7. 投機ビジネスの面からAirbnbをもてはやしているのは、およそ日本人だけ。
  8. Airbnbの本当の魅力は、ローカリズム(地域色)と人情的な交流にあり。
  9. 民泊の経営側にも挑戦するなら、「ビジネス目的」ではなく「エンジョイ目的」が良い。

コチラも要チェック!【民泊スタートアップnavi実践マガジン】好評配信中!

ネット上では公開できない超実践的ノウハウや、民泊業界の最新情報を配信!セミナー動画、音声講座、メール講座を今なら無料でプレゼント!

メールアドレス
お名前(ハンドルネーム可)